ホームネットワーク構築方法

当ブログでは、家庭内のパソコン,プリンター,テレビ,レコーダー,NAS,ネットワークカメラなどをLANで接続してホームネットワーク(家庭内LAN)を構築し、それらを連携させて活用する方法を紹介しています。この記事では「NAS全般」の使用方法や設定方法について詳しく説明いたします。

NAS全般

DLNAとDTCP-IPの両方をサポートしているNAS(2015.2.28)

テレビの録画番組をNASに保存して(NASをDLNAサーバーとして)、ホームネットワーク経由で、
DTCP-IP対応DLNAクライアント機能を持った他の機器から視聴するには、
NASが、DLNA と DTCP-IP の両方をサポートしている必要があります。


※DLNA、DTCP-IPの言葉の意味については、以下の記事を参照してください。
  DLNA と DTCP-IP について

そこで、IODATA製 および バッファロー製の NAS について、DLNA と DTCP-IP をサポートして
いるものがどのくらいあるのかを調べてみました。


1.IODATA製のNAS


個人向けの機種で、かつ、
現在生産中の機種と、2013年5月以降に生産終了となった機種について、
DLNA と DTCP-IP のサポート状況を調べました。

機種名DLNADTCP-IP
LANDISK HDL2-A2.0R  〇  〇
LANDISK HDL2-A4.0R  〇  〇
LANDISK HDL2-A6.0R  〇  〇
LANDISK HDL2-A2.0  〇  〇
LANDISK HDL2-A4.0  〇  〇
LANDISK HDL2-A6.0  〇  〇
HLS-C500  ×  ×
HLS-C1.0  ×  ×
HLS-C2.0  ×  ×
LANDISK HDL-CE1.0S  ×  ×
LANDISK HDL-CE2.0S  ×  ×
LANDISK HDL-CE3.0S  ×  ×
LANDISK HDL-A2.0R  〇  〇
LANDISK HDL-A3.0R  〇  〇
LANDISK HDL-A2.0S  〇  〇
LANDISK HDL-A3.0S  〇  〇
LANDISK HDL-A2.0  〇  〇
LANDISK HDL-A3.0  〇  〇
RECBOX HVL-DR2.0  〇  〇
RECBOX HVL-DR3.0  〇  〇
RECBOX HVL-DR4.0  〇  〇
RECBOX HVL-AT1.0S  〇  〇
RECBOX HVL-AT2.0  〇  〇
RECBOX HVL-AT2.0A  〇  〇
RECBOX HVL-AT3.0A  〇  〇
RECBOX HVL-AT4.0A  〇  〇
RECBOX HVL-AT3.0  〇  〇
RECBOX HVL-AT4.0  〇  〇
RECBOX HVL-A2.0  〇  〇
RECBOX HVL-A3.0  〇  〇
RECBOX HVL-A4.0  〇  〇
RECBOX HVL-AV2.0DT  〇  〇
RECBOX HVL-AV3.0DT  〇  〇

→スマートフォンからの接続をメインとした汎用(RECBOX以外)の機種については、
  DLNA/DTCP-IPをサポートせず、その分価格を下げている機種もあるようですが、
  それ以外の機種については、DLNA/DTCP-IPともサポートされています。


2.バッファロー製の NAS


パソコン・デジタル家電用の機種で、かつ、2ドライブ以下、かつ、
現在バッファローから販売中であるか、または、Amazonから販売されていて人気がある機種
について、DLNA と DTCP-IP のサポート状況を調べました。

機種名DLNADTCP-IP
LinkStation LS411D0401X  〇  〇
LinkStation LS411D0301X  〇  〇
LinkStation LS411D0201X  〇  〇
LinkStation LS410D0401X  〇  〇
LinkStation LS410D0301X  〇  〇
LinkStation LS410D0201X  〇  〇
LinkStation LS410D0401  〇  〇
LinkStation LS410D0301  〇  〇
LinkStation LS410D0201  〇  〇
LinkStation LS410D0101  〇  〇
LinkStation LS420D0802  〇  〇
LinkStation LS420D0602  〇  〇
LinkStation LS420D0402  〇  〇
LinkStation LS420D0202  〇  〇
LinkStation LS210D0401  〇  〇
LinkStation LS210D0301  〇  〇
LinkStation LS210D0201  〇  〇
LinkStation LS210D0101  〇  〇
LinkStation LS220D0802  〇  〇
LinkStation LS220D0602  〇  〇
LinkStation LS220D0402  〇  〇
LinkStation LS220D0202  〇  〇
LinkStation LS-WV4.0TL/RF  〇  ×
LinkStation LS-WV2.0TL/RF  〇  ×
LinkStation LS-WSX2.0L/R1J  〇  〇
LinkStation LS-WSX1.0L/R1J  〇  〇
LinkStation LS-WSX2.0L/R1WHJ  〇  〇
LinkStation LS-WSX1.0L/R1WHJ  〇  〇
LinkStation LS-WSXS240L/R1  〇  〇
LinkStation LS-V3.0TLJ  〇  〇
LinkStation LS-V2.0TLJ  〇  〇

