ホームネットワーク構築方法

当ブログでは、家庭内のパソコン,プリンター,テレビ,レコーダー,NAS,ネットワークカメラなどをLANで接続してホームネットワーク(家庭内LAN)を構築し、それらを連携させて活用する方法を紹介しています。この記事では「LS-VLシリーズ」の使用方法や設定方法について詳しく説明いたします。

LS-VLシリーズ

バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJにムーブしたテレビ番組録画をパソコンで視聴

NAS上のテレビ番組録画を、パソコン上のDTCP-IP対応DLNAクライアントソフトで視聴(再生)する
方法を、直接的には記事にしていなかったので、そのことについて記載します。


この記事では バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ にムーブ(ダビング)したテレビ番組録画を
パソコン上のDTCP-IP対応DLNAクライアントソフトで視聴(再生)する方法について記載します。



1.テレビからNASへの録画番組のムーブ(ダビング)


録画機能を持っているどのテレビ/レコーダーでも、録画番組をムーブ(ダビング)できるわけ
ではありません。機種が限られています。


東芝製のテレビ(東芝 REGZA)には、これが可能な機種が多いです。
東芝 REGZA のどの機種で可能であるのかについては、以下の記事を参照してください。
  東芝 REGZA 購入機種の選定


東芝 REGZA から、NAS にムーブ(ダビング)する手順については、
以下の記事を参照してください。
  東芝 REGZA 32J7 録画した地デジ番組をNASにムーブ



2.バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJにムーブしたテレビ番組録画を
  パソコンで視聴(再生)


バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJにムーブしたテレビ番組録画をパソコンで
視聴するには、パソコン上に DTCP-IP対応DLNAクライアントソフトがインストール
されている必要があります。


DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト全般の話については、以下の記事を参照してください。
  DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト


DTCP-IP対応DLNAクライアントソフトとしては、以下の3つの製品があります。
サイバーリンク SoftDMA 2
アスク       DiXiM Digital TV Plus(在庫切れの場合はVectorからの購入をご検討ください)
サイバーリンク PowerDVD 14 Ultra

それぞれ特徴を持っています。比較については、以下の記事を参照してください。
  DTCP-IP対応DLNAクライアントソフトの比較


以降、各ソフトウェアで、バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJにムーブ/保存した
テレビ番組録画を視聴(再生)する手順について説明します。



2.1 バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJのテレビ番組録画を SoftDMA 2
  で視聴(再生)


(1) [スタート]⇒[すべてのプログラム]⇒[CyberLink SoftDMA]⇒[SoftDMA]の順に選んで
  クリックする。


SoftDMA 2 の起動

(2) SoftDMA 2 が起動し、DLNAサーバー一覧が表示される。
  バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ に該当するもの(下図赤枠で囲った部分)
  をクリック。
140430_16

(3) [ビデオ](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140430_17

(4) [全てのビデオ](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140430_18

(5) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ上の動画が、テレビ録画番組とそうでないものが
  混在した形で表示される。下図では「東京都議会議員選挙 開票速報」(赤枠で囲った部分)
  のみがテレビ録画番組で、それ以外のコンテンツは Windowsのサンプル動画や、
  デジタルカメラで撮影した動画や、ネットワークカメラで撮影した動画や、
  インターネットからダウンロードした動画など、テレビの録画番組以外のコンテンツ。
  「東京都議会議員選挙 開票速報」をクリック。
140430_19

(6) 「東京都議会議員選挙 開票速報」が再生される。
IMG_1778

これ以降の詳細な手順については、DLNAサーバーが NAS 以外の場合であっても同じなので、
以下の記事を参照してください。
  SoftDMA 2 の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-



2.2 バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ上のテレビ番組録画を
  DiXiM Digital TV plus で視聴(再生)


(1) インストール時に生成された DiXiM Digital TV plus のショートカットアイコンを
  クリックするか、 
130419_06.png 

または、[スタート]⇒[すべてのプログラム]⇒[DiXiM Digital TV plus]⇒
[DiXiM Digital TV plus]の順にクリック。

130815_02

(2) DiXiM Digital TV plus が起動し、DLNAサーバー一覧が表示される。


  (注)DiXiM Digital TV plus の初期設定では、起動直後は、全てのコンテンツが表示
    されるようになっています。しかし、私としてはそれでは使いにくいので、
    起動直後は DLNAサーバー一覧が表示されるように設定を変更しています。
    設定の変更方法については、
     DiXiM Digital TV plus の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
     の「2.DiXiM Digital TV plus の起動」の備考
    を参照してください。

  バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJに該当するもの(下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140430_20

(3) [ビデオ](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140430_21

(4) [全てのビデオ](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140430_22

(5) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ上の動画が、テレビ録画番組とそうでないものが
  混在した形で表示される。下図では「東京都議会議員選挙 開票速報」(赤枠で囲った部分)
  がテレビ録画番組で、それ以外のコンテンツは Windowsのサンプル動画や、
  デジタルカメラで撮影した動画や、ネットワークカメラで撮影した動画や、
  インターネットからダウンロードした動画など、テレビの録画番組以外のコンテンツ。
  「東京都議会議員選挙 開票速報」をクリック。
140430_23

(6) 「東京都議会議員選挙 開票速報」が再生される。
IMG_1780

これ以降の詳細な手順については、DLNAサーバーが NAS 以外の場合であっても同じなので、
以下の記事を参照してください。
  DiXiM Digital TV plus の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-



2.3 バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ上のテレビ番組録画を
  PowerDVD 14 Ultra で視聴(再生)


(1) デスクトップ上の [CyberLink PowerDVD 14]のアイコンをクリックするか、
140426_02

  [スタート]ボタン → [すべてのプログラム] → [CyberLink PowerDVD 14] →
  [CyberLink PowerDVD 14] の順にクリック。
 
140426_03

(3) DLNAサーバー一覧が表示される。
  バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJに該当するもの(下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140430_24

(4) [ビデオ](下図赤枠で囲った部分)をダブルクリック。
140430_25

(5) [全てのビデオ](下図赤枠で囲った部分)をダブルクリック。
140430_26

(6) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ上の動画が、テレビ録画番組とそうでないものが
  混在した形で表示される。下図では「東京都議会議員選挙 開票速報」(赤枠で囲った部分)
  がテレビ録画番組で、それ以外のコンテンツは Windowsのサンプル動画や、
  デジタルカメラで撮影した動画や、ネットワークカメラで撮影した動画や、
  インターネットからダウンロードした動画など、テレビの録画番組以外のコンテンツ。
  「東京都議会議員選挙 開票速報」をダブルクリック。
140430_27

(7) 「東京都議会議員選挙 開票速報」が再生される。
IMG_1781

これ以降の詳細な手順については、DLNAサーバーが NAS 以外の場合であっても同じなので、
以下の記事を参照してください。
  PowerDVD 14 Ultra の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-



関連商品の紹介ページ
[バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ]


[ SoftDMA 2 ]
サイバーリンク公式オンラインストア

[ DiXiM Digital TV plus ]
(Amazonから購入)             (Vectorから購入)
ダウンロード版     パッケージ版   ダウンロード版
   
※Amazonのほうが安価ですが、在庫切れになっていることが多いです。
  Amazonが在庫切れの場合は Vectorからの購入をご検討ください。


[ PowerDVD 14 Ultra ]
サイバーリンク


LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ 関連の記事一覧
(1) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ 購入
(2) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ セットアップ
(3) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ Webアクセス機能
(4) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ 共有フォルダーの作成方法
(5) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ テレビ番組録画のムーブ
(6) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ DLNAサーバー機能
(7) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ FTPサーバー機能
(8) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ バックアップ機能
(9) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ から、他の機器へ、録画した地デジ番組をムーブ
(10) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ のWebアクセス機能(各種ファイル形式)
(11) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:iPhoneからファイル参照(Web Access i 使用)
(12) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ からiPhoneにファイルをダウンロード(WebAccess i 使用)
(13) iPhone上の写真/動画をLS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJに自動アップロード(WebAccess i 使用)
(14) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ上のファイルをiPhoneから操作(WebAccess i 使用)
(15) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:iTunesサーバー機能
(16) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:PC連動電源機能

(17) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:タイマーON/OFF機能
(18) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:ダイレクトコピー機能
(19) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJにムーブしたテレビ番組録画をパソコンで視聴

