ホームネットワーク構築方法

当ブログでは、家庭内のパソコン,プリンター,テレビ,レコーダー,NAS,ネットワークカメラなどをLANで接続してホームネットワーク(家庭内LAN)を構築し、それらを連携させて活用する方法を紹介しています。この記事では「iPhone」の使用方法や設定方法について詳しく説明いたします。

iPhone

iPhoneの接続方法の切替方法

今更ですが、iPhoneにおいて、接続方法を、
無線LAN(Wi-Fi)と、携帯電話回線(3G、LTEまたは 4G)とで、切り替える方法について、
説明しておきます。


デフォルト設定は、携帯電話回線(3G、LTE または 4G)となっています。
※3G, LTE, 4G のいずれであるかは、それらがサポートされている場所であるかどうかで、
 自動的に変わると思います。


無線LAN(Wi-Fi)の設定方法については、以下の記事で説明しました。
 ・iPhone 5 をWi-Fi(無線LAN)でネットワークに接続

無線LAN(Wi-Fi)を、iPhoneで初めて使用する場合には、上記記事に記載した設定が必要です。
しかし、携帯電話回線(3G、LTE または 4G)から、無線LAN(Wi-Fi)に切り替えるたびに、
上記記事に記載した設定を全てやり直さなければならないわけではありません。


既に、上記記事に記載した設定がやってある場合、
無線LAN(Wi-Fi)と、携帯電話回線(3G、LTEまたは 4G)の切り替えは、
以下のようにすればできます。



1.接続方法を、携帯電話回線(3G、LTEまたは 4G)から、
  無線LAN(Wi-Fi)に切り替える


(1) 「4G」と表示されている部分(下図赤枠で囲った部分)が、
  現在、携帯電話回線で接続されていることを意味している。
  [設定]アイコン(下図黄色枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1947

(2) [Wi-Fi](下図赤枠で囲った部分)はオフの設定になっている。
  ここををタップ。
IMG_1948

(3) 「Wi-Fi」の右に表示された切り替えスイッチ(下図赤枠で囲った部分)を、
  左から右にドラッグ。
IMG_1949

(4) (3)のドラッグが成功すると、切り替えスイッチは、下図赤枠で囲った部分のような表示に
  なる。[設定](下図黄色枠で囲った部分)をクリック。
IMG_1950

(5) [Wi-Fi](下図赤枠で囲った部分)に、iPhone 5 をWi-Fi(無線LAN)でネットワークに接続
  で設定した SSID が表示されている。

  また、(1)で「4G」と表示されていた部分が、無線を表す図柄に変わっている(下図黄色枠で
  囲った部分)。
IMG_1951

(6) iPhoneのホームボタンを押して、ホーム画面に戻る。
  ホーム画面に戻っても、無線を表す図柄に変わった状態となっている。(下図赤枠で囲った
  部分)
  これで、無線LAN(Wi-Fi)への切り替えが完了。
IMG_1952


2.接続方法を、無線LAN(Wi-Fi)から、
  携帯電話回線(3G、LTEまたは 4G)に切り替える


(1) 無線を示す図柄が表示されている部分(下図赤枠で囲った部分)が、
  現在、無線LAN(Wi-Fi)で接続されていることを意味している。
  [設定]アイコン(下図黄色枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1953

(2) [Wi-Fi]タグ(下図赤枠で囲った部分)にSSIDが表示されている。
  ここををタップ。
IMG_1954

(3) 「Wi-Fi」の右に表示された切り替えスイッチ(下図赤枠で囲った部分)を、
  左から右にドラッグ。
IMG_1955

(4) (3)のドラッグが成功すると、切り替えスイッチは、下図赤枠で囲った部分のような表示に
  なる。[設定](下図黄色枠で囲った部分)をクリック。
IMG_1956

(5) [Wi-Fi]タグ(下図赤枠で囲った部分)がオフの状態を表示している。
  また、(1)で無線を表す図柄が表示されていた部分が、「4G」という表示に変わっている
  (下図黄色枠で囲った部分)。
IMG_1957

