ホームネットワーク構築方法

当ブログでは、家庭内のパソコン,プリンター,テレビ,レコーダー,NAS,ネットワークカメラなどをLANで接続してホームネットワーク(家庭内LAN)を構築し、それらを連携させて活用する方法を紹介しています。この記事では「PowerDVD 17」の使用方法や設定方法について詳しく説明いたします。

PowerDVD 17

PowerDVD 17 Ultra の使い方-ハードディスク上の動画/音楽/写真の再生-

PowerDVD 17 Ultra  は、ハードディスク上の動画/音楽/写真を再生する機能も持っています。それについて説明します。

サイバーリンク PowerDVD 17

以下のようにセクション分けして説明します。
 1.ハードディスク上の動画の再生
 2.ハードディスク上の音楽
 3.ハードディスク上の写真の再生



1.ハードディスク上の動画の再生


1.1 PowerDVD 17 Ultra の起動


(1) デスクトップ上の [CyberLink PowerDVD 17]のアイコンをクリックするか、
01

  [スタート]ボタン → [CyberLink PowerDVD 17]をクリック。
02

(2) PowerDVD 17 Ultra が起動する。 [PCモード]をクリック。
03

(3) PCモードの画面となる。
04


1.2 メディアライブラリーにフォルダを追加


(1) メディアライブラリー配下の[動画](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
  メディアライブラリー右の[+](下図黄色枠で囲った部分)をクリック。
01

(2) [設定]画面が出てくるので、[動画/画像フォルダーの追加](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
02

(3) [動画、画像用のフォルダーを選択]画面が出てくるので、
  フォルダーを選択して、[フォルダーの選択](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
03

(4) 選択したフォルダが表示される。(下図赤枠で囲った部分)
  [OK](下図黄色枠で囲った部分)をクリック。
04

(5) 追加したフォルダが表示される。(下図赤枠で囲った部分)

05


1.3 再生開始


(1) メディアライブラリー配下の[動画](赤枠で囲った部分)をクリック。
  動画を保存したフォルダが示されるので、再生した動画が含まれるフォルダ
  (ここでは[Video](黄色枠で囲った部分))をダブルクリック。
d01


(2) 再生したい動画(ここでは[ジンギスカンwmv.wmv](赤枠で囲った部分))を、
  ダブルクリック。(これは YouTubeから WMV形式でダウンロードした動画)
d02


(3) [ジンギスカンwmv.wmv]の再生が始まる。
d03



1.4 停止/再開


PowerDVD 17 Ultra の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
の「2.3 停止/再開」と同様ですので、そちらを参照してください。
(注) このケースでも、レジューム機能はサポートされていないようです。



1.5 一時停止/再開


PowerDVD 17 Ultra の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
の「2.4 一時停止/再開」と同様ですので、そちらを参照してください。



1.6 早送り/巻き戻し、および、スピード再生/スロー再生


操作方法は「PowerDVD 17 Ultra の使い方-BD/DVD再生機能-」の
「1.5 早送り/巻き戻し、および、スピード再生/スロー再生」と同じ。

ただし、サポート機能に違いあり。以下のとおり。
 ・1.2倍および2倍のスピード再生。音声付。
 ・1倍の通常再生。音声付。
 ・1/2倍のスロー再生。音声付。
 ・0倍を選択すると、一時停止となる。
 ※その他の倍率(-16, -8, -2, 1/8, 1/4, 4, 8, 16, 32)は、
  クリックしても有効になりませんでした。


以下は、早送りボタン(赤枠で囲った部分)を右クリックして、
スピード再生/スロー再生などを指定するバー(黄色枠で囲った部分)を表示したところ。
d04


1.6 スライドバー


スライドバーをクリックすると、その部分から再生されます。

d05


1.7 音量調整


PowerDVD 17 Ultra の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
の「2.7 音量調整」と同様ですので、そちらを参照してください。



1.8 動画の開始/終了位置の指定(A-Bリピート)


ハードディスク上の動画については、動画の開始/終了位置の指定(A-Bリピート)が可能です。
プログラムを閉じた後でもその開始/ 終了位置 (A-B リピート) は記録され、
次に起動する時もその部分のみが再生されます。


