ホームネットワーク構築方法

当ブログでは、家庭内のパソコン,プリンター,テレビ,レコーダー,NAS,ネットワークカメラなどをLANで接続してホームネットワーク(家庭内LAN)を構築し、それらを連携させて活用する方法を紹介しています。この記事では「SDカード」の使用方法や設定方法について詳しく説明いたします。

SDカード

SDXCカードをexFATでフォーマット

SDXCカードの標準のファイルシステムは exFATであり、
SDXCカードは購入時点では exFAT でフォーマットしてあります。


しかし、前回記事SDXCカードをIODATA製ネットワークカメラ上で使用に記載した通り、
私は、SDXCカードを、IODATA製ネットワークカメラのフォーマット機能で、
FAT32 でフォーマットし直しました。


今回は、そのSDXCカードを、SDアソシエーションからダウンロードした
SDフォーマッターで、exFAT に再度フォーマットし直せるかどうかを試しました。


結論から言えば、exFAT への再フォーマットは無事成功しました。


詳細は以下の通りです。



1.SDフォーマッターのダウンロードとインストール


SDHCカードのフォーマット方法
「2.1 SDフォーマッターのダウンロードとインストール」参照。



2.SDフォーマッターで SDXCカードをフォーマット


(1) SDXCカードをパソコンのSDカードスロットに挿入。


(2) [スタート]→[すべてのプログラム]→[SDFormatter]→[SDFormatter]の順にクリック
141019_26

  あるいは、インストール時に作成されたショートカットをクリック。
141019_25

(3) SDフォーマッターが起動する。
  ドライブが、SDHCカードが割り当てられているドライブ(ここでは F:)に
  なっていることを確認して、[フォーマット] をクリック。
141026_01


(4) 「クイックフォーマットはデータが復元される可能性があります」という警告が表示される。
  (意味がよく分からない。フォーマットするとデータが消去されると言うのならわかるが。。
   まあ、本当にフォーマットしていいですか?という確認には違いないと思う。)
  [OK]をクリック。
141026_02


(5) 再度警告が表示される。[OK]をクリック。
141026_03


(6) 「メディアのフォーマットが完了しました」というメッセージが表示される。
  同時に、ファイルシステムを exFAT でフォーマットしたことと、
  使用可能になった容量(59.0GB)が表示される。
  [OK]をクリック。
141026_04


(7) SDフォーマッターのウィンドウにおいて、[終了]をクリック。
141026_05


(8) Explorerで、SDHCカードのドライブをクリックすると、
  フォーマットされて、空フォルダーになっていることが確認できる。
141026_06


(9) Explorerで、SDHCカードのドライブを右クリックし(下図赤枠で囲った部分)、
  出てきたメニューで[プロパティ]をクリック(下図オレンジ枠で囲った部分)。
141026_07


(10) FAT32 でフォーマットされ、59.0GBが使用可能になっていることが確認できる。
141026_08



関連商品紹介ページ
[SDXC 64GB Class10]
UHS-I非対応       UHS-I対応         UHS-I対応
                最大転送速度45MB/s  最大転送速度90MB/s
   

[microSDXCカード 64GB Class 10 UHS-I対応]



SDカード関連の記事一覧
(1) SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方
(2) SDカードのWindows7パソコン上での使用方法
(3) SDHCカードのフォーマット方法
(4) SDXCカードをIODATA製ネットワークカメラ上で使用
(5) SDXCカードをexFATでフォーマット
(6) UHS-I対応のSDカードの用途について
(7) デジタルカメラで使用されるSDカード
(8) デジタルカメラ用SDカードの容量の選び方
(9) ネットワークカメラ用のSDカードの選び方
(10) ネットワークカメラ:SDカードへの録画可能時間

SDXCカードをIODATA製ネットワークカメラ上で使用

私が持っている機器のうち、SDXCカードをサポートしている機器は以下の通りです。
 (1) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WPTCAM
 (2) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2
 (3) テレビ Panasonic VIERA X50 19V型
 (4) デジタルカメラ Canon IXY 430F
 (5) パソコン FUJITSU LIFEBOOK AH77/H


