ホームネットワーク構築方法

当ブログでは、家庭内のパソコン,プリンター,テレビ,レコーダー,NAS,ネットワークカメラなどをLANで接続してホームネットワーク(家庭内LAN)を構築し、それらを連携させて活用する方法を紹介しています。この記事では「IODATA TS-WLC2」の使用方法や設定方法について詳しく説明いたします。

IODATA TS-WLC2

ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 まとめ

ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 


について、まとめておきます。


1.ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 と
  他のネットワークカメラの比較


1.1 一覧表


製品名価格
(*1)
無線
LAN
接続
設定
簡単化
(*2)
動体
検知
パン・
チルト
(*3)
暗視
機能 
(*4)
最大
画素数
音声
(*5)
IODATA Qwatch
TS-WPTCAM
20,380円100万
画素
IODATA Qwatch
TS-WLC2
11,780円×100万
画素
◎(内蔵)
IODATA Qwatch
TS-WLCAM
5,578円××130万
画素
×
PLANEX カメラ一発!
CS-W06N
15,799円×30万
画素
◎(別売)
PLANEX カメラ一発!
CS-60HD
21,628円100万
画素
◎(内蔵)
PLANEX カメラ一発!
CS-70HD
48,959円100万
画素
◎(内蔵)
Tenvis JPT3815W4,480円×30万
画素
◎(別売)

(*1)2014.7.19時点のAmazonでの価格。
(*2)スマホ連携、および、外部ネットワーク上のパソコンからアクセスする
  場合の設定処理の簡単化。
(*3)パン・チルトとは、撮影レンズの向きを上下左右に変える機能のことです。
  パンは左右振り、チルトは上下振りです。
(*4)暗視機能とは、暗い場所でも撮影する機能のことです。
  赤外線撮影機能あるいは、ナイトビジョン機能と呼ばれることもあります。
(*5)音声は、片方向(入力のみ)なら〇 、
  双方向(入力と出力の両方がある)ただしスピーカーは別売のものを外付けなら◎(別売)、
  双方向(入力と出力の両方がある)かつスピーカー内蔵なら◎(内蔵)としました。



1.2 一覧表に対するコメント


本製品(IODATA Qwatch TS-WLC2)は、大まかに言えば、TS-WLCAMに以下の機能を
付け加えた製品になっています。
 ・ 音声機能
 ・ 暗視機能
 ・ SDカード関連機能(*1)


(*1)一覧表には書ききれなかったのですが、TS-WLCAMは SDカードをサポートしていません。
  TS-WLC2、TS-WPTCAM は SDカードをサポートしています。


価格の割には、機能が豊富であるように思えます。


特に、音声機能に関しては、双方向(入力と出力の両方をサポート)をサポート(*2)、
しかも、マイク/スピーカーが内蔵されています。(*3)


(*2)音声機能に関しては、同じIODATA社の上位機種である TS-WLPTCAM を上回っていることに
  なります。TS-WPTCAMは、音声は片方向(入力)のみサポートなので。


(*3)音声がサポートしてある場合、マイクはどの機種も内蔵しているのですが、
  スピーカーは必ずしも内蔵されていません。
  一覧表では、音声の欄を「◎(別売)」としたものが、音声を双方向はサポートしていても、
  スピーカーは内蔵していない機種になります。
  本製品(TS-WLC2)は、音声に関しては、非常にしっかりサポートされていると言えます。


一方、サポートされていない主要機能は、パン・チルトです。

遊び心で買ってみようという人は、パン・チルトがサポートされていないと、寂しさを感じる
かもしれません。(リモート操作で首がくるくる回るのは面白いですよね)


しかし、実用上は、パン・チルトが不要な場合も多いと思いますので、
パン・チルトが必要でない人にはおすすめできる製品であると思います。



2.ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 の主な特長


(1) 無線LAN、接続設定簡単化がサポートされている。

  接続設定簡単化に関しては、特に、外出先からの接続設定において、
  ダイナミックDNSや、ルーターの設定などの専門知識を必要としない点がよい。
  「ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 外出先のパソコンからアクセス
  参照。


(2) 静止画/動画を、パソコン/NAS/SDカード に保存する機能を持っている。
  (静止画/動画の両方の保存を、パソコン/NAS/SDカード全てに対してサポート)
  「ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 パソコンに映像を保存する
  「ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をIODATA製のNASに保存
  「ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をバッファロー製のNASに保存
  「ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をSDカードに保存
  参照。


(3) NAS/SDカードに対して、連続録画が可能。
  連続録画とは、容量が足りなくなった場合、古い録画ファイルを消して(上書きして)、
  録画を続ける機能のこと。パソコンを起動していなくても録画し続ける。
  「ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WPTCAM 連続録画
  ※上記記事は、TS-WPTCAMに対して検証を行った時のものですが、
    機能自体は、IODATA製の全てのネットワークカメラに対してサポートされています。

(4)  動作検知して、静止画または動画を、 メール転送/FTP転送/NASに保存/SDカード
  に保存することができる。(静止画/動画の両方に対して、メール転送/FTP転送/
  NASに保存/SDカードに保存をサポート)

