IODATA社から HDL-A2.0R というNASが、2014年11月に販売開始となりました。


以前、本ブログのHDL-A2.0のカテゴリーで、HDL-A2.0 というNASを紹介しました。
また、「HDL-AシリーズとHDL-ASシリーズの違い」という記事で、HDL-A2.0 と HDL-A2.0S
の違いを説明しました。

この記事では、HDL-A2.0 と HDL-A2.0R の違いについて説明しようと思います。


1.機能比較一覧


機能名HDL-A2.0HDL-A2.0SHDL-A2.0R
価格(*1)  19,209円  21,530円  18k864円
転送速度(*2)  90MB/s  90MB/s  90MB/s
DLNAサーバー  〇  〇  〇
DTCP-IPサーバー  〇  〇  〇
スマートフォンや外出先のパソコン
からのアクセス
  〇  〇  〇
テレビ番組録画のムーブ  〇  〇  〇
NASからハードディスクへのバックアップ  〇  〇  〇
パソコンからNASへのバックアップ  〇  〇  〇
デジタルカメラからのコピー  〇  〇  〇
同期機能  〇  〇  〇
Dropboxとの同期  〇  〇  〇
FTPサーバー  〇  〇  〇
net.USB  〇  〇  〇
Acronis True Image(*4)  ×  〇  〇
nasneからのダビング  ×  〇

(*1)2015.2.28時点のAmazonでの価格。
(*2)IODATA社が公表している転送速度。
(*3)HDL-A2.0、HDL-A2.0S は、Remote Link 2 を使用。
    HDL-A2.0R は、Remote Link 3 を使用。
(*4)HDL-A2.0S は、Acronis True Image 2013 を無償ダウンロード可能。
    HDL-A2.0R は、Acronis True Image 2014 を無償ダウンロード可能。



2.機能差分


2.1 スマートフォンや外出先のパソコンからのアクセス方法


HDL-A2.0、HDL-A2.0S は、Remote Link 2 を使用、
HDL-A2.0R は、Remote Link 3 を使用します。


Remote Link 2 では、事前に、パソコンからNAS(HDL-A2.0 または HDL-A2.0S)に対して、
接続名などの設定を行っておく必要があります。
その方法については、以下の記事を参照してください。
IODATA LANDISK HDL-A2.0-5.外出先から本製品にアクセスする(Remote Link 2)-

Remote Link 2 では、外出先のパソコンからアクセスする場合は、パソコンに新規のソフトウェア
をインストールする必要はなく、Webブラウザでアクセスすることができます。
以下の記事(上記の接続方法を記載したのと同じ記事)を参照してください。
IODATA LANDISK HDL-A2.0-5.外出先から本製品にアクセスする(Remote Link 2)-

Remote Link 2 では、スマートフォンからアクセスする場合も、
スマートフォンに新規のソフトウェアをインストールする必要はなく、
Webブラウザで、自宅のNASにアクセスするようになっています。
以下の記事を参照してください。
HDL-A2.0のリモートリンク2の機能(iPhone、各種ファイル形式)


Remote Link 3 では、接続設定については、パソコン/スマートフォンで共通にはなっておらず、
パソコンから接続する場合はパソコンで、
スマートフォンから接続する場合はスマートフォンで行うようになっています。


Remote Link 3 では、スマートフォンからアクセスする場合、「Remote Link Files」という
アプリをスマートフォンにインストールし、そのアプリでアクセスするようになっています。
接続設定の方法は、QRコードを読み込ませるだけなので、簡単になっているようです。
以下のサイト(IODATA社のサイト)を参照してください。
HDL-ARシリーズの特長


Remote Link 3 で、外出先のパソコンからアクセスする場合は、パソコンに新規のソフトウェア
をインストールする必要はなく、Webブラウザでアクセスするようになっています。
手順については以下のサイトを参照してください。
HDL-ARシリーズ-画面で見るマニュアル
 外出先からアクセスする>パソコンからアクセスする 
 ※こちらの設定方法は、あまり簡単とは言えない気がします。



2.2 Acronis True Image


Acronis True Image の機能については以下の記事を参照してください。
HDL-AシリーズとHDL-ASシリーズの違い

※2013年版と2014年版の違いについては、概要レベルでは変わらないように思えます。
 2013年版でも、2014年版でも、提供されている機能は、以下の4つです。
 「イメージバックアップ」「ノンストップバックアップ」「Try&Decide機能」「データ同期」



3.HDL-A2.0、HDL-A2.0S、HDL-A2.0R のどれがよいのか?


基本機能に違いはないので、購入する時点で一番価格の安いものを購入すればよいと思います。
※機能的には、微妙な差ではありますが、
   HDL-A2.0 < HDL-A2.0S < HDL-A2.0R
 なので、本来は、価格もこの順になっているはずなのですが、
 2015.3.1時点では、Amazonでの価格は、HDL-A2.0R が少しだけ他より安くなっています。
 価格は日々変わるものなので、いつもこうではないと思います。


なお、当然のことですが、Acronis True Image の機能を使ってみたいという人は、
HDL-A2.0S または HDL-A2.0 を選択することになります。


また、外出先からNASへのアクセスは、主にスマートフォンで行い、かつ、
設定は簡単であるほうがよいという人は、HDL-A2.0R を選択するとよいと思います。



関連商品の紹介ページ

[IODATA LANDISK HDL-A2.0]


[IODATA LANDISK HDL-A2.0S]


[IODATA LANDISK HDL-A2.0R]