SDXCカードの魅力は容量が大きいことです。
SDHCカードでは、32GBが最大なのですが、SDXCカードでは64GBが使用可能になります。
※規格上は、SDXCカードの最大容量は256GBなのですが、現状、機器側が64GBまでの対応
 であることが多いです。


そのため、SDXCカードを使いたいという人も多いと思うのですが、
カードのファイルシステムが問題になる場合があります。


SDXCカードのファイルシステムは、通常、exFATです。
しかし、IODATA製ネットワークカメラ(上記の機器のうち(1)(2) )については、
FAT32で使用することになっています。
SDXCカードを FAT32 でフォーマットする方法は、インターネットで検索すればいくつか
出てきますが、あまり簡単なものではありません。


そこで、IODATA社に対処方法について質問してみました。
結論から言えば、IODATA製ネットワークカメラで使用する場合は、その製品自身のフォーマット
機能を使用すれば、SDXCカードをFAT32でフォーマットすることができ、かつ、
容量も(32GBなどに制限されず)64GBがフルに使用可能です。


以下に詳細を記述します。


※この記事ではSDXCカードのことだけ書いています。
 SDカード全般については、以下の記事を参考にしてください。
 SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方



1.SDXCカードの購入時点での状態


Transcend SDXCカード 64GB を購入して、実際にパソコンに挿入して確認してみました。

パソコンにSDXCカードを挿入すると、空いているドライブに、SDXCカードが割り当てられます。
今回は以下のように、F:ドライブに割り当てられました。
141025_01


このドライブを右クリックして、[プロパティ]をクリック。
141025_02


ファイルシステムはexFATであり、59GBが使用可能であることが分かります。
※64GBのカードと言っても、実際に使えるのはこの程度だと思います。
 これで「64GB」フルに使えている状態だと思います。



2.SDXCカードをFAT32でフォーマットするには
  -インターネットで検索した結果-


WikipediaのSDカードの説明によると、以下の通りです。

Windows標準のフォーマッタを使用した場合、実装上の問題から64GB以上の
SDXCメモリーカードであっても利用できる上限容量は32GBとなる


SDXCカードをFAT32でフォーマットする方法は以下のサイトで紹介されています。
SDXCカード 64GB を「FAT32」形式にフォーマットしてみた


上記の方法だと、SDXCカードをFAT32でフォーマットし、かつ、64GBフルに使用することが
可能になるようです。しかし、素人には少し難しいように思えます。



3.IODATA社に質問


IODATA社に、ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WPTCAM、または、TS-WLC2 自身の
SDカードのフォーマット機能で、SDXCカードをフォーマットすると、どのようなるのかを
質問してみました。回答は以下のとおりです。


・TS-WPTCAM、TS-WLC2 とも、その製品自身のSDカードフォーマット機能を使用して、
 64GBのSDXCカードをフォーマットすると、FAT32でフォーマットされ、
 64GBが使用可能になる。


・TS-WPTCAM と TS-WLC2 の間では互換性があり、同じSDXCカードを、
 TS-WPTCAM と TS-WLC2 で併用することができる。(*1)


(*1)ただし、TS-WPTCAMはノーマルサイズのSDカードを、TS-WLC2はmicro SDカードを
  使用するようになっているので、両方のネットワークカメラで併用したい場合は、
  micro SDXCカードを購入し、
  TS-WLC2で使用する時は micro SDXCカードをそのまま使用、
  TS-WPTCAMで使用する時は micro SDXCカードに付属しているアダプタをかぶせて、
  ノーマルサイズのSDXCカードとして使用するという形になると思います。



4.実際にSDXCカードをIODATA社のネットワークカメラで
  使用してみた結果


4.1 ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WPTCAM の
  SDカードフォーマット機能で、SDXCカードをフォーマット


(1) SDXCカードをネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WPTCAM の
  "SD CARD"スロットに挿入。(下図赤枠で囲った部分)
IMG_0532


