ホームネットワーク構築方法

当ブログでは、家庭内のパソコン,プリンター,テレビ,レコーダー,NAS,ネットワークカメラなどをLANで接続してホームネットワーク(家庭内LAN)を構築し、それらを連携させて活用する方法を紹介しています。この記事では「SDカード」の使用方法や設定方法について詳しく説明いたします。

SDカード

ネットワークカメラ:SDカードへの録画可能時間

ネットワークカメラにおいて、1枚のSDカードにどれだけの時間、動画が保存できるかを
調べてみました。ネットワークカメラ用に、SDカードを購入する時の参考にしてください。



1.PLANEX製ネットワークカメラ


対象機種
 ・PLANEX カメラ一発! CS-W70HD
 ・PLANEX カメラ一発! CS-W60HD
 ・PLANEX カメラ一発! CS-W06N


圧縮方式解像度フレームレートSDカード
容量
録画可能時間
H.264VGA(640×480)  
30fps
2GB6時間
H.264VGA(640×480)30fps4GB12時間
H.264VGA(640×480)30fps8GB24時間
H.264VGA(640×480)30fps16GB48時間
H.264VGA(640×480)30fps32GB96時間

圧縮方式解像度フレームレートSDカード
容量
録画可能時間
H.2641280×800  
30fps
2GB28時間
H.2641280×80030fps4GB57時間
H.2641280×80030fps8GB114時間
H.2641280×80030fps16GB229時間
H.2641280×80030fps32GB457時間

注1.VGA(640×480)の録画可能時間については、以下のサイトから引用。
  PLANEX カメラ一発! CS-W70HD 仕様
  PLANEX カメラ一発! CS-W60HD 仕様
  PLANEX カメラ一発! CS-W06N 仕様


注2.1280×800の録画可能時間については、公開された資料がなかったので、
  私のほうで実測した数値を元に計算(30分録画を行い使用した容量を元に計算)。
  実測だと録画可能時間が大幅に伸びてしまいました。
  理由は不明です。(実測では被写体として、置時計を使ったので、単純な映像と
  なっていますが、それが関係したのかどうかも分かりません)


注3.PLANEX カメラ一発! CS-W06N は、VGA(640×480)が最大の解像度ですが、
  VGA(640×480)で、鮮明、かつ、縦横比も実物と同じ映像となります。


  PLANEX カメラ一発! CS-W60HD は、VGA(640×480)だと縦長の映像となってしまうので、
  1280×800で使用するのが良いと思います。以下の記事参照。
   「ネットワークカメラ PLANEX カメラ一発! CS-W60HD 解像度と映像の縦横比率/鮮明さ」
  SDカード1枚あたりの録画可能時間は少なくなってしまいますが。。。


注4.PLANEX製ネットワークカメラは、SDカードの容量としては、SDHC 32GBまでを
  サポートしています。


注5.IODATA製に比べて、1GBあたりに録画できる時間は長めになってます。
  PLANEX製はCRFファイル、IODATA製はAVI形式ファイルに保存するようになっているので、
  その部分の差がでているのかもしれません。



2.IODATA製ネットワークカメラ


対象機種
 ・IODATA Qwatch TS-WPTCAM
 ・IODATA Qwatch TS-WLC2


圧縮方式解像度フレームレートSDカード
容量
録画可能時間
H.264VGA(640×480)  
30fps
2GB2.4時間
H.264VGA(640×480)30fps4GB4.8時間
H.264VGA(640×480)30fps8GB9.5時間
H.264VGA(640×480)30fps16GB19時間
H.264VGA(640×480)30fps32GB38時間
H.264VGA(640×480)30fps64GB76時間

圧縮方式解像度フレームレートSDカード
容量
録画可能時間
H.264HD(1280×720)  
24fps
2GB2.5時間
H.264HD(1280×720)24fps4GB5時間
H.264HD(1280×720)24fps8GB10時間
H.264HD(1280×720)24fps16GB20時間
H.264HD(1280×720)24fps32GB40時間
H.264HD(1280×720)24fps64GB80時間

圧縮方式解像度フレームレートSDカード
容量
録画可能時間
MJPEGVGA(640×480)  
30fps
2GB1.1時間
MJPEGVGA(640×480)30fps4GB2.2時間
MJPEGVGA(640×480)30fps8GB4.4時間
MJPEGVGA(640×480)30fps16GB8.9時間
MJPEGVGA(640×480)30fps32GB18時間
MJPEGVGA(640×480)30fps64GB36時間

