ホームネットワーク構築方法

当ブログでは、家庭内のパソコン,プリンター,テレビ,レコーダー,NAS,ネットワークカメラなどをLANで接続してホームネットワーク(家庭内LAN)を構築し、それらを連携させて活用する方法を紹介しています。この記事では「HDL-A2.0」の使用方法や設定方法について詳しく説明いたします。

HDL-A2.0

IODATA LANDISK HDL-A2.0にムーブしたテレビ番組録画をパソコンで視聴

NAS上のテレビ番組録画を、パソコン上のDTCP-IP対応DLNAクライアントソフトで視聴(再生)する
方法を、直接的には記事にしていなかったので、そのことについて記載します。


この記事では、IODATA LANDISK HDL-A2.0 にムーブ(ダビング)したテレビ番組録画を、
パソコン上のDTCP-IP対応DLNAクライアントソフトで視聴(再生)する方法について記載します。



1.テレビからNASへの録画番組のムーブ(ダビング)


録画機能を持っているどのテレビ/レコーダーでも、録画番組をムーブ(ダビング)できるわけ
ではありません。機種が限られています。


東芝製のテレビ(東芝 REGZA)には、これが可能な機種が多いです。
東芝 REGZA のどの機種で可能であるのかについては、以下の記事を参照してください。
  東芝 REGZA 購入機種の選定


東芝 REGZA から、NAS にムーブ(ダビング)する手順については、
以下の記事を参照してください。
  東芝 REGZA 32J7 録画した地デジ番組をNASにムーブ



2.IODATA LANDISK HDL-A2.0にムーブしたテレビ番組録画を
  パソコンで視聴(再生)


IODATA LANDISK HDL-A2.0にムーブしたテレビ番組録画をパソコンで視聴するには、
パソコン上に DTCP-IP対応DLNAクライアントソフトがインストールされている必要
があります。


DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト全般の話については、以下の記事を参照してください。
  DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト


DTCP-IP対応DLNAクライアントソフトとしては、以下の3つの製品があります。
サイバーリンク SoftDMA 2
アスク       DiXiM Digital TV Plus(在庫切れの場合はVectorからの購入をご検討ください)
サイバーリンク PowerDVD 14 Ultra

それぞれ特徴を持っています。比較については、以下の記事を参照してください。
  DTCP-IP対応DLNAクライアントソフトの比較


以降、各ソフトウェアで、IODATA LANDISK HDL-A2.0にムーブ/保存したテレビ番組録画を
視聴(再生)する手順について説明します。



2.1 IODATA LANDISK HDL-A2.0上のテレビ番組録画を SoftDMA 2 で視聴(再生)


(1) [スタート]⇒[すべてのプログラム]⇒[CyberLink SoftDMA]⇒[SoftDMA]の順に選んで
  クリックする。


SoftDMA 2 の起動

(2) SoftDMA 2 が起動し、DLNAサーバー一覧が表示される。
  IODATA LANDISK HDL-A2.0 に該当するもの(下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140430_01

(3) [Video](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140430_02

(4) [All Video](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140430_03

(5) IODATA LANDISK HDL-A2.0上の動画が、テレビ録画番組とそうでないものが混在した
  形で表示される。下図では、赤枠で囲ったコンテンツ(行列ができる法律相談所×2本と
  ニュース)がテレビ録画番組で、それ以外のコンテンツは Windowsのサンプル動画や、
  デジタルカメラで撮影した動画や、ネットワークカメラで撮影した動画や、
  インターネットからダウンロードした動画など、テレビの録画番組以外のコンテンツ。
  ここでは、一番上の「行率のできる法律相談所」をクリック。
140430_04

(6) 「行列のできる法律相談所」が再生される。
IMG_1775

これ以降の詳細な手順については、DLNAサーバーが NAS 以外の場合であっても同じなので、
以下の記事を参照してください。
  SoftDMA 2 の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-



2.2 IODATA LANDISK HDL-A2.0上のテレビ番組録画を DiXiM Digital TV plus
  で視聴(再生)


(1) インストール時に生成された DiXiM Digital TV plus のショートカットアイコンを
  クリックするか、 
130419_06.png 

または、[スタート]⇒[すべてのプログラム]⇒[DiXiM Digital TV plus]⇒
[DiXiM Digital TV plus]の順にクリック。

130815_02

(2) DiXiM Digital TV plus が起動し、DLNAサーバー一覧が表示される。

  (注)DiXiM Digital TV plus の初期設定では、起動直後は、全てのコンテンツが表示
    されるようになっています。しかし、私としてはそれでは使いにくいので、
    起動直後は DLNAサーバー一覧が表示されるように設定を変更しています。
    設定の変更方法については、
     DiXiM Digital TV plus の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
     の「2.DiXiM Digital TV plus の起動」の備考
    を参照してください。


  IODATA LANDISK HDL-A2.0 に該当するもの(下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140430_05

(3) [Video](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140430_06

(4) [All Video](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140430_07

(5) IODATA LANDISK HDL-A2.0上の動画が、テレビ録画番組とそうでないものが混在した
  形で表示される。下図では、赤枠で囲ったコンテンツ(行列ができる法律相談所×2本と
  ニュース)がテレビ録画番組で、それ以外のコンテンツは Windowsのサンプル動画や、
  デジタルカメラで撮影した動画や、ネットワークカメラで撮影した動画や、
  インターネットからダウンロードした動画など、テレビの録画番組以外のコンテンツ。
  ここでは、一番上の「ニュース」をクリック。
140430_08

(6) 「ニュース」が再生される。
IMG_1776

これ以降の詳細な手順については、DLNAサーバーが NAS 以外の場合であっても同じなので、
以下の記事を参照してください。
  DiXiM Digital TV plus の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-



2.3 IODATA LANDISK HDL-A2.0上のテレビ番組録画を PowerDVD 14 Ultra
  で視聴(再生)


(1) デスクトップ上の [CyberLink PowerDVD 14]のアイコンをクリックするか、
140426_02

  [スタート]ボタン → [すべてのプログラム] → [CyberLink PowerDVD 14] →
  [CyberLink PowerDVD 14] の順にクリック。
 