(6) iPhoneのホームボタンを押して、ホーム画面に戻る。
  ホーム画面に戻っても、「4G」と表示された状態となっている。(下図赤枠で囲った部分)
  これで、携帯電話回線への切り替えが完了。
IMG_1958



iPhone関連の記事一覧
(1) iPhone 5 をWi-Fi(無線LAN)でネットワークに接続
(2) iPhone5でテザリング
(3) iPhoneの接続方法の切替方法

iPhone5でテザリング

iPhone5でテザリングを試してみました。


1.参考文献


(1) WiMAX・Wi‐Fi無線ネットワーク 工学社発行
(2) 2013年版 WiーFi活用ブック 英和出版社発行
(3) iPhone5 - テザリングの設定 Au



2.テザリングとは


「テザリング」とは、「スマートフォンをモデムやルータ代わりにして、パソコンを
インターネットに接続できる機能です。(参考文献(1)から引用)


以下の3種類の接続方法があります。
 (1) Wi-Fi接続 ... スマートフォンとパソコンをWi-Fi(無線LAN)で接続。
           1台のスマートフォンに、パソコンを複数台接続可能。
 (2) USB接続 ... スマートフォンとパソコンをUSBケーブルで接続。
         1台のスマートフォンに、パソコンを1台だけ接続可能。
         充電しながら接続するので、バッテリー切れの心配がない。
         (パソコン側がバッテリー切れしなければ)
 (3) Bluetooth接続 ... スマートフォンとパソコンを Bluetoothで接続。


 ※私のパソコン(Fujitsu LIFEBOOK AH77/H)は、Bluetooth非サポートなので、
  私のほうでは、Wi-Fi接続、USB接続のみ試しました。



3.Wi-Fi接続


3.1 iPhone5の名前の変更


Wi-Fi接続の場合、スマートフォンの名前が SSID となります。
購入時に付いていた名前から変更したくない人は変更しなくていいですが、
変更する場合は以下のようにします。 


(1) [設定]をタップ。

IMG_0116


(2) [一般]をタップ。

IMG_0117


(3) [情報]をタップ。

IMG_0118


(4) 購入時点の名前は、「koji の iPhone」になってた。(赤枠で囲った部分)
  [名前]をタップ。(黄色枠で囲った部分)

IMG_0119


(5) 「kkk」と入力し(赤枠で囲った部分)、[Done](黄色枠で囲った部分)をタップ。

IMG_0122


(6) 名前が「kkk」に変わったことが確認できる。

IMG_0123


3.2 iPhone5のテザリング設定


(1) [設定]をタップ。

IMG_0124

(2) [一般](赤枠で囲った部分)をタップ。

IMG_0125

 (注)上図では設定メニューに[インターネット共有]の項目がある。(黄色枠で囲った部分)
    この項目は、iPhone5のテザリング設定をやれば追加されるもので、
    最初は表示されていない。


(3) [モバイルデータ通信]をタップ。

IMG_0126


(4) [インターネット共有]をタップ。

IMG_0127


(5) [インターネット共有]をオンに変更。(赤枠で囲った部分)
  ※最初はオフになっている。下図は変更後の状態。

IMG_0128

  ※IMG_0128_1のマークが LTE に変わる。(黄色枠で囲った部分)
   つまり、この時点で、スマートフォンは、無線LAN親機経由ではなくて、
   携帯電話回線(LTE)でインターネットに繋がった状態となる。


(6) [Wi-Fiのパスワード](赤枠で囲った部分)をタップ。

IMG_0129

  ※現在のパスワードが黄色枠で囲った部分に表示されています。
   以下の図では、aaaabbbbと表示されていますが、初期値はもっと複雑な
   文字列になっていました。


(7) パスワード(セキュリティキー)を入力して、[Done]をタップ。

IMG_0130


3.3 パソコン側での設定

今回使用したパソコンは、Fujitsu LIFEBOOK AH77/H (OS:Windows7)です。


(1) [コントロールパネル]→[ネットワークの状態とタスクの表示]をクリックすると、
  以下のような画面が出てくる。

130909_00

  [接続または切断](上図で赤枠で囲った部分)をクリックすると、
  以下のようなダイアログボックスが出てくる。

130909_01

 ※ここで 3.1 (5)で指定した名前(ここでは kkk ) が出る場合と出ない場合がある。
  出ない場合は、上記(1)の手順を何度か繰り返す。
  繰り返しているうちに出てくる。