手順は以下のとおりです。


(1) スライダー上にマウスポインタを移動させると、スライダーの左右両端に、
  マーカーが表示される。(下図赤枠で囲った部分)

d06

(2) 左のマーカーをドラッグして、動画を開始したい位置に移動させる。
  (下図赤枠で囲った部分)

d07

(3) 右のマーカーをドラッグして、動画を終了したい位置に移動させる。
  (下図赤枠で囲った部分)

d08

(4) 再生を再開すると、左のマーカーのところから開始し、右のマーカーのところで終了する。
  再生を継続すると、これを何度でも繰り返す。
d09

備考.A-Bリピートを解除するには
  A-Bリピートを解除するには、左右のマーカーのいずれかにマウスポインタを合わせ、
  右クリックした後、[A-Bリピートの解除]をクリック。

d10


2.ハードディスク上の音楽の再生


2.1 PowerDVD 17 Ultra の起動


1.1と同じ。



2.2 再生開始


(1) メディアライブラリー配下の[音楽](赤枠で囲った部分)をクリック。
  再生したい音楽(ここでは[Ninja Tuna](黄色枠で囲った部分))を、 ダブルクリック。

e01

(2) 再生ボタン(赤枠で囲った部分)をクリック。
  音楽の再生がスタートする。

e02


2.3 停止/再開


1.4と同様。レジューム機能なし。



2.4 一時停止/再開


1.5と同様。



2.5 早送り/巻き戻し、および、スピード再生/スロー再生


音楽に対してはサポートされていない。



2.6 スライドバー


スライドバーをクリックすると、その部分から再生されます。
下図は赤矢印で示した部分をクリックしたところ。

e03


2.7 音量調整


PowerDVD 17 Ultra の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
の「2.7 音量調整」と同様ですので、そちらを参照してください。



3.ハードディスク上の写真の再生


3.1 PowerDVD 17 Ultra の起動


1.1と同じ。



3.2 メディアライブラリーにフォルダを追加


1.2と同様。



3.3 再生


(1) メディアライブラリー配下の[画像](赤枠で囲った部分)をクリック。
  再生したい写真のあるフォルダ(ここでは[Sample Pictures](黄色枠で囲った部分))を、
  ダブルクリック。

f01

(2) フォルダ配下の写真一覧が表示される。
  再生したい写真(赤枠で囲った部分)をダブルクリック。

f02

(3) 写真が表示(再生)される。

f03

  停止ボタン(上図赤枠で囲った部分)をクリックすると、再生が終了し、
  元の画面に戻る。

  再生ボタン(上図黄色枠で囲った部分)をクリックすると、一定時間経過するごとに、
  次の写真が表示されていく。

  前へボタン(上図緑枠で囲った部分)は、1個前の写真を表示する。
  次へボタン(上図紫枠で囲った部分)は、1個次の写真を表示する。


(4) 右回転ボタン(下図赤枠で囲った部分)をクリックすると、以下のように、
  写真が90度右回転して表示される。
f04

  再度右回転ボタンを押すと、さらに90度右回転する。

  左回転ボタン(上図黄色枠で囲った部分)をクリックすると、90度左回転する。

PowerDVD 17 Ultra関連の記事一覧
(1) PowerDVD 17 Ultra 購入/インストール
(2) PowerDVD 17 Ultra の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
(3) PowerDVD 17 Ultra と nasne の連携(放送中のテレビ番組視聴)
(4) PowerDVD 17 Ultra の使い方-DLNAクライアント機能(テレビ番組以外に対して)-
(5) PowerDVD 17 Ultra の使い方-BD/DVD再生機能-
(6) PowerDVD 17 Ultra の使い方-ハードディスク上の動画/音楽/写真の再生-
(7) PowerDVD 17 Ultra の使い方-DLNAサーバー機能-
(8) PowerDVD 17 Ultra の使い方-DMR機能-
(9) PowerDVD 17 Ultra の使い方-DMC機能-
(10) PowerDVD 17 Ultra:プレイリスト
(11) PowerDVD 17 Ultra:YouTubeの動画を再生
(12) PowerDVD 17 Ultra の TrueTheater機能