→DLNAは全てサポートされています。

  機能を特定の目的に絞った一部の機種以外は、DTCP-IPもサポートしています。


3.具体例


私が現在保有しているNASは以下の2機種で、ともに、DLNAとDTCP-IPの両方をサポートして
います。
 ・ IODATA LANDISK HDL-A2.0
 ・ バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ


ともに、直接的にこのNASに録画できるわけではなく、東芝 REGZA などに録画した番組を
これらのNASにムーブ(ダビング)する必要があります。
東芝 REGZA からのムーブ(ダビング)の手順については、以下の記事を参考にしてください。
 ・ 東芝 REGZA 32J7 録画した地デジ番組をNASにムーブ

NASにムーブして保存したテレビの録画番組を、
パソコン上でDTCP-IP対応DLNAクライアントソフトを使用して視聴(再生)する方法については、
以下の記事を参照してください。
 ・ IODATA LANDISK HDL-A2.0にムーブしたテレビ番組録画をパソコンで視聴
 ・ バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJにムーブしたテレビ番組録画をパソコンで視聴

DTCP-IP対応DLNAクライアントソフトの詳細な使い方については以下の記事を参照して
ください。
 ・ SoftDMA 2 の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
 ・ DiXiM Digital TV plus の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
 ・ PowerDVD 14 Ultra の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-


DTCP-IP対応DLNAクライアントソフトの全般的な話については以下の記事を参照してください。
 ・ DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト

他のDLNAクライアント対応機から再生する場合は、以下の記事を参照してください。
 ・ 東芝 REGZA 32J7 DLNAクライアント機能
 ・ Panasonic VIERA X50 のDLNAクライアント機能
 ・ Panasonic DIGA DMR-BWT520 のDLNAクライアント機能



関連商品紹介サイト
[ IODATA LANDISK HDL-A2.0]


[バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ]


※私が現在使用している上記のバッファロー製NASは少し古い機種になってしまいました。
  現在以下の機種が人気のようです。
[バッファロー LinkStation LS410D0201]



NASの一般論/製品比較関連の記事一覧
(1) IODATA LANDISK HDL-A2.0 と バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ の性能比較
(2) NASにムーブしたテレビ番組録画を再生することができるDLNAクライアント一覧
(3) デジカメで撮った動画のDLNA経由での再生状況
(4) IODATA LANDISK HDL-A2.0 と バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ の比較
(5) NASをDLNAサーバーとした場合の、各DLNAクライアントでのコンテンツ再生可能状況
(6) インターネットからダウンロードした動画について

(7) DLNAとDTCP-IPの両方をサポートしているNAS
(8) パソコンをDLNAサーバーとした場合の、各DLNAクライアントでのコンテンツ再生可能状況
(9) DLNAとDTCP-IPの両方をサポートしているNAS(2015.2.28)

パソコンをDLNAサーバーとした場合の、各DLNAクライアントでのコンテンツ再生可能状況

以前、NASをDLNAサーバーとした場合の、各DLNAクライアントでのコンテンツ再生可能状況
という記事を書きましたが、比較のため、
パソコンをDLNAサーバーとした場合の、各DLNAクライアントでのコンテンツ再生可能状況
に関する記事を出しておきます。


パソコンの場合、いろいろなDLNAサーバーソフトをインストールして利用することができる
のですが、この記事では、Windows 7 標準の DLNAサーバー機能を使用した場合について
記載します。


1.パソコンをDLNAサーバーにするメリットとデメリット


NASとパソコンのどちらをDLNAサーバーにすべきかは、個人の都合によると思います。
以下のメリット/デメリットがあります。


NASをDLNAサーバーにする場合
 メリット
  ・ NASは常時起動しているので、DLNAクライアントから常時コンテンツを視聴可能。
  ・ パソコンより安定している。
  ・ コンテンツの保存場所が、特定のパソコンに依存しなくなる。

 デメリット
  ・ DLNAクライアント側で再生できないファイル種別が多い。


パソコンをDLNAサーバーにする場合
 メリット
  ・ DLNAクライアント側で再生できないファイル種別が少ない。

 デメリット
  ・ パソコンは常時起動しているわけではないので、DLNAクライアントからコンテンツを
    視聴するたびに、パソコンの電源を入れなければならない。
    逆に、家庭内の誰かがパソコン内のコンテンツを視聴している可能性があるため、
    パソコンの電源を安易にオフにすることができない
  ・ パソコンの場合、DLNAサーバーとして使用するのと同時に別目的で使っていると、
    突然フリーズしたりする可能性がある。
  ・ 複数のパソコンを保有している場合、どのパソコンにコンテンツを保存したのか、
    分からなくなる場合がある。