注1.動画保存時間は、以下のマニュアルに記載されている数値を元に計算。
  IODATA IPカメラ共通 画面で見るマニュアル
  

注2.IODATA製ネットワークカメラは、SDカードの容量としては、SDXC 64GBまでを
  サポートしています。


注3.PLANEX製に比べて、1GBあたりに録画できる時間は短めになってます。
  PLANEX製はCRFファイル、IODATA製はAVI形式ファイルに保存するようになっているので、
  その部分の差がでているのかもしれません。



関連商品紹介サイト
[SDHC 32GB Class10]
UHS-I非対応       UHS-I対応         UHS-I対応
                最大転送速度45MB/s  最大転送速度90MB/s
   

[microSDHC 32GB Class10 USH-I対応]
UHS-I 非対応       UHS-I対応
 

[SDXC 64GB Class10]
UHS-I非対応       UHS-I対応         UHS-I対応
                最大転送速度45MB/s  最大転送速度90MB/s
   

[microSDXCカード 64GB Class 10 UHS-I対応]



SDカード関連の記事一覧
(1) SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方
(2) SDカードのWindows7パソコン上での使用方法
(3) SDHCカードのフォーマット方法
(4) SDXCカードをIODATA製ネットワークカメラ上で使用
(5) SDXCカードをexFATでフォーマット
(6) UHS-I対応のSDカードの用途について
(7) デジタルカメラで使用されるSDカード
(8) デジタルカメラ用SDカードの容量の選び方
(9) ネットワークカメラ用のSDカードの選び方
(10) ネットワークカメラ:SDカードへの録画可能時間

ネットワークカメラ全般関連の記事一覧
(1) ネットワークカメラ まとめ(2013.8.22)
(2) ネットワークカメラ用のSDカードの選び方
(3) ネットワークカメラ:SDカードへの録画可能時間
(4) ネットワークカメラ まとめ(2014.12.27)

ネットワークカメラ用のSDカードの選び方

SDカードは、サイズの面では以下の3種類、
  SDカード
  mini SDカード
  micro SDカード


記憶容量の面では以下の3種類、
  SDカード      ~2GB
  SDHCカード   4GB~32GB
  SDXCカード   48GB~


転送速度の面では以下の4種類があります。(SDスピードクラス)
  Class 2       2MB/s
  Class 4       4MB/s
  Class 6       6MB/s
  Class 10      10MB/s


転送速度の面では、さらに以下の2種類がオプションで定義されています。(UHSスピードクラス)
  UHS-I       104MB/s
  UHS-II       312MB/s
  ※UHS-II対応製品は、現状、実用化された製品が存在しないため、
    実質的には、UHS-Iだけです。


  ※UHS-I が 104MB/s というのは規格上の最大で、
    現在実際にサポートされている速度は 45MB/s とか 90MB/s となっています。


SDカードは、パソコン、スマートフォン、デジタルカメラ、ネットワークカメラ、テレビ、
メディアプレーヤーなどで使用されています。


この記事では、ネットワークカメラでどのようなSDカードが使用されているのかについて記載します。



1.ネットワークカメラではどのようなSDカードが使用されているのか?


IODATA製、PLANEX製、Tenvis製のネットワークカメラについて調査しました。
結果は以下の通りです。

ネットワークカメラSDカード種別ファイル
システム
IODATA Qwatch TS-WPTCAMSD:最大2GB、SDHC:最大32GB、
SDXC:最大:64GB
 FAT32
IODATA Qwatch TS-WLC2microSD:最大2GB、
microSDHC:最大32GB、
microSDXC:最大:64GB
 FAT32
IODATA Qwatch TS-WLCAM非サポート  -
PLANEX カメラ一発! CS-W70HDmicroSDカード、microSDHCカード FAT32
PLANEX カメラ一発! CS-W60HDmicroSDカード、microSDHCカード FAT32
PLANEX カメラ一発! CS-W06NmicroSDカード、microSDHCカード FAT32
PLANEX スマカメ CS-QR10microSDカード、microSDHCカード FAT32
Tenvis JPT3815W非サポート  -

参照サイト
 IODATA Qwatch TS-WPTCAM 仕様
 IODATA Qwatch TS-WLC2 仕様
 IODATA Qwatch TS-WLCAM 仕様
 PLANEX カメラ一発! CS-W70HD 仕様
 PLANEX カメラ一発! CS-W60HD 仕様
 PLANEX カメラ一発! CS-W06N 仕様
 PLANEX スマカメ CS-QR10 仕様
 Tenvis JPT3815W 仕様