  動作検知し、メール転送する機能についは、以下の記事を参照。
   「ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しメール送信
  動作検知し、FTP転送する機能については、以下の記事を参照。
   「ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しFTP送信

  動作検知し、NASに保存する機能については、以下の記事を参照。
   「ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しNASに保存
  動作検知し、SDカードに保存する機能については、以下の記事を参照。
   「ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しSDカードに保存

(5) 音声機能が充実している。
  双方向にサポートしていて、しかも、マイク/スピーカーは内蔵なので増設不要。
  もちろん、録画にも音声は残る。

  「ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 音声(パソコンとの間で)」参照。  


(6) スマートフォンとの接続設定が簡単。
  しかも、スマートフォンからも高度な機能が使用可能。
   ・ スマートフォンへの静止画の保存
   ・ NASやSDカードへの、動画/静止画の保存
   ・ 暗視機能
   ・ 音声機能
  以下の記事を参照。
   「ネットワークカメラ IODATA製 Qwatch TS-WLC2 スマホからQwatchViewでアクセス
   「ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 静止画をスマホに保存
   「ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 映像をNASに保存
   「ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView NASに保存した映像をスマホで見る方法
   「ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView SDカード関連機能
   「ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 暗視機能
   「ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 音声(スマートフォンとの間で)


(7) パソコンおよびスマートフォンから、複数台同時に表示できる。
   「ネットワークカメラ IODATA Qwatch 複数台表示(TS-WLC2を追加)」参照。



3.所感


以下のいずれかに該当する人にはおすすめです。

・ 音声機能を持ったネットワークカメラがほしい、かつ、
  マイク/スピーカーは内蔵されていて(別途購入する必要がなく)、
  なるべく価格の安いものがよい。

・ パン・チルトの機能は不要、かつ、暗視機能/SDカード関連機能は必要、かつ、
  なるべく価格の安いネットワークカメラがよい。



(4) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 パスワード変更方法

(5) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 外出先のパソコンからアクセス
(6) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 パソコンに映像を保存する
(7) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をIODATA製のNASに保存
(8) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をバッファロー製のNASに保存
(9) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をSDカードに保存
(10) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 暗視機能
(11) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 音声(パソコンとの間で)
(12) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しSDカードに保存
(13) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しNASに保存
(14) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しメール送信
(15) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しFTP送信
(16) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知の範囲と感度の調整
(17) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知する時間帯をスケジュール
(18) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 録画する時間帯をスケジュール
(19) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 録画形式
(20) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 デジタルズーム

(21) ネットワークカメラ IODATA製 Qwatch TS-WLC2 スマホからQwatchViewでアクセス
(22) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 静止画をスマホに保存
(23) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 管理者権限
(24) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 映像をNASに保存
(25) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView NASに保存した映像をスマホで見る方法
(26) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView SDカード関連機能
(27) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 暗視機能
(28) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 音声(スマートフォンとの間で)
(29) ネットワークカメラ IODATA Qwatch 複数台表示(TS-WLC2を追加)
(30) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 まとめ

ネットワークカメラ IODATA Qwatch 複数台表示(TS-WLC2を追加)

私は、以下の3台のIODATA製のネットワークカメラを持っています。
・ IODATA Qwatch TS-WLCAM
・ IODATA Qwatch TS-WPTCAM
・ IODATA Qwatch TS-WLC2 


これらのネットワークカメラの画面を3台同時に表示する方法について説明します。



1.環境


ネットワークカメラ              : IODATA Qwatch TS-WLCAM
                        : IODATA Qwatch TS-WPTCAM
                        : IODATA Qwatch TS-WLC2 
無線LAN親機                :バッファロー WZR-600DHP (*1)
スマートフォン                :iPhone (QwatchViewをインストール)
パソコン                    :FUJITSU LIFEBOOK AH77/H(OS:Windows 7)

ネットワーク構成図


140719_01

(*1) 私は、バッファロー WZR-600DHP を使用しているのですが、現在はもう新品の販売
   はされておらず、中古品のみの販売となっているようです。
   今買うのなら、後継機種と思われる WZR-S600DHP がよいと思います。
   価格は2014.12.20現在 6,967円です。



2.パソコンからアクセスする場合


2.1 オンラインマニュアル


→TS-WLCAM画面で見るマニュアル
→活用する
→複数台の本製品の利用方法



2.2 複数台表示方法


(1) Magical Finderを起動する。
  (Magical Finder をインストールした時に作成された、
   デスクトップ上の mfinderXXX フォルダの 
   MaigicalFinder.exe (下図赤枠で囲った部分) をクリック)
140321_01

(2) ネットワークカメラ TS-WLCAM(私の環境では CAM-B7B9というカメラ名。

  カメラ名は、製品に添付されている「かんたん接続シート」に記載されている)

  の右の[ブラウザ]ボタン(下図赤枠で囲った部分)をクリック。

140719_02

(3) ユーザ名とパスワードを入力する画面となる。
  ユーザ名に admin を指定し(下図赤枠で囲った部分)、
  パスワードには
    ・TS-WLCAMのMACアドレス(出荷時から変更していない場合。TS-WLCAMの背面
     に印刷されている)、または、   