(2) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WPTCAM 同じネットワーク上からアクセス
  の手順に従いカメラのライブ映像を表示し、
  [設定](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
141025_04


(3) [保存設定]→[保存先設定]の順にクリックし(下図赤枠で囲った部分)、
  保存先として「SDカード」を選択し(下図緑枠で囲った部分)、
  [設定](下図黄色枠で囲った部分)をクリック。
141025_05


(4) [SDカード保存設定](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
  ステータスが「挿入されたSDカードを使用することができません。本製品で使用する際は、
  フォーマットボタンを押してフォーマットすることをお勧めします。」と表示される。
  (下図オレンジ枠で囲った部分)
  [SDフォーマット](下図ピンク枠で囲った部分)をクリック。
141025_06


(5) 「SDカードをフォーマットすると、既に保存されているデータは消えます。
  宜しいですか?」という問い合わせがでる。[OK]をクリック。
141025_07


(6) SDXCのフォーマットには約1分かかる。
  フォーマット中は以下のようなメッセージが表示される。
141025_08


(7) フォーマットが完了すると、以下のようなメッセージが表示される。
  [OK]をクリック。
141025_09


(8) ライブ映像の画面に戻る。
  再び[設定](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
141025_10


(9) [保存設定]→[SDカード保存設定](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
  ステータスが「使用可能」となり、
  残り容量が6013MB(約60GB)となっている。
  →フォーマット成功。
141025_11



4.2 ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WPTCAM の映像を
  SDXCカードに録画


ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WPTCAM 映像をSDカードに保存する
に記載した方法で、SDXCカードに録画(動画を保存)してみました。


結果としては問題なく、録画できました。


以下は、録画した動画ファイル一覧(1個しか録画しなかったので、1個だけですが)
を表示したところ。
141025_12


以下は、上記動画ファイルをダブルクリックして、動画を再生したところ。
141025_13



4.3 ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 ではどうか?


すみませんが、これは今回試せていません。
私が今回購入したのは、ノーマルサイズのSDXCカードなのですが、
TS-WLC2 で使用するには、micro SDXCカードを購入しなければなりませんでした。


また、機会があれば、micro SDXCカードを購入して、TS-WLC2で使えるかどうかを
試してみたいと思います。



4.4 ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WPTCAM上でフォーマット
  /録画したSDXCカードがパソコンに挿して参照できるかどうかを確認


ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WPTCAM上でフォーマット/録画した
SDXCカードがパソコンに挿して参照できるかどうかを確認してみました。


この記事の1に書いた手順で、SDXCカードのプロパティを参照したところ、
以下のようになっていました。
141025_14


FAT32で、59GBが使用できるようになっています。


また、SDXCカード上の録画ファイルを表示し、ファイル名(下図赤枠で囲った部分)
をダブルクリックすると、
141025_15


動画を再生することができました。
141025_16



関連商品紹介ページ
[SDXC 64GB Class10]
UHS-I非対応       UHS-I対応         UHS-I対応
                最大転送速度45MB/s  最大転送速度90MB/s
   

[microSDXCカード 64GB Class 10 UHS-I対応]



SDカード関連の記事一覧
(1) SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方
(2) SDカードのWindows7パソコン上での使用方法
(3) SDHCカードのフォーマット方法
(4) SDXCカードをIODATA製ネットワークカメラ上で使用
(5) SDXCカードをexFATでフォーマット
(6) UHS-I対応のSDカードの用途について
(7) デジタルカメラで使用されるSDカード
(8) デジタルカメラ用SDカードの容量の選び方
(9) ネットワークカメラ用のSDカードの選び方
(10) ネットワークカメラ:SDカードへの録画可能時間

SDHCカードのフォーマット方法

SDHCカードのフォーマット方法について。


SDカードは、(狭義の)SDカード、SDHCカード、SDXCカードのいずれであっても、
大抵の場合は、購入した時点でフォーマットしてあるため、
使用開始時に自分でフォーマットする必要はありません。