SDカードのサイズについて
 SDカードのサイズとしては、かつては(ノーマルサイズの)SDカードが多かったのですが、
 最近出てきた機種は microSDカードの場合が増えてきているように思います。


UHS-Iについて
 ネットワークカメラで、UHS-I対応のSDカードスロットをサポートした機種は、
 私が調査した範囲、現状はありません。


 ただし、ネットワークカメラがUHS-Iをサポートしていなくても、
 SDカードに撮り溜めた動画は、ネットワーク経由ではなく、
 SDカード自体をネットワークカメラから、UHS-I対応のパソコンなどに差し替えて
 ダウンロードするというのであれば、
 SDカードをUHS-I対応のカードにしておくことには意味があるように思います。


SDXCについて(SDカードの容量について)
 SDXCを、IODATA製はサポートしていますが、PLANEX製はサポートしていません。
 SDHCだと、最大で32GBです。
 SDXCだと、現在、64GBのものが販売されています。

対応ファイルシステムについて
 SD規格では、ファイルシステムは以下のようになっています。
   SDカード .... FAT 12 および 16
   SDHCカード .... FAT32
   SDXCカード .... exFAT


 通常、販売されているSDカードは上記SD規格に従ってフォーマットされています。


 IODATA製のネットワークカメラについて
  ・FAT32のみサポートしています。
  ・SDHCカードは、購入したSDHCカードが再フォーマットすることなく使えます。
  ・SDXCカードを使用する場合は、ネットワークカメラのフォーマット機能で
   フォーマットすれば FAT32 でフォーマットされるようになっています。
   FAT32は通常32GBまでなのですが、
   IODATA製のネットワークカメラの機能で64GBのSDXCカードをフォーマットした場合は、
   FAT32で64GBが使用可能になります。
   →詳細は、SDXCカードをIODATA製ネットワークカメラ上で使用 参照。
  ・SDカード(2GB以下のカード)については、私自身試したことがないので、
   どのように使えばよいのか、すみませんが、分からないです。


 PLANEX製ネットワークカメラについて
  ・FAT32のみのサポートしています。
  ・SDHCカードは、購入したSDHCカードが再フォーマットすることなく使えます。
  ・SDXCカードは、サポートされていません。
  ・SDカード(2GB以下のカード)については、私自身試したことがないので、
   どのように使えばよいのか、すみませんが、分からないです。



2.各ネットワークカメラでのSDカードの使用方法


私が持っているネットワークカメラについては、SDカードの使用方法についての記事を
書いています。以下のとおりです。参考にしてください。


IODATA Qwatch TS-WPTCAM
 ・ ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WPTCAM 映像をSDカードに保存する
 ・ ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WPTCAM QwatchView SDカード関連機能
 ・ ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WPTCAM 動作検知しSDカードに保存

IODATA Qwatch TS-WLC2
 ・ ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しSDカードに保存
 ・ ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView SDカード関連機能

PLANEX カメラ一発! CS-W60HD
 ・ ネットワークカメラ PLANEX カメラ一発! CS-W60HD SDカードに動画を保存
 ・ ネットワークカメラ PLANEX カメラ一発! CS-W60HD:iPhoneでSDカードに動画を保存/再生

PLANEX カメラ一発! CS-W06N
 ・ PLANEX カメラ一発! FFP-PKW06N (CS-W06N) SDカード関連機能
 ・ PLANEX カメラ一発! CS-W06N:iPhoneでSDカードに動画を保存/再生



3.ネットワークカメラにおいて、どのSDカードを使うべきなのかについて


・ サイズについては、各ネットワークカメラでサポートされているサイズのSDカードを使う
  ことになります。


  (ノーマルサイズの)SDカードのみをサポートしている機種についても、
  microSDカードのみをサポートしている他の機器との間で使い回せるように、
  microSDカードを購入して、添付されているアダプタと合わせて、
  (ノーマルサイズの)SDカードとして使う方法もあります。


  インターネット上での評判を見た限り、microSDカードは小さい分壊れやすいようですが、
  ネットワークカメラの場合、全体にmicroSDカードに移行しつつあるように思えるので、
  ネットワークカメラ向けには microSDカードで統一してもいいように思えます。