     ・ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLCAM パスワード変更方法
     で設定したパスワード
  を指定し(下図緑枠で囲った部分)、[OK](下図黄色枠で囲った部分)をクリック。

140719_14

(4) Webブラウザが起動し、TS-WLCAMが撮影しているライブ映像が表示される。

140719_05

(5) (2)のウィンドウにおいて、

  ネットワークカメラ TS-WPTCAM(私の環境では CAM-B104というカメラ名。

  カメラ名は、製品に添付されている「かんたん接続シート」に記載されている)

  の右の[ブラウザ]ボタン(下図赤枠で囲った部分)をクリック。

140719_03

(6) ユーザ名とパスワードを入力する画面となる。
  ユーザ名に admin を指定し(下図赤枠で囲った部分)、
  パスワードには
    ・TS-WPTCAMのMACアドレス(出荷時から変更していない場合。TS-WPTCAMの背面
     に印刷されている)、または、

     ・ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WPTCAM パスワード変更方法
     で設定したパスワード
  を指定し(下図緑枠で囲った部分)、[OK](下図黄色枠で囲った部分)をクリック。

140719_15

(7) Webブラウザの画面がもう1個開き、TS-WPTCAMが撮影しているライブ映像が表示される。

140719_06

(8) (2)のウィンドウにおいて、

  ネットワークカメラ TS-WLC2(私の環境では CAM-3F71というカメラ名。

  カメラ名は、製品に添付されている「かんたん接続シート」に記載されている)

  の右の[ブラウザ]ボタン(下図赤枠で囲った部分)をクリック。

140719_04

(9) ユーザ名とパスワードを入力する画面となる。
  ユーザ名に admin を指定し(下図赤枠で囲った部分)、
  パスワードには
    ・TS-WLC2のMACアドレス(出荷時から変更していない場合。TS-WLC2の背面
     に印刷されている)、または、
     ・ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 パスワード変更方法
     で設定したパスワード
  を指定し(下図緑枠で囲った部分)、[OK](下図黄色枠で囲った部分)をクリック。

140719_16


(10) Webブラウザの画面がもう1個開き、TS-WLC2が撮影しているライブ映像が表示される。

140719_07

(11) TS-WLCAMの画面と、TS-WPTCAMの画面と、TS-WLC2の画面は、
  各々のタブをクリックすることで切り替えることができる。

  TS-WLCAMのタブ(下図赤枠で囲った部分)をクリックすると、TS-WLCAMの画面となる。
140719_08

  TS-WPTCAMのタブ(下図赤枠で囲った部分)をクリックすると、TS-WPTCAMの画面となる。
140719_09

  TS-WLC2のタブ(下図赤枠で囲った部分)をクリックすると、TS-WLC2の画面となる。
140719_10


2.3 各画面を別ウィンドウで表示するには

(1) Internet Explorerが開いている状態で、[ツール]→[インターネットオプション]の順に
  クリック。(下図赤枠で囲った部分)
140321_07

(2) 「タブの中のWebページの表示方法を設定します。」の右の[タブ]ボタン(下図赤枠で
  囲った部分)をクリック。
140321_08

(3) 初期設定では、「他のプラグラムからのリンクを開く方法」が、
  [現在のウィンドウの新しいタブ](下図赤枠で囲った部分)になっている。
140321_09

  これを、[新しいウィンドウ](下図赤枠で囲った部分)に変更し、
  [OK](下図オレンジ枠で囲った部分)をクリック。
140321_09_1

(4) (2)の画面に戻る。[OK](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140321_10

(5) 全ての画面を一旦閉じて、2.2の手順で両画面を表示すると、
  以下のように別ウィンドウで表示される。
  

  下図はTS-WLCAMの画面を前面に表示させたところ。
140719_11

  下図はTS-WPTCAMの画面を前面に表示させたところ。
140719_12

  下図はTS-WPTCAMの画面を前面に表示させたところ。

140719_13


3.スマートフォン(iPhone)からアクセスする場合


(1) スマートフォン(iPhone)のホーム画面で、QwatchViewのアイコン(下図赤枠で囲った部分)
  をタップ。
IMG_1142

(2) 登録しているカメラの画面が表示される。
  ここでは、TS-WLCAM(カメラ名:CAM-B7B9)と、TS-WPTCAM(カメラ名:CAM-B104)と、
  TS-WLC2(カメラ名:CAM-3F71)が表示される。
IMG_1143