(2) 3.1 (5) で指定した名前(ここでは kkk )をクリックし、
  [接続]をクリックする。

130909_02


(3) ネットワークセキュリティキーを入力するダイアログボックスが出てくるので、
  3.2 (7) で指定したセキュリティキーを入力する。

130909_03


(4) 接続に失敗すると以下のメッセージが出る。

130909_04

  この場合は、(2)から再度やり直す。
  何度かやり直すうちに成功する。


(5) 接続に成功すると、以下のように、ネットワークの場所を、
  ホームネットワークにするのか、社内ネットワークにするのか、
  パブリックネットワークにするのかを指定する画面が出てくる。

130909_05

  初期値はパブリックネットワークになっているようである。
  実用する場面を想定すると、外出先で使うことが多いと思われるため、
  パブリックネットワークで適切であると思われる。
  そうだとすると、変更する必要はないので、ここでは[キャンセル]をクリックした。


(6) インターネットへの接続経路が、(1)では無線LAN親機経由であったところが、
  iPhone5( kkk )経由に変わる。

130909_06

  この状態で、iPhone5経由でインターネットに接続可能となっている。


(7) この時、iPhone5側には、以下のように、
   「インターネット共有:一台接続中」
  と表示されている。

IMG_0131


(8) パソコン側で kkk のネットワークを切断すれば、(1)の状態に戻る。
  具体的な方法は、(6)の画面で、[接続または切断]をクリックし、
  出てきたダイアログボックスで kkk をクリックして、[切断]をクリック。

130909_07


4.USB接続


4.1 iPhone5側での設定


3.2(5)に示した、[インターネット共有]をオンにする処理は必要。
3.1に示した名前の変更と、3.2(6)以降に示したパスワードについては、
USB接続には関係ない。


4.2 パソコン側での設定


iTunesをインストールしておく必要がある。それ以外は必要ない。


4.3 USBケーブルで iPhone5とパソコンを接続


iPhone5に付属していたUSBケーブルで、iPhone5と USBケーブルを接続。

これを実行すると、パソコンは、iPhone5経由と、無線LAN親機経由の両方で、
インターネットに接続した状態となる。
パソコンで、[コントロールパネル]→[ネットワークの状態とタスクの表示]をクリック
すると以下のようになっている。

130909_08

 赤枠で囲った部分が iPhone5経由のネットワーク。
 ネットワーク名は、「koji の iPhone」が文字化けしたものと思われる。
 iPhone5の名前は「kkk」にしてあるので、このネットワーク名は iPhone5の名前
 ではない。(どこからこの名前を取り出したのかは不明)


この時 iPhone5側では、以下のように「インターネット共有:1台接続中」の
表示がでている。

IMG_0132

無線LAN経由のほうの回線を切断すると、以下のように、iPhone5経由の回線のみになる。

130909_09

この状態であっても、パソコンはもちろんインターネットに接続可能である。



5.感想


私が試した限りでは、Wi-Fi接続が何回かリトライしないと接続に成功しないのに対し、
USB接続は必ず1回で成功します。
外出先でテザリングを使用するのであれば、USB接続を使うのが確実だと思います。



iPhone関連の記事一覧
(1) iPhone 5 をWi-Fi(無線LAN)でネットワークに接続
(2) iPhone5でテザリング
(3) iPhoneの接続方法の切替方法

iPhone 5 をWi-Fi(無線LAN)でネットワークに接続

iPhone 5 は、インターネットへの接続を、携帯電話回線(LTE)と、
Wi-Fi(無線LAN)のどちらでもできるようになっています。


iPhone 5 は、初期設定では、携帯電話回線(LTE)となっています。


無線LANは、使用可能なエリアは狭い(ホームネットワークの無線LANなら自宅の中くらい)
のですが、通信速度は最大300Mbps です。
一方、LTEは、使用可能なエリアは広大ですが、最大40Mbps~75Mbpsです。

インターネットから大量のデータをダウンロードするなどの場合、
Wi-Fi(無線LAN)が利用可能であれば、Wi-Fi(無線LAN)に切り替えたほうが有利です。



iPhone 5 の Wi-Fi(無線LAN)での接続手順


(1) 初期設定ではホーム画面の一番上に LTE と表示されている。(下図で赤枠で囲った部分)
  設定をタップ。(下図で黄色枠で囲った部分)
IMG_0090

(2) [Wi-Fi]をタップ。
IMG_0091


(3) オン/オフスイッチを右にドラッグして、[Wi-Fi]をオンにする。
IMG_0092

(4) 接続するネットワークをタップする。
  ここでは、無線LAN親機 バッファロー WZR-600DHP の
  IEEE802.11na が 106F3FE63236_A、
  IEEE802.11ng が 106F3FE63236_G となっている。
  ここでは、106F3FE63236_A をタップ。
IMG_0103


