ホームネットワーク構築方法

当ブログでは、家庭内のパソコン,プリンター,テレビ,レコーダー,NAS,ネットワークカメラなどをLANで接続してホームネットワーク(家庭内LAN)を構築し、それらを連携させて活用する方法を紹介しています。この記事では「オンラインストレージ」の使用方法や設定方法について詳しく説明いたします。

オンラインストレージ

Dropbox社のオンラインストレージ Dropbox(ドロップボックス)-3.2台目のPCで1台目と同じフォルダに同期する

本記事では、Dropbox社のオンラインストレージ Dropbox(ドロップボックス)-目次-
に記載した項目のうち「3.2台目のPCで1台目と同じフォルダに同期する」について
説明します。

3.2台目のPCで1台目と同じフォルダに同期する

やろうとしていることを図で表すと以下のようになります。

130519_10.jpg

koji-PC(1台目のPC)からも、user-PC(2台目のPC)からも、同じ領域に同期させようと
しているわけです。

koji-PC と Dropbox(Dropbox社のサーバー上の、私がアカウントを持っているディスク
上の領域)との同期は、「2.PC上のフォルダーとDropboxの同期の確認」まででできて
いるので、それ以降の手順を書きます。

3.1 インストールとアカウント取得

(1) 「1.インストールとアカウント取得」の(1)~(8)までの手順を、
  user-PC(2台目のPC)に対しても行います。
  図は省略。

(2) 「1.インストールとアカウント取得」の(9)の手順が、koji-PC(1台目のPC)の
  時とは異なります。
  ここは [アカウントを持っています] (緑枠で囲った部分)を選択して、
  次へ(赤枠で囲った部分)をクリック。

130519_01.png

(3) 「1.インストールとアカウント取得」でアカウント取得に使用した、
  メールアドレスとパスワードを入力して(緑枠で囲った部分)、
  次へ(赤枠で囲った部分)をクリック。

130519_02.png

(4) 「1.インストールとアカウント取得」の(11)~(15)までは、
  「1.インストールとアカウント取得」の時と同じです。

  ここは、前と同じアカウントなのだから、前と同じに指定するしかないわけで、
  なぜ再度問い合わせてくるのかよく分かりません。
  とにかく、私のほうでは、前と同じように指定しました。

  図は省略します。

  これで、user-PC(2台目のPC)に関しても、インストールとアカウント取得が
  完了したことになります。

3.2 同期されていることの確認

(5) user-PC(2台目のPC)で Dropboxフォルダを開きます。
  ※上記(4)の手順の後に自動で開きます。
   もし、PCを再起動した場合は、Dropboxのショートカットをクリックするか、
   「Dropboxトレイ/メニューバーアイコン」をクリックして開きます。
   詳細は、「2.PC上のフォルダーとDropboxの同期の確認」の(3)を参照してください。

(6) 「2.PC上のフォルダーとDropboxの同期の確認」で Dropboxフォルダ上の置いた
  Wildlife.wmv が存在しています。(赤枠で囲った部分)
  そのため、koji-PC(1台目のPC)のDropboxフォルダに置いたファイルは、
  user-PC(2台目のPC)からも参照できることが分かります。

130519_08.png

(7) 逆に、user-PC(2台目のPC)の Dropboxフォルダに 130519_01.png という
  ファイルを置いたところ、koji-PC(1台目のPC)でも参照できました。(赤枠で
  囲った部分)

130519_09.png

  以上で、koji-PC(1台目のPC)のDropboxフォルダと、user-PC(2台目のPC)の
  Dropboxフォルダが同期していることが、確認できました。


オンラインストレージ関連の記事一覧
(1) Microsoft社のオンラインストレージ SkyDrive(スカイドライブ)-目次-
(2) Microsoft社のオンラインストレージ SkyDrive(スカイドライブ)-登録-
(3) Microsoft社のオンラインストレージ SkyDrive(スカイドライブ)-使い方-
(4) Dropbox社のオンラインストレージ Dropbox(ドロップボックス)-目次-
(5) Dropbox社のオンラインストレージ Dropbox(ドロップボックス)-1.インストールとアカウント取得-
(6) Dropbox社のオンラインストレージ Dropbox(ドロップボックス)-2.PC上のフォルダーとDropboxとの同期の確認-
(7) Dropbox社のオンラインストレージ Dropbox(ドロップボックス)-3.2台目のPCで1台目と同じフォルダに同期する-