DLNAソフトウェア一般論/製品比較の記事一覧
(1) DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト
(2) 音声切替
(3) DTCP-IP対応DLNAクライアントソフトの比較
(4) 動画再生ソフトの比較
(5) 各DLNAクライアントソフトで再生できたコンテンツ/再生できなかったコンテンツ
(6) DTCP-IP対応DLNAクライアントソフトウェアの字幕表示機能
(7) IODATA LANDISK HDL-A2.0にムーブしたテレビ番組録画をパソコンで視聴
(8) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJにムーブしたテレビ番組録画をパソコンで視聴
(9) DTCP-IP対応DLNAサーバーになれる機器
(10) DTCP-IP対応DLNAクライアントになれる機器/ソフトウェア
(11) DLNAサーバーになれる機器(テレビ番組以外のコンテンツについて)
(12) DLNAクライアントになれる機器/ソフトウェア(テレビ番組以外のコンテンツについて)
(13) DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト導入時のネットワーク構成

LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:ダイレクトコピー機能

NAS製品 バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ および LS-V1.0TLJ 
 
の「ダイレクトコピー機能」について説明します。

※下記の説明は直接には LS-V2.0TLJのものですが、LS-V1.0TLJでも同様です。


ダイレクトコピー機能とは、LS-V2.0TLJにUSB機器を接続して、パソコンを使わず、
直接LS-V2.0TLJに動画・音楽・画像データをコピーする機能のことです。


※NAS製品 IODATA LANDISK HDL-A2.0 にも同等の機能があります。
 以下の記事を参照してください。
  ・IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.4 クイックコピー-


1.再度この内容の記事を書く理由について


ダイレクトコピーについては、以下の記事にも少し書きました。
 ・バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ バックアップ機能
  


しかし、LS-VLシリーズの特長を説明したページにも記載があるので(そのため、
バッファロー社としては、LS-VLシリーズの重要機能の1つと考えていると思えたので)
少し詳しく説明しておくことにしました。



2.バッファロー社による説明ページ


ダイレクトコピー機能の概要は、以下のURLに記載されています。
 http://buffalo.jp/product/hdd/network/ls-vl/#feature
 ※このページが、LS-VLシリーズの特長を説明したページです。
  このページの、
    デジカメなどからワンプッシュで転送「ダイレクトコピー機能」
  の部分が本機能に該当します。


ダイレクトコピー機能の少し詳細な説明、および、設定手順は、
LS-VLシリーズのマニュアルのページから、
http://buffalo.jp/download/manual/l/lsvl.html
→LinkStation設定ガイド
→データをバックアップしたい
→ダイレクトコピー機能を使いたい
の順にクリックして出てくるページに記載されています。



3.私のほうでの検証結果


私のほうで実際に、ダイレクトコピー機能を検証してみました。
結論から言えば、期待通り、正常に動作しました。



3.1 ダイレクトコピーでの転送手順


(1) 通常、LS-V2.0TLJのファンクションスイッチ(下図赤枠で囲った部分。ボタン式のスイッチ、
  かつ、ランプになっている)は消灯した状態になっている。
  ※下図は、LS-V2.0TLJを前面から見た写真です。
   LS-V2.0TLJのファンクションスイッチは、LS-V2.0TLJの前面にあります。
IMG0929

(2) LS-V2.0TLJに、デジタルカメラ Canon IXY 430F  を USBケーブルで接続し、
  電源をオンにする。
  ※下図は、LS-V2.0TLJを背面から見た写真です。
   LS-V2.0TLJのファンクションスイッチは、LS-V2.0TLJの背面にあります。
IMG0933


(3) LS-V2.0TLJのファンクションスイッチ(下図赤枠で囲った部分)が青色に点灯する。
IMG0931


  ※電源をオンにしていないデジタルカメラをUSBケーブルで接続した場合、
   接続した時点では、LS-V2.0TLJのファンクションスイッチは点灯しません。
   デジタルカメラの電源をオンにすると、点灯します。


  ※LS-V2.0TLJのファンクションスイッチは、何もしないと、約60秒後に消灯します。
   この60秒の間に、次の(4)の操作を行います。


(4) LS-V2.0TLJのファンクションスイッチが青色に点灯している間(約60秒間)に、
  そのスイッチを押す。


(5) LS-V2.0TLJのファンクションスイッチが青色の点滅を始める。
  ※この点滅の期間中に、デジタルカメラに保存されている、写真/動画が、
   LS-V2.0TLJに転送される。