140426_03

(2) [ホームメディア(DLNA)](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140430_12

(3) DLNAサーバー一覧が表示される。
  IODATA LANDISK HDL-A2.0 に該当するもの(下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140430_13

(4) [Video](下図赤枠で囲った部分)をダブルクリック。
140430_10

(5) [All Video](下図赤枠で囲った部分)をダブルクリック。
140430_14

(6) IODATA LANDISK HDL-A2.0上の動画が、テレビ録画番組とそうでないものが混在した
  形で表示される。下図では、赤枠で囲ったコンテンツ(行列ができる法律相談所×2本と
  ニュース)がテレビ録画番組で、それ以外のコンテンツは Windowsのサンプル動画や、
  デジタルカメラで撮影した動画や、ネットワークカメラで撮影した動画や、
  インターネットからダウンロードした動画など、テレビの録画番組以外のコンテンツ。
  ここでは、一番上の「ニュース」をダブルクリック。
140430_11

(7) 「ニュース」が再生される。
IMG_1777

これ以降の詳細な手順については、DLNAサーバーが NAS 以外の場合であっても同じなので、
以下の記事を参照してください。
  PowerDVD 14 Ultra の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-



関連商品の紹介ページ
[IODATA LANDISK HDL-A2.0]
    

[ SoftDMA 2 ]

サイバーリンク公式オンラインストア

[ DiXiM Digital TV plus ]
(Amazonから購入)             (Vectorから購入)
ダウンロード版     パッケージ版   ダウンロード版
   
※Amazonのほうが安価ですが、在庫切れになっていることが多いです。
  Amazonが在庫切れの場合は Vectorからの購入をご検討ください。


[ PowerDVD 14 Ultra ]
サイバーリンク


IODATA LANDISK HDL-A2.0 関連の記事一覧
(1) IODATA製のNAS(Network Attached Storage) HDL-A2.0 を購入
(2) IODATA LANDISK HDL-A2.0 の今後の動作確認予定
(3) IODATA LANDISK HDL-A2.0-2.セットアップ-
(4) IODATA LANDISK HDL-A2.0-3.番組をムーブする-
(5) IODATA LANDISK HDL-A2.0-4.共有フォルダーを使う-
(6) IODATA LANDISK HDL-A2.0-5.外出先から本製品にアクセスする(Remote Link 2)-
(7) IODATA LANDISK HDL-A2.0-6.1 バックアップに使用するハードディスクの選定-
(8) IODATA LANDISK HDL-A2.0-6.2 ハードディスクを増設する-
(9) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.1 バックアップ-
(10) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.2 ネットワークバックアップ-
(11) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.3 デジカメコピー-
(12) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.4 クイックコピー-
(13) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.5 Sync with-
(14) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.6 EasySaver LE-
(15) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.7 バックアップ、ネットワークバックアップ、Sync with、EasySaver LEの使い分け-
(16) IODATA LANDISK HDL-A2.0-8.DLNAサーバー機能を利用する-
(17) IODATA LANDISK HDL-A2.0-11.Dropboxと同期する-
(18) IODATA LANDISK HDL-A2.0-12.FTP共有-
(19) IODATA LANDISK HDL-A2.0から、他の機器へ、録画した地デジ番組をムーブ
(20) HDL-A2.0のリモートリンク2の機能(iPhone、各種ファイル形式)
(21) HDL-A2.0にnet.USB機能で地デジチューナーを接続
(22) 東芝 REGZA から NAS にムーブ(ダビング)するのにかかる時間(無線LAN環境)
(23) IODATA LANDISK HDL-A2.0にムーブしたテレビ番組録画をパソコンで視聴

DLNAソフトウェア一般論/製品比較の記事一覧
(1) DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト
(2) 音声切替
(3) DTCP-IP対応DLNAクライアントソフトの比較
(4) 動画再生ソフトの比較
(5) 各DLNAクライアントソフトで再生できたコンテンツ/再生できなかったコンテンツ
(6) DTCP-IP対応DLNAクライアントソフトウェアの字幕表示機能
(7) IODATA LANDISK HDL-A2.0にムーブしたテレビ番組録画をパソコンで視聴
(8) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJにムーブしたテレビ番組録画をパソコンで視聴
(9) DTCP-IP対応DLNAサーバーになれる機器
(10) DTCP-IP対応DLNAクライアントになれる機器/ソフトウェア
(11) DLNAサーバーになれる機器(テレビ番組以外のコンテンツについて)
(12) DLNAクライアントになれる機器/ソフトウェア(テレビ番組以外のコンテンツについて)
(13) DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト導入時のネットワーク構成

東芝製テレビ REGZA から NAS にムーブ(ダビング)するのにかかる時間(無線LAN環境)

東芝製テレビ REGZA のうち、NASに直接録画できる機種は?」において、
「ダビングに要する時間は、結構長い」という話をしました。


その時の測定値は、無線LANの環境でですが、8分29秒(680MB)の録画番組を
NAS にムーブするのに 1分50秒かかっていました。
転送速度に換算すると、680MB÷110秒= 6.2MB/s となります。


本日、やはり無線LAN環境でではありますが、もう少し大きい動画で、再度、
東芝 REGZA から NAS にムーブ(ダビング)するのにかかる時間を測定していました。

結果から言えば、無線LANの環境で、22分00秒(2.6GB)の録画番組を、
NAS にムーブするのに 6分50秒かかりました。
転送速度に換算すると、2600MB÷410秒= 6.3MB/s と、前回とほぼ同じ結果となりました。


IODATA LANDISK HDL-A2.0 と バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ の性能比較
 で示した、無線LANでのファイルの転送速度より少し遅いという結果です。
 ファイル転送の結果から推測すると、東芝 REGZA を有線LANで接続すれば、
 転送速度は大きく上がりそうな気がしますが、今回、そこまでは試していません。