Dropbox社のオンラインストレージ Dropbox(ドロップボックス)-2.PC上のフォルダーとDropboxとの同期の確認-

本記事では、Dropbox社のオンラインストレージ Dropbox(ドロップボックス)-目次-
に記載した項目のうち「2.PC上のフォルダーとDropboxとの同期の確認」について説明します。

2.PC上のフォルダーとDropboxとの同期の確認

2.1 既定のブラウザの変更

(1) 私の環境だけの問題かもしれませんが、私は、Internet Expolorerは最新より1つ
  古い Internet Explorer 9 を使用し、Chromeは最新版を使っています。
  普段は、Internet Explorer 9 を「既定(デフォルト)のブラウザー」にしているの
  ですが、この状態で Dropbox を使うと、Dropboxのアプリからブラウザーが起動さ
  れるたびに「1.インストールとアカウント取得」の(1)に示したエラーメッセージ
  が出るので、規定(デフォルト)のブラウザーを、一時的にChrome に変更しました。
  
  変更方法は、Chromeを「既定(デフォルト)のブラウザー」にしていないと、
  Chrome起動後、Chrome を「既定(デフォルト)のブラウザー」にするかどうかを
  聞いてくるので、ここで、[デフォルトとして設定](赤枠で囲った部分)をクリック
  すればよいです。

130518_01.png

  ※逆に、この状態では、Internet Explorer 9 を起動すると、Internet Explorer 9
   を「既定(デフォルト)のブラウザー」にするかどうかを聞いてくるので(聞き方
   としては「通常のブラウザー」にするかどうかという聞き方ですが)、
   もし Internet Explorer 9 を「規定(デフォルト)のブラウザー」に戻したい場合
   は、[はい](赤枠で囲った部分)をクリックすればよいです。

130518_02.png

2.2 PC上でDropboxと同期したフォルダを表示させる方法

(2) ここから、ようやく、本題のPC上のフォルダーとDropboxの同期の話です。
  しかし、実のところ、PC上のフォルダーとDropboxの同期自体は、アカウント取得が
  完了した時点でできてしまっています。

  「1.インストールとアカウント取得」の最後のほう(16)において、
  ユーザ名フォルダ(私の環境だと koji)配下に、Dropboxというフォルダが生成され
  ましたが、このフォルダが、まさに Dropbox(Dropbox社のどこかのサーバーの
  どこかのdisk上のフォルダ)と同期しています。

130517_17.png

  以降、このフォルダ(以降、Dropboxフォルダと呼ぶ)の使い方を示します。

(3) 一旦PCを再起動した後などに、再び Dropboxフォルダを表示するには、
  以下の3つの方法があります。
   (a) 普通に Explorerで表示
   (b) インストール時に生成されたショートカットをクリック
     130517_18.png
   (c) インストール時に生成された「Dropbox トレイ/メニューバーアイコン」を
     利用する。(下図の赤枠で囲った部分)
     130518_00.png

  (c)の「Dropbox トレイ/メニューバーアイコン」が便利なので、以降はこれを
  使って説明します。

(4) 「Dropbox トレイ/メニューバーアイコン」をクリックすると、
  以下のようなメニュー画面が表示される。
  [Dropboxフォルダ](赤枠で囲った部分)をクリック。

130518_03.png

(5) Dropboxフォルダが表示される。

130518_04.png

2.3 PC上のDropboxフォルダにファイルをドラッグ&ドロップ
    したときの同期処理の動作


(6) Explorer で C:¥Users¥Public¥Videos¥Sample Videos(日本語名だと、
  ユーザ¥パブリック¥パブリックのビデオ¥サンプルビデオ)を開き、

130518_05.png

  Wildlife.wmv(日本語名だと、野生動物.wmv)を、Dropboxフォルダに、
  ドラッグ&ドロップする。

(7) ドラッグ&ドロップが普通に成功する。
  (赤枠で囲った部分がドラッグ&ドロップされたファイル)