(3) (2)で TS-WLCAM(カメラ名:CAM-B7B9)をタップすれば、TS-WLCAMのライブ映像が表示される。
IMG_1144

(4) (2)で TS-WPTCAM(カメラ名:CAM-B104)をタップすれば、TS-WPTCAMのライブ映像が表示される。
IMG_1145

(5) (2)で TS-WLC2(カメラ名:CAM-3F71)をタップすれば、TS-WLC2のライブ映像が表示される。
IMG_1146

(6) (2)で iPhoneを横向きにすると以下のような画面になる。
IMG_1147

(7) (6)で TS-WLCAM(カメラ名:CAM-B7B9)をタップすれば、TS-WLCAMのライブ映像が表示される。
IMG_1148

(8) (7)で TS-WPTCAM(カメラ名:CAM-B104)をタップすれば、TS-WPTCAMのライブ映像が表示される。
IMG_1149

(9) (8)で TS-WLC2(カメラ名:CAM-3F71)をタップすれば、TS-WLC2のライブ映像が表示される。
IMG_1150

(参考)iPhoneを横向きにしても、画面が横長の画面にならない場合は

iPhoneを横向きにしても、画面が横長の画面にならない場合は、
iPhoneの画面の縦横の自動切替をロックした状態にしてあると思われます。


この場合は、iPhoneの画面の上のほうに、丸い矢印の中に南京錠が書かれた印
(下図赤枠で囲った部分。とても小さい印なので気づきにくい)が出ています。
IMG_1138

解除するには、ホーム画面で、画面したから上にスワイプして、以下の画面にして、
丸い矢印の中に南京錠が書かれたボタン(下図赤枠で囲った部分)をタップすればよいです。
IMG_1139

タップし終わると、白かったボタンが黒くなります。(下図赤枠で囲った部分)
IMG_1140

再びホーム画面に戻ると、画面上のほうにでていた、丸い矢印の中に南京錠が書かれた印
が消えています。
IMG_1141

この状態で、iPhoneを横向きにすると、(6)のような横長の画面となります。



関連商品紹介ページ
   


IODATA Qwatch TS-WLC2 関連の記事一覧
(1) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 購入
(2) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 無線LANでネットワークに接続

(4) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 パスワード変更方法

(5) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 外出先のパソコンからアクセス
(6) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 パソコンに映像を保存する
(7) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をIODATA製のNASに保存
(8) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をバッファロー製のNASに保存
(9) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をSDカードに保存
(10) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 暗視機能
(11) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 音声(パソコンとの間で)
(12) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しSDカードに保存
(13) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しNASに保存
(14) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しメール送信
(15) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しFTP送信
(16) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知の範囲と感度の調整
(17) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知する時間帯をスケジュール
(18) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 録画する時間帯をスケジュール
(19) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 録画形式
(20) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 デジタルズーム

(21) ネットワークカメラ IODATA製 Qwatch TS-WLC2 スマホからQwatchViewでアクセス
(22) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 静止画をスマホに保存
(23) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 管理者権限
(24) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 映像をNASに保存
(25) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView NASに保存した映像をスマホで見る方法
(26) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView SDカード関連機能
(27) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 暗視機能
(28) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 音声(スマートフォンとの間で)
(29) ネットワークカメラ IODATA Qwatch 複数台表示(TS-WLC2を追加)
(30) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 まとめ

ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 音声(スマートフォンとの間で)

ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 


の音声に関する機能について説明します。


※この記事では、スマートフォン(iPhone)との間での音声機能について説明します。
 パソコンとの間での音声機能については、以下の記事を参照してください。
 ・ ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 音声(パソコンとの間で)   



0.特長


本製品(TS-WLC2)は、本製品(TS-WLC2)からスマートフォン方向、および、
スマートフォンから本製品(TS-WLC2)方向の双方向に音声が伝えられるようになっています。


本製品(TS-WLC2)に、マイクとスピーカーが内蔵されているため、
本製品(TS-WLC2)にマイクやスピーカーを増設する必要はありません。


※スマートフォン側も、マイク/スピーカーは当然内蔵されているので、
 それらを増設する必要はありません。ただし、イヤホンだけは必要です。
 (イヤホンなしでは、TS-WLC2側の音声が、スマートフォンで聞こえませんでした)


動画を録画すれば、その動画にも音声が記録されます。


※録画も、スマートフォンで視聴する場合、音声を聞くには、イヤホンが必要です。



1.オンラインマニュアル


インターネット上では以下の場所に、仕様が記載されています。
QwatchView 画面で見るマニュアル  P32「通話」



2.環境


ネットワークカメラ              :IODATA Qwatch TS-WLC2
無線LAN親機                :バッファロー WZR-600DHP (*1)
スマートフォン                :iPhone

140718_01

(*1) 私は、バッファロー WZR-600DHP を使用しているのですが、現在はもう新品の販売
   はされておらず、中古品のみの販売となっているようです。
   今買うのなら、後継機種と思われる WZR-S600DHP がよいと思います。
   価格は2014.12.20現在 6,967円です。



3.手順(スマートフォン(iPhone)との間での音声機能)


3.1 本製品(TS-WLC2)側の音声をスマートフォン(iPhone)側で聞く


本製品(TS-WLC2)はデフォルトで音声を拾うようになっています。

ネットワークカメラ IODATA製 Qwatch TS-WLC2 スマホからQwatchViewでアクセス
の手順でライブ映像をスマートフォンに映した段階で、本製品(TS-WLC2)側で発生した音声が、
スマートフォン側にも聞こえます。