今回は、測定環境や手順を、きちんと記録に残しておこうと思います。
以下、測定環境や手順の詳細です。



東芝 REGZA から NAS にムーブ(ダビング)するのにかかる時間
 (無線LAN環境)


1.測定環境


東芝 REGZA の機種              :東芝 REGZA 32J7 (*1)
東芝 REGZA に接続しているハードディスク:IODATA HDCA-UT2.0KC
NAS                          :IODATA LANDISK HDL-A2.0
無線LAN親機                   :バッファロー WZR-600DHP
パソコン                       :FUJITSU LIFEBOOK AH77/H
DTCP-IP DLNAクライアントソフト       :CyberLink SoftDMA 2


(*1) 東芝 REGZA 32J7 は在庫がなくなり販売終了となったようです。
   代行機種については、この記事の最後の[ 東芝 REGZA について ]を参照してください。


ネットワーク構成図

140209_04



2.ムーブ(ダビング)するのにかかる時間の計測手順


(1) 東芝 REGZA のリモコンの[録画リスト]を押す。
  東芝 REGZA に録画した番組の一覧が表示される。
  録画番組(ここでは[ニュース](下図赤枠で囲った部分))を選択して、
  リモコンの決定ボタンを押す。
IMG_1590


  ※上図黄色枠で囲った部分に示されているとおり、この番組は22分間の番組。


(2) 「1件ダビング」「複数ダビング」のどちらかを選ぶようになっている。
  ここでは、「1件ダビング」を選んで、リモコンの決定ボタンを押す。
IMG_1591


(3) ムーブ(ダビング)先を指定する画面となる。
  ここでは、[LANDISK-F24A87]を選んで、リモコンの決定ボタンを押す。
  ※LANDISK-F24A87 は、本環境における、IODATA LANDISK HDL-A2.0 のホスト名。
IMG_1592


(4) 「選択した番組をダビングしますか?」という問い合わせがでる。
  [はい](下図赤枠で囲った部分)を選択して、リモコンの決定ボタンを押す。
  この時点から、ムーブ(ダビング)にかかる時間の計測を開始する。
IMG_1594


(5) ムーブ(ダビング)を行っている間、テレビの画面右下に、
  ムーブ(ダビング)が何%進んだのかが表示される。(下図は8%まで進んだところ)
IMG_1596


(6) 何%進んだのかの表示が100%になった時点で、時間の計測を終了する。
  さらに、数秒後、100%進んだことを示す表示が自動的に消える。

この計測の結果、(4)~(6)までにかかった時間が、6分50秒(410秒)であった。



3.結果の確認


3.1 ムーブ(ダビング)した動画が見れるかどうかの確認


パソコン上から、DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト(今回は SoftDMA 2を使用)で、
NAS(IODATA LANDISK HDL-A2.0)にアクセスして、
ムーブ(ダビング)した動画が見れるかどうかを確認する。


注1. DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト全般については以下の記事を参照してください。
   ・DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト


注2. SoftDMA 2 の使い方については以下の記事を参照してください。
   ・SoftDMA 2 の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-


(1) 「SoftDMA 2 の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-」に記載した手順で、
  SoftDMA 2 を起動し、DLNAサーバーとして NAS(IODATA LANDISK HDL-A2.0)
  (本環境でのホスト名は LANDISK-F24A87)を選び、その配下の動画一覧を表示させる。

  2でムーブ(ダビング)した[ニュース](下図赤枠で囲った部分)が含まれていて、
  録画時間も予定通り 22分00秒であることが確認できる。

  この[ニュース](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140209_01


(2) ニュースが再生される。
IMG_1597

  これでムーブ(ダビング)した動画が問題なく再生できることが確認できた。



3.2 ムーブ(ダビング)した動画の容量の確認


東芝 REGZA 上にある段階では、動画の容量が分からない。
※東芝 REGZA では、動画の容量に関しては、残量が時間で表示されるのみ。
 録画する前後で、残量の差分を取れば、動画の容量を逆算することは可能かもしれないが、
 今回、そこまではやっていない。


転送速度を計算するには、動画の容量を知る必要があるので、
転送先である NAS( IODATA LANDISK HDL-A2.0 )のほうで、容量を確認する。

確認手順は以下のとおり。


(1) パソコン上で、「IODATA LANDISK HDL-A2.0-2.セットアップ-」の、
  ステップ2の(1)~(5)の方法で、IODATA LANDISK の管理画面を表示し、
  詳細設定画面を表示し、[コンテンツ操作](赤枠で囲った部分)をクリック。
140209_02


(2) [dlna](赤枠で囲った部分)をクリックし、
  [recoreded](緑枠で囲った部分)をクリック。
  →このNAS上に保存されている動画(録画された地デジ番組)が表示される。
   [ニュース]が保存されていて、容量は 2.6GB であることが確認できる。
   (下図黄色枠で囲った部分)
140209_03



3.3 転送速度の計算


2において、ムーブ(ダビング)にかかった時間が 6分50秒(410秒)であり、
3.2において、ムーブ(ダビング)した動画の大きさが 2.6GB(2600MB)であったので、
転送速度は、2600MB÷410秒= 6.3MB/s であったことが分かる。



[ 東芝 REGZA について ]
東芝 REGZA 32J7 は、在庫がなくなり販売終了となったようです。
もし東芝 REGZA を購入されるのでしたら、私としては、画面サイズ以外は、
東芝 REGZA 32J7 と全く同機能である東芝 REGZA 40J7 を推奨いたします。