PowerDVD 17 Ultra の使い方-DLNAサーバー機能-

PowerDVD 17 Ultra のDLNAサーバー機能について説明します。

サイバーリンク PowerDVD 17

DLNAサーバー機能は DMS機能と呼ばれることもあります。
DMSは、デジタルメディアサーバーの略です。


PowerDVD 17 Ultraの DLNAサーバー機能は、
概ね Windows 7 標準のDLNAサーバー機能と同等です。


パソコン上に置いた動画/音楽/静止画(写真)などのコンテンツをストリーミングで配信し、
テレビなどのDLNAクライアントで再生できるようにします。


しかし、Windows 7 でしか再生に成功しないものや、
PowerDVD 17 Ultra でしか再生に成功しないものもわずかながらあるので、
その部分で都合のよいほうを使えばいいのだと思います。



1.PowerDVD 17 Ultra 起動


(1) デスクトップ上の [CyberLink PowerDVD 17]のアイコンをクリックするか、
01

  [スタート]ボタン → [CyberLink PowerDVD 17]をクリック。
02

(2) PowerDVD 17 Ultra が起動する。 [PCモード]をクリック。
03

(3) PCモードの画面となる。
04


2.PowerDVD 17 Ultra のDLNAサーバー機能の設定方法


(1) 設定ボタン(赤枠で囲った部分)をクリック。
01

(2) 設定ウィンドウが表示される。
  [全般](赤枠で囲った部分)をクリックし、
  [PowerDVD の名前](緑枠で囲った部分)に任意の名前を記載し(「PDVD」とした)、
  [OK](黄色枠で囲った部分)をクリック。
02

(3) [デバイス&ホームメディア(DLNA)]にマウスポインタを合わせると、
  右に[オプション設定]ボタン(赤枠で囲った部分)が表示される。
  これをクリック。
03

(4) [ホームメディアデバイスとマイメディア共有...](赤枠で囲った部分)をクリック。
04

(5) [PowerDVDのライブラリーコンテンツを他のホームメディアコンピューター/デバイス
  にストリーミングする](赤枠で囲った部分)にチェックを入れ、
  [すべてのホームメディアデバイスにストリーム](緑枠で囲った部分)にチェックを 入れ、
  [OK](黄色枠で囲った部分)をクリック。
05

(6) 「この機能をオンにするには、現在のユーザー アカウントを Windows 管理者権限に
  する必要があります。続行しますか?」という問い合わせが出る。
  [OK](赤枠で囲った部分)をクリック。
06

(7) DLNAクライアント側の、DLNAサーバー一覧に、(3)で指定した名前(ここでは 「PDVD」)
  が表示されるようになる。
  ※下の写真は、Panasonic VIERA X50 19V型で、DLNAサーバー一覧を表示させた ところ。
IMG_2581


3.結果(どのようなコンテンツが再生できたか)


3.1 テスト環境


テストした時のネットワーク構成は以下の通りです。

121210

3.2 テストに使用したファイル


[ 動画 ]

動画としては以下のファイルを使用する。


(1) win7_scenic-demoshort_raw.wtv
  Windows 7 のサンプル動画。
  以下のフォルダ上のファイルをそのまま使用。
   C:¥Users¥Public¥Recorded TV¥Sample Media¥win7_scenic-demoshort_raw.wtv

  Explorerの表示だと以下の名前になっている場合がある。
   C:ユーザー > パブリック > パブリックの録画一覧 >
          サンプルメディア > 風景.wtv


(2) Wildlife.wmv
  Windows 7 のサンプル動画。
  以下のフォルダ上のファイルをそのまま使用。
    C:¥Users¥Public¥Videos¥Sample Videos¥Wildlife.wmv

  Explorerの表示だと以下の名前になっている場合がある。
    C:ユーザー > パブリック > パブリックのビデオ >
         サンプルビデオ > 野生動物.wmv
  または、
    ライブラリ > ビデオ > サンプルビデオ > 野生生物.wmv


(3) デジカメで撮影した動画
  ファイル名は、MVI_0703.MOV。


(4) ネットワークカメラで撮影した動画(ファイル形式:avi、圧縮形式:MJPEG)
  ファイル名は、Record_2013_7_5_21_10_20.avi。