2.パソコンをDLNAサーバーとした場合の、各DLNAクライアント
  でのコンテンツ再生可能状況のテスト結果


DLNAクライアントファイルの分類ファイル結果
(パソコン)
FUJITSU LIFEBOOK AH77/H
OS:Windows 7
DLNAクライアントソフト:Windows Media Player
動画win7_scenic-demoshort_raw.wtv (*1)
Wildlife.wmv (*2)
デジカメで撮影した動画 (mov形式)
ネットワークカメラで撮影した動画
(ファイル形式:avi、圧縮形式:MJPEG)
ネットワークカメラで撮影した動画
(ファイル形式:avi、圧縮形式:H264)
録画したテレビ番組
(*6)
音楽Kalimba.mp3 (*3)
静止画
(写真)
デジカメで撮影した写真 (JPG形式)

DLNAクライアントファイルの分類ファイル結果
(テレビ)
東芝レグザ 32J7
動画win7_scenic-demoshort_raw.wtv (*1)
Wildlife.wmv (*2)
デジカメで撮影した動画 (mov形式)
ネットワークカメラで撮影した動画
(ファイル形式:avi、圧縮形式:MJPEG)
×
ネットワークカメラで撮影した動画
(ファイル形式:avi、圧縮形式:H264)
×
録画したテレビ番組
(*6)
音楽Kalimba.mp3 (*3)
静止画
(写真)
デジカメで撮影した写真 (JPG形式)

DLNAクライアントファイルの分類ファイル結果
(テレビ)
Panasonic VIERA
X50 19V型
動画win7_scenic-demoshort_raw.wtv (*1)
Wildlife.wmv (*2)
デジカメで撮影した動画 (mov形式)
ネットワークカメラで撮影した動画
(ファイル形式:avi、圧縮形式:MJPEG)
×
ネットワークカメラで撮影した動画
(ファイル形式:avi、圧縮形式:H264)
×
録画したテレビ番組
(*6)
音楽Kalimba.mp3 (*3)
静止画
(写真)
デジカメで撮影した写真 (JPG形式)

DLNAクライアントファイルの分類ファイル結果
(レコーダー)
Panasonic DIGA
DMR-BWT520
動画win7_scenic-demoshort_raw.wtv (*1)
Wildlife.wmv (*2)
デジカメで撮影した動画 (mov形式)
ネットワークカメラで撮影した動画
(ファイル形式:avi、圧縮形式:MJPEG)
×
ネットワークカメラで撮影した動画
(ファイル形式:avi、圧縮形式:H264)
×
録画したテレビ番組
(*6)
音楽Kalimba.mp3 (*3)
静止画
(写真)
デジカメで撮影した写真 (JPG形式)

DLNAクライアントファイルの分類ファイル結果
(ネットワーク
メディア
プレーヤー)

バッファロー
LinkTheater
LT-V200
動画win7_scenic-demoshort_raw.wtv (*1)×
(*5)
Wildlife.wmv (*2)
デジカメで撮影した動画 (mov形式)
ネットワークカメラで撮影した動画
(ファイル形式:avi、圧縮形式:MJPEG)
ネットワークカメラで撮影した動画
(ファイル形式:avi、圧縮形式:H264)
録画したテレビ番組- 
(*6)
音楽Kalimba.mp3 (*3)
静止画
(写真)
デジカメで撮影した写真 (JPG形式)


(*1)以下のファイルのコピー。
   C:¥Users¥Public¥Recorded TV¥Sample Media¥win7_scenic-demoshort_raw.wtv

  Explorerの表示だと以下の名前になっている場合がある。
   C:ユーザー > パブリック > パブリックの録画一覧 >
          サンプルメディア > 風景.wtv

(*2)以下のファイルのコピー。
    C:¥Users¥Public¥Videos¥Sample Videos¥Wildlife.wmv

  Explorerの表示だと以下の名前になっている場合がある。
    C:ユーザー > パブリック > パブリックのビデオ >
         サンプルビデオ > 野生動物.wmv

(*3)以下のファイルのコピー。
   C:¥Users¥Public¥Music¥Sample Music¥Kalimba.mp3

  Explorerの表示だと以下の名前になっている場合がある。
   C:ユーザー > パブリック > パブリックのミュージック >
         サンプルミュージック > Kalimba.mp3

(*4)ファイルが認識されない。

(*5)ファイルは認識できるが、再生できない。

(*6)パソコンにDLNAで配信できる形でテレビ番組を保存する方法はない(少なくとも
  私は知らない)ので、この調査では対象外。


NASの一般論/製品比較関連の記事一覧
(1) IODATA LANDISK HDL-A2.0 と バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ の性能比較
(2) NASにムーブしたテレビ番組録画を再生することができるDLNAクライアント一覧
(3) デジカメで撮った動画のDLNA経由での再生状況
(4) IODATA LANDISK HDL-A2.0 と バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ の比較
(5) NASをDLNAサーバーとした場合の、各DLNAクライアントでのコンテンツ再生可能状況
(6) インターネットからダウンロードした動画について