しかし、使用済みのカードを、再度フォーマットして、別目的で使用したくなる場合はあると
思います。


この記事では、SDカードの中でも特に使用頻度が高いと思われる SDHCカードに絞って、
SDHCカード標準のファイルシステムである FAT32 でフォーマットを行う方法について説明します。


※SDカード全般については、以下の記事を参照してください。
  SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方


1.Windows標準のユーティリティーでフォーマットする方法


(1) SDカードをパソコンに挿入。
  この時、SDカードや、SDカードの中身に対応した、いろいろなソフトウェアのウィンドウが
  表示されることがあるが、それについては、右上の×ボタンで終了する。
  私の場合、以下のような、ウィンドウが起動したが、右上の×ボタンで終了した。
141019_01


(2) Explorer を起動する。
  Explorer の起動方法はいろいろあるが、ここでは、
  [スタート]右クリック → [エクスプローラーを開く]クリック で起動した。
141019_02


(3) 空いているドライブに、挿入したSDカードが割り当たっているのが確認できる。
  ここでは、ドライブF にSDカードが割り当たっている。
  そのドライブを右クリック(下図赤枠で囲った部分)。
  さらに、出てきたメニューの中から、[フォーマット](下図オレンジ枠で囲った部分)
  をクリック。
141019_11


(4) 「フォーマット - SDHC (F:)」というウィンドウが表示される。
  [ファイルシステム]として、「FAT32」を選択し(下図赤枠で囲った部分)、
  [クイックフォーマット]にチェックを入れ(下図オレンジ枠で囲った部分)、
  [開始](下図黄色枠で囲った部分)をクリック。
141019_12


(5) 「フォーマットすると全てのデータが消去されます」という警告が表示される。
  [OK]をクリック。
141019_13


(6) フォーマットが開始され、1秒もたたないうちに終了し、
  「フォーマットが完了しました」というメッセージが表示される。
  [OK]をクリック。
141019_14


(7) 「フォーマット - SDHC (F:)」ウィンドウにおいて、[閉じる]ボタンをクリック。
141019_15


(8) Explorerで、SDHCカードのドライブをクリックすると、
  フォーマットされて、空フォルダーになっていることが確認できる。
141019_16


(9) Explorerで、SDHCカードのドライブを右クリックし(下図赤枠で囲った部分)、
  出てきたメニューで[プロパティ]をクリック(下図オレンジ枠で囲った部分)。
141019_17


(10) FAT32 でフォーマットされたことが確認できる。
141019_18



2.SDアソシエーションからダウンロードしたフォーマッターでフォーマットする
  方法


2.1 SDフォーマッターのダウンロードとインストール


(1) SDアソシエーションのホームページ から、
  「SDフォーマッター 4.0 Windows用」をダウンロード。


(2) SDFormatter4exe.zip というファイルがダウンロードされる。
  このファイルをLhaplusなどで解凍。
  → SDFormatter4exe というフォルダが生成される。


(3) SDFormatter4exe 配下の setup.exe をクリック。
141019_19


(4) SDフォーマッターのインストールが開始される。
  [次へ]をクリック。
141019_20


(5) SDフォーマッターのインストール先を設定する画面となる。
  デフォルトから変更しないのであれば、[次へ]をクリック。
141019_21


(6) [インストール]をクリック。
141019_22


(7) インストール中は以下のような画面となる。
141019_23


(8) インストールが完了すると以下のような画面となる。
  [完了]をクリック。→この画面(ウィンドウ)は消える。
141019_24


  この時、デスクトップ上に、SDフォーマッターのショートカットが作成されている。
141019_25



2.2 SDフォーマッターでSDHCカードをフォーマット


(1) SDHCカードをパソコンのSDカードスロットに挿入。

(2) [スタート]→[すべてのプログラム]→[SDFormatter]→[SDFormatter]の順にクリック
141019_26

  あるいは、インストール時に作成されたショートカットをクリック。
141019_25


(3) SDフォーマッターが起動する。
  ドライブが、SDHCカードが割り当てられているドライブ(ここでは F:)に
  なっていることを確認して、[フォーマット] をクリック。
141019_27