130518_06.png

  ※上図で赤枠で囲った部分を拡大すると以下のようになっています。

   130518_07.png

   ファイル名の左端に、以下のように、緑の円にチェックマークが付いた
   アイコンが表示されています。

   130518_08.png

   これは、Dropbox側(Dropbox社のどこかのサーバーのどこかのdisk上のフォルダ)
   へのファイルの反映が終わったことを示しています。

   実はドラッグ&ドロップしてしばらく(このファイルは25MBほどサイズですが、
   このサイズで約1分くらい)は、上記アイコンの代わりに以下のアイコンが表示
   されていました。

   130518_09.png

   このアイコンが表示されている間は、Dropbox側に反映中の状態となっています。

(8) これだけだと、同期したと言っても実感がわきません。
  Webブラウザを使って、Dropbox側に直接アクセスして、Dropboxフォルダが
  どうなっているのかを確認してみます。

  Webブラウザを使って、Dropbox側の Dropboxフォルダに直接アクセスする方法は、
  以下の2つの方法があります。
   (a) Webブラウザで、https://www.dropbox.com/を開いて、名前やパスワードなど
     を指定して、ログインする方法。
   (b) インストール時に生成された「Dropbox トレイ/メニューバーアイコン」を
     利用する。

  (a)の方法の場合
   Webブラウザで、https://www.dropbox.com/を開くと、以下の
   ような画面になるので、以下のようにします。
    ・赤枠で囲った部分に、アカウント取得時に指定した、姓、名、メールアドレス、
     パスワードを入力し、
    ・緑枠で囲った部分(規約に同意すること)にチェックを入れ、
    ・黄色枠で囲った部分(登録する)をクリックする。

130518_10.png

  (b)の方法の場合
   「Dropbox トレイ/メニューバーアイコン」をクリック。
   以下のようなメニュー画面が表示される。
   [Drobox.com](赤枠で囲った部分)をクリック。
   ※この場合は、名前やパスワードの入力は不要。

130518_11.png


  いずれの場合も以下のような画面が表示されます。

130518_12.png

  元からあった「Photos」「はじめに.pdf」のほかに、後から追加した
  「Wildlife.wmv」が含まれています。

  これは、PC上のDropboxフォルダと、Dropbox社のサーバー上のフォルダが一致して
  いる、つまり、同期していることを意味しています。

2.4 Webブラウザでアクセスした Dropbox社のサーバー上の
    動画ファイルを再生


(9) Webブラウザでアクセスした Dropbox社のサーバー上のフォルダ上の Wildlife.wmv
  は、ダウンロードしなくても、その場で再生可能です。
  まず、ファイル名の左の小さい図をクリックします。

130518_20.png

(10)真ん中の三角の印(赤枠で囲った部分)をクリック。

130518_21.png

(11)Webブラウザ上で動画が再生される。

130518_22.png

2.5 PC上のDropboxフォルダ上のファイルを削除した時の
    同期処理の動作


(12)PC上のDropboxフォルダ上で、Wildlife.wmv を削除すると、

130518_14.png

  Webブラウザでアクセスした Dropbox社のサーバー上のフォルダからも、
  Wildlief.wmv が削除されます。

130518_13.png

2.6 Webブラウザでアクセスした Dropbox社のサーバー上の
    ファイルを削除した時の同期処理の動作


(13)再度、Wildfile.wmv を、Dropboxフォルダにドラッグ&ドロップします。
  図は省略。

(14)今度は、Webブラウザでアクセスした Dropbox社のサーバー上のフォルダのほうから
  Wildlife.wmv を削除してみます。
  Wildlife.wmv 上で右クリックし、削除(赤枠で囲った部分)を選択。

130518_15.png

(15)削除するか再確認してくるので、削除(赤枠で囲った部分)を選択。

130518_16.png

(16)Webブラウザでアクセスした Dropbox社のサーバー上のフォルダから、
  Wildlife.wmv が削除されました。

130518_17.png

  この時、PC上のDropboxフォルダ上からも、Wildlife.wmvは削除されています。

130518_14.png

2.7 Webブラウザで Dropbox社のサーバー上のファイルを
    ダウンロード


(17)再度、Wildlife.wmv を、Dropboxフォルダにドラッグ&ドロップします。
  図は省略。

(18)Webブラウザでアクセスした Dropbox社のサーバー上のフォルダ上の、
  Wildlife.wmv を右クリックし、ダウンロードをクリック。

130518_18.png

  PC上の、「ユーザ名¥ダウンロード」配下に、Wildlife.wmv がダウンロード
  されている。

130518_19.png

  このダウンロードは、Dropboxアプリがインストールされていない、他のPC
  からでもできました。そのため、外出先などで、自分以外の人のPCを使って
  いる時でも、必要なファイルが、Dropboxからダウンロード可能ということ
  になります。