(7) DLNAとDTCP-IPの両方をサポートしているNAS
(8) パソコンをDLNAサーバーとした場合の、各DLNAクライアントでのコンテンツ再生可能状況
(9) DLNAとDTCP-IPの両方をサポートしているNAS(2015.2.28)

DLNAとDTCP-IPの両方をサポートしているNAS

本記事は2014.4.30時点での調査結果なので少し古いです。
最新状況については以下の記事を参照してください。
DLNAとDTCP-IPの両方をサポートしているNAS(2015.2.28)


テレビの録画番組をNASに保存して(NASをDLNAサーバーとして)、ホームネットワーク経由で、
DTCP-IP対応DLNAクライアント機能を持った他の機器から視聴するには、
NASが、DLNA と DTCP-IP の両方をサポートしている必要があります。


そこで、IODATA製 および バッファロー製の NAS について、DLNA と DTCP-IP をサポートして
いるものがどのくらいあるのかを調べてみました。


1.IODATA製のNAS


個人向けの機種で、かつ、
現在生産中の機種と、2013年5月以降に生産終了となった機種について、
DLNA と DTCP-IP のサポート状況を調べました。

機種名DLNADTCP-IP
LANDISK HDL2-A2.0  〇  〇
LANDISK HDL2-A4.0  〇  〇
LANDISK HDL2-A6.0  〇  〇
HDL-CE1.0S  ×  ×
HDL-CE2.0S  ×  ×
HDL-CE3.0S  ×  ×
LANDISK HDL-A2.0S  〇  〇
LANDISK HDL-A3.0S  〇  〇
RECBOX HVL-AT2.0  〇  〇
RECBOX HVL-AT3.0  〇  〇
RECBOX HVL-AT4.0  〇  〇
RECBOX HVL-A2.0  〇  〇
RECBOX HVL-A3.0  〇  〇
RECBOX HVL-A4.0  〇  〇
RECBOX HVL-AV2.0DT  〇  〇
RECBOX HVL-AV3.0DT  〇  〇
RECBOX HVL-AV3.0DT  〇  〇
RECBOX HVL-AV3.0DT  〇  〇

→上位機種であれば、DLNA、DTCP-IPともにサポートしているという感じだと思います。



2.バッファロー製の NAS


パソコン・デジタル家電用の機種で、かつ、2ドライブ以下、かつ、
現在バッファローから販売中であるか、または、Amazonから販売されていて人気がある機種
について、DLNA と DTCP-IP のサポート状況を調べました。

機種名DLNADTCP-IP
LinkStation LS410D0401X  〇  〇
LinkStation LS410D0301X  〇  〇
LinkStation LS410D0201X  〇  〇
LinkStation LS410D0401  〇  〇
LinkStation LS410D0301  〇  〇
LinkStation LS410D0201  〇  〇
LinkStation LS410D0101  〇  〇
LinkStation LS420D0802  〇  〇
LinkStation LS420D0602  〇  〇
LinkStation LS420D0402  〇  〇
LinkStation LS420D0202  〇  〇
LinkStation LS210D0401  〇  〇
LinkStation LS210D0301  〇  〇
LinkStation LS210D0201  〇  〇
LinkStation LS210D0101  〇  〇
LinkStation LS220D0802  〇  〇
LinkStation LS220D0602  〇  〇
LinkStation LS220D0402  〇  〇
LinkStation LS220D0202  〇  〇
LinkStation LS-WX8.0TL/R1J  〇  〇
LinkStation LS-WX6.0TL/R1J  〇  〇
LinkStation LS-WX4.0TL/R1J  〇  〇
LinkStation LS-WX2.0TL/R1J  〇  〇
LinkStation LS-WX1.0TL/R1J  〇  〇
LinkStation LS-Y3.0TL  〇  ×
LinkStation LS-Y2.0TL  〇  ×
LinkStation LS-Y1.0TL  〇  ×
LinkStation LS-WSX2.0L/R1J  〇  〇
LinkStation LS-WSX1.0L/R1J  〇  〇
LinkStation LS-WSX2.0L/R1WHJ  〇  〇
LinkStation LS-WSX1.0L/R1WHJ  〇  〇
LinkStation LS-WSXS240L/R1  〇  〇
LinkStation LS-V4.0TLJ  〇  〇
LinkStation LS-V3.0TLJ  〇  〇
LinkStation LS-V2.0TLJ  〇  〇
LinkStation LS-V1.0TLJ  〇  〇
LinkStation LS-X3.0TLJ  〇  ×
LinkStation LS-X2.0TLJ  〇  ×
LinkStation LS-X1.0TLJ  〇  ×