(4) 「クイックフォーマットはデータが復元される可能性があります」という警告が表示される。
  (意味がよく分からない。フォーマットするとデータが消去されると言うのならわかるが。。
   まあ、本当にフォーマットしていいですか?という確認には違いないと思う。)
  [OK]をクリック。
141019_28


(5) 再度警告が表示される。[OK]をクリック。
141019_29


(6) 「メディアのフォーマットが完了しました」というメッセージが表示される。
  同時に、ファイルシステムを FAT32 でフォーマットしたことと、
  使用可能になった容量も表示される。
  [OK]をクリック。
141019_30


(7) SDフォーマッターのウィンドウにおいて、[終了]をクリック。
141019_31


(8) Explorerで、SDHCカードのドライブをクリックすると、
  フォーマットされて、空フォルダーになっていることが確認できる。
141019_32


(9) Explorerで、SDHCカードのドライブを右クリックし(下図赤枠で囲った部分)、
  出てきたメニューで[プロパティ]をクリック(下図オレンジ枠で囲った部分)。
141019_17

(10) FAT32 でフォーマットされたことが確認できる。
141019_33


3.どちらの方法でフォーマットすべきなのか?


SDアソシエーションのホームページ には以下のように記載されています。

SDフォーマッターは、SD/SDHC/SDXC規格を使用したメモリーカードの性能が
最適になるように作成されています。 オペレーティングシステムに付属している
様々な種類の記憶媒体をフォーマットするフォーマットユーティリティではなく、
SDフォーマッターを使用することを強く推奨します。
汎用のフォーマットユーティリティを使用した場合、メモリーカードの最適な性能が
得られないことがあります。


SDアソシエーションとは、SDカードの規格を策定している団体です。
その団体が推奨するのだから、SDアソシエーションからダウンロードしたフォーマッター
を使用したほうが確実であると思います。


しかし、その一方、SDHCカードについては、Windows標準のユーティリティーでフォーマット
した場合でも、問題が発生したというのは聞いたことがありません。


WikiPediaのSDメモリカードの説明では、SDXCカードについては、

Windows標準のフォーマッタを使用した場合、実装上の問題から64GB以上の
SDXCメモリーカードであっても利用できる上限容量は32GBとなる

と注意を喚起していますが、SDHCカードについては、特に何も注意していません。


ELECOM社のQ&Aサイトでは、(SDカードに限定しているわけではないですが)
Windows標準ツールによるフォーマットを紹介しています。


結論:SDHCカードのフォーマットは、SDアソシエーションからダウンロードしたフォーマッター
   で実行するするのがより確実。
   しかし、Windows標準のユーティリティーで実行しても、問題が発生する可能性は低い。


関連商品紹介サイト

SDカードのWindows7パソコン上での使用方法

今更ですが、SDカードのWindows7パソコン上での使用方法を説明しておきます。


今回、SDカードとしては、Transcend SDHCカード 16GB Class10 を使いました。
* ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WPTCAM 動作検知しSDカードに保存
 で使用したSDカードです。


今回は、ネットワークカメラに挿入していたSDカードを取り外して、
Windows 7 パソコン( FUJITSU LIFEBOOK AH77/H )に挿入しました。


手順


(1) SDカードをパソコンに挿入。
  この時、SDカードや、SDカードの中身に対応した、いろいろなソフトウェアのウィンドウが
  表示されることがあるが、それについては、右上の×ボタンで終了する。
  私の場合、以下のような、ウィンドウが起動したが、右上の×ボタンで終了した。
141019_01


(2) Explorer を起動する。
  Explorer の起動方法はいろいろあるが、ここでは、
  [スタート]右クリック → [エクスプローラーを開く]クリック で起動した。
141019_02


(3) 空いているドライブに、挿入したSDカードが割り当たっているのが確認できる。
  ここでは、ドライブF にSDカードが割り当たっている。
  そのドライブをクリック。
141019_03