ただし、スマートフォンには、下図のようにイヤホンを接続する必要があります。
イヤホンなしでは音声は聞こえませんでした。
IMG_1993

また、以降の3.3.1 でも説明しますが、デフォルトではイヤホンから聞こえてくる音声が小さいので、
音量調整して、本製品(TS-WLC2)のマイクのボリュームを大きくするのがよいと思います。



3.2 スマートフォン(iPHone)から入力した音声を、
    本製品(TS-WLC2)から出力


以下の手順で、iPhoneから入力した音声を、本製品(TS-WLC2)から出力することができます。


(1) iPhoneのホーム画面でQwatchViewのアイコン(下図赤枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1121

(2) TS-WLC2のカメラ名(ここでは CAM-3F71)のついたタブ(下図赤枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1122

(3) メニュー(下図赤枠で囲った部分)を左にスワイプする。
IMG_1123

(4) [通話](下図赤枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1124

(5) マイクボタン(下図赤枠で囲った部分)を押しながら、iPhoneに話しかけると、
  その声が、本製品(TS-WLC2)から出力される。
IMG_1125

注1.マイクボタンを押している間は、本製品(TS-WLC2)側の音声は聞こえません。
   マイクボタンから指を離すと、本製品(TS-WLC2)側の音声が聞こえるようになります。
   つまり、音声は、双方向同時には使用できません。


注2.本製品(TS-WLC2)側で、はっきり聞き取れる音声を出力するには、
   iPhone側のマイクのかなり近くで話す必要があります。



3.3 音量調整


3.3.1 本製品(TS-WLC2)のマイクの音量調整を行う


デフォルトではiPhone側に聞こえてくる音声が小さいので、音量調整で、
本製品(TS-WLC2)のマイクのボリュームを大きくするのがよいと思います。
手順は以下の通りです。


(1) メニュー(下図黄色枠で囲った部分)をスワイプして、
  [設定](下図赤枠で囲った部分)を表示し、[設定](下図赤枠で囲った部分)をタップ。
  さらに、[IPカメラの設定画面を開きます](下図オレンジ枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1126

(2) [ビデオ](下図赤枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1127

(3) [音量調整](下図赤枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1128

(4) 以下のような画面が表示される。
  マイクの音量(下図黄色枠で囲った部分)も、
  スピーカーの音量(下図ピンク枠で囲った部分)も、デフォルトでは、30 になっている。
IMG_1129

(5) マイクの音量を 100 に変更し(下図赤枠で囲った部分)、
  [設定](下図オレンジ枠で囲った部分)をタップし、
  [完了](下図黄色枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1130

(6) 下図のように、(1)と同じ画面に戻る。
  この時点で、マイクの音量は 100 に変更されている。
IMG_1131


3.3.2 本製品(TS-WLC2)のマイクをオフにするには


(1) 3.3.1 の (4) の画面を表示する。


(2) ミュートを ON にする。(下図赤枠で囲った部分)
  マイクの音量が自動的に 0 になる。(下図黄色枠で囲った部分)
  [設定](下図オレンジ枠で囲った部分)をタップ。
  [完了](下図ピンク枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1132

これで本製品(TS-WLC2)のマイクがオフになります。



3.3.3 本製品(TS-WLC2)のスピーカーの音量調整を行うには


以下の手順で、本製品(TS-WLC2)のスピーカーの音量調整を行うことができます。


(1) 3.3.1 の (4) の画面を表示する。


(2) スピーカーの音量を 100 にする。(下図赤枠で囲った部分)
  [設定](下図オレンジ枠で囲った部分)をタップ。
  [完了](下図ピンク枠で囲った部分)をタップ。

IMG_1134

これで本製品(TS-WLC2)のスピーカーの音量が100になります。
しかし、私が試した範囲では、スピーカーの音量を大きくするとノイズも大きくなりました。
その一方で、iPhone側でマイクのすぐ近くで話さないと、声が届かないのは同じです。
そのため、私としては、スピーカーの音量については、デフォルトの 30 のままで使用する
のがおすすめです。



3.4 音声付で録画する


本製品(TS-WLC2)はデフォルトで音声を拾うようになっているので、
3.3.2 の方法でマイクをオフにして録画しない限り、動画を録画すると、
音声もその動画と一緒に記録されています。

本製品(TS-WLC2)で撮影した、動画の録画および保存の方法については、
以下の記事を参照してください。
ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 映像をNASに保存
ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView SDカード関連機能


(4) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 パスワード変更方法

(5) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 外出先のパソコンからアクセス
(6) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 パソコンに映像を保存する
(7) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をIODATA製のNASに保存
(8) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をバッファロー製のNASに保存
(9) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をSDカードに保存
(10) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 暗視機能
(11) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 音声(パソコンとの間で)
(12) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しSDカードに保存
(13) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しNASに保存
(14) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しメール送信
(15) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しFTP送信
(16) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知の範囲と感度の調整
(17) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知する時間帯をスケジュール
(18) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 録画する時間帯をスケジュール
(19) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 録画形式
(20) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 デジタルズーム