東芝 REGZA 関連の記事一覧
(1) 東芝 REGZA 購入機種の選定
(2) 東芝 REGZA 32J7 ネットワーク設定
(3) 東芝 REGZA 32J7 USBハードディスクを接続
(4) 東芝 REGZA 32J7 録画した地デジ番組をNASにムーブ
(5) 東芝 REGZA 32J7 DLNAサーバー機能
(6) 東芝 REGZA 32J7 DLNAクライアント機能
(7) 東芝 REGZA 32J7 アクトビラの利用方法
(8) 東芝 REGZA 32J7 YouTubeの利用方法
(9) 東芝 REGZA のうち、NASに直接録画できる機種は?
(10) 東芝 REGZA の DMR機能について
(11) RZ見るナビ
(12) 東芝 REGZA 32J7 の字幕表示機能
(13) ソニー nasne(ナスネ):録画した番組を東芝 REGZA 32J7 を使用して再生
(14) 東芝 REGZA から NAS にムーブ(ダビング)するのにかかる時間(無線LAN環境)
(15) 東芝 REGZA から DiXiM BD Burner 2013 でPC上のBDにムーブ(ダビング)するのにかかる時間(無線LAN環境)

IODATA LANDISK HDL-A2.0 関連の記事一覧
(1) IODATA製のNAS(Network Attached Storage) HDL-A2.0 を購入
(2) IODATA LANDISK HDL-A2.0 の今後の動作確認予定
(3) IODATA LANDISK HDL-A2.0-2.セットアップ-
(4) IODATA LANDISK HDL-A2.0-3.番組をムーブする-
(5) IODATA LANDISK HDL-A2.0-4.共有フォルダーを使う-
(6) IODATA LANDISK HDL-A2.0-5.外出先から本製品にアクセスする(Remote Link 2)-
(7) IODATA LANDISK HDL-A2.0-6.1 バックアップに使用するハードディスクの選定-
(8) IODATA LANDISK HDL-A2.0-6.2 ハードディスクを増設する-
(9) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.1 バックアップ-
(10) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.2 ネットワークバックアップ-
(11) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.3 デジカメコピー-
(12) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.4 クイックコピー-
(13) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.5 Sync with-
(14) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.6 EasySaver LE-
(15) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.7 バックアップ、ネットワークバックアップ、Sync with、EasySaver LEの使い分け-
(16) IODATA LANDISK HDL-A2.0-8.DLNAサーバー機能を利用する-
(17) IODATA LANDISK HDL-A2.0-11.Dropboxと同期する-
(18) IODATA LANDISK HDL-A2.0-12.FTP共有-
(19) IODATA LANDISK HDL-A2.0から、他の機器へ、録画した地デジ番組をムーブ
(20) HDL-A2.0のリモートリンク2の機能(iPhone、各種ファイル形式)
(21) HDL-A2.0にnet.USB機能で地デジチューナーを接続
(22) 東芝 REGZA から NAS にムーブ(ダビング)するのにかかる時間(無線LAN環境)
(23) IODATA LANDISK HDL-A2.0にムーブしたテレビ番組録画をパソコンで視聴

HDL-A2.0にnet.USB機能で地デジチューナーを接続

NAS製品  IODATA LANDISK HDL-A2.0
 
は、「net.USB」という機能を持っています。

「net.USB」とは、HDL-A2.0に接続したUSB機器を、ネットワークで共有することができる
機能のことです。


net.USBには、以下のメリットがあります。
 ・ パソコンにUSB機器を接続する煩わしさがなくなる。
 ・ ネットワーク内のパソコンであれば、どのパソコンからでもそのUSB機器を使うことができる。

net.USBで共有が可能な機器は、以下のURLに記載されています。
http://www.iodata.jp/product/hdd/taiou/landisk_function.htm#list5


プリンター、スキャナー、ブルーレイ/DVDドライブ、TVキャプチャ(*1)が
net.USBで共有可能となっています。(機種はかなり限定されていますが)

(*1)「TVキャプチャ」のことを本ブログでは、「地デジチューナー」と呼んでいます。
  本記事でも、以降は、「地デジチューナー」と呼ぶことにします。


今回、HDL-A2.0に、net.USB機能で、地デジチューナー IODATA テレキング GV-MVP/FZ
 
を接続して、動作確認を行いました。

結果から言うと、期待通りに動作しました。


net.USBの使い方は、
HDL-Aシリーズ画面で見るマニュアル P102~P103 「USB機器を共有する(net.USB)」に
記載されていますが、実際に、私のほうで動作確認した結果の詳細を報告します。



1.USBポートのモ動作モードを net.USB に変更する


(1) 「4.共有フォルダーを使う」の4.1(1)~(2)の方法で、
  HDL-A2.0 の詳細設定画面を表示する。 


(2) [サービス](赤枠で囲った部分)をクリックし、
  [USBポート設定](緑枠で囲った部分)をクリックし、
  USB1 の [net.USB](黄色枠で囲った部分)にチェックを入れ、
  [確認する](紫枠で囲った部分)をクリックする。
131026_01

(3) 確認画面となる。[OK]をクリックする。
131026_02

(4) 「設定の変更が完了しました」というメッセージがでる。
  これで、USBポートの動作モードの変更は完了。
131026_03


2.net.USB をパソコンにインストールする


(1) Webブラウザで http://www.iodata.jp/lib/ を開く。
  検索文字列に「net.USB」と入力する。(赤枠で囲った部分)
  その下に「net.USBクライアント」と出力されるので、これをクリック(黄色枠で囲った部分)。
  [選択した製品のページを開く]をクリック。
131026_04


(2) net.USBクライアントのインストール画面が出てくる。
  インストール先のOSの種別をクリックする。(ここでは Windows 7 をクリック)
131026_05


(3) [ダウンロード]をクリック。
131026_06


(4) [実行]をクリック。
131026_07


(5) net.USBクライアントのインストール画面となる。
  [次へ]をクリック。
131026_08


(6) 以降は、net.USBクライアントのインストーラーの指示に従って入力を行い、
  net.USBクライアントのインストールを完了させる。



3.地デジチューナーを HDL-A2.0 に接続


(1) 上記1の(2)で net.USB を指定したUSBポート(ここでは USB1)に、
  地デジチューナー IODATA テレキング GV-MVP/FZ を接続する。