(4) SDカードのルートフォルダが表示される。
141019_04


(5) このフォルダは、ハードディスク上のフォルダと同じように扱うことができる。


  例1.SDカード内のフォルダ(ここでは例として IPCamera_Event)を、
     デスクトップにドラッグ&ドロップすると、
     そのフォルダをデスクトップにコピーすることができる。
141019_05


  例2.デスクトップ上のファイル(ここでは例として a1.txt)を、
     SDカードのルートフォルダにドラッグ&ドロップすると、
     そのファイルを、SDカードのルートフォルダにコピーすることができる。
141019_06


(6) SDカードを、パソコンから取り外す場合は、まず、
  Windowsのツールバーの ▲ボタン(Windows の画面右下。下図赤枠で囲った部分)
  をクリック。
141019_07


(7) 「カスタマイズ」という小さいウィンドウが表示される。
  [ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す]アイコン(下図赤枠で囲った部分)
  をクリック。
141019_08


(8) [SDHCカードの取り出し](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
141019_09


(9) [ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す]アイコン(下図赤枠で囲った部分)
  が消える。
141019_10

→ この状態であれば、SDカードを安全に取り外すことができる。



SDカード関連の記事一覧
(1) SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方
(2) SDカードのWindows7パソコン上での使用方法
(3) SDHCカードのフォーマット方法
(4) SDXCカードをIODATA製ネットワークカメラ上で使用
(5) SDXCカードをexFATでフォーマット
(6) UHS-I対応のSDカードの用途について
(7) デジタルカメラで使用されるSDカード
(8) デジタルカメラ用SDカードの容量の選び方
(9) ネットワークカメラ用のSDカードの選び方
(10) ネットワークカメラ:SDカードへの録画可能時間

SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方

データを保存する媒体の1つに、SDカード(あるいはSDメモリカード)、SDHCカード(あるいは
SDHCメモリカード)、SDXCカード(あるいはSDXCメモリカード)と呼ばれるメモリカードがあり
ます。この記事では、それらのメモリカードについて説明します。

注1.以降の説明では、表現の簡潔化のため「メモリ」は付けずに、SDカード、SDHCカード、
  SDXCカードと呼ぶことにします。

注2.「SDカード」と言った場合、狭い意味でのSDカード(容量2GB以下)を指す場合と、
  SDカード(容量2GB以下)、SDHCカード(容量4~32GB)、SCXCカード(容量64GB以上)全体を
  指す場合があります。
  当ブログでも、両方の意味で使う場合がありますので、文脈によって解釈し分けてください。

注3.「SDカード」「SDHCカード」「SDXCカード」と言った場合、
  miniSD/microSDカード、miniSDHC/microSDHCカード、microSDXCカードも含む場合と、
  含まない場合があります。
  当ブログでも、両方の意味で使う場合がありますので、文脈によって解釈し分けてください。

1.当ブログで扱った製品のうち SDカードをサポートしているもの

当ブログで紹介した製品の中では、以下の製品がSDカードスロットを持ち、SDカードをサポート
しています。
製品種別製品名サポートしているSDカードの種別対応ファイルシステム
ネットワークカメラPLANEX カメラ一発!  CS-W60HDmicroSD/microSDHCカードFAT32
ネットワークカメラPLANEX カメラ一発!  CS-W06NmicroSD/microSDHCカードFAT32
ネットワークカメラPLANEX CS-WMV04N2SD/SDHCカード 2,4,8,16,32GBFAT32
ネットワークカメラIODATA Qwatch
TS-WPTCAM
SD:最大2GB、SDHC:最大32GB、SDXC:最大64GBFAT32
ネットワークカメラIODATA Qwatch
TS-WLC2
microSD:最大2GB、microSDHC:最大32GB、microSDXC:最大64GBFAT32
テレビPanasonic 
VIERA X50 19V型
FATフォーマットされたSDメモリカード、 
FAT32フォーマットされたSDHCメモリカード、 
exFATフォーマットされたSDXCメモリカード
(マニュアルに記載なし)
メディアプレーヤーBUFFALO 
LinkTheater LT-V200
SD/SDHCカード(マニュアルに記載なし)
デジタル
カメラ
Canon IXY 430FSDメモリカード、SDHCメモリカード、SDXCメモリカード(マニュアルに記載なし)
パソコンFUJITSU LIFEBOOK
AH77/H
SD:最大2GB、SDHC:最大32GB、SDXC:最大64GB(マニュアルに記載なし)