(21) ネットワークカメラ IODATA製 Qwatch TS-WLC2 スマホからQwatchViewでアクセス
(22) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 静止画をスマホに保存
(23) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 管理者権限
(24) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 映像をNASに保存
(25) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView NASに保存した映像をスマホで見る方法
(26) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView SDカード関連機能
(27) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 暗視機能
(28) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 音声(スマートフォンとの間で)
(29) ネットワークカメラ IODATA Qwatch 複数台表示(TS-WLC2を追加)
(30) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 まとめ

ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 暗視機能

ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 


に、スマートフォン(iPhone)から、QwatchViewを使ってアクセスした状態で、
暗視機能を使用する方法について説明します。

注1.暗視機能とは、暗い場所で、赤外線LEDを使用して撮影する機能のことです。
  当ネットワークカメラ(IODATA Qwatch TS-WPTCAM)の暗視機能を、
  パソコンから使用する方法については、以下の記事で説明しました。

  スマートフォン(iPhone。ソフトウェアとしてはQwatchView)からでも、
  全く同じ機能が使用可能です。

  と言うか、スマートフォン側で設定変更すると、パソコン側にも反映されるので、
  機能や設定データはネットワークカメラ側で持っていて、それをパソコンから操作するのか、
  スマートフォンから操作するのかの違いだけだと思われます。

注2.ユーザー権限(アカウント)は、管理者権限でテストしました。
  ユーザー権限(アカウント)を管理者権限に変更する手順については以下の記事を参照して
  ください。

注3.この機能は、スマートフォンのネットワークへの接続方法が、
   4G(携帯電話回線)の場合でも、Wi-Fi(無線LAN)でも使用可能です。


1.オンラインマニュアル

暗視機能の手動切替の方法については、以下の場所に記載されています。
QwatchView 画面で見るマニュアル P31「モード -暗視」

暗視機能の自動切替を有効/無効にする方法については、上記のマニュアルには、
書かれていません。
と言うか、暗視機能の自動切替を有効/無効にする方法は、
上記マニュアルに記載されている内容の中では、P39「設定」に含まれることになるのですが、
暗視機能の自動切替については、詳しくは書かれていません。


2.環境

ネットワークカメラ              :IODATA Qwatch TS-WLC2
無線LAN親機                :バッファロー WZR-600DHP (*1)
スマートフォン                :iPhone

140706_01

(*1) 私は、バッファロー WZR-600DHP を使用しているのですが、現在はもう新品の販売
   はされておらず、中古品のみの販売となっているようです。
   今買うのなら、後継機種と思われる WZR-S600DHP がよいと思います。
   価格は2014.12.20現在 6,967円です。



3.暗視機能の自動切替

(1) スマートフォン(iPhone)のホーム画面で、QwatchViewのアイコン(下図赤枠で囲った部分)
  をタップ。
IMG_1088

(2) 登録しているカメラのうち、IODATA Qwatch TS-WLC2(私の場合、カメラ名は、
  CAM-3F71)(下図赤枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1089

(3) メニュー(下図赤枠で囲った部分)の中に[設定]が含まれていなければ、
  右にスワイプして、[設定]を表示させる。
IMG_1091

(4) メニューの中に[設定]が表示されたら、[設定](下図赤枠で囲った部分)をタップし、
  その下の[IPカメラの設定画面を開きます](下図オレンジ枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1092

(5) [ビデオ](下図赤枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1093

(6) [暗視設定](下図赤枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1094

(7) 初期設定(デフォルト設定)では、自動切り替え機能は有効になっている。
  最初はこの状態でどうなるのかを見てみたいので、このまま[完了](下図赤枠で囲った部分)
  をタップ。
IMG_1095

(8) (4)の画面に戻る。
IMG_1096

(9) ネットワークカメラの設置されている部屋を暗くする。
  すると、以下のように、自動的に暗視機能が有効になって、
  赤外線で被写体が映し出される。
IMG_1097

(10)比較のため、暗視機能の自動切替機能をオフにしてみることにする。
  再度、[IPカメラの設定画面を開きます](下図赤枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1098

(11)[ビデオ]→[暗視設定]の順にタップ。((5)(6)と同じ)

(12)自動切り替え機能を[無効](下図赤枠で囲った部分)にして、
  [設定](下図オレンジ枠で囲った部分)をタップして、
  [完了](下図黄色枠で囲った部分)をタップする。
IMG_1099

(13)画面が真っ暗になる。
IMG_1100


4.暗視機能の手動切替

暗視機能の手動切替は、
暗視機能の自動切替がオンであってもオフであっても使用可能ですが、
主に、自動切替がオフにしてある場合に、手動でオンにすることを可能にすることが
目的であると思われます。

上記3の(13)の時点では、暗視機能の自動切り替えはオフになった状態です。
この状態で、暗視機能の手動切替の手順により、暗視機能を有効にする方法を説明します。

(1) メニュー(下図赤枠で囲った部分)を左にスワイプして、[モード]を表示させる。

(2) [モード](下図赤枠で囲った部分)をタップし、
  [暗視](下図オレンジ枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1101