 [地デジチューナー接続前の状態]
 IMG_1116

 [地デジチューナー接続後の状態]
 IMG_1117

(2) 地デジチューナーをアンテナ線(最終的にはアンテナ)につなげる。



4.地デジチューナーと net.USB を利用してテレビを見る


(1) net.USB クライアントを起動する。
  [スタート]→[すべてのプログラム]→[I-O DATA]→[net.USB]→
  [net.USB クライアント]の順にクリック。
IMG_1118


(2) net.USBクライアントが起動する。
  「あなたが使用中です」と表示されていること(赤枠で囲った部分)、あるいは、
  接続ボタン(黄色枠で囲った部分)が暗くなっていること、あるいは、
  切断ボタン(黄緑枠で囲った部分)が明るくなっていることから、
  地デジチューナーは、既に、HDL-A2.0 に接続された状態になっていることが分かる。
IMG_1119

  ※もし、接続されていない状態であれば、
   デバイス名(この場合だと、GV-MVP/FZしかないが)の部分をクリックした後、
   接続ボタンをクリックする。


(3) mAgicTV Digital を起動する。
  [スタート]→[すべてのプログラム]→[I-O DATA]→[mAgicTVD]→[mAgicTV Digital]
  の順にクリック。
IMG_1120


(4) mAgicTV Digital が起動し、テレビ番組が映る。
  →地デジチューナー IODATA テレキング GV-MVP/FZ が期待通りに動作した。
IMG_1122



5.地デジチューナーを HDL-A2.0 から取り外す


(1) mAgicTV Digital の画面を、右上の×ボタンをクリックして閉じる。


(2) net.USBクライアントの画面において、切断ボタン(赤枠で囲った部分)をクリック。
IMG_1123


(3) 確認画面が出てくる。[はい]をクリック。
IMG_1124


(4) net.USBクライアントの画面において、
  状態が「使用できます」に変わり(赤枠で囲った部分)、
  接続ボタンが明るくなり(黄色枠で囲った部分)、
  切断ボタンが暗くなる(黄緑枠で囲った部分)。
  →パソコンと地デジチューナーが切断されたことを意味する。
IMG_1125


(5) HDL-A2.0の詳細設定画面において、
  USB取り外し(赤枠で囲った部分)にマウスのポインタを合わせると、
    [USB1取り外し]
    [USB2取り外し]
  というメニューがでてくる。
  [USB1取り外し]のほうをクリックする(黄色枠で囲った部分)。
IMG_1126


(6) 「usb1を取り外す準備ができました」というメッセージが出力される。
IMG_1127


(7) 地デジチューナーを HDL-A2.0 から取り外す。
  図は省略。



Amazonでの関連商品紹介サイト
[IODATA LANDISK HDL-A2.0]  [IODATA テレキング GV-MVP/FZ]
           


楽天での関連商品紹介サイト
[IODATA LANDISK HDL-A2.0]


[IODATA テレキング GV-MVP/FZ]


IODATA LANDISK HDL-A2.0 関連の記事一覧
(1) IODATA製のNAS(Network Attached Storage) HDL-A2.0 を購入
(2) IODATA LANDISK HDL-A2.0 の今後の動作確認予定
(3) IODATA LANDISK HDL-A2.0-2.セットアップ-
(4) IODATA LANDISK HDL-A2.0-3.番組をムーブする-
(5) IODATA LANDISK HDL-A2.0-4.共有フォルダーを使う-
(6) IODATA LANDISK HDL-A2.0-5.外出先から本製品にアクセスする(Remote Link 2)-
(7) IODATA LANDISK HDL-A2.0-6.1 バックアップに使用するハードディスクの選定-
(8) IODATA LANDISK HDL-A2.0-6.2 ハードディスクを増設する-
(9) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.1 バックアップ-
(10) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.2 ネットワークバックアップ-
(11) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.3 デジカメコピー-
(12) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.4 クイックコピー-
(13) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.5 Sync with-
(14) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.6 EasySaver LE-
(15) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.7 バックアップ、ネットワークバックアップ、Sync with、EasySaver LEの使い分け-
(16) IODATA LANDISK HDL-A2.0-8.DLNAサーバー機能を利用する-
(17) IODATA LANDISK HDL-A2.0-11.Dropboxと同期する-
(18) IODATA LANDISK HDL-A2.0-12.FTP共有-
(19) IODATA LANDISK HDL-A2.0から、他の機器へ、録画した地デジ番組をムーブ
(20) HDL-A2.0のリモートリンク2の機能(iPhone、各種ファイル形式)
(21) HDL-A2.0にnet.USB機能で地デジチューナーを接続
(22) 東芝 REGZA から NAS にムーブ(ダビング)するのにかかる時間(無線LAN環境)
(23) IODATA LANDISK HDL-A2.0にムーブしたテレビ番組録画をパソコンで視聴

IODATA テレキング GV-MVP/FZ 関連の記事
(1) IODATA テレキング GV-MVP/FZ:購入目的と外観
(2) IODATA テレキング GV-MVP/FZ:セットアップ
(3) IODATA テレキング GV-MVP/FZ:テレビを見る
(4) IODATA テレキング GV-MVP/FZ:録画予約と録画再生

(5) IODATA テレキング GV-MVP/FZ:iPhoneでテレビを見る
(6) IODATA テレキング GV-MVP/FZ:録画した番組をBD・DVDにダビング(ムーブ)
(7) IODATA テレキング GV-MVP/FZ:見ている番組を録画
(8) IODATA テレキング GV-MVP/FZ:録画モード
(9) IODATA テレキング GV-MVP/FZ:字幕と文字スーパー
(10) IODATA テレキング GV-MVP/FZ:音声切替
(11) IODATA テレキング GV-MVP/FZ:録画番組再生時の各種機能

(12) IODATA テレキング GV-MVP/FZ:録画番組の検索
(13) IODATA テレキング GV-MVP/FZ:レジューム機能
(14) HDL-A2.0にnet.USB機能で地デジチューナーを接続
(15) IODATA テレキング GV-MVP/FZ:良い点/悪い点

HDL-A2.0のリモートリンク2の機能(iPhone、各種ファイル形式)