→DLNAは全てサポートされています。
  上位機種であれば、DTCP-IPもサポートしているという感じだと思います。



3.具体例


私が現在保有しているNASは以下の2機種で、ともに、DLNAとDTCP-IPの両方をサポートして
います。
 ・ IODATA LANDISK HDL-A2.0
 ・ バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ


ともに、直接的にこのNASに録画できるわけではなく、東芝 REGZA などに録画した番組を
これらのNASにムーブ(ダビング)する必要があります。
東芝 REGZA からのムーブ(ダビング)の手順については、以下の記事を参考にしてください。
 ・ 東芝 REGZA 32J7 録画した地デジ番組をNASにムーブ

NASにムーブして保存したテレビの録画番組を、
パソコン上でDTCP-IP対応DLNAクライアントソフトを使用して視聴(再生)する方法については、
以下の記事を参照してください。
 ・ IODATA LANDISK HDL-A2.0にムーブしたテレビ番組録画をパソコンで視聴
 ・ バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJにムーブしたテレビ番組録画をパソコンで視聴

DTCP-IP対応DLNAクライアントソフトの詳細な使い方については以下の記事を参照して
ください。
 ・ SoftDMA 2 の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
 ・ DiXiM Digital TV plus の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
 ・ PowerDVD 14 Ultra の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-


DTCP-IP対応DLNAクライアントソフトの全般的な話については以下の記事を参照してください。
 ・ DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト

他のDLNAクライアント対応機から再生する場合は、以下の記事を参照してください。
 ・ 東芝 REGZA 32J7 DLNAクライアント機能
 ・ Panasonic VIERA X50 のDLNAクライアント機能
 ・ Panasonic DIGA DMR-BWT520 のDLNAクライアント機能



関連商品紹介サイト
[ IODATA LANDISK HDL-A2.0]


[バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ]



NASの一般論/製品比較関連の記事一覧
(1) IODATA LANDISK HDL-A2.0 と バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ の性能比較
(2) NASにムーブしたテレビ番組録画を再生することができるDLNAクライアント一覧
(3) デジカメで撮った動画のDLNA経由での再生状況
(4) IODATA LANDISK HDL-A2.0 と バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ の比較
(5) NASをDLNAサーバーとした場合の、各DLNAクライアントでのコンテンツ再生可能状況
(6) インターネットからダウンロードした動画について

(7) DLNAとDTCP-IPの両方をサポートしているNAS
(8) パソコンをDLNAサーバーとした場合の、各DLNAクライアントでのコンテンツ再生可能状況
(9) DLNAとDTCP-IPの両方をサポートしているNAS(2015.2.28)

インターネットからダウンロードした動画について

ネットワークメディアプレーヤー(バッファロー LinkTheater LT-V200)では、
NAS上に置いた Wildlife.wmv (*1) の再生が可能でした。

(*1)以下のファイルのコピー。
    C:¥Users¥Public¥Videos¥Sample Videos¥Wildlife.wmv

  Explorerの表示だと以下の名前になっている場合がある。
    C:ユーザー > パブリック > パブリックのビデオ >
         サンプルビデオ > 野生動物.wmv

これが再生可能であるため、てっきり、インターネットからダウンロードした
wmv形式のファイルも再生可能かと思っていたのですが、そういうわけではなさそうです。

私が試した範囲、Craving Explorer というフリーソフトでダウンロードした場合、
以下のようになりました。
 WMV形式でダウンロード → LT-V200上では再生不可能
 MPEG形式でダウンロード → LT-V200上で再生可能

つまり、インターネットからダウンロードした動画を、ネットワークメディアプレーヤー
(バッファロー LT-V200)で再生させるのであれば、MPEG形式でダウンロードする必要が
あります。

しかし、MPEG形式でダウンロードすると良いことばかりが発生するわけではないようで、
MPEG形式の動画だと、パソコン上に置いた場合でも、VIERA や DIGA で再生できないと
いう現象が発生しました。

状況が複雑になってきたので、インターネットからダウンロードした動画についても、
一度、現状がどうなっているのかをまとめてみました。

1.インターネットから動画をダウンロードする方法

私は、Craving Explorer というフリーソフトを使用しています。
Craving Explorer 自体のダウンロード/インストール方法については省略しますが、
Craving Explorer を使用して、インターネットから動画をダウンロードする方法に
ついては以下に説明します。

Craving Explorer で動画をダウンロードする方法

(1) Craving Explorer をインストール時に生成されたショートカット(下図の
  ショートカット)をクリックして、Craving Explorer を起動。

130709_01.png

(2) 検索文字列を入力し(以下の図で緑枠で囲った部分)、
  検索範囲を選択して(以下の図で紫枠で囲った部分)、
  検索ボタン(以下の図で黄色枠で囲った部分)をクリック。