・ 容量が大きくなるほどカードの価格も高くなるので、
  容量については、静止画や動画をどれだけ保存する予定なのかに依存すると思います。


  ネットワークカメラの場合は、長時間の動画を保存することが多くなると思いますので、
  予定が不明確な場合、SDHC 32GB が無難なように思います。


  容量が多いほうがよいという場合は、SDXCカードになりますが、
  以下の点で不安があります。
   ・SDXCはまだ新しい仕様(2009年策定、2010年商品化)なので、対応していない機器がある。
   ・ネットワークカメラでは、SDXCの標準でない FAT32 で使用することになる。
   →動画を記録したSDXCカードを取り出して、別の機器上で動画を再生しようとした場合、
    再生ができるかどうかが不安。


・ データ転送速度は速いに越したことはないので、Class10を使うべきだと思います。
  元々、Class 10 でも他の媒体に比べて転送速度が遅すぎるくらいなので、
  これより遅い媒体を使用する必要はないと思います。


・ UHS-Iをサポートしているネットワークカメラは現状ないので、
  原則、ネットワークカメラ向けには、UHS-I対応のSDカードを購入する必要はありません。


  ただし、ネットワークカメラがUHS-Iをサポートしていなくても、
  SDカードに撮り溜めた動画は、ネットワーク経由ではなく、
  SDカード自体をネットワークカメラから、UHS-I対応のパソコンなどに差し替えて
  ダウンロードするというのであれば、
  SDカードをUHS-I対応のカードにしておくのがよいかもしれません。



関連商品紹介サイト
[SDHC 32GB Class10]
UHS-I非対応       UHS-I対応         UHS-I対応
                最大転送速度45MB/s  最大転送速度90MB/s
   

[microSDHC 32GB Class10 USH-I対応]
UHS-I 非対応       UHS-I対応
 

[SDXC 64GB Class10]
UHS-I非対応       UHS-I対応         UHS-I対応
                最大転送速度45MB/s  最大転送速度90MB/s
   

[microSDXCカード 64GB Class 10 UHS-I対応]



SDカード関連の記事一覧
(1) SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方
(2) SDカードのWindows7パソコン上での使用方法
(3) SDHCカードのフォーマット方法
(4) SDXCカードをIODATA製ネットワークカメラ上で使用
(5) SDXCカードをexFATでフォーマット
(6) UHS-I対応のSDカードの用途について
(7) デジタルカメラで使用されるSDカード
(8) デジタルカメラ用SDカードの容量の選び方
(9) ネットワークカメラ用のSDカードの選び方
(10) ネットワークカメラ:SDカードへの録画可能時間

ネットワークカメラ全般関連の記事一覧
(1) ネットワークカメラ まとめ(2013.8.22)
(2) ネットワークカメラ用のSDカードの選び方
(3) ネットワークカメラ:SDカードへの録画可能時間
(4) ネットワークカメラ まとめ(2014.12.27)

デジタルカメラ用SDカードの容量の選び方

デジタルカメラにおいてSDカードの容量がどのくらい必要かを調べてみました。
カメラごとに差があり、詳細は各取扱説明書に記載されているようです。
しかし、大差がつくものでもないので、どれか代表機種を選んで、
大まかにどの程度必要かの感覚をつかんでおくと、SDカードを購入する時の参考
になると思います。


コンパクトデジタルカメラの代表として、Canon IXY 130、
デジタル一眼レフカメラの代表として、Canon EOS Kiss X7 を調査しました。


1.Canon IXY 130


1.1 写真

[写真1枚あたりの平均ファイルサイズ]

画素数平均ファイルサイズ
1600万画素(4608×3456)4.8MB
800万画素(3264×2448)2.7MB
300万画素(2048×1536)0.97MB
30万画素(640×480)0.20MB

[1枚のSDカードに撮影できる枚数]
画素数8GB32GB
1600万画素(4608×3456)1705枚6883枚
800万画素(3264×2448)3069枚12391枚
300万画素(2048×1536)8469枚34184枚
30万画素(640×480)40937枚165225枚

* 圧縮率は、低圧縮(ファイン)/高圧縮(スタンダード)の2種類あるが、
 上記では低圧縮(ファイン)の場合について記載している。


1.2 動画

[1枚のSDカードに撮影できる時間]

画質8GB32GB
HD(1280×720)1時間11分4時間49分
VGA(640×480)3時間24分13時間45分

出典:Canon IXY 120/130/140 ユーザーズガイド
 


2.Canon EOS Kiss X7


2.1 写真

[写真1枚あたりの平均ファイルサイズ]