(6) 転送が完了すると、LS-V2.0TLJのファンクションスイッチは、消灯する。


(7) デジタルカメラの電源をオフにして、デジタルカメラ、および、USBケーブルを
  LS-V2.0TLJから外す。



3.2 転送できたかどうかの確認


LS-V2.0TLJの初期設定では、共有フォルダ share配下に picuture というフォルダ(下図赤枠で
囲った部分)が生成され、
131227_01


その配下に転送を行った日付のフォルダが生成され、
131227_02


その配下にデジタルカメラに保存されている写真および動画が全て転送される。
131227_03


※今回、デジタルカメラには812個の写真を保存していましたが、812個すべて転送されました。
 上図赤枠で囲った部分がそれを示しています。


試しに一番最初の写真(IMG_0005.JPG)をダブルクリックすると、問題なく表示されました。
131227_04



Amazonでの関連商品紹介ページ

[バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ]


[バッファロー LinkStation LS-V1.0TLJ]
LS-V2.0TLJとの違いは容量のみ。1TBで十分な方はこちらをどうぞ。


楽天での関連商品紹介ページ
[バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ]


LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ 関連の記事一覧
(1) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ 購入
(2) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ セットアップ
(3) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ Webアクセス機能
(4) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ 共有フォルダーの作成方法
(5) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ テレビ番組録画のムーブ
(6) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ DLNAサーバー機能
(7) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ FTPサーバー機能
(8) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ バックアップ機能
(9) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ から、他の機器へ、録画した地デジ番組をムーブ
(10) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ のWebアクセス機能(各種ファイル形式)
(11) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:iPhoneからファイル参照(Web Access i 使用)
(12) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ からiPhoneにファイルをダウンロード(WebAccess i 使用)
(13) iPhone上の写真/動画をLS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJに自動アップロード(WebAccess i 使用)
(14) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ上のファイルをiPhoneから操作(WebAccess i 使用)
(15) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:iTunesサーバー機能
(16) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:PC連動電源機能

(17) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:タイマーON/OFF機能
(18) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:ダイレクトコピー機能
(19) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJにムーブしたテレビ番組録画をパソコンで視聴

LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:タイマーON/OFF機能

NAS製品 バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ および LS-V1.0TLJ 
 
の「タイマーON/OFF機能」について説明します。
※下記の説明は直接には LS-V2.0TLJのものですが、LS-V1.0TLJでも同様です。


タイマーON/OFF機能とは、設定した時間帯だけ、LS-V2.0TLJ の電源をオンにする機能のことです。
使う予定のない時間帯は、電源をオフにすることで、省電力を実現します。


タイマーON/OFF機能の概要は、以下のURLに記載されています。
 http://buffalo.jp/product/hdd/network/ls-vl/#feature
 ※LS-VLシリーズの特長を説明したページです。
  このページの「任意の時間だけ稼働させる電源ON/OFF機能」の部分が、
  本機能に該当します。


タイマーON/OFF機能の少し詳細な説明、および、設定手順は、
LS-VLシリーズのマニュアルのページ から、
→LinkStation設定ガイド
→LinkStationを管理したい
→タイマーON/OFF機能を使いたい
の順にクリックして出てくるページに記載されています。


私のほうで実際に、タイマーON/OFF機能を検証してみました。
結論から言えば、期待通り、正常に動作しました。
以降、詳細を説明します。



1.電源スイッチについて


タイマーON/OFF機能は、PC連動電源機能とは排他となっています。
そのため、タイマーON/OFF機能を使用する時は、LS-V2.0TLJの電源スイッチを(AUTOでは
なく)ONにしておきます。


※PC連動電源機能の意味、および、LS-V2.0TLJの電源スイッチの位置や、設定値の意味に
 ついて は、以下の記事を参照してください。
  ・ LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:PC連動電源機能    



2.設定手順


(1) [スタート]→[すべてのプログラム]→[BUFFALO]→[BUFFALO NAS NAvigator2]
  →[BUFFALO NAS Navigator2] をクリック。

131208_03


(2) NASNavigator2が起動する。
  LS-V2.0TLJ を示すホスト名(ここでは LS-VC75。下図赤枠で囲った部分)をクリック。
131208_04