NAS製品  IODATA LANDISK HDL-A2.0
 
のリモートリンク2の機能は、
IODATA LANDISK HDL-A2.0-5.外出先から本製品にアクセスする(Remote Link 2)-
で、一度、紹介しました。


しかし、その時点では、以下の3点を、試していませんでした。
(1) スマートフォンからリモートリンク2を使って、HDL-A2.0にアクセスする。
(2) スマートフォンからリモートリンク2を使って、動画、写真、音楽、
  オフィスファイル(Word, Excel, PowerPoint)、PDFファイルを参照する。
(3) パソコンからリモートリンク2を使って、動画、写真、音楽、
  オフィスファイル(Word, Excel, PowerPoint)、PDFファイルを参照する。


※「IODATA LANDISK HDL-A2.0-5.外出先から本製品にアクセスする(Remote Link 2)-
 ではパソコンからしかアクセスしていませんでした。
 また、参照したファイルは、テキストファイルのみでした。


※どんなファイルでも参照できるわけではなく、制限がありそうです。

 iPhoneとAndroidで参照可能(再生可能)なファイル形式については、
 以下のページに記載されています。
 「外出先から自宅のハードディスクの動画や音楽が楽しめる
 


 パソコンで参照可能(再生可能)なファイル形式については、記載された箇所を発見
 することができませんでした。


今回これらの機能を試してみました。
※ただし、全てを試したわけではありません。
 ・スマートフォンとしては iPhoneしか試していない。
 ・ファイル形式に関しては、参照可能とされているものを全て試したわけではない。


結果概要
 ・動画は正常な形では参照(再生)できない場合があった。
 ・それ以外のファイル(テキスト、写真、音楽、Word、Excel、PowerPoint、PDF)は
  正常に参照(再生)することができた。


手順および詳細な結果


1.公開するフォルダーを設定する


IODATA LANDISK HDL-A2.0-5.外出先から本製品にアクセスする(Remote Link 2)-
の「ステップ1 公開するフォルダーを設定する」と同じ。


2.リモートリンク2を設定する


IODATA LANDISK HDL-A2.0-5.外出先から本製品にアクセスする(Remote Link 2)-
の「ステップ2 Remote Link 2 を設定する」と同じ。


3.各種ファイルを用意


1で作成した共有フォルダ share1 に、以下のファイルを置いた。

test2.txt ... テキストファイル
MOVI_0703.MOV ... 動画(MOV形式)
bear.mp4 ... 動画(mp4形式)
IMG_0468.JPG ... 写真
kalimba.mp3 ... 音楽
word3.docx ... Word文書
excel4.xlsx ... Excelファイル
PP5.pptx ... PowerPointファイル
PowerDVD_JPN.pdf ... PDFファイル


130927_01


4.iPhoneからリモートリンク2を使用して各種ファイルを参照

4.1 iPhoneからファイル一覧を参照


(1) iPhoneのトップ画面から Safari をタップ。

IMG_0182


(2) [検索/アドレスを入力]の部分に「http://rm2.iobb.net/」  と入力し、[Go]をタップ。

IMG_0183

IMG_0185


(3) 2で設定したリモートリンク2の接続名(takaharakoji)を入力し、[接続する]をタップ。
IMG_0186

IMG_0187


(4) ログイン画面が表示される。画面を左にスワイプ。
IMG_0188

(5) 1で登録したユーザ名とパスワードを入力し、[ログイン]をタップ。
  ※画面が乱れていますが、原因はわかりませんでした。
   この状態で入力しても、ログインは正常にできました。
IMG_0189

(4) 1で作成した共有フォルダ名(share1)をタップ。

IMG_0190


(5) ファイル一覧が表示される。

IMG_0198


4.2 iPhoneからテキストファイルを参照


「test2.txt」をタップすると、test2.txtの中身が表示される。

IMG_0192

これで正常。
ファイル一覧の画面に戻るには、左下の[<](上図赤枠で囲った部分)をタップ。


4.3 iPhoneから動画を参照


「MVI_0703.MOV」をタップすると、MVI_0703.MOVの中身が表示される。

IMG_0193

上図を見ると、正常に再生されているように見えるが、実際には動画の再生が少し
進むとすぐ止まってしまう。放置しているとまた動き出すのだが、正常に再生でき
たとは言い難い状況。
ファイル一覧の画面に戻るには、左上の[完了](上図赤枠で囲った部分)をタップ。


「bear.mp4」をタップすると、以下のような画面になる。

IMG_0194

映像が全く表示されない。
ファイル一覧のの画面に戻るには、左下の[<](上図赤枠で囲った部分)をタップ。


4.4 iPhoneから写真を参照


「IMG_0468.JPG」をタップすると、IMG_0468.JPGの中身が表示される。

IMG_0195

これで正常。
ファイル一覧の画面に戻るには、左下の[<](上図赤枠で囲った部分)をタップ。


4.5 iPhoneから音楽を参照


「Kalimba.mp3」をタップすると、以下のような画面となる。

IMG_0196

図では分からないが、音楽は正常に再生された。
ファイル一覧の画面に戻るには、左上の[完了](上図赤枠で囲った部分)をタップ。


4.6 iPhoneからWord文書を参照


「word3.docx」をタップすると、word3.docxの中身が表示される。

IMG_0197

これで正常。
ファイル一覧の画面に戻るには、左下の[<](上図赤枠で囲った部分)をタップ。


4.7 iPhoneからExcelファイルを参照


「excel4.xlsx」をタップすると、excel4.xlsxの中身が表示される。

IMG_0199

これで正常。
ファイル一覧の画面に戻るには、左下の[<](上図赤枠で囲った部分)をタップ。


4.8 iPhoneからPowerPointファイルを参照


「PP5.pptx」をタップすると、PP5.pptxの中身が表示される。

IMG_0200

これで正常。
ファイル一覧の画面に戻るには、左下の[<](上図赤枠で囲った部分)をタップ。


4.9 iPhoneからPDFファイルを参照


「PowerDVD_JPN.pdf」をタップすると、PowerDVD_JPN.pdfの中身が表示される。

IMG_0201

これで正常。
ファイル一覧の画面に戻るには、左下の[<](上図赤枠で囲った部分)をタップ。


注意:スマートフォンからは、ファイルのアップロードやダウンロードはできません。
   HDL-Aシリーズの画面で見るマニュアルの 58ページ参照。



5.パソコンからリモートリンク2を使用して各種ファイルを参照

5.1 パソコンからファイル一覧を参照


外出先のパソコンからインターネットに接続することを想定しています。
今までは、FREESPOTを利用していたのですが、今回は、パソコンにiPhoneを接続して、
テザリングでインターネットにアクセスしました。
テザリングの設定方法は、「iPhone5でテザリング」を参照していください。
実際には家の中からアクセスしていますが、外出先からアクセスしているのと同等のはずです。