画素数平均ファイルサイズ
1790万画素6.4MB
800万画素3.4MB
460万画素2.2MB
250万画素1.3MB

[1枚のSDカードに撮影できる枚数]
画素数8GB32GB
1790万画素1140枚  
4560枚
800万画素2150枚8600枚
460万画素3350枚13400枚
250万画素5570枚22280枚

* 圧縮率は、低圧縮(ファイン)/高圧縮(スタンダード)の2種類あるが、
 上記では低圧縮(ファイン)の場合について記載している。


2.2 動画

[1枚のSDカードに撮影できる時間]

画素数8GB32GB
1600万画素(4608×3456)1705枚  
6883枚
800万画素(3264×2448)3069枚12391枚
300万画素(2048×1536)8469枚34184枚
30万画素(640×480)40937枚165225枚

出典:Canon EOS Kiss X7 使用説明書
 


3.デジタルカメラ用SDカードの容量の選び方


上記のとおり、画素数/画質によって、1枚のカードに撮影できる枚数/時間は異なる
のですが、枚数/時間を考える場合は、一番良い画素数/画質を基準に考えるとよいと
思います。
理由:良い画素数/画質で撮影したものは、後で圧縮することができるが、
   悪い画素数/画質で撮影すると、後から細部を見たり、きれいにしたりはできない。


私が現在使用している Canon IXY 430F では、一番良い画素数/画質がデフォルトに
なっています。多分、他のデジタルカメラもそうであることが多いのではないかと思い
ますが、そこは、各デジタルカメラで確認していただきたく思います。


将来的にどのくらいの容量を使うのか分からないという人は、
SDHC 32GB のカードを購入するのがよいと思います。
理由:容量は多いに越したことはない。後で容量不足になると面倒。
   ただし、SDXCは、2010年以降に出てきた新しい仕様なので、カードだけ取り出して
   他の機器で写真/動画を見ようとしても、認識してくれない可能性がある。
   そのため、SDHCの範囲で最大容量である 32GB が無難。


はじめから少ない枚数の写真しか撮らないことがはっきりしている人は、
SDHC 8GB あるいは 16GBののカードを、
はじめから大容量が必要であることがはっきりしている人は、SDXC 64GB のカードを、
購入するとよいと思います。



関連商品紹介サイト
[SDHC 16GB Class10]
UHS-I非対応       UHS-I対応        
                最大転送速度45MB/s
 

[SDHC 32GB Class10]
UHS-I非対応       UHS-I対応         UHS-I対応
                最大転送速度45MB/s  最大転送速度90MB/s
   

[SDXC 64GB Class10]
UHS-I非対応       UHS-I対応         UHS-I対応
                最大転送速度45MB/s  最大転送速度90MB/s
   


SDカード関連の記事一覧
(1) SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方
(2) SDカードのWindows7パソコン上での使用方法
(3) SDHCカードのフォーマット方法
(4) SDXCカードをIODATA製ネットワークカメラ上で使用
(5) SDXCカードをexFATでフォーマット
(6) UHS-I対応のSDカードの用途について
(7) デジタルカメラで使用されるSDカード
(8) デジタルカメラ用SDカードの容量の選び方
(9) ネットワークカメラ用のSDカードの選び方
(10) ネットワークカメラ:SDカードへの録画可能時間

デジタルカメラで使用されるSDカード

SDカードは、サイズの面では以下の3種類、
  SDカード
  mini SDカード
  micro SDカード


記憶容量の面では以下の3種類、
  SDカード      ~2GB
  SDHCカード   4GB~32GB
  SDXCカード   48GB~


転送速度の面では以下の4種類があります。(SDスピードクラス)
  Class 2       2MB/s
  Class 4       4MB/s
  Class 6       6MB/s
  Class 10      10MB/s


転送速度の面では、さらに以下の2種類がオプションで定義されています。(UHSスピードクラス)
  UHS-I       104MB/s
  UHS-II       312MB/s
  ※UHS-II対応製品は、現状、実用化された製品が存在しないため、
    実質的には、UHS-Iだけです。

  ※UHS-I が 104MB/s というのは規格上の最大で、
    現在実際にサポートされている速度は 45MB/s とか 90MB/s となっています。

SDカードは、パソコン、スマートフォン、デジタルカメラ、ネットワークカメラ、テレビ、
メディアプレーヤーなどで使用されています。


この記事では、デジタルカメラでどのようなSDカードが使用されているのかについて記載します。



1.デジタルカメラではどのようなSDカードが使用されているのか?