  ここでは、検索文字列を「ジンギスカン」、検索範囲を「YouTube」としている。

130709_02.png

(3) ダウンロードする動画(ここでは「ジンギスカン(1979)歌詞付き」)を選び、
  その動画の欄の中にある [動画を保存する](下図で緑枠で囲った部分)を
  クリック。

130709_03.png

(4) 以下のいずれの形式で保存するのかの選択するウィンドウが表示される。
    変換なしで保存
    WMVで保存
    AVIで保存
    MPEGで保存

130709_04.png

(5) WMVで保存を選択すれば、
    マイドキュメント > CravingExplorer > download > wmv
  配下に「ジンギスカン(1979) 歌詞付き.wmv」というファイルが生成される。

(6) MPEGで保存を選択すれば、
    マイドキュメント > CravingExplorer > download > mpeg
  配下に「ジンギスカン(1979) 歌詞付き.mpg」というファイルが生成される。

※上記のファイル名のままだと、DLNAクライアントから見た場合、
 同じファイル名に見えてしまうため、以下のようにファイル名を変更しておく。
 「ジンギスカン(1979) 歌詞付き.wmv」→「ジンギスカンwmv.wmv」
 「ジンギスカン(1979) 歌詞付き.mpg」→「ジンギスカンmpg.mpg」


2.インターネットからダウンロードした動画を、
  各DLNAサーバーに置いた場合に、
  各DLNAクライアントで再生できたかどうかのテスト結果


以下の通りでした。

ジンギスカンwmv.wmvの再生について
DLNAサーバーDLNAクライアント結果
パソコンパソコン
東芝レグザ 32J7
Panasonic VIERA X50 19V型
Panasonic DIGA DMR-BWT520
バッファロー LinkTheater LT-V200×
IODATA
LANDISK HDL-A2.0
パソコン
東芝レグザ 32J7×
Panasonic VIERA X50 19V型×
Panasonic DIGA DMR-BWT520×
バッファロー LinkTheater LT-V200×
バッファロー
LinkStation LS-V2.0TLJ
パソコン
東芝レグザ 32J7×
Panasonic VIERA X50 19V型×
Panasonic DIGA DMR-BWT520×
バッファロー LinkTheater LT-V200×

ジンギスカンmpg.mpgの再生について
DLNAサーバーDLNAクライアント結果
パソコン(*1)パソコン
東芝レグザ 32J7
Panasonic VIERA X50 19V型×
Panasonic DIGA DMR-BWT520×
バッファロー LinkTheater LT-V200
IODATA
LANDISK HDL-A2.0
パソコン
東芝レグザ 32J7×
Panasonic VIERA X50 19V型×
Panasonic DIGA DMR-BWT520×
バッファロー LinkTheater LT-V200
バッファロー
LinkStation LS-V2.0TLJ
パソコン
東芝レグザ 32J7×
Panasonic VIERA X50 19V型×
Panasonic DIGA DMR-BWT520×
バッファロー LinkTheater LT-V200


(*1) パソコンとは、FUJITSU LIFEBOOK AH77/H のことです。

○:再生可能。
×:再生不可能。

3.所感

インターネットからダウンロードした動画に関しては、保存するにあたり、どう扱ったら
いいのか、一般的なルール付けは難しい状況だと思います。
再生可能となるようなファイル形式(wmvかmpgか)/DLNAサーバー/DLNAクライアント
の組み合わせを選んで運用するしかないという気がします。


Amazonでの関連商品の紹介サイト
IODATA LANDISK HDL-A2.0
バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ
東芝レグザ 32J7
Panasonic VIERA X50 19V型
Panasonic DIGA DMR-BWT520
バッファロー LinkTheater LT-V200


NASの一般論/製品比較関連の記事一覧
(1) IODATA LANDISK HDL-A2.0 と バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ の性能比較
(2) NASにムーブしたテレビ番組録画を再生することができるDLNAクライアント一覧
(3) デジカメで撮った動画のDLNA経由での再生状況
(4) IODATA LANDISK HDL-A2.0 と バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ の比較
(5) NASをDLNAサーバーとした場合の、各DLNAクライアントでのコンテンツ再生可能状況
(6) インターネットからダウンロードした動画について

(7) DLNAとDTCP-IPの両方をサポートしているNAS
(8) パソコンをDLNAサーバーとした場合の、各DLNAクライアントでのコンテンツ再生可能状況
(9) DLNAとDTCP-IPの両方をサポートしているNAS(2015.2.28)

NASをDLNAサーバーとした場合の、各DLNAクライアントでのコンテンツ再生可能状況

NAS製品 IODATA LANDISK HDL-A2.0  あるいは  バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ
をDLNAサーバーとした場合(コンテンツをNAS上に置いた場合)の、
各コンテンツの、各DLNAクライアントでの再生可能状況を、まとめておきます。

※類似した情報を以下の記事にも記載しています。
  ・ IODATA LANDISK HDL-A2.0-8.DLNAサーバー機能を利用する-
  ・ バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ DLNAサーバー機能
 しかし、これらを記載した時期より、コンテンツ(ファイル)や DLNAクライアントの種別が
 増えているので、再度まとめなおしました。