(3) 暗視機能が有効になって、赤外線で被写体が映し出される。
IMG_1102


(4) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 パスワード変更方法

(5) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 外出先のパソコンからアクセス
(6) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 パソコンに映像を保存する
(7) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をIODATA製のNASに保存
(8) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をバッファロー製のNASに保存
(9) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をSDカードに保存
(10) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 暗視機能
(11) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 音声(パソコンとの間で)
(12) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しSDカードに保存
(13) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しNASに保存
(14) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しメール送信
(15) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しFTP送信
(16) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知の範囲と感度の調整
(17) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知する時間帯をスケジュール
(18) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 録画する時間帯をスケジュール
(19) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 録画形式
(20) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 デジタルズーム

(21) ネットワークカメラ IODATA製 Qwatch TS-WLC2 スマホからQwatchViewでアクセス
(22) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 静止画をスマホに保存
(23) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 管理者権限
(24) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 映像をNASに保存
(25) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView NASに保存した映像をスマホで見る方法
(26) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView SDカード関連機能
(27) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 暗視機能
(28) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 音声(スマートフォンとの間で)
(29) ネットワークカメラ IODATA Qwatch 複数台表示(TS-WLC2を追加)
(30) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 まとめ

ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView SDカード関連機能

ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 


にSDカードを挿入し、スマートフォン(iPhone)から、QwatchViewを使って
そのSDカードに静止画/動画を保存する手順と、
SDカードに保存した静止画/動画を参照する方法について説明します。

注1.ユーザー権限(アカウント)は、管理者権限でテストしました。
  ユーザー権限(アカウント)を管理者権限に変更する手順については以下の記事を参照して
  ください。

注2.スマートフォンのネットワークへの接続方法は、4G(携帯電話回線)でもWi-Fi(無線LAN)
   でも成功しました。


1.オンラインマニュアル

本件に関する仕様は、以下の場所に記載されています。
・SDカードに静止画/動画を保存する手順
 →QwatchView 画面で見るマニュアル P14~P19「録画」
・SDカードに保存した静止画/動画を参照する手順
 →QwatchView 画面で見るマニュアル P12~P13「ライブラリ」


2.環境

ネットワークカメラ              : IODATA Qwatch TS-WLC2 
無線LAN親機                :バッファロー WZR-600DHP(*1)
スマートフォン                :iPhone (QwatchViewをインストール)
SDカード                   :Transcend microSDHCカード 32GB Class10 (*2)

(*1) 私は、バッファロー WZR-600DHP を使用しているのですが、現在はもう新品の販売
   はされておらず、中古品のみの販売となっているようです。
   今買うのなら、後継機種と思われる WZR-S600DHP がよいと思います。
   価格は2014.12.20現在 6,967円です。



(*2)  SDカードの選び方に関しては、以下の記事を参照してください。
     SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方

ネットワーク構成図
140713_01


3.SDカードに静止画/動画を保存するための設定

(1) スマートフォン(iPhone)のホーム画面で、QwatchViewのアイコン(下図赤枠で囲った部分)
  をタップ。
IMG_1044

(2) 登録しているカメラのうち、IODATA Qwatch TS-WLC2(私の場合、カメラ名は、
  CAM-3F71)(下図赤枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1045

(3) 画面右下の歯車のマーク(下図赤枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1046

(4) [保存先設定](下図赤枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1047

(5) [保存先]の下の欄(現在、[LAN DISK]と表示されている部分)(下図赤枠で囲った部分)
  をタップ。
IMG_1048

(6) 画面の下半分に、[LAN DISK]、[SDカード]のどちらを選ぶかの選択欄が出てくる。
  [SDカード](下図赤枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1049

(7) [SDカード](下図黄色枠で囲った部分)の文字が大きく表示される。
  [完了](下図赤枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1050

(8) 保存先の表示がが[SDカード]に変わっている。(下図黄色枠で囲った部分)
  [設定](下図赤枠で囲った部分)をタップし、
  [完了](下図オレンジ枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1051

(9) [録画]のページで、かつて[LAN DISK]となっていた部分が、
  [SDカード](下図黄色枠で囲った部分)に変わっていることが確認できる。
  再度、歯車のマーク(下図赤枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1053

(10)[SDカード保存設定](下図赤枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1054

(11)SDカードの設定で変更したい部分があれば変更する。
  今回、私のほうでは、特に変更したい部分はなかったので、
  そのまま[完了](下図赤枠で囲った部分)をタップした。
IMG_1055

(12)(9)と同じ画面に戻る。設定はこれで完了。
IMG_1056


4.SDカードに静止画/動画を保存

(1) 3の(1)(2)と同じ操作をする。

(2) [録画](下図赤枠で囲った部分)をタップ。
  ◎の左が[SDカード]になっていることを確認。(下図オレンジ枠で囲った部分)
   もしなっていなければ([ローカル]などになっていれば)、
   そこをタップして[SDカード]に変える。
  ◎の右が[静止画]になっていることを確認。(下図黄色枠で囲った部分)
   もしなていなければ([動画]などになっていれば)、
   そこをタップして[静止画]に変える。
IMG_1056