2.SDカードの種別

2.1 容量 - SD、SDHC、SDXC

SDカード、SDHCカード、SDXCカードの違いは容量です。
カード種別サポートされている容量
SDカード1/2GB
SDHCカード4/8/16/32GB
SDXCカード48/64/128/256GB

2.2 大きさ - SD、miniSD、microSD

SDカード、miniSDカード、microSDカードの違いは大きさです。
大きさの順は、SDカード > miniSDカード > microSDカード となっています。

miniSDカード、microSDカードは、変換アダプタと一緒に販売されている場合が多く、
変換アダプターと合わせれば、SDカードとして利用することができます。

私は、miniSDカードは持っていないのですが、SDカードと microSDカードは持っているので、
比較のため写真に撮りました。以下のとおりです。
IMG_1706

2.3 転送速度(Class) - Class 2, 4, 6, 10

Classは最低保証転送速度を意味しています。SDHCカードでは表示が義務付けられています。
各Classの意味は以下のとおりです。
スピードクラス最低保証転送速度
Class 22MB/s以上
Class 44MB/s以上
Class 66MB/s以上
Class 1010MB/s以上

2.4 転送速度 - UHS-I、UHS-II

UHSは、Ultra High Speedの略で、これも転送速度を意味しています。
UHS-Iの最大転送速度は104MB/s、UHS-IIの最大転送速度は312MB/sです。

転送速度は大幅に向上していますが、SDカードを挿入する機器の側にも対応が必要で、
未対応の機器で使用した場合は、従来の速度となります。

また、UHS-IIのカードについては、私はまだ販売されているのを見たことがありません。


3.対応ファイルシステム

WikiPediaのSDメモリカードの説明によると以下のとおり。
SDカード種別対応ファイルシステム
SDカードFAT16
SDHCカードFAT32
SDXCカードexFAT

注.上記「1.当ブログで扱った製品のうち SDカードをサポートしているもの」に示したように、
  私が購入したネットワークカメラは、いずれも、対応ファイルシステムをFAT32と限定して
  おきながら、SDカードあるいはSDXCカードが使用可能となっています。


  SDカードをFAT32で使用することは可能なのかもしれませんが、
  今から購入するのであれば、容量の小さいSDカードにする必要はなく、
  SDHCカードを購入するのが安全/確実だと思います。


  SDXCカードについては、規格上の対応ファイルシステムはexFATであり、
  販売されているSDXCカードはexFATでフォーマットされているようですが、
  FAT32でフォーマットしなおして使用することが可能です。
  以下の記事を参照してください。
  ・ SDXCカードをIODATA製ネットワークカメラ上で使用


4.どの種類のSDカードを購入すべきか?

4.1 容量について - SD,SDHC,SDXC

各位が必要とする容量に見合ったカードを買えばいいと思います。
個人的には、2GBでは、静止画の保存が目的であっても少なすぎるように思えています。
SDHC か SDXC かの選択になりますが、当然、容量の大きいSDXCのほうが高価です。
また、SDXCに関しては、1の表からも分かるとおり、現状では未サポートの機器も多いので、
32GBの容量を短い期間に使い切ってしまうのが確実である人以外は、
SDHCが無難な選択であるように思います。