一部を除き、上記2つのNAS製品で、コンテンツの再生可能状況に差はなかったので、
結果は、原則、NAS製品ごとに分けて記載することはせず、まとめて記載します。

※差がついたのは(*7)の注をつけたところだけ。
 ここは元々不安定な部分なので、たまたま差があるように見えただけかもしれません。

1.NASをDLNAサーバーとした場合の、各DLNAクライアントでの
  コンテンツ再生可能状況のテスト結果


DLNAクライアントファイルの分類ファイル結果
(パソコン)
FUJITSU LIFEBOOK AH77/H
OS:Windows 7
動画win7_scenic-demoshort_raw.wtv (*1)
Wildlife.wmv (*2)
デジカメで撮影した動画 (mov形式)
ネットワークカメラで撮影した動画
(ファイル形式:avi、圧縮形式:MJPEG)
ネットワークカメラで撮影した動画
(ファイル形式:avi、圧縮形式:H264)
録画したテレビ番組
(*6)
音楽Kalimba.mp3 (*3)
静止画
(写真)
デジカメで撮影した写真 (JPG形式)

DLNAクライアントファイルの分類ファイル結果
(テレビ)
東芝レグザ 32J7
動画win7_scenic-demoshort_raw.wtv (*1)×
Wildlife.wmv (*2)×
デジカメで撮影した動画 (mov形式)×
ネットワークカメラで撮影した動画
(ファイル形式:avi、圧縮形式:MJPEG)
×
ネットワークカメラで撮影した動画
(ファイル形式:avi、圧縮形式:H264)
×
録画したテレビ番組
音楽Kalimba.mp3 (*3)
静止画
(写真)
デジカメで撮影した写真 (JPG形式)

DLNAクライアントファイルの分類ファイル結果
(テレビ)
Panasonic VIERA
X50 19V型
動画win7_scenic-demoshort_raw.wtv (*1)×
Wildlife.wmv (*2)×
デジカメで撮影した動画 (mov形式)
(*7)
ネットワークカメラで撮影した動画
(ファイル形式:avi、圧縮形式:MJPEG)
×
ネットワークカメラで撮影した動画
(ファイル形式:avi、圧縮形式:H264)
×
録画したテレビ番組
音楽Kalimba.mp3 (*3)×
静止画
(写真)
デジカメで撮影した写真 (JPG形式)

DLNAクライアントファイルの分類ファイル結果
(レコーダー)
Panasonic DIGA
DMR-BWT520
動画win7_scenic-demoshort_raw.wtv (*1)×
Wildlife.wmv (*2)×
デジカメで撮影した動画 (mov形式)
(*8)
ネットワークカメラで撮影した動画
(ファイル形式:avi、圧縮形式:MJPEG)
×
ネットワークカメラで撮影した動画
(ファイル形式:avi、圧縮形式:H264)
×
録画したテレビ番組×
(*9)
音楽Kalimba.mp3 (*3)×
静止画
(写真)
デジカメで撮影した写真 (JPG形式)

DLNAクライアントファイルの分類ファイル結果
(ネットワーク
メディア
プレーヤー)

バッファロー
LinkTheater
LT-V200
動画win7_scenic-demoshort_raw.wtv (*1)×
(*4)
Wildlife.wmv (*2)
デジカメで撮影した動画 (mov形式)
ネットワークカメラで撮影した動画
(ファイル形式:avi、圧縮形式:MJPEG)
ネットワークカメラで撮影した動画
(ファイル形式:avi、圧縮形式:H264)
録画したテレビ番組×
(*5)
音楽Kalimba.mp3 (*3)
静止画
(写真)
デジカメで撮影した写真 (JPG形式)

(*1)以下のファイルのコピー。
   C:¥Users¥Public¥Recorded TV¥Sample Media¥win7_scenic-demoshort_raw.wtv

  Explorerの表示だと以下の名前になっている場合がある。
   C:ユーザー > パブリック > パブリックの録画一覧 >
          サンプルメディア > 風景.wtv

(*2)以下のファイルのコピー。
    C:¥Users¥Public¥Videos¥Sample Videos¥Wildlife.wmv

  Explorerの表示だと以下の名前になっている場合がある。
    C:ユーザー > パブリック > パブリックのビデオ >
         サンプルビデオ > 野生動物.wmv

(*3)以下のファイルのコピー。
   C:¥Users¥Public¥Music¥Sample Music¥Kalimba.mp3

  Explorerの表示だと以下の名前になっている場合がある。
   C:ユーザー > パブリック > パブリックのミュージック >
         サンプルミュージック > Kalimba.mp3