オンラインストレージ関連の記事一覧
(1) Microsoft社のオンラインストレージ SkyDrive(スカイドライブ)-目次-
(2) Microsoft社のオンラインストレージ SkyDrive(スカイドライブ)-登録-
(3) Microsoft社のオンラインストレージ SkyDrive(スカイドライブ)-使い方-
(4) Dropbox社のオンラインストレージ Dropbox(ドロップボックス)-目次-
(5) Dropbox社のオンラインストレージ Dropbox(ドロップボックス)-1.インストールとアカウント取得-
(6) Dropbox社のオンラインストレージ Dropbox(ドロップボックス)-2.PC上のフォルダーとDropboxとの同期の確認-
(7) Dropbox社のオンラインストレージ Dropbox(ドロップボックス)-3.2台目のPCで1台目と同じフォルダに同期する-

Dropbox社のオンラインストレージ Dropbox(ドロップボックス)-1.インストールとアカウント取得-

本記事では、Dropbox社のオンラインストレージ Dropbox(ドロップボックス)-目次-
に記載した項目のうち「1.インストールとアカウント取得」について説明します。

1.インストールとアカウント取得

(1) https://www.dropbox.com/ にアクセス。
  →「Dropbox はお使いのブラウザをサポートしていません。適切に動作するよう
   に、最新版の Chrome、Firefox、Internet Explorer にアップグレードして
   ください。」というメッセージが出た(赤枠で囲った部分)。

   Internet Explorer 9 なので、そんなに古くはないと思うのですが、
   Internet Explorer を使うのなら、Internet Explorer 10 を使えということ
   ですね。

130517_01.png

(2) 私は、今、ブラウザの見た目が変わるのは嫌なので、Dropbox を使う時だけは、
  Chrome を使うことにしました。Chromeは最新版です。
  https://www.dropbox.com/ にアクセス。
  今度はエラーメッセージは出ませんでした。
  [Dropboxをダウンロード](赤枠で囲った部分)をクリック。

130517_02.png

(3) 「Dropboxをダウンロード中...」というメッセージ(赤枠で囲った部分)が表示
  された画面となり、左下(緑枠で囲った部分)にダウンロードの状態が表示される。

130517_03.png

  左下部分(上図で緑枠で囲った部分)をを拡大すると以下のとおり。この図では残り9秒。

130517_04.png

(4) ダウンロードが完了すると、左下部分は以下のような表示となる。

130517_05.png

(5) 小さい▼マーク(赤枠で囲った部分)をクリックし、
  フォルダを開く(緑枠で囲った部分)をクリック。

130517_06.png

(6) ダウンロードフォルダが開く。
  Dropbox 2.0.12.exe(赤枠で囲った部分)をダブルクリック。

130517_07.png

(7) 実行(赤枠で囲った部分)をクリック。

130517_08.png

(8) インストール(赤枠で囲った部分)をクリック。

130517_09.png

(9) 「Dropboxアカウントを持っていません」を選択し(緑枠で囲った部分)、
  次へ(赤枠で囲った部分)をクリック。

130517_10.png

(10)姓、名、メールアドレス、パスワード、コンピュータ名を入力し(赤枠で囲った
  部分。下図の時点では未入力。コンピュータ名だけは最初から入っている)、

  サービス規約に同意したことにチェックを入れ(黄色枠で囲った部分。下図の時点
  ではまだチェックしていない)、

  次へ(緑枠で囲った部分)をクリック。

130517_11.png

(11)2GB(赤枠で囲った部分)を選択し、次へ(緑枠で囲った部分)をクリック。

130517_12.png

(12)標準(赤枠で囲った部分)を選択し、インストール(緑枠で囲った部分)を
  クリック。

130517_13.png

(13)スマートフォン設定の画面となるが、私の場合スマホは持ってないので、
  何も入力せずに、次へ(赤枠で囲った部分)をクリック。

130517_14.png

(14)ガイドツアーの画面となる。
  ガイドツアーを見たい場合は、[次へ]を押していけばよい。
  ガイドツアーを見たくない場合は、[ガイドツアーをスキップ](赤枠で囲った
  部分)をクリック。(次へを5回押したのと同じ画面になります)

