ホームネットワーク構築方法

当ブログでは、家庭内のパソコン,プリンター,テレビ,レコーダー,NAS,ネットワークカメラなどをLANで接続してホームネットワーク(家庭内LAN)を構築し、それらを連携させて活用する方法を紹介しています。この記事では「PC用マイク」の使用方法や設定方法について詳しく説明いたします。

PC用マイク

エレコム MS-STM55 マルチメディアマイクロフォン

ELECOM MS-STM55 マルチメディアマイクロフォン についても紹介しておきます。

私は、1年くらいこのPC用のマイクを使用していました。
私は、PC用のマイクは机の上において使用しているので、今後は、
机の上に置いた場合に、より安定性のある(音が安定しているという意味ではなく、
マイクが倒れにくいという意味で)エレコム スタンドマイク HS-MC01BK を使うこと
にしたのですが、本製品(エレコム MS-STM55 マルチメディアマイクロフォン)が
悪いマイクであるというわけではありません。

以下の記事に書いたとおり、集音性やノイズについては、私は今のところ差がないよう
  の「4. テスト環境」、「5. テスト結果」。

エレコム MS-STM55 マルチメディアマイクロフォン のメリットは以下の点だと思います。
  • 価格が安い(2014.4.17現在、Amazonで 476円)
  • 付属の両面テープで、パソコンのディスプレイの縁などに貼り付けて使用可能。(*1)
  • 角度調節自由自在(*2)
(*1) エレコム社のMS-STM55の製品情報ページにもそのような写真が掲載されています。

(*2) 以下のようにマイクの方向をいろいろ変更して使用できます。
IMG_1695 IMG_1697 

IMG_1696 IMG_1699

IMG_1698

各位の要件が上記のメリットと合致していれば、
エレコム MS-STM55 マルチメディアマイクロフォンを購入されるとよいと思います。

関連商品紹介ページ
 
PC用マイク関連記事
(1) エレコム スタンドマイク HS-MC01BK
(2) エレコム MS-STM55 マルチメディアマイクロフォン


エレコム スタンドマイク HS-MC01BK



1.購入理由

今まで使っていたマイク ELECOM MS-STM55 マルチメディアマイクロフォン より
集音性が良いマイクがないのかを探していました。
今使用しているマイクは、少し離れていても、一応音は拾ってくれるのですが、
かなり大きい音を出でないと拾ってくれないような気がしていました。

とりあえず人気のあるマイクを見てみようということで、
当時(4月初旬)1位だったのが、本製品 エレコム スタンドマイク HS-MC01BK でした。

私の購入目的に合ったものであるのかどうかを確認するために、
集音性については、良いという評価と、悪いと言う評価が混在していました。
集音性が良いという評価については、「オーディオインターフェイス」とか「サウンドカード」
とか呼ばれているものを間に通して使うことが前提になっていました。

「オーディオインタフェース」の具体的な製品名としては、

そのため、エレコム スタンドマイク HS-MC01BK  と
PLANEX USBオーディオ変換アダプタ PL-US35AP を併せて買うことにしました。


2.外観

本製品 エレコム スタンドマイク HS-MC01BK のパッケージ(製品が箱に入った状態)の
写真を撮りました。以下のとおりです。
※お茶のペットボトルは、大きさの比較のために置いています。
IMG_1684

製品を箱から出すと以下のようになります。
※お茶のペットボトルは、大きさの比較のために置いています。
IMG_1685


3.集音性に関するテスト結果

エレコム MS-STM55 マルチメディアマイクロフォン に比べて、
本製品 エレコム スタンドマイク HS-MC01BK のほうが集音性が良くなっているかどうか
テストしてみました。

※テスト環境やテスト内容については、以下の記事を参照してください。
  の「4. テスト環境」、「5. テスト結果」。

現状のテスト結果としては、エレコム MS-STM55 マルチメディアマイクロフォン に比べて、
本製品 エレコム スタンドマイク HS-MC01BK が特に集音性が良いとは感じられませんでした。

マイクをパソコンに直接接続した場合でも、
PLANEX USBオーディオ変換アダプタ PL-US35AP を通してパソコンに接続した場合でも、
それについては同じでした。


4.その他の観点での比較

以下の点では、本製品 エレコム スタンドマイク HS-MC01BK のほうが、
エレコム MS-STM55 マルチメディアマイクロフォン より良いと感じました。
  • HS-MC01BK のほうが、MS-STM55より重量が軽い
  • HS-MC01BK のほうが、MS-STM55より卓上で使用する分には安定している。(*1)
(*1)MS-STM55は元々卓上で使うよりも、パソコンのディスプレイの縁などに貼り付けて使用
  することを意図して作られているように思います。
  エレコム社のMS-STM55の製品情報ページにもそのような写真が掲載されています。
  そのため、卓上で使用するには、若干、台座が安定しないという面があると思います。

  一方、本製品 HS-MC01BK のほうは、「スタンドマイク」として売っているだけあって、
  軽量であるにもかかわらず、机の上に置いた場合には非常に安定しています。

私自身は、今後は主に、本製品 HS-MC01BK のほうを使う予定です。

価格としては、MS-STM55のほうが高いので、今から購入する人は、目的と予算に合わせて
機種を選択するのだろうと思います。

関連商品紹介サイト


PC用マイク関連記事
(1) エレコム スタンドマイク HS-MC01BK
(2) エレコム MS-STM55 マルチメディアマイクロフォン
 
カテゴリー
ブログ内検索
DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト
ソニー nasne
nasne 1TBモデル


nasne 500GBモデル


2015.3.20現在、500GBモデルより1TBモデルのほうが安くなっています。この状況であれば1TBモデルを買ったほうが良いです。
NAS
バッファロー LinkStation LS410D0201C

転送速度:100MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇


転送速度
 リード:58MB/s
 ライト:63MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇

ネットワークカメラ
IODATA製 Qwatch TS-WPTCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:〇
暗視:〇
高機能にして割安。

IODATA製 Qwatch TS-WLC2

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇
マイク・スピーカー内蔵。

IODATA製 Qwatch TS-WLCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
安価で簡単。はじめての人におすすめ。

PLANEX製 カメラ一発! CS-W60HD

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX製 カメラ一発! CS-W06N

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX スマカメ CS-QR10

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
スマホ専用のカメラです。

Tenvis製 JPT3815W


無線LAN:〇
接続設定簡単化:×
パン・チルト:〇
暗視:〇
外国製。マニュアルは英文(一部和訳あり)、かつ、あまり詳しいことは書かれていない。サポートは英文メールのみ。その分価格が安い。
SDカード
SDカードは、デジカメ、ネットワークカメラ、パソコンなどで利用できる場合があります。SDカードの選び方に関しては、以下の記事を参照してください。
SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方
  • ライブドアブログ