パソコンからリモートリンク2を使用して1で作成した共有フォルダにアクセスする方法は、
IODATA LANDISK HDL-A2.0-5.外出先から本製品にアクセスする(Remote Link 2)-
の「外出先からアクセスする」と同じです。
今回は共有フォルダを1個しか作ってないので、以下のような画面になりました。

130927_02

上図で、share1(赤枠で囲ったほうでも、黄色枠で囲ったほうでもよい)をクリック
するとshare1配下のファイル一覧が表示されます。

130927_03


5.2 パソコンからテキストファイルを参照


「test2.txt」をクリックすると、以下のように表示された。
130927_04

これは、正常に参照できた。


5.3 パソコンから動画を参照


「MOVI_0703.MOV」をクリックすると、以下のように表示された。
130927_05

一応、映像は途中で止まったりせずに再生されるし、音も入っていた。
しかし、本来の映像から一部分だけ拡大したような画像となっていた。
(本来は時計全体が完全に画面に収まっていて、背景の床の部分が比較的大きい
 映像となっている)
これはウインドウを画面いっぱいに拡大しても、同じ結果であった。


「bear.mp4」をクリックすると、以下のように表示された。
130927_06

これは、正常に再生できた。


5.4 パソコンから写真を参照


「IMG_0468.JPG」をクリックすると、以下のように表示された。
130927_07

これは、正常に再生できた。


5.5 パソコンから音楽を参照


「Kalimba.mp3」をクリックすると、以下のように表示された。
130927_08

画面にはスライドバーしか映っていないが、音楽は正常に再生された。


5.6 パソコンからWord文書を参照


「word3.docx」をクリックすると、ファイルを開くか保存するかの問い合わせが出力された。
ファイルを開くを選ぶと、別画面でword文書が開いた
130927_09

これは正常に参照できた。


5.7 パソコンからExcelファイルを参照


「excel4.xlsx」をクリックすると、ファイルを開くか保存するかの問い合わせが出力された。
ファイルを開くを選ぶと、別画面でExcelファイルが開いた。
130927_10

これは正常に参照できた。


5.8 パソコンからPowerPointファイルを参照


「PP5.pptx」をクリックすると、ファイルを開くか保存するかの問い合わせが出力された。
ファイルを開くを選ぶと、別画面でPowerPointファイルが開いた。
130927_11

これは正常に参照できた。


5.9 パソコンからPDFファイルを参照


「PowerDVD_JPN.pdf」をクリックすると、別画面でPDFファイルが開いた。
130927_12

これは正常に参照できた。


注意:パソコンからは、ファイルのアップロードやダウンロードができます。手順は、
  「IODATA LANDISK HDL-A2.0-5.外出先から本製品にアクセスする(Remote Link 2)-
  の「ファイルをアップロードする」および「ファイルをダウンロードする」を参照
  してください。


Amazonでの IODATA LANDISK HDL-A2.0 の紹介サイト


楽天での IODATA LANDISK HDL-A2.0 の紹介サイト


IODATA LANDISK HDL-A2.0 関連の記事一覧
(1) IODATA製のNAS(Network Attached Storage) HDL-A2.0 を購入
(2) IODATA LANDISK HDL-A2.0 の今後の動作確認予定
(3) IODATA LANDISK HDL-A2.0-2.セットアップ-
(4) IODATA LANDISK HDL-A2.0-3.番組をムーブする-
(5) IODATA LANDISK HDL-A2.0-4.共有フォルダーを使う-
(6) IODATA LANDISK HDL-A2.0-5.外出先から本製品にアクセスする(Remote Link 2)-
(7) IODATA LANDISK HDL-A2.0-6.1 バックアップに使用するハードディスクの選定-
(8) IODATA LANDISK HDL-A2.0-6.2 ハードディスクを増設する-
(9) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.1 バックアップ-
(10) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.2 ネットワークバックアップ-
(11) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.3 デジカメコピー-
(12) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.4 クイックコピー-
(13) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.5 Sync with-
(14) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.6 EasySaver LE-
(15) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.7 バックアップ、ネットワークバックアップ、Sync with、EasySaver LEの使い分け-
(16) IODATA LANDISK HDL-A2.0-8.DLNAサーバー機能を利用する-
(17) IODATA LANDISK HDL-A2.0-11.Dropboxと同期する-
(18) IODATA LANDISK HDL-A2.0-12.FTP共有-
(19) IODATA LANDISK HDL-A2.0から、他の機器へ、録画した地デジ番組をムーブ
(20) HDL-A2.0のリモートリンク2の機能(iPhone、各種ファイル形式)
(21) HDL-A2.0にnet.USB機能で地デジチューナーを接続
(22) 東芝 REGZA から NAS にムーブ(ダビング)するのにかかる時間(無線LAN環境)
(23) IODATA LANDISK HDL-A2.0にムーブしたテレビ番組録画をパソコンで視聴

IODATA LANDISK HDL-A2.0から、他の機器へ、録画した地デジ番組をムーブ

東芝レグザ 32J7 録画した地デジ番組をNASにムーブ」の記事において、
東芝レグザ 32J7 から
NAS(  IODATA LANDISK HDL-A2.0  または バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ ) に、
録画した地デジ番組をダビング(ムーブ)する手順を示しました。