(5) ネットワークカメラで撮影した動画(ファイル形式:avi、圧縮形式:H264)
  ファイル名は、Record_2013_7_5_21_13_20.avi。


(6) YouTubeからダウンロードした動画(WMV形式)
  Craving Explorerで、保存形式としてWMV形式を指定したダウンロードしたもの。
  ファイル名は、ジンギスカンwmv.wmv。


(7) YouTubeからダウンロードした動画(MPG形式)
  Craving Explorerで、保存形式としてMPG形式を指定したダウンロードしたもの。
  ファイル名は、ジンギスカンmpg.mpg。


[ 音楽 ]

音楽としては以下のファイルを使用する。


(1) Kalimba.mp3
  Windows 7 のサンプル音楽。
  以下のフォルダ上のファイルをそのまま使用。
    C:¥Users¥Public¥Music¥Sample Music¥Kalimba.mp3

  Explorerの表示だと以下の名前になっている場合がある。
    C:ユーザー > パブリック > パブリックのミュージック >
          サンプルミュージック > Kalimba.mp3
  または、
    ライブラリ > ミュージック > サンプルミュージック > Kalimba.mp3


[ 静止画(写真) ]

静止画(写真)としては以下のファイルを使用する。


(1) デジカメで撮った写真
  ファイル名は、IMG_0468.JPG。


3.3 テスト結果


Windows 7 と比較する形で記載します。

東芝レグザ 32J7 での再生状況

コンテンツ
の種別
コンテンツWindows 7 が
DLNA
サーバー
PowerDVD
15 Ultra が
DLNA
サーバー
動画win7_scenic-demoshort_raw.wtv 〇 〇
Wildlife.wmv 〇 〇
デジカメで撮影した動画 〇 〇
ネットワークカメラで撮影した動画
(ファイル形式:avi、圧縮形式:MJPEG)
 × ×
ネットワークカメラで撮影した動画
(ファイル形式:avi、圧縮形式:H264)
 × ×
YouTubeからダウンロードした動画
(WMV形式)
 〇 〇
YouTubeからダウンロードした動画
(MPG形式)
 〇 〇
音楽Kalimba.mp3 〇 〇
静止画
(写真)
デジカメで撮った写真 〇 〇



Panasonic VIERA X50 19V型での再生状況

コンテンツ
の種別
コンテンツWindows 7が
DLNA
サーバー
PowerDVD
15 Ultra が
DLNA
サーバー
動画win7_scenic-demoshort_raw.wtv 〇 〇
Wildlife.wmv 〇 〇
デジカメで撮影した動画 〇 〇
ネットワークカメラで撮影した動画
(ファイル形式:avi、圧縮形式:MJPEG)
 × ×
ネットワークカメラで撮影した動画
(ファイル形式:avi、圧縮形式:H264)
 × ×
YouTubeからダウンロードした動画
(WMV形式)
 〇 〇
YouTubeからダウンロードした動画
(MPG形式)
 × 〇
音楽Kalimba.mp3 〇 ×
静止画
(写真)
デジカメで撮った写真 〇 〇



PowerDVD 17 Ultra関連の記事一覧
(1) PowerDVD 17 Ultra 購入/インストール
(2) PowerDVD 17 Ultra の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
(3) PowerDVD 17 Ultra と nasne の連携(放送中のテレビ番組視聴)
(4) PowerDVD 17 Ultra の使い方-DLNAクライアント機能(テレビ番組以外に対して)-
(5) PowerDVD 17 Ultra の使い方-BD/DVD再生機能-
(6) PowerDVD 17 Ultra の使い方-ハードディスク上の動画/音楽/写真の再生-
(7) PowerDVD 17 Ultra の使い方-DLNAサーバー機能-
(8) PowerDVD 17 Ultra の使い方-DMR機能-
(9) PowerDVD 17 Ultra の使い方-DMC機能-
(10) PowerDVD 17 Ultra:プレイリスト
(11) PowerDVD 17 Ultra:YouTubeの動画を再生
(12) PowerDVD 17 Ultra の TrueTheater機能