私自身は、現在、デジタルカメラとしては、Canon IXY 430F を使用していて、
そのカメラ用のSDカードとしては、Trancend SDHCカード 8GB Class10 を使用しています。
上記の分類では以下のようなカードということになります。
  サイズ :SDカード
  記憶容量:SDHC 8GB
  転送速度:Class 10 (10MB/s)、UHS-I非対応


このデジタルカメラは約2年前に購入したもので、当時は人気商品の1つだったのですが、
現在は生産終了しており、残った在庫や、中古品の販売のみとなっています。


そこで、現在主流となっているデジタルカメラについて、どのようなSDカードをサポート
しているのかを調べてみました。結果は以下の通りです。


デジタルカメラSDカード種別UHS-I対応
Canon PowerShot G7 XSDカード、SDHCカード、SDXCカード  〇
Canon EOS Kiss X7SDカード、SDHCカード、SDXCカード  〇
Canon EOS Kiss X5SDカード、SDHCカード、SDXCカード  ×
Canon IXY 130SDカード、SDHCカード、SDXCカード  ×
SONY サイバーショット DSC-RX100M3SDカード、SDHCカード、SDXCカード  〇
SONY サイバーショット DSC-RX100SDカード、SDHCカード、SDXCカード  ×
富士フイルム FUJIFILM XQ1SDカード、SDHCカード、SDXCカード  〇
Panasonic LUMIX DMC-TZ60SDカード、SDHCカード、SDXCカード  ×

参照サイト
 PowerShot G7 X 仕様
 Canon EOS Kiss X7 仕様
 Canon EOS Kiss X5 仕様
 Canon IXY 130 仕様
 SONY サイバーショット DSC-RX100M3 仕様
 SONY サイバーショット DSC-RX100 仕様
 富士フイルム FUJIFILM XQ1 仕様
 Panasonic LUMIX DMC-TZ60 仕様


デジタルカメラの場合、サイズとしてはいずれも、miniや microではなく、
(ノーマルサイズの)SDカードを使用するようになっています。
※アダプタを付けて使用するのであれば、当然、mini や microでもOKですが。


容量の面では、どのデジタルカメラも、SD,SDHC,SDXCの全てをサポートしています。


UHS-Iはサポートしていたりいなかったりです。



2.デジタルカメラにおいて、どのSDカードを使うべきなのかについて


・ サイズについては、(ノーマルサイズの)SDカードでよいと思います。
  micro SDカードのみをサポートしている他の機器との間で使い回せるようにしたいのなら、
  micro SDカードにアダプタを被せて使用するのも1つの方法ですが、
  インターネット上での評判を見た限り、micro SDカードは小さい分壊れやすいようなので、
  (ノーマルサイズの)SDカードを使ったほうが安全だと思います。


・ 容量が大きくなるほどカードの価格も高くなるので、
  容量については、写真や動画をどれだけ撮る予定なのかに依存すると思います。
  個人的には、容量が多いに越したことはないので、目先で特に大量の写真や動画を撮る
  予定がなくても、SDHC 32GB あたりにしておくのがいいように思えています。
  はじめから動画などを大量に撮影する予定のある人は、SDXC 64GB にするとよいと思います。


・ データ転送速度も速いに越したことはないので、Class10を使うべきだと思います。
  元々、Class 10 でも他の媒体に比べて転送速度が遅すぎるくらいなので、
  これより遅い媒体を使用する必要はないと思います。

・ UHS-Iをサポートしているデジタルカメラで使用するのなら、
  データ転送速度は速いに越したことはないので、UHS-I対応カードを使うべきだと思います。
  現在持っているカメラがUHS-I対応でない場合は、UHS-I対応カードを買う必要はありません。
  ただし、UHS-I対応カードを、UHS-I非対応の機器で使用しても、害はないはずなので、
  将来UHS-I対応機を買った時に使いまわすことを見越して、UHS-I対応カードを買っておいて
  もよいかもしれませんが。



関連商品紹介サイト
[SDHC 32GB Class10]
UHS-I非対応       UHS-I対応         UHS-I対応
                最大転送速度45MB/s  最大転送速度90MB/s
   

[SDXC 64GB Class10]
UHS-I非対応       UHS-I対応         UHS-I対応
                最大転送速度45MB/s  最大転送速度90MB/s
   