(3) [Web設定を開く]をクリック。
131208_05


(4) ユーザー名とパスワード(初期値のままなら、各々 admin と password)を入力し、
  [ログイン]をクリック。
131208_06


(5) [システム](下図黄色枠で囲った部分)をクリック。
131223_11


(6) [電源管理](下図緑枠で囲った部分)をクリック。
131223_12


(7) [タイマーON/OFF](下図緑枠で囲った部分)をクリック。
131223_13


(8) 下図のような表示となる。
  タイマーは、「タイマー1」「タイマー2」「タイマー3」の3つを指定することができる。
  下図では、現在の設定値(タイマーを使用していなこと)が表示されている。
131223_14


(9) スクロールして、画面の下のほうを表示する。
  [設定変更]ボタン(下図赤枠で囲った部分)が出てくるので、これをクリック。
131223_15


(10) 以下のように、タイマー1の設定画面となる。
131223_16


(11) まず、タイマー1の設定をする。
  [使用しない]、[毎日]、[毎週]のうちのどれかが選べるようになっている。
  ここでは、[毎日](下図赤枠で囲った部分)を選択する。
131223_17


(12) 起動時刻を 18:45 とする。(この時、現時刻は 18:30)
131223_18


(13) 終了時刻を 19:00 とする。
131223_19


(14) タイマー2も設定する。
  [毎日]を指定し、起動時刻を 18:45、終了時刻を 19:00 とする。(下図緑枠で囲った部分)
131223_20

  [保存](上図赤枠で囲った部分)をクリック。


(15) 保存されると、タイマーON/OFFの設定内容が表示される。
131223_21


(16) [ログアウト](下図黄色枠で囲った部分)をクリックして、LS-V2.0TLJの設定画面から
  ログアウトする。
131223_22


これで、タイマーON/OFF設定は完了。



3.実行結果


(1) 元々、LS-V2.0TLJが起動している時点から始めているため、
  タイマー1での起動時刻 18:45 には何も発生せず。
  この時、LS-V2.0TLJ のステータスランプは青色点灯。(電源オン)
1


(2) タイマー1での終了時刻 19:00 については、
  LS-V2.0TLJ のステータスランプが、19:00 20秒 ~ 約30秒間ほど青色点滅した後、
  消灯。以下の図は、LS-V2.0TLJの ステータスランプが消灯している時のもの。
2


  ※ステータスランプ青色点滅は、起動中または終了中を示す。
   ステータスランプ消灯は、電源オフを示す。


(3) タイマー2での起動時刻 19:15 については、
  LS-V2.0TLJ のステータスランプが、19:15 8秒 ~ 約1分20秒間ほど青色点滅した後、
  青色点灯(電源オン)。
  以下の図は、LS-V2.0TLJの ステータスランプが青色点灯している時のもの。
1


(4) タイマー2での終了時刻 19:30 については、
  LS-V2.0TLJ のステータスランプが、19:30 20秒 ~ 約30秒間ほど青色点滅した後、
  消灯。以下の図は、LS-V2.0TLJの ステータスランプが消灯している時のもの。
2


→タイマーON/OFF機能は、設定通りに動作したと言えると思います。



4.元の状態への戻し方


冒頭で示した LS-VLシリーズのマニュアルによれば、電源スイッチをAUTOの状態にすれば、
電源オンの状態に移行するようです。


私自身は、電源スイッチがAUTOの状態(PC連動電源機能が有効の状態)で使用する気はない
ので、電源スイッチをAUTOにした後、すぐONに戻しました。その方法でも、LS-V2.0TLJの
電源はオンになりました。


※LS-V2.0TLJの電源スイッチが AUTOになっている状態、ONになっている状態がどのような
 ものであるかは、以下の記事中の写真を参照してください。
  ・ LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:PC連動電源機能

その後、タイマーON/OFF機能を[使用しない]状態に戻しました。


手順として書くと以下のようになります。


(1) LS-V2.0TLJの電源スイッチを、一旦AUTOにして、ONに戻す。
  →数十秒待ったが、これで、LS-V2.0TLJは電源オンになった。


(2) 2の要領で、NAS Navigator2 から、LS-V2.0TLJの設定画面を開き、
  タイマーON/OFF機能を、タイマー1/タイマー2とも、[使用しない]に戻して、
  その設定を[保存]する。



Amazonでの関連商品紹介ページ

[バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ]


[バッファロー LinkStation LS-V1.0TLJ]
LS-V2.0TLJとの違いは容量のみ。1TBで十分な方はこちらをどうぞ。



楽天での関連商品紹介ページ
[バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ]


LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ 関連の記事一覧
(1) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ 購入
(2) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ セットアップ
(3) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ Webアクセス機能
(4) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ 共有フォルダーの作成方法
(5) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ テレビ番組録画のムーブ
(6) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ DLNAサーバー機能
(7) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ FTPサーバー機能
(8) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ バックアップ機能
(9) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ から、他の機器へ、録画した地デジ番組をムーブ
(10) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ のWebアクセス機能(各種ファイル形式)
(11) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:iPhoneからファイル参照(Web Access i 使用)
(12) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ からiPhoneにファイルをダウンロード(WebAccess i 使用)
(13) iPhone上の写真/動画をLS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJに自動アップロード(WebAccess i 使用)
(14) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ上のファイルをiPhoneから操作(WebAccess i 使用)
(15) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:iTunesサーバー機能
(16) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:PC連動電源機能

(17) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:タイマーON/OFF機能
(18) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:ダイレクトコピー機能
(19) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJにムーブしたテレビ番組録画をパソコンで視聴

LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:PC連動電源機能

NAS製品 バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ および LS-V1.0TLJ 
 
の「PC連動電源機能」について説明します。
※下記の説明は直接には LS-V2.0TLJのものですが、LS-V1.0TLJでも同様です。


PC連動電源機能とは、NAS Navigator2をインストールしたパソコン本体の電源ON/OFFに
合わせて、LS-V2.0TLJ の電源が自動的に ON/OFF する機能のことです。


PC連動電源機能の概要は、以下のURLに記載されています。
 http://buffalo.jp/product/hdd/network/ls-vl/#feature
 ※LS-VLシリーズの特長を説明したページです。
  このページの「パソコンに合わせて自動起動&シャットダウンで省エネ」の部分が、
  本機能に該当します。


PC連動電源機能の少し詳細な説明、および、設定手順は、
LS-VLシリーズのマニュアルのページから、「はじめにお読みください 2版」をクリックして
出てくるページに記載されています。
※このマニュアルの1ページ目の下のほうの「PC連動電源機能」がその説明です。
 ステータスランプ(電源がONかOFFかを見分けるランプ)、および、電源スイッチの説明は、
 1ページ目の中ほどに記載されています。


私のほうで実際に、PC連動電源機能を検証してみました。
結論から言えば、期待通り、正常に動作しました。
以降、詳細を説明します。



1.最初の状態
1.1 LS-V2.0TLJ のステータスランプ


最初は、パソコンも、LS-V2.0TLJも、電源ON の状態です。
この時、LS-V2.0TLJのステータスランプは、下図(LS-V2.0TLJを前面から見たところ)のように
青色に点灯しています。
IMG_1461


※LS-V2.0TLJのステータスランプの青色点灯は、LS-V2.0TLJの電源がオンになっていることを
 意味しています。



1.2 LS-V2.0TLJ の電源スイッチ


私は通常、下図(LS-V2.0TLJを背面から見たところ)のように電源スイッチはONの状態で使用し
ています。
IMG_1455_1


見ずらいと思うので、拡大すると以下のとおりです。
IMG_1455_2



2.PC連動電源機能を有効にする


PC連動電源機能を有効にするには、LS-V2.0TLJの電源スイッチを AUTO の状態にすればよい。
下図は、電源スイッチを AUTO に変更した状態。
IMG_1459


この時、LS-V2.0TLJのステータスランプは、青色に点灯したまま。



3.パソコンの電源をオフにする


PC連動電源機能を有効にした状態で、パソコンの電源をオフにすると、
パソコンの電源がオフになってから、3分20秒後に、
LS-V2.0TLJ のステータスランプが、30秒青色点滅した後、消灯した。
下図はステータスランプが消灯した状態。
IMG_1460


※LS-V2.0TLJのステータスランプの、青色点滅は、起動中または終了中を意味する。
 LS-V2.0TLJのステータスランプの、消灯は、LS-V2.0TLJの電源オフを意味する。


仕様としては、LS-V2.0TLJと同じネットワークに接続されている、
 NAS Navigator2 がインストールされた全てのパソコンの電源がオフになると、
 LS-V2.0TLJ の電源もオフになります。

 現在、私の家の環境では、NAS Navigator2 をインストールしたパソコンは1台しかないので、
 この1台を電源オフにすると、LS-V2.0TLJの電源もオフになります。