PowerDVD 17 Ultra の使い方-DMR機能-

PowerDVD 17 Ultra のDMR機能については、以下の記事を参照してください。
PowerDVD 15 Ultra の使い方-DMR機能-


私の環境では、現在、
 ・SoftDMA
 ・PowerDVD 15 Ultra
 ・PowerDVD 17 Ultra
の DMR機能を使用できなくなっています。

具体的には、DMC側で [リモート再生] > [PDVD]を選択すると、
DMR側に動画が表示されず、
DMC側に「デバイスが応答していません」というエラーメッセージが表示されます。


PowerDVD 17 Ultra だけでなく、
以前は DMR を使用することができていた
PowerDVD 15 Ultra、SoftDMA でも同じ現象が発生するので、
PowerDVD 17 Ultra でデグレードしたわけではなさそうです。

私のパソコンに導入した何らかのアプリケーションとの間で不整合が発生してる
可能性が高いと思いますが、原因が今のところ分かっていません。


私の現在の環境でも、
Windows7 のDMR機能は使用可能なので、同じ現象に遭遇した人は、
Windwos7 のDMR機能を使用するとよいと思います。
DMC,DMRをWindows Media Player で実現


PowerDVD 17 Ultra関連の記事一覧
(1) PowerDVD 17 Ultra 購入/インストール
(2) PowerDVD 17 Ultra の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
(3) PowerDVD 17 Ultra と nasne の連携(放送中のテレビ番組視聴)
(4) PowerDVD 17 Ultra の使い方-DLNAクライアント機能(テレビ番組以外に対して)-
(5) PowerDVD 17 Ultra の使い方-BD/DVD再生機能-
(6) PowerDVD 17 Ultra の使い方-ハードディスク上の動画/音楽/写真の再生-
(7) PowerDVD 17 Ultra の使い方-DLNAサーバー機能-
(8) PowerDVD 17 Ultra の使い方-DMR機能-
(9) PowerDVD 17 Ultra の使い方-DMC機能-
(10) PowerDVD 17 Ultra:プレイリスト
(11) PowerDVD 17 Ultra:YouTubeの動画を再生
(12) PowerDVD 17 Ultra の TrueTheater機能

PowerDVD 17 Ultra の使い方-DMC機能-

PowerDVD 17 Ultra  のDMC機能について説明します。

サイバーリンク PowerDVD 17

DLNA規格では、DLNAサーバー、DLNAクライアントから構成される 2 box モデルの他に、
DMS(デジタルメディアサーバー)、
DMC(デジタルメディアコントローラー)、
DMR(デジタルメディアレンダラ―)から構成される 3 box が定義されています。


DMR,DMCの一般的な話については、以下の記事を参照してください。
 ・ DMC,DMRについて


PowerDVD 17 Ultra が DLNAクライアント、DLNAサーバー、DMRになれることは既に説明
しましたが、DMCになることもできます。


Windows 7 に標準で搭載されている Windows Media Player も DMC機能を持っていますので、

 ・ DMC,DMRをWindows Media Player で実現 参照

Windows Media Player を使えば十分だという人もいると思うのですが、
PowerDVD 17 Ultra がカバーしている範囲はこれを使いたいという人もいると思いますので、
使い方を紹介しておきます。


以降、私の家のホームネットワーク環境で、PowerDVD 17 Ultra を DMC として使用した
例を示します。



1.ハードウェアとソフトウェアの構成


DMSとDMCを別々のハードにする構成(以下の構成(a))と、
DMSとDMCを同じパソコンにする構成(以下の構成(b))の、
どちらの構成にすることも可能です。


[構成(a)]

DMC:FUJITSU LIFEBOOK AH77/H(以降、パソコンと呼ぶ)。OS:Windows 7。
   DMCは、PowerDVD 17 Ultra で実現。
DMR:Panasonic VIERA X50 19V型
DMS:バッファロー LinkStation LS210D0201C (以降、NASと呼ぶ)

a

[構成(b)]