SDカード関連の記事一覧
(1) SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方
(2) SDカードのWindows7パソコン上での使用方法
(3) SDHCカードのフォーマット方法
(4) SDXCカードをIODATA製ネットワークカメラ上で使用
(5) SDXCカードをexFATでフォーマット
(6) UHS-I対応のSDカードの用途について
(7) デジタルカメラで使用されるSDカード
(8) デジタルカメラ用SDカードの容量の選び方
(9) ネットワークカメラ用のSDカードの選び方
(10) ネットワークカメラ:SDカードへの録画可能時間

UHS-I対応のSDカードの用途について

SDカードは、サイズの面では以下の3種類、
  SDカード
  mini SDカード
  micro SDカード


記憶容量の面では以下の3種類、
  SDカード        ~2GB
  SDHCカード   4GB~32GB
  SDXCカード   48GB~


転送速度の面では以下の6種類があります。(SDスピードクラス)
  Class 2       2MB/s
  Class 4       4MB/s
  Class 6       6MB/s
  Class 10      10MB/s

転送速度の面では、さらに以下の2種類がオプションで定義されています。(UHSスピードクラス)
  UHS-I        104MB/s
  UHS-II        312MB/s


Class 2~10については、機器側のほうは、SDHCあるいはSDXC規格を満たしていれば、
そのSDカードの性能を出すことができます。(SD関連部分のハードウェアレベルの話なので、
アプリケーションまで含めた運用レベルでは上記性能は出ないと思われますが)


UHS-I、UHS-IIについては、機器側のほうも、UHS-I、UHS-II をサポートしている
必要があります。

SDカードが UHS-I や UHS-II をサポートしていても、機器側がサポートしていなければ、
SDカードに併記されている Class 2~10のいずれかの速度で動作することになります。

現在私が持っている、SDカードを挿せる機器(ノートパソコン、デジタルカメラ、
ネットワークカメラ、テレビ、メディアプレーヤー)の中には、
UHS-I、UHS-IIをサポートしているものはありません。


実際、インターネットを検索しても、UHS-IIをサポートしている機器は全く見つかりませんし、
UHS-I をサポートしている機器も、限定されています。


しかし、Class 10の10MB/s と、UHS-Iの104MB/s では10倍以上の差がありますし(*1)、
Class 10のSDカードであっても、メディアプレーヤーや、パソコンに挿した場合、
転送速度の遅さははっきり認識できるレベルです。


※有線LANは、現在は家庭でも、ほとんど1Gbps(125MB/s)のインタフェースが使用されています。

  無線LANでも、現在は、IEEE802.11nの300Mbps(37.5MB/s)が主流です。

  USBでも、現在主流のUSB2.0が480Mbps(60MB/s)です。

  Class 10 のSDカードの 10MB/s という速度は、これらに比べてはっきり劣っているため、
  Class 10 のSDカードが遅いと感じられるのは、規格上からも当然の結果となります。


(*1) 104MB/sというのは規格上の最大で、現在実際にサポートされているのは、
  45MB/s とか 90MB/s となっています。
  これだと10倍以上の差とまでは行きませんが、それでも10MB/sに比べれば大改善です。

もし、機器側がUHS-Iをサポートしていて、かつ、UHS-I対応のSDカードを使用すれば、
SDカードの転送性能は、現在主流となっている有線LAN、無線LAN、USBと同等以上のものなり、
SDカードによる転送性能ネックは解消されると思われます。


そこで、UHS-Iをサポートしている機器がどのくらいあるのかを、調べてみました。
※将来購入する時の判断材料の1つとするために。


結論から言うと、デジタルカメラ、ノートパソコン、(パソコンに接続する)カードリーダライタ
には、UHS-Iをサポートしているものがありました。
※ネットワークカメラについては、UHS-Iをサポートしているものが見つかりませんでした。
 メディアプレーヤー、テレビについては今回未調査です。



1.UHS-I対応のデジタルカメラ


SONYのデジタルカメラでは、以下の機種がUHS-Iに対応しています。
 ・  SONY サイバーショット DSC-RX100M3
   ※仕様については、以下のサイトを参照してください。
     SONY サイバーショット DSC-RX100M3 仕様

富士フイルムのデジタルカメラでは、以下の機種がUHS-Iに対応しています。
 ・ 富士フイルム FUJIFILM XQ1
   ※仕様については、以下のサイトを参照してください。
     富士フイルム FUJIFILM XQ1 仕様

Canonのデジタルカメラでは、以下の機種がUHS-Iに対応しています。
 ・ Canon PowerShot G7 X
 ・ Canon EOS Kiss X7i
 ・ Canon EOS Kiss X7

 ※他にも何機種かがUHS-Iに対応しています。以下のサイトを参照してください。
   キヤノン:Q&A検索|【コンパクトデジタルカメラ】使用可能な...