(*4)ファイルが認識されない。

(*5)ファイルは認識できるが、再生できない。

(*6)SoftDMA 2  または DiXiM Digital TV Plus で再生。

(*7)「デジカメで撮った動画のDLNA経由での再生状況」を書いた時点では、
  IODATA LANDISK HDL-A2.0上でも、バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ上でも
  〇だったのですが、7/8 および 8/25 に再度テストしたところ、
  IODATA LANDISK HDL-A2.0:〇、バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ:×
  でした。どうも安定していないようです。

(*8) 「デジカメで撮った動画のDLNA経由での再生状況」を書いた時点では、
  IODATA LANDISK HDL-A2.0上でも、バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ上でも
  〇だったのですが、7/8 および 8/25 に再度テストしたところ、
  IODATA LANDISK HDL-A2.0でも、バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJでも×
  でした。どうも安定していないようです。

(*9)「NASにムーブしたテレビ番組録画を再生することができるDLNAクライアント一覧
  では、IODATA LANDISK HDL-A2.0:△、
  バッファロー LinkSTation LS-V2.0TLJ:×としていたが、
  △のほうも見るに堪えない映像であるため、ここはもう×とすることにした。


2.NAS の DLNAサーバーとしての用途

NASは、複数のパソコン間でデータ共有をするには、最適なストレージであると思います。

しかし、DLNAサーバーとして使用し、かつ、
DLNAクライアントにテレビなどパソコン以外の装置も含まれる場合、
上記テスト結果のように、DLNAクライアントによっては、
再生できないコンテンツが発生するため、
現状では、無条件に、全てのデータを NAS に集約するのは、得策ではないように思えます。

人それぞれ、環境も、要件も異なるので、一概には言えないのですが、
私からは、以下を提案しておきます。

・録画したテレビ番組 
 →レコーダーに保存する(レコーダーをDLNAサーバーとする)。
  理由
   - NASにムーブするには時間がかかる。
   - 録画したテレビ番組は Windowsからはファイルとして認識されないので、
    NASに集約しても、他のコンテンツとは別管理にしなければならない。

・デジカメで撮影した写真
 →NASに保存する(NASを DLNAサーバーとする)
  理由
   - テスト結果からは、デジカメで撮影した写真は、 どのDLNAクライアントからでも
    再生可能。

・それ以外のコンテンツ
 →原則、パソコン上に保存。
  DLNAクライアントを限定できるのであれば、そのDLNAクライアントで再生できる
  コンテンツに関しては、NAS上に保存してもよい。
  理由
   - 現状は、NAS上に置いてしまうと、DLNAクライアントによって再生できたり、
    できなかったり、ばらばら。
    再生可能にすることを優先するのであれば、パソコン上に置いたほうがよい。


Amazonでの各NAS製品の紹介サイト
左がIODATA LANDISK HDL-A2.0、右がバッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ。
 

楽天での各NAS製品の紹介サイト
上がIODATA LANDISK HDL-A2.0、下がバッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ。



NASの一般論/製品比較関連の記事一覧
(1) IODATA LANDISK HDL-A2.0 と バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ の性能比較
(2) NASにムーブしたテレビ番組録画を再生することができるDLNAクライアント一覧
(3) デジカメで撮った動画のDLNA経由での再生状況
(4) IODATA LANDISK HDL-A2.0 と バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ の比較
(5) NASをDLNAサーバーとした場合の、各DLNAクライアントでのコンテンツ再生可能状況
(6) インターネットからダウンロードした動画について

(7) DLNAとDTCP-IPの両方をサポートしているNAS
(8) パソコンをDLNAサーバーとした場合の、各DLNAクライアントでのコンテンツ再生可能状況
(9) DLNAとDTCP-IPの両方をサポートしているNAS(2015.2.28)

 

カテゴリー
ブログ内検索
DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト
ソニー nasne
nasne 1TBモデル


NAS
バッファロー LinkStation LS410D0201C

転送速度:100MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇

バッファロー Link Station LS210D0201C
転送速度
 リード:58MB/s
 ライト:63MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇

ネットワークカメラ
IODATA製 Qwatch TS-WPTCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:〇
暗視:〇
高機能にして割安。

IODATA製 Qwatch TS-WLC2

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇
マイク・スピーカー内蔵。

IODATA製 Qwatch TS-WLCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
安価で簡単。はじめての人におすすめ。

PLANEX製 カメラ一発! CS-W60HD

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX製 カメラ一発! CS-W06N

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX スマカメ CS-QR10

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
スマホ専用のカメラです。

Tenvis製 JPT3815W


無線LAN:〇
接続設定簡単化:×
パン・チルト:〇
暗視:〇
外国製。マニュアルは英文(一部和訳あり)、かつ、あまり詳しいことは書かれていない。サポートは英文メールのみ。その分価格が安い。
SDカード
SDカードは、デジカメ、ネットワークカメラ、パソコンなどで利用できる場合があります。SDカードの選び方に関しては、以下の記事を参照してください。
SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方
  • ライブドアブログ