DMC/DMS:FUJITSU LIFEBOOK AH77/H(以降、パソコンと呼ぶ)。OS:Windows 7。
     DMC/DMSは、PowerDVD 17 Ultra で実現。
DMR:Panasonic VIERA X50 19V型

b


2.手順


2.1 DMR側での設定


「DMRを Panasonic VIERA X50 19V型 で実現」の2.1に記載した
内容と同じです。そちらを参照してください。


2.2 DMC側での操作-構成(a)の場合-


(1) 以下の手順でPowerDVD 17 Ultra を起動。

デスクトップ上の [CyberLink PowerDVD 17]のアイコンをクリックするか、
01

  [スタート]ボタン → [CyberLink PowerDVD 17]をクリック。
02

PowerDVD 17 Ultra が起動する。 [PCモード]をクリック。
03

PCモードの画面となる。
04

(2) [ホームメディア(DLNA)](下図赤枠で囲った部分)をクリックし、
  [LS210D01D(LinkStation)](NASのホスト名。下図緑枠で囲った部分))をクリックし、
  [Video](下図ピンク枠で囲った部分)をダブルクリック。
01

(3) [すべてのビデオ](下図赤枠で囲った部分)をダブルクリック。
02

(4) 再生するコンテンツ(ここでは MVI_0703。下図赤枠で囲った部分)を右クリックする。
  ※MVI_0703 は、デジカメで撮影した動画です。
03

(5) [再生先](黄色枠で囲った部分)にポインタを合わせ、
  出てきた再生先 [ビエラTH-L19X50](赤枠で囲った部分)をクリック。

04

(6) Panasonic VIERA X50 19V型で、指定したコンテンツ MVI_0703 の再生が始まる。

0a

  この時、PowerDVD 17 Ultraは以下のような画面になっている。
05


2.3 DMC側での操作-構成(b)の場合-


(1) PowerDVD 17 Ultraの起動については、2.2の(1)と同じ。


(2) [メディアライブラリー](下図赤枠で囲った部分)をクリックし、
  [動画](下図黄色枠で囲った部分)をクリックし、
  [Video](下図ピンク枠で囲った部分)をダブルクリック。
10

(3)再生するコンテンツ(ここでは MVI_0703。下図赤枠で囲った部分)を右クリックする。
  ※MVI_0703 は、デジカメで撮影した動画です。
11

(4) [再生先](黄色枠で囲った部分)にポインタを合わせ、
  出てきた再生先 [ビエラTH-L19X50](赤枠で囲った部分)をクリック。

12

(5) Panasonic VIERA X50 19V型で、指定したコンテンツ MVI_0703 の再生が始まる。

3a95f2fd


  この時、PowerDVD 17 Ultraは以下のような画面になっている。
13


3.再生できたコンテンツ、再生できなかったコンテンツ

コンテンツの種別コンテンツ結果(a)結果(b)
動画win7_scenic-demoshort_raw.wtv(*1)××
Wildlife.wmv(*2)×
デジカメで撮影した動画
ネットワークカメラで撮影した動画
(ファイル形式:avi、圧縮形式:MJPEG)
××
ネットワークカメラで撮影した動画
(ファイル形式:avi、圧縮形式:H264)
××
YouTubeからダウンロードした動画(WMV形式)×
YouTubeからダウンロードした動画(MPG形式)×
テレビ番組の録画
音楽Kalimba.mp3(*3)××
静止画(写真)デジカメで撮った写真


結果(a) … 構成(a)での結果。
結果(b) … 構成(b)での結果。


(*1) Windows 7 のサンプル動画。 以下のファイルのコピー。
   C:¥Users¥Public¥Recorded TV¥Sample Media¥win7_scenic-demoshort_raw.wtv


   Explorerの表示だと以下の名前になっている場合がある。
   C:ユーザー > パブリック > パブリックの録画一覧 >
          サンプルメディア > 風景.wtv


(*2) Windows 7 のサンプル動画。以下のファイルのコピー。
   C:¥Users¥Public¥Videos¥Sample Videos¥Wildlife.wmv


   Explorerの表示だと以下の名前になっている場合がある。
   C:ユーザー > パブリック > パブリックのビデオ >
         サンプルビデオ > 野生動物.wmv
   または、
    ライブラリ > ビデオ > サンプルビデオ > 野生生物.wmv


(*3) Windows 7 のサンプル音楽。以下のファイルのコピー。
   C:¥Users¥Public¥Music¥Sample Music¥Kalimba.mp3


