ホームネットワーク構築方法

当ブログでは、家庭内のパソコン,プリンター,テレビ,レコーダー,NAS,ネットワークカメラなどをLANで接続してホームネットワーク(家庭内LAN)を構築し、それらを連携させて活用する方法を紹介しています。この記事では「Panasonic DIGA」の使用方法や設定方法について詳しく説明いたします。

Panasonic DIGA

Panasonic DIGA 上で BD にムーブ(ダビング)するのにかかる時間

ネットワーク経由で、PC上のBDにムーブ(ダビング)するのにかかる時間について、
以下の記事で紹介しました。
 (1) 東芝 REGZA から DiXiM BD Burner 2013 でPC上のBDにムーブ(ダビング)するのにかかる時間(無線LAN環境)
   →転送速度:4.2MB/s
 (2) nasne から DiXiM BD Burner 2013 でPC上のBDにムーブ(ダビング)するのにかかる時間(無線LAN環境)
   →転送速度:5.9MB/s


それとの比較の意味で、Panasonic DIGA 上で(つまりネットワークを経由しない状態で)
BD にムーブ(ダビング)するのにかかる時間を測定しました。


結果から言うと、22分00秒(2208MB)の録画番組を、
パソコン上のBD(ブルーレイディスク)にムーブするのに 5分10秒(310秒)かかりました。
転送速度に換算すると、2208MB÷310秒= 7.1MB/s でした。


※この転送速度、上記(1)(2)と比べると確かに速いのですが、
 私個人の感想としては、思ったほど差がなかったです。


以下、測定環境や手順の詳細です。



1.測定環境


ムーブ(ダビング)元 : Panasonic DIGA DMR-BWT520 上の内蔵ディスク
ムーブ(ダビング)先 :Panasonic DIGA DMR-BWT520 上のBD
BDディスク      : TDK 録画用 BD-RE 25GB



2.ムーブ(ダビング)するのにかかる時間の計測手順


(1) Panasonic DIGA DMR-BWT520 とそれに接続しているテレビの電源をオンにする。


(2) Panasonic DIGA DMR-BWT520 に、書き込み可能なBDディスクを挿入する。


(3) Panasonic DIGA DMR-BWT520 のリモコン(以降、リモコン)の、[録画一覧]ボタンを押す。
  以下のような画面となる。このBDには、まだ何も録画されていない状態であることが分かる。
IMG_1608


(4) 画面上段のメニューの中から[すべて](下図赤枠で囲った部分)を選択する。

  Panasonic DIGA DMR-BWT520 に録画されている番組の一覧が出てくるので、
  その中から、[ニュース「大雪」関連](下図緑枠で囲った部分)を選択する。

  画面に示されている(下図白枠で囲った部分)とおり、リモコンの赤ボタンが、
  ダビングを行うボタンになっているので、リモコンの赤ボタンを押す。
IMG_1606


(5) [かんたんダビングへ](下図赤枠で囲った部分)を選択して、リモコンの決定ボタンを押す。
IMG_1609


(6) 以下のような画面になる。リモコンの決定ボタンを押す。
IMG_1610


(7) [番組選択完了](下図赤枠で囲った部分)を選択して、リモコンの決定ボタンを押す。
IMG_1611


(8) [ダビング開始](下図赤枠で囲った部分)を選択して、リモコンの決定ボタンを押す。
IMG_1612


(9) 「ダビングを実行してもよろしいでしょうか?」という問い合わせがでる。
  [はい](下図赤枠で囲った部分)を選択して、リモコンの決定ボタンを押す。
  この時点から、ムーブ(ダビング)にかかる時間の計測を開始する。
IMG_1613


(10) ムーブ(ダビング)中は、以下のようにムーブ(ダビング)が何%進んだのかを示す画面となる。
IMG_1615


(11) ムーブ(ダビング)が完了すると、以下のように、
  「ダビングを終了しました」というメッセージを含む画面となる。
  この時点で、ムーブ(ダビング)にかかる時間の計測を終了する。
IMG_1616


  リモコンの決定ボタンを押して、元のテレビの画面に戻る。


3.結果の確認


3.1 ムーブ(ダビング)した容量について


ムーブ(ダビング)した容量を確認したかったので、ムーブ(ダビング)完了後に、
(6)と同じが画面をだしてみた。

IMG_1619


2の(6)では、 「残り 22995MB」となっていた。
上の画面では、「残り 20788MB」となっている。
差し引きすると、2208MB となる。


※同じ番組の録画なのに、
 に示したとおり、東芝 REGZA では 2.6 GB、
 に示したとおり、nasne では 2.37 GB でした。

 この差が何によるものなのかは不明ですが、
 Panasonic DIGA DMR-BWT520 の転送速度の計算をする場合には、
 Panasonic DIGA DMR-BWT520 で示された 2208MB を使用することします。



3.2 ムーブ(ダビング)した動画が見れるかどうかの確認


(1) リモコンの[録画一覧]ボタンを押す。
  出てきた画面で[ディスク](下図赤枠で囲った部分)