デジタルカメラが、UHS-Iに対応した場合のメリットは、
パソコンに(無線LANやUSB経由で)データを転送する場合の転送速度向上の他、
連射性能の向上にもあるようです。
わかりやすいSDHC UHS-I と class10 の違い 参照。



2.ノートパソコン


NECのLavieシリーズは、全般にUHS-Iに対応しているようです。
例.LaVie G タイプL
   LaVie G タイプS


富士通と東芝のノートパソコンも調べてみましたが、
UHS-I対応しているという記載は見つかりませんでした。



3.(パソコンに接続する)カードリーダライタ


パソコンのSDカードスロットがUHS-Iに対応していなくても、
UHS-Iに対応したカードリーダライタを接続すれば、
UHS-Iの転送性能を引き出すことができます。


メモリカードリーダライタを、
USB2.0に接続した場合は、USB2.0の最大転送速度60MB/sがネックになると思われますが、
USB3.0に接続した場合は、USB3.0の最大転送速度は640MB/sなので、
UHS-Iの転送速度104MB/sが出せると思います。
※あくまでハードウェアレベルの話です。
 アプリケーションなどソフトウェアまで含めた転送速度は、数割減になると思います。


UHS-I対応のメモリカードリーダライタは以下の製品があります。
ELECOM カードリーダライタ USB2.0対応 MR-A007BK
→以下の記事によると最大41.65MB/sの性能が出ています。
  転送速度最大94MB/sのSDカード! SDHC UHS-Iレビュー

リード機能のみでよい場合は、以下の製品があります。
Transcend USB 3.0 Super Speed カードリーダーTS-RDF5K
→USB2.0、USB3.0 どちらでも使用できるようです。
 外付けメモリカードリーダーのAmazonランキング では、2014.11.22現在1位と、
 人気商品になっています。


関連商品紹介サイト
[SDHC 32GB Class10]
UHS-I非対応       UHS-I対応         UHS-I対応
                最大転送速度45MB/s  最大転送速度90MB/s
   

[microSDHC 32GB Class10 USH-I対応]
UHS-I 非対応       UHS-I対応
 

[SDXC 64GB Class10]
UHS-I非対応       UHS-I対応         UHS-I対応
                最大転送速度45MB/s  最大転送速度90MB/s
   

[microSDXCカード 64GB Class 10 UHS-I対応]



SDカード関連の記事一覧
(1) SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方
(2) SDカードのWindows7パソコン上での使用方法
(3) SDHCカードのフォーマット方法
(4) SDXCカードをIODATA製ネットワークカメラ上で使用
(5) SDXCカードをexFATでフォーマット
(6) UHS-I対応のSDカードの用途について
(7) デジタルカメラで使用されるSDカード
(8) デジタルカメラ用SDカードの容量の選び方
(9) ネットワークカメラ用のSDカードの選び方
(10) ネットワークカメラ:SDカードへの録画可能時間

カテゴリー
ブログ内検索
DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト
ソニー nasne
nasne 1TBモデル


nasne 500GBモデル


2015.3.20現在、500GBモデルより1TBモデルのほうが安くなっています。この状況であれば1TBモデルを買ったほうが良いです。
NAS
バッファロー LinkStation LS410D0201C

転送速度:100MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇


転送速度
 リード:58MB/s
 ライト:63MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇

ネットワークカメラ
IODATA製 Qwatch TS-WPTCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:〇
暗視:〇
高機能にして割安。

IODATA製 Qwatch TS-WLC2

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇
マイク・スピーカー内蔵。

IODATA製 Qwatch TS-WLCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
安価で簡単。はじめての人におすすめ。

PLANEX製 カメラ一発! CS-W60HD

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX製 カメラ一発! CS-W06N

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX スマカメ CS-QR10

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
スマホ専用のカメラです。

Tenvis製 JPT3815W


無線LAN:〇
接続設定簡単化:×
パン・チルト:〇
暗視:〇
外国製。マニュアルは英文(一部和訳あり)、かつ、あまり詳しいことは書かれていない。サポートは英文メールのみ。その分価格が安い。
SDカード
SDカードは、デジカメ、ネットワークカメラ、パソコンなどで利用できる場合があります。SDカードの選び方に関しては、以下の記事を参照してください。
SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方
  • ライブドアブログ