  Explorerの表示だと以下の名前になっている場合がある。
    C:ユーザー > パブリック > パブリックのミュージック >
          サンプルミュージック > Kalimba.mp3
  または、
    ライブラリ > ミュージック > サンプルミュージック > Kalimba.mp3



PowerDVD 17 Ultra関連の記事一覧
(1) PowerDVD 17 Ultra 購入/インストール
(2) PowerDVD 17 Ultra の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
(3) PowerDVD 17 Ultra と nasne の連携(放送中のテレビ番組視聴)
(4) PowerDVD 17 Ultra の使い方-DLNAクライアント機能(テレビ番組以外に対して)-
(5) PowerDVD 17 Ultra の使い方-BD/DVD再生機能-
(6) PowerDVD 17 Ultra の使い方-ハードディスク上の動画/音楽/写真の再生-
(7) PowerDVD 17 Ultra の使い方-DLNAサーバー機能-
(8) PowerDVD 17 Ultra の使い方-DMR機能-
(9) PowerDVD 17 Ultra の使い方-DMC機能-
(10) PowerDVD 17 Ultra:プレイリスト
(11) PowerDVD 17 Ultra:YouTubeの動画を再生
(12) PowerDVD 17 Ultra の TrueTheater機能

PowerDVD 17 Ultra:プレイリスト


PowerDVD 17 Ultra のプレイリストの機能について紹介しておきます。

サイバーリンク PowerDVD 17

プレイリストとは、気に入ったコンテンツをまとめたリストのことです。
デフォルトで、「最高評価」、「最近再生」、「最近追加」の3つのプレイリストがあります。
「新規プレイリスト」を追加することも可能です。



1.最近再生


「最近再生」には、最近再生した音楽が含まれるようです。


例えば、現状以下のように、「Sleep Away」と「Kalimba」が含まれている状態の時、
01

「粉雪」を再生させた後、再度「最近再生」を見てみると、
02

「粉雪」が「最近再生」に追加されました。
03

現状の私の経験では、動画や静止画については、再生させてもこのリストに入らないです。



2.最近追加


「最近追加」には、最近追加した動画/音楽/静止画が含まれるようです。


例えば、現状以下のように、何も含まれていない状態の時、
04

動画「IMG_0703_2.MOV」、音楽「夜明け前エンドタイトル.mp3」、静止画「Koalra2.jpg」を追加すると、
動画「IMG_1436.MOV」、音楽「Get Got」、静止画「150504_03.png」が、
「最近追加」に追加されました。
05


3.最高評価


ローカルPC(PowerDVDのメニューで言うと、メディアライブラリー)上のコンテンツには、
評価がつけられるようになっています。
評価値の種別は、評価なしと、星1つ~5つの6段階で、デフォルトは「評価なし」です。


評価が星3つ以上のものが、最高評価のリストに表示されるようです。
以下に例を示します。


(1) [メディアライブラリー](下図赤枠で囲った部分)をクリックし、
  [動画](下図黄色枠で囲った部分)をクリックし、
  [Sample Videos](下図緑枠で囲った部分)をダブルクリック。
06

(2) [Wildlife.wmv](下図赤枠で囲った部分)を右クリック。
07

(3) [評価](下図赤枠で囲った部分)にマウスポインタを合わせ、
  [3星](下図黄色枠で囲った部分)をクリック。
08

(4) [プレイリスト](下図赤枠で囲った部分)をクリックし、
  [最高評価](下図黄色枠で囲った部分を)クリックすると、
  [Wildlife in HD](下図緑枠で囲った部分。Wildlife.wmvのタイトル名)が表示される。
  [Wildlife in HD]をダブルクリック。
09

(5) [Wildlife in HD]が再生される。
10

注1.最高評価には、音楽や写真も追加することができます。
  いずれも、評価が、星3つ以上なら、最高評価のリストに入ります。
  上記の動画の他に、音楽と、写真を1個ずつ追加した[最高評価]の例を以下に示します。
11

注2.DLNA(PowerDVDのメニューで言うと、ホームメディア(DLNA)でアクセスするコンテンツに
  関しては、評価を指定することができませんでした。
  ローカルPC(PowerDVDのメニューで言うと、メディアライブラリー)上のコンテンツのみ
  に対する機能のようです。