4.2 大きさについて

カードの大きさとしては、使用する製品のSDカードスロットがmicroSDであるのなら、
microSDカードを買うしかないです。

逆に、microSDカードは、変換アダプタと一緒に販売されていることが多く、変換アダプタと
組合わせるとSDカードとしても使用できます。

しかし、常識的に考えると、組合わせるのはトラブルの元になりやすいので、
microSDカードのスロットを持った製品には、microSDカードを、
SDカードスロットを持った製品には、SDカードを使用するのがよいと思います。


4.3 転送速度について

私が今までSDカードを使用した感覚では、SDカードは全体に転送速度は速くないです。
転送速度が遅いとイライラします。
私個人の見解ですが、SDカードの転送速度は少しでも速いほうがいいです。
私なら、少し価格が高くても、Class 10 のカードを購入します。

UHS-I は大幅に転送速度が向上するので、魅力的ではありますが、私が現在保有している
機器の中には、UHS-I対応と明記されたものはまだ無いので、今はUHS-I対応のカードを
購入する気はありません。しかし、今後購入した機器が UHS-I対応のSDカードスロットを
持っていれば、UHS-I対応のカードを購入することにしたいと考えています。


5.どのメーカーのものがいいのか?

Amazonでは一番人気がTranscend、2番目が東芝のようです。

以下のサイトは、Trancendを第一推奨にしています。

以下のサイトでは、サンディスク、東芝、パナソニックが信頼性が高いとしています。

以下のサイトでは、低価格重視ならTrancend、総合評価なら東芝としています。

→上記の話を信用して、総合して考えると、
 低価格重視ならTranscend、信頼性なら東芝となると思います。

 私個人の意見としては、デジタルカメラ用のSDメモリカードとしてTranscend製を
 1年半ほど使用していて、故障も不具合も発生していないので、Transcend製で良い
 のではないかと思えています。


6.SDカードの使用例

SDカードの使用例については以下の記事を参考にしてください。

関連商品紹介サイト
[SDHCカード Class 10]


[SDHCカード Class 10 UHS-I対応]

                          最大転送速度45MB/s 最大転送速度90MB/s

[microSDHCカード Class 10] 

      4GB          8GB         16GB          32GB

[microSDHCカード Class 10 UHS-I対応]

      8GB         16GB          32GB


SDカード関連の記事一覧
(1) SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方
(2) SDカードのWindows7パソコン上での使用方法
(3) SDHCカードのフォーマット方法
(4) SDXCカードをIODATA製ネットワークカメラ上で使用
(5) SDXCカードをexFATでフォーマット
(6) UHS-I対応のSDカードの用途について
(7) デジタルカメラで使用されるSDカード
(8) デジタルカメラ用SDカードの容量の選び方
(9) ネットワークカメラ用のSDカードの選び方
(10) ネットワークカメラ:SDカードへの録画可能時間
カテゴリー
ブログ内検索
DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト
ソニー nasne
nasne 1TBモデル


nasne 500GBモデル


2015.3.20現在、500GBモデルより1TBモデルのほうが安くなっています。この状況であれば1TBモデルを買ったほうが良いです。
NAS
バッファロー LinkStation LS410D0201C

転送速度:100MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇


転送速度
 リード:58MB/s
 ライト:63MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇

ネットワークカメラ
IODATA製 Qwatch TS-WPTCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:〇
暗視:〇
高機能にして割安。

IODATA製 Qwatch TS-WLC2

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇
マイク・スピーカー内蔵。

IODATA製 Qwatch TS-WLCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
安価で簡単。はじめての人におすすめ。

PLANEX製 カメラ一発! CS-W60HD

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX製 カメラ一発! CS-W06N

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX スマカメ CS-QR10

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
スマホ専用のカメラです。

Tenvis製 JPT3815W


無線LAN:〇
接続設定簡単化:×
パン・チルト:〇
暗視:〇
外国製。マニュアルは英文(一部和訳あり)、かつ、あまり詳しいことは書かれていない。サポートは英文メールのみ。その分価格が安い。
SDカード
SDカードは、デジカメ、ネットワークカメラ、パソコンなどで利用できる場合があります。SDカードの選び方に関しては、以下の記事を参照してください。
SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方
  • ライブドアブログ