→電源オフに関して、PCとの電源連動が成功しました。



4.パソコンの電源をオンにする


パソコンの電源を再度オンにすると、
パソコンの電源がオンになってから、20秒後に、
LS-V2.0TLJ のステータスランプが、1分20秒青色点滅した後、点灯した。
下図はステータスランプが点灯した状態。
IMG_1461


→電源オンに関しても、PCとの電源連動が成功しました。



Amazonでの関連商品紹介ページ

[バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ]


[バッファロー LinkStation LS-V1.0TLJ]
LS-V2.0TLJとの違いは容量のみ。1TBで十分な方はこちらをどうぞ。


楽天での関連商品紹介ページ
[バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ]


LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ 関連の記事一覧
(1) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ 購入
(2) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ セットアップ
(3) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ Webアクセス機能
(4) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ 共有フォルダーの作成方法
(5) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ テレビ番組録画のムーブ
(6) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ DLNAサーバー機能
(7) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ FTPサーバー機能
(8) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ バックアップ機能
(9) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ から、他の機器へ、録画した地デジ番組をムーブ
(10) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ のWebアクセス機能(各種ファイル形式)
(11) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:iPhoneからファイル参照(Web Access i 使用)
(12) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ からiPhoneにファイルをダウンロード(WebAccess i 使用)
(13) iPhone上の写真/動画をLS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJに自動アップロード(WebAccess i 使用)
(14) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ上のファイルをiPhoneから操作(WebAccess i 使用)
(15) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:iTunesサーバー機能
(16) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:PC連動電源機能

(17) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:タイマーON/OFF機能
(18) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:ダイレクトコピー機能
(19) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJにムーブしたテレビ番組録画をパソコンで視聴

LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:iTunesサーバー機能

NAS製品 バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ および LS-V1.0TLJ 
 
の「iTunesサーバー機能」について説明します。


※下記の説明は直接には LS-V2.0TLJ のものですが、LS-V1.0TLJ でも同様です。


iTunesサーバー機能とは、LS-V2.0TLJ に保存した音楽ファイルを、LANにつながった
パソコンのiTunesが自動的に発見し、再生する機能のことです。


対応フォーマットは、音声データ(MP3/MP4A/MP4P)です。


iTunesサーバー機能の概要は、LS-VLシリーズの特長を説明したページに記載されています。


iTunesサーバー機能の設定手順は、LS-VLシリーズのマニュアルのページから、
→LinkStation設定ガイド
→メディアサーバー機能を使いたい
→iTunesサーバーとして使いたい
とたどると出てきます。


以降、実際に私のほうで、iTunesサーバー機能を、検証してみた結果を示します。
※結果はもちろん成功です。



1.検証に使用した音楽ファイル


Windows 7 にサンプルミュージックとして含まれている、Kalimba.mp3 を使用した。
以下のように、LS-V2.0TLJ の share\music 配下 に置いた。
131208_01


この音楽ファイルの詳細な情報は以下のとおり。
 ファイル名      :Kalimba.mp3
 タイトル       :Kalimba
 参加アーティスト   :Mr.Scruff
 アルバムのアーティスト:Mr.Scruff
 アルバム名      :Ninja Tuna


ファイル名以外の情報は、上記のファイルを右クリックし、[プロパティ]→[詳細]を
クリックすると以下のように出てくる。
131208_02



2.LS-V2.0TLJ への設定


(1) [スタート]→[すべてのプログラム]→[BUFFALO]→[BUFFALO NAS NAvigator2]
  →[BUFFALO NAS Navigator2] をクリック。
131208_03


(2) NASNavigator2が起動する。
  LS-V2.0TLJ を示すホスト名(ここでは LS-VC75。下図赤枠で囲った部分)をクリック。
131208_04


(3) [Web設定を開く]をクリック。
131208_05


(4) ユーザー名とパスワード(初期値のままなら、各々 admin と password)を入力し、
  [ログイン]をクリック。
131208_06


(5) [その他](下図黄色枠で囲った部分)をクリックし、
  [メディアサーバー](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
131208_08


(6) 出てきた画面を少ししたにずらすと、
  iTunesサーバーというカテゴリ(下図黄色枠で囲った部分)が出てくる。
  この中の[設定項目]をクリック。
131208_09