4.新規プレイリスト


新規プレイリストを作成して、そのリストに自分の好きな動画、音楽、写真を追加できます。
以下に例を示します。


(1) [プレイリスト](下図赤枠で囲った部分)をクリックし、
  [新規プレイリスト](下図黄色枠で囲った部分)をクリック。
  →「新規プレイリスト」というウィンドウ(下図緑枠で囲った部分)が表示される。
12

(2) 「新規プレイリスト」ウィンドウの名前の欄に任意の名前(ここではリスト1。下図赤枠
  で囲った部分)を入力し、[OK](下図黄色枠で囲った部分)をクリック。
13

(3) 新規プレイリスト(ここではリスト1。下図赤枠で囲った部分)が生成される。
14

(4) [メディアライブラリー](下図赤枠で囲った部分)をクリックし、
  [動画](下図黄色枠で囲った部分)をクリックし、
  [Video](これは私が動画を保存するために作成したフォルダ。下図緑枠で囲った部分)を
  ダブルクリック。
15

(5) [ジンギスカンmpg.mpg](下図赤枠で囲った部分)を、(4)で作成した[リスト1]に、
  ドラッグ&ドロップ。
16

(6) [リスト1](下図黄色枠で囲った部分を)クリックすると、
  [ジンギスカンmpg.mpg](下図緑枠で囲った部分)が表示される。
  [ジンギスカンmpg.mpg]をダブルクリック。
17

(7) [ジンギスカンmpg.mpg]が再生される。
18

注1.新規プレイリストには、音楽や写真も追加することができます。
  上記の動画の他に、音楽と、写真を1個ずつ追加した新規プレイリストの例を以下に示し
  ます。
19

注2.DLNA(PowerDVDのメニューで言うと、ホームメディア(DLNA)でアクセスするコンテンツに
  関しては、新規プレイリストに追加することができませんでした。
  ローカルPC(PowerDVDのメニューで言うと、メディアライブラリー)上のコンテンツのみ
  に対する機能のようです。


PowerDVD 17 Ultra関連の記事一覧
(1) PowerDVD 17 Ultra 購入/インストール
(2) PowerDVD 17 Ultra の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
(3) PowerDVD 17 Ultra と nasne の連携(放送中のテレビ番組視聴)
(4) PowerDVD 17 Ultra の使い方-DLNAクライアント機能(テレビ番組以外に対して)-
(5) PowerDVD 17 Ultra の使い方-BD/DVD再生機能-
(6) PowerDVD 17 Ultra の使い方-ハードディスク上の動画/音楽/写真の再生-
(7) PowerDVD 17 Ultra の使い方-DLNAサーバー機能-
(8) PowerDVD 17 Ultra の使い方-DMR機能-
(9) PowerDVD 17 Ultra の使い方-DMC機能-
(10) PowerDVD 17 Ultra:プレイリスト
(11) PowerDVD 17 Ultra:YouTubeの動画を再生
(12) PowerDVD 17 Ultra の TrueTheater機能


カテゴリー
ブログ内検索
DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト
ソニー nasne
nasne 1TBモデル


NAS
バッファロー LinkStation LS410D0201C

転送速度:100MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇

バッファロー Link Station LS210D0201C
転送速度
 リード:58MB/s
 ライト:63MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇

ネットワークカメラ
IODATA製 Qwatch TS-WPTCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:〇
暗視:〇
高機能にして割安。

IODATA製 Qwatch TS-WLC2

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇
マイク・スピーカー内蔵。

IODATA製 Qwatch TS-WLCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
安価で簡単。はじめての人におすすめ。

PLANEX製 カメラ一発! CS-W60HD

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX製 カメラ一発! CS-W06N

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX スマカメ CS-QR10

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
スマホ専用のカメラです。

Tenvis製 JPT3815W


無線LAN:〇
接続設定簡単化:×
パン・チルト:〇
暗視:〇
外国製。マニュアルは英文(一部和訳あり)、かつ、あまり詳しいことは書かれていない。サポートは英文メールのみ。その分価格が安い。
SDカード
SDカードは、デジカメ、ネットワークカメラ、パソコンなどで利用できる場合があります。SDカードの選び方に関しては、以下の記事を参照してください。
SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方
  • ライブドアブログ