(3) ◎をタップ。(下図赤枠で囲った部分)
  これで静止画が、SDカードに保存される。
IMG_1057_1

(4) [静止画]をタップ。(下図赤枠で囲った部分)
IMG_1057_2

(5) [静止画]だった部分が[動画]に変わる。(下図黄色枠で囲った部分)
  ◎をタップ。(下図赤枠で囲った部分)
IMG_1058

(6) ◎の内側の○の中が赤くなる。(下図黄色枠で囲った部分)
  これは録画中であることを示している。
IMG_1059

(7) 録画を完了したくなったら、再度◎をタップ。
  ◎の内側の○の中が白に戻る。(下図黄色枠で囲った部分)
  これで録画したもの(動画)が、SDカードに保存される。
IMG_1060


5.SDカードに保存した静止画/動画を参照する

(1) 3の(1)(2)と同じ操作をする。

(2) [ライブラリ]をタップし、(下図赤枠で囲った部分)
  [SDカード]をタップ。(下図オレンジ枠で囲った部分)
IMG_1061

(3) [IPCamera_Manual]をタップ。(下図赤枠で囲った部分)
IMG_1062

(4) 映像(静止画/動画)は、日付を名前とするフォルダに記録されている。
  本日の日付のフォルダ[2014_03_16]をタップ。
IMG_1063

(5) [snapshot-001]に静止画が、[record-001]に動画が保存されている。
  ここではまず、静止画を見てみる。
  [snapshot-001]をタップ。(下図赤枠で囲った部分)
IMG_1064

(6) 保存した静止画のファイル名が表示される。
  ファイル名は、Record-(撮影した日時).jpg という形式になっている。
  今回は、1個だけしか静止画を保存していないので、
  その静止画(Record-2014-03-16_08-27-59.jpg)をタップ。(下図赤枠で囲った部分)
IMG_1065

(7) 静止画が表示される。終了する場合は右上の[閉じる](下図赤枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1066

(8) [2014_03_16](下図赤枠で囲った部分)をタップして、1つ上のフォルダに戻る。
IMG_1067

(9) 動画フォルダ[record-001]をタップ。(下図赤枠で囲った部分)
IMG_1068

(10)保存した動画のファイル名が表示される。
  ファイル名は、Record-(撮影した日時).avi という形式になっている。
  今回は、1個だけしか動画を保存していないので、
  その動画(Record-2014-03-16_08-29-23.avi)をタップ。(下図赤枠で囲った部分)
IMG_1069

(11)動画が再生される。
  終了する場合は右上の[閉じる](下図赤枠で囲った部分)をタップするか、
  動画が再生し終わるのを待つ。
IMG_1071


(4) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 パスワード変更方法

(5) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 外出先のパソコンからアクセス
(6) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 パソコンに映像を保存する
(7) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をIODATA製のNASに保存
(8) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をバッファロー製のNASに保存
(9) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をSDカードに保存
(10) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 暗視機能
(11) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 音声(パソコンとの間で)
(12) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しSDカードに保存
(13) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しNASに保存
(14) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しメール送信
(15) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しFTP送信
(16) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知の範囲と感度の調整
(17) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知する時間帯をスケジュール
(18) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 録画する時間帯をスケジュール
(19) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 録画形式
(20) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 デジタルズーム

(21) ネットワークカメラ IODATA製 Qwatch TS-WLC2 スマホからQwatchViewでアクセス
(22) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 静止画をスマホに保存
(23) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 管理者権限
(24) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 映像をNASに保存
(25) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView NASに保存した映像をスマホで見る方法
(26) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView SDカード関連機能
(27) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 暗視機能
(28) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 音声(スマートフォンとの間で)
(29) ネットワークカメラ IODATA Qwatch 複数台表示(TS-WLC2を追加)
(30) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 まとめ

カテゴリー
ブログ内検索
DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト
ソニー nasne
nasne 1TBモデル


nasne 500GBモデル


2015.3.20現在、500GBモデルより1TBモデルのほうが安くなっています。この状況であれば1TBモデルを買ったほうが良いです。
NAS
バッファロー LinkStation LS410D0201C

転送速度:100MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇


転送速度
 リード:58MB/s
 ライト:63MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇

ネットワークカメラ
IODATA製 Qwatch TS-WPTCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:〇
暗視:〇
高機能にして割安。

IODATA製 Qwatch TS-WLC2

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇
マイク・スピーカー内蔵。

IODATA製 Qwatch TS-WLCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
安価で簡単。はじめての人におすすめ。

PLANEX製 カメラ一発! CS-W60HD

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX製 カメラ一発! CS-W06N

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX スマカメ CS-QR10

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
スマホ専用のカメラです。

Tenvis製 JPT3815W


無線LAN:〇
接続設定簡単化:×
パン・チルト:〇
暗視:〇
外国製。マニュアルは英文(一部和訳あり)、かつ、あまり詳しいことは書かれていない。サポートは英文メールのみ。その分価格が安い。
SDカード
SDカードは、デジカメ、ネットワークカメラ、パソコンなどで利用できる場合があります。SDカードの選び方に関しては、以下の記事を参照してください。
SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方
  • ライブドアブログ