本記事では、IODATA LANDISK HDL-A2.0 にダビング(ムーブ)してきた 
録画した地デジ番組をPanasonic DIGA DMR-BWT520 にムーブする手順を示します。

(1) パソコン上で、「2.セットアップする」の、ステップ2の(1)~(5)の方法で、
  IODATA LANDISK の管理画面を表示し、
  詳細設定画面を表示し、[コンテンツ操作](赤枠で囲った部分)をクリック。

130625_01.png

(2) [dlna](赤枠で囲った部分)をクリックし、
  [recoreded](緑枠で囲った部分)をクリック。
  →このNAS上に保存されている動画(録画された地デジ番組)が表示される。
   ここでは、「行列のできる法律相談所」が3個保存されている。

130625_02.png

(3) ムーブする動画(録画された地デジ番組)にチェックを入れ(赤枠で囲った部分)、
  ネットワーク転送(緑枠で囲った部分)をクリック。

130625_03.png

(4) [DMR-BWT520](赤枠で囲った部分)を選択し、
  [次へ](緑枠で囲った部分)をクリック。

130625_04.png

(5) [次へ](赤枠で囲った部分)をクリック。

130625_05.png

(6) [開始](赤枠で囲った部分)をクリック。

130625_06.png

(7) ムーブが開始され、残り時間が表示される。

130625_07.png

(8) ムーブが完了すると、以下のような表示となるので、
  [閉じる](赤枠で囲った部分)をクリック。

130625_08.png

(9) ムーブされた動画が一覧から削除される。
  (最初3個あった動画が2個になっていることに注目)

130625_09.png

(9) DIGA DMR-BWT520のほうで、録画一覧を表示すると、以下のように、
  「行列のできる法律相談所」が追加されていることが分かる。

IMG_0647.jpg

  再生させてみても、問題なく視聴できる。


IMG_0649.jpg

備考.DIGA DMR-BWT520 で、NASに保存された録画された地デジ場組を見る場合、
   わざわざ DIGA DMR-BWT520 にムーブしなくても、
   DLNA機能(お部屋ジャンプリンク機能)で、NASに保存された動画自体を
   再生すればいいのではないか? と思われる人もいるかと思います。

   しかし、その方法で再生した場合、以下のように、見るに耐えないほど画像が
   乱れました。

IMG_0652.jpg

   東芝レグザでNAS上にムーブした地デジ番組の録画を、DLNA機能で再生すること
   ができるのは、実質、東芝レグザのみと考えたほうがよさそうです。

Amazonでの IODATA LANDISK HDL-A2.0 の紹介サイト


楽天での IODATA LANDISK HDL-A2.0 の紹介サイト

IODATA LANDISK HDL-A2.0 関連の記事一覧
(1) IODATA製のNAS(Network Attached Storage) HDL-A2.0 を購入
(2) IODATA LANDISK HDL-A2.0 の今後の動作確認予定
(3) IODATA LANDISK HDL-A2.0-2.セットアップ-
(4) IODATA LANDISK HDL-A2.0-3.番組をムーブする-
(5) IODATA LANDISK HDL-A2.0-4.共有フォルダーを使う-
(6) IODATA LANDISK HDL-A2.0-5.外出先から本製品にアクセスする(Remote Link 2)-
(7) IODATA LANDISK HDL-A2.0-6.1 バックアップに使用するハードディスクの選定-
(8) IODATA LANDISK HDL-A2.0-6.2 ハードディスクを増設する-
(9) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.1 バックアップ-
(10) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.2 ネットワークバックアップ-
(11) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.3 デジカメコピー-
(12) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.4 クイックコピー-
(13) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.5 Sync with-
(14) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.6 EasySaver LE-
(15) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.7 バックアップ、ネットワークバックアップ、Sync with、EasySaver LEの使い分け-
(16) IODATA LANDISK HDL-A2.0-8.DLNAサーバー機能を利用する-
(17) IODATA LANDISK HDL-A2.0-11.Dropboxと同期する-
(18) IODATA LANDISK HDL-A2.0-12.FTP共有-
(19) IODATA LANDISK HDL-A2.0から、他の機器へ、録画した地デジ番組をムーブ
(20) HDL-A2.0のリモートリンク2の機能(iPhone、各種ファイル形式)
(21) HDL-A2.0にnet.USB機能で地デジチューナーを接続
(22) 東芝 REGZA から NAS にムーブ(ダビング)するのにかかる時間(無線LAN環境)
(23) IODATA LANDISK HDL-A2.0にムーブしたテレビ番組録画をパソコンで視聴

カテゴリー
ブログ内検索
DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト
ソニー nasne
nasne 1TBモデル


nasne 500GBモデル


2015.3.20現在、500GBモデルより1TBモデルのほうが安くなっています。この状況であれば1TBモデルを買ったほうが良いです。
NAS
バッファロー LinkStation LS410D0201C

転送速度:100MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇


転送速度
 リード:58MB/s
 ライト:63MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇

ネットワークカメラ
IODATA製 Qwatch TS-WPTCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:〇
暗視:〇
高機能にして割安。

IODATA製 Qwatch TS-WLC2

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇
マイク・スピーカー内蔵。

IODATA製 Qwatch TS-WLCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
安価で簡単。はじめての人におすすめ。

PLANEX製 カメラ一発! CS-W60HD

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX製 カメラ一発! CS-W06N

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX スマカメ CS-QR10

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
スマホ専用のカメラです。

Tenvis製 JPT3815W


無線LAN:〇
接続設定簡単化:×
パン・チルト:〇
暗視:〇
外国製。マニュアルは英文(一部和訳あり)、かつ、あまり詳しいことは書かれていない。サポートは英文メールのみ。その分価格が安い。
SDカード
SDカードは、デジカメ、ネットワークカメラ、パソコンなどで利用できる場合があります。SDカードの選び方に関しては、以下の記事を参照してください。
SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方
  • ライブドアブログ