(5) パスワード入力を要求される。
  このパスワードの部分には、無線LAN親機の暗号化キーを入力し(赤枠で囲った部分)、
  Join をタップする(黄色枠で囲った部分)。
  ※暗号化キーは、無線LAN親機の側面に、SSID とともに記載されています。
IMG_0104

(6) LTE と表示されていた部分がIMG_0098_1という記号に変わる。
IMG_0098

  これで、Wi-Fi(無線LAN)の設定は完了です。


(注1) この設定を行っても、通常の電話は、携帯電話回線(LTE)で行われます。
   Wi-Fi(無線LAN)経由で電話を行うには、Skype や LINE などを導入する必要が
   あります。


(注2) この設定を行っても、無線LAN親機から遠く離れて、無線LANの電波が届かない
   場所に移動すれば、携帯電話回線(LTE)で接続されます。

   例えば、Wi-Fi(無線LAN)接続で、以下のように Yahoo! Japan を表示した場合、
   IMG_0098_1の記号が表示された状態になっていますが、
IMG_0100

   この状態で、家から少し距離の離れた場所に移動すると、以下のように
   LTE という表示に変わります。
IMG_0101

   この状態で、以下のように別のページも表示できるので、LTEに切り替わって
   通信できていることが確認できます。
IMG_0102



補足.携帯電話回線(LTE) と Wi-Fi(無線LAN) の使い分けの例


例1.冒頭に記載した通り、インターネットから大量のデータをダウンロードする場合は、
   Wi-Fi(無線LAN)を使用したほうが、通信速度が速いので有利です。


例2.以下の記事で、ネットワークカメラの映像を、スマートフォン(iPhone 5)で見る
   設定を行いましたが、これらは全て、Wi-Fi(無線LAN)の設定がオフの状態で行いました。
   理由は、それを行う目的が、外出先からでも、ネットワークカメラの映像を見ることに
   あるからです。

   ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLCAM スマートフォンから接続
   ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WPTCAM スマートフォンから接続
   ネットワークカメラ PLANEX CS-WMV04N2 スマートフォンから接続
   ネットワークカメラ TENVIS JPT3815W スマートフォンから接続


   ※これらの場合でも、Wi-Fi(無線LAN)で接続可能であるのかもしれませんが、
    必要性が感じられないので、試していません。


例3.「VIERA remote」(スマートフォンを、Panasonic製のテレビ VIERA において
   リモコンのように使用する機能)では、スマートフォンを、Wi-Fi(無線LAN)の設定で
   使用することが必須となっています。

   ※「VIERA remote」の使い方は、後日、別の記事に記載します。



iPhone関連の記事一覧
(1) iPhone 5 をWi-Fi(無線LAN)でネットワークに接続
(2) iPhone5でテザリング
(3) iPhoneの接続方法の切替方法

カテゴリー
ブログ内検索
DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト
ソニー nasne
nasne 1TBモデル


nasne 500GBモデル


2015.3.20現在、500GBモデルより1TBモデルのほうが安くなっています。この状況であれば1TBモデルを買ったほうが良いです。
NAS
バッファロー LinkStation LS410D0201C

転送速度:100MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇


転送速度
 リード:58MB/s
 ライト:63MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇

ネットワークカメラ
IODATA製 Qwatch TS-WPTCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:〇
暗視:〇
高機能にして割安。

IODATA製 Qwatch TS-WLC2

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇
マイク・スピーカー内蔵。

IODATA製 Qwatch TS-WLCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
安価で簡単。はじめての人におすすめ。

PLANEX製 カメラ一発! CS-W60HD

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX製 カメラ一発! CS-W06N

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX スマカメ CS-QR10

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
スマホ専用のカメラです。

Tenvis製 JPT3815W


無線LAN:〇
接続設定簡単化:×
パン・チルト:〇
暗視:〇
外国製。マニュアルは英文(一部和訳あり)、かつ、あまり詳しいことは書かれていない。サポートは英文メールのみ。その分価格が安い。
SDカード
SDカードは、デジカメ、ネットワークカメラ、パソコンなどで利用できる場合があります。SDカードの選び方に関しては、以下の記事を参照してください。
SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方
  • ライブドアブログ