130517_15.png

(15)「完了しました」という画面になる。
  [完了]をクリックする。この画面(ダイアログボックス)は消える。

130517_16.png

(16)ユーザ名フォルダ(以下の図では koji)配下に、Dropboxというフォルダーが
  自動で作成され、その配下が Explorer で表示される。
  このフォルダ(Dropboxフォルダー)配下には、この時点で、
  「Photos」というフォルダと、「はじめに.ppdf」というファイルが生成され
  ている。

130517_17.png

  また、デスクトップに、Dropboxのショートカットが生成される。
  このショートカットは、クリックすれば、上記 Dropboxフォルダ配下が、
  Explorerで表示されるようになっている。

130517_18.png

  また、PCの画面右下に、「Dropbox トレイ/メニューバーアイコン」が生成
  される。(下図の赤枠で囲った部分)

130518_00.png

  このアイコンの使用方法は、次の記事以降で説明します。


オンラインストレージ関連の記事一覧
(1) Microsoft社のオンラインストレージ SkyDrive(スカイドライブ)-目次-
(2) Microsoft社のオンラインストレージ SkyDrive(スカイドライブ)-登録-
(3) Microsoft社のオンラインストレージ SkyDrive(スカイドライブ)-使い方-
(4) Dropbox社のオンラインストレージ Dropbox(ドロップボックス)-目次-
(5) Dropbox社のオンラインストレージ Dropbox(ドロップボックス)-1.インストールとアカウント取得-
(6) Dropbox社のオンラインストレージ Dropbox(ドロップボックス)-2.PC上のフォルダーとDropboxとの同期の確認-
(7) Dropbox社のオンラインストレージ Dropbox(ドロップボックス)-3.2台目のPCで1台目と同じフォルダに同期する-

Dropbox社のオンラインストレージ Dropbox(ドロップボックス)-目次-

NAS製品 IODATA LANDISK HDL-A2.0 の「11 Dropboxと同期する」の記事を書く
前に、一旦 NAS を忘れて、Dropbox の動作確認を行いたいと思います。

オンラインストレージとしては、既に以下の3つの記事で、
SkyDrive(スカイドライブ)について取り上げました。

  Microsoft社のオンラインストレージ SkyDrive(スカイドライブ)-目次-
  Microsoft社のオンラインストレージ SkyDrive(スカイドライブ)-登録-

  Microsoft社のオンラインストレージ SkyDrive(スカイドライブ)-使い方-


また、「Kingsoft KDrive はアンインストールしました」で紹介した(というか、私は導入

を断念した)KDriveも、オンラインストレージです。

私が理解した範囲で、Dropbox、SkyDrive、KDriveの特徴を比較すると、
以下のようになります。

Dropbox ....Dropbox社が提供。
      最大2GBまで無料。専用のソフトウェアが必要。
      ネットワーク上のストレージへの/からの、アップロード/ダウンロード
      が可能、また、
      ネットワーク上のストレージ上のフォルダーと、自分のPC上のフォルダー
      を同期させることが可能。

SkyDrive ...Microsoft社が提供。
      最大7GBまで無料。専用のソフトウェアは不要(Webベース)。
      ネットワーク上のストレージへの/からの、アップロード/ダウンロード
      が可能。

KDrive .....Kingsoft社が提供。
      最大50GBまで無料。専用のソフトウェアが必要。
      また、登録時、メールクライアントソフトが必要。
      ネットワーク上のストレージへの/からの、アップロード/ダウンロード
      が可能、また、
      ネットワーク上のストレージ上のフォルダーと、自分のPC上のフォルダー
      を同期させることが可能。
      ※KDriveに関しては、私のほうでは実際には試してなくて、ネット上で
       検索して調べた結果では、こうだということです。

Dropboxは「同期」させることができるのが売りのようです。

KDriveも「同期」の機能は持っているようですが、現在は Dropbox のほうがメジャーな
ようです。そのため、NAS製品を販売する他メーカーもまずは Dropbox に対応すること
になるのだと思います。