  小さくて見づらいので、拡大すると以下のようになっている。
131208_10


(7) [iTunesサーバー]としては、[使用する](下図赤枠で囲った部分)を選択し、
  [公開フォルダー]としては、[share/music](下図緑枠で囲った部分)を選択し、
  [保存](下図紫枠で囲った部分)をクリック。
131208_11


  以上で、LS-V2.0TLJ への設定は完了。



3.iTunes で LS-V2.0TLJ上の音楽を再生


(1) [スタート]→[すべてのプログラム]→[iTunes]→[iTunes]をクリック。
131208_12


(2) iTunesが認識している曲あるいはアーティストなどの一覧が表示される。
  ここでは、曲一覧が表示されている。
  ただし、ここで表示されている曲一覧は、このパソコン上にほぞされているものであり、
  他のホストに保存されているものは含まれていない。

  [ミュージック](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
131208_14


(3) 共有ライブラリ配下の LS-V2.0TLJのホスト名(ここでは、LS-VLC75。下図赤枠で囲った部分)
  をクリック。
131208_15


(4) [Ninja Tuna Mr.Scruf]というフォルダ(下図赤枠で囲った部分)が出てくる。
  Ninja Tuna は、LS-V2.0TLJ 配下に置いた音楽ファイルのアルバム名、
  Mr.Scruff は、LS-V2.0TLJ 配下に置いた音楽ファイルのアーティスト名である。

  →LS-V2.0TLJ 配下に置いた音楽ファイルが、LS-V2.0TLJの「iTunesサーバー機能」で、
   iTunes に認識されたようである。


  このフォルダをクリック。
131208_16


(5) 音楽ファイルの曲名[Kalimba]が表示される。これをダブルクリック。
131208_17


(6) 音楽[Kalimba]が再生される。
131208_18



Amazonでの関連商品紹介ページ

[バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ]


[バッファロー LinkStation LS-V1.0TLJ]
LS-V2.0TLJとの違いは容量のみ。1TBで十分な方はこちらをどうぞ。


楽天での関連商品紹介ページ
[バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ]


LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ 関連の記事一覧
(1) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ 購入
(2) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ セットアップ
(3) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ Webアクセス機能
(4) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ 共有フォルダーの作成方法
(5) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ テレビ番組録画のムーブ
(6) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ DLNAサーバー機能
(7) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ FTPサーバー機能
(8) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ バックアップ機能
(9) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ から、他の機器へ、録画した地デジ番組をムーブ
(10) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ のWebアクセス機能(各種ファイル形式)
(11) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:iPhoneからファイル参照(Web Access i 使用)
(12) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ からiPhoneにファイルをダウンロード(WebAccess i 使用)
(13) iPhone上の写真/動画をLS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJに自動アップロード(WebAccess i 使用)
(14) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ上のファイルをiPhoneから操作(WebAccess i 使用)
(15) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:iTunesサーバー機能
(16) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:PC連動電源機能

(17) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:タイマーON/OFF機能

(18) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:ダイレクトコピー機能
(19) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJにムーブしたテレビ番組録画をパソコンで視聴
カテゴリー
ブログ内検索
DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト
ソニー nasne
nasne 1TBモデル


nasne 500GBモデル


2015.3.20現在、500GBモデルより1TBモデルのほうが安くなっています。この状況であれば1TBモデルを買ったほうが良いです。
NAS
バッファロー LinkStation LS410D0201C

転送速度:100MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇


転送速度
 リード:58MB/s
 ライト:63MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇

ネットワークカメラ
IODATA製 Qwatch TS-WPTCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:〇
暗視:〇
高機能にして割安。

IODATA製 Qwatch TS-WLC2

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇
マイク・スピーカー内蔵。

IODATA製 Qwatch TS-WLCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
安価で簡単。はじめての人におすすめ。

PLANEX製 カメラ一発! CS-W60HD

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX製 カメラ一発! CS-W06N

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX スマカメ CS-QR10

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
スマホ専用のカメラです。

Tenvis製 JPT3815W


無線LAN:〇
接続設定簡単化:×
パン・チルト:〇
暗視:〇
外国製。マニュアルは英文(一部和訳あり)、かつ、あまり詳しいことは書かれていない。サポートは英文メールのみ。その分価格が安い。
SDカード
SDカードは、デジカメ、ネットワークカメラ、パソコンなどで利用できる場合があります。SDカードの選び方に関しては、以下の記事を参照してください。
SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方
  • ライブドアブログ