私のほうでも、NAS製品 IODATA LANDISK HDL-A2.0 との整合を検証したいので、
KDriveは当面は使わず、Dropbox のほうを使うことにしようと思っています。

以下の順に検証(動作確認)して、当ブログで紹介したいと考えています。

目次
 1.インストールとアカウント取得
 2.PC上のフォルダーとDropboxとの同期の確認
 3.2台目のPCで1台目と同じフォルダに同期する


オンラインストレージ関連の記事一覧
(1) Microsoft社のオンラインストレージ SkyDrive(スカイドライブ)-目次-
(2) Microsoft社のオンラインストレージ SkyDrive(スカイドライブ)-登録-
(3) Microsoft社のオンラインストレージ SkyDrive(スカイドライブ)-使い方-
(4) Dropbox社のオンラインストレージ Dropbox(ドロップボックス)-目次-
(5) Dropbox社のオンラインストレージ Dropbox(ドロップボックス)-1.インストールとアカウント取得-
(6) Dropbox社のオンラインストレージ Dropbox(ドロップボックス)-2.PC上のフォルダーとDropboxとの同期の確認-
(7) Dropbox社のオンラインストレージ Dropbox(ドロップボックス)-3.2台目のPCで1台目と同じフォルダに同期する-

Microsoft社のオンラインストレージ SkyDrive(スカイドライブ)-使い方-

本記事では、Microsoft社のオンラインストレージ SkyDrive(スカイドライブ)-目次-
に記載した項目のうち「2.使い方」について説明します。

2.使い方

2.1 アップロード

(1) パソコンのデスクトップ上に、「テスト.txt」というファイルを作成。

130430_09.png

(2) SkyDrive( https://skydrive.live.com/ )にログインする。
  手順は、1.登録(Microsoftアカウント作成)の(7)(8)参照。

(3) アップロードをクリック。

130430_10.png

(4) 「アップロードするファイルの選択」というダイアログボックスが開き、
  パソコン上のファイルが選択できるようになる。
  パソコンのデスクトップ上に置いた「テスト.txt」を選択する。

130430_11.png

(5) SkyDrive上に「テスト.txt」が転送される。

130430_12.png


2.2 参照

転送したファイルの中身を確認してみます。

(1) SkyDrive画面上の「テスト.txt」をクリック。

(2) ファイルを開くか、保存するか、問い合わせてくる。
  「ファイルを開く」をクリック。

130430_13.png

(3) ファイル「テスト.txt」の中身が表示される。

130430_14.png


2.3 ダウンロード

別のパソコン上に、ファイル「テスト.txt」をダウンロードしてみます。

(1) 別のパソコン上でも、SkyDrive( https://skydrive.live.com/ )にログインする。
  手順は、1.登録(Microsoftアカウント作成)の(7)(8)参照。

(2) SkyDrive画面上の「テスト.txt」をクリック。

130430_15.png

(3) SkyDriveが、ファイルを開くか保存するかを問い合わせてくる。
  「保存」をクリック。

130430_16.png

(4) 「ダウンロードが完了しました」というメッセージが出て、
  「ファイルを開く」、「フォルダーを開く」、「ダウンロードの表示」の
  いずれかを選択するように問い合わせてくる。
  「フォルダーを開く」をクリックする。

130430_17.png

(5) ダウンロード用のフォルダーに、「テスト.txt」が保存されていることが
  確認できる。

130430_18.png


2.4 SkyDrive内でのファイルの置き場所移動/削除

SkyDrive内で、アップロードしたファイルの置き場所を移動したり、削除したり
することができます。以下に手順を示します。

(1) SkyDrive内において、ファイル「テスト.txt」を、フォルダ「ドキュメント」に
  ドラッグ&ドロップする。

130430_19.png

(2) 画面から「テスト.txt」が消え、代わりにフォルダー「ドキュメント」の
  ファイル数が 0 から 1 に変わる。
  フォルダー「ドキュメント」をクリック。

130430_20.png

(3) SkyDriveのフォルダー「ドキュメント」内に、ファイル「テスト.txt」がある
  ことが分かる。

130430_21.png

※ファイルの削除の方法

 ファイル「テスト.txt」を右クリックすると、「開く」「削除」「プロパティ」
 などを選択するダイアログボックスが表示されます。
 ここで、「削除」を選択すると、ファイルを削除することができます。

 この削除の方法は、ファイルでもフォルダーでも同じなので、
 図に関しては、2.5の「フォルダーの削除の方法」を参照してください。


2.5 SkyDrive内でのフォルダーの作成/削除

SkyDrive内で、フォルダーを新規に作成したり、削除したりすることができます。
以下に手順を示します。

(1) 先ほど(2.4(3))の状態(フォルダー「ドキュメント」配下に居た状態)
  から、元の状態(トップのフォルダー)に戻るには、
  SkyDrive(赤枠で囲った部分)をクリックする。

130430_22.png

(2) 「作成」をクリック。

130430_23.png

(3) 「フォルダー」をクリック。

130430_24.png

(4) 新しいフォルダーが生成される。(赤枠で囲った部分)
  フォルダー名の初期値は「新しいフォルダー」になっているが、変更する
  ことも可能である。ここでは、「新しいフォルダー」のままにするので、
  この状態でどこか余白をクリックする。
  そうすると、フォルダー名が、「新しいフォルダー」で確定する。

130430_25.png

※フォルダーの削除の方法

 フォルダー「新しいフォルダー」を右クリックすると、「開く」「削除」
 「プロパティ」などを選択するダイアログボックス(赤枠で囲った部分)が
 表示されます。

 ここで、「削除」(緑枠で囲った部分)を選択すると、フォルダーを削除する
 ことができます。

130430_26.png


2.6 SkyDrive内でのWord文書の作成

SkyDrive上では、Word文書を作成することもできます。手順は以下のとおりです。

(1) 「作成」をクリックし、「Word文書」をクリックする。

130430_27.png

(2) 「Microsoft Word文書の新規作成」というダイアログボックス(赤枠で囲った
  部分)が表示される。
  文書名を入力して(ここでは初期値のまま「文書1.docx」)、
  作成(緑枠で囲った部分)をクリック。

130430_28.png

(3) 画面が Word的な画面に変わる。
  ファイル(赤枠で囲った部分)をクリック。

130430_29.png

(4) 上書き保存(赤枠で囲った部分)をクリックした後、
  終了(黄色枠で囲った部分)をクリック。

130430_30.png

(5) Word文書「文書1.docx」が作成された。

130430_31.png



オンラインストレージ関連の記事一覧
(1) Microsoft社のオンラインストレージ SkyDrive(スカイドライブ)-目次-
(2) Microsoft社のオンラインストレージ SkyDrive(スカイドライブ)-登録-
(3) Microsoft社のオンラインストレージ SkyDrive(スカイドライブ)-使い方-
(4) Dropbox社のオンラインストレージ Dropbox(ドロップボックス)-目次-
(5) Dropbox社のオンラインストレージ Dropbox(ドロップボックス)-1.インストールとアカウント取得-
(6) Dropbox社のオンラインストレージ Dropbox(ドロップボックス)-2.PC上のフォルダーとDropboxとの同期の確認-
(7) Dropbox社のオンラインストレージ Dropbox(ドロップボックス)-3.2台目のPCで1台目と同じフォルダに同期する-

カテゴリー
ブログ内検索
DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト
ソニー nasne
nasne 1TBモデル


NAS
バッファロー LinkStation LS410D0201C

転送速度:100MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇

バッファロー Link Station LS210D0201C
転送速度
 リード:58MB/s
 ライト:63MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇

ネットワークカメラ
IODATA製 Qwatch TS-WPTCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:〇
暗視:〇
高機能にして割安。

IODATA製 Qwatch TS-WLC2

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇
マイク・スピーカー内蔵。

IODATA製 Qwatch TS-WLCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
安価で簡単。はじめての人におすすめ。

PLANEX製 カメラ一発! CS-W60HD

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX製 カメラ一発! CS-W06N

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX スマカメ CS-QR10

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
スマホ専用のカメラです。

Tenvis製 JPT3815W


無線LAN:〇
接続設定簡単化:×
パン・チルト:〇
暗視:〇
外国製。マニュアルは英文(一部和訳あり)、かつ、あまり詳しいことは書かれていない。サポートは英文メールのみ。その分価格が安い。
SDカード
SDカードは、デジカメ、ネットワークカメラ、パソコンなどで利用できる場合があります。SDカードの選び方に関しては、以下の記事を参照してください。
SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方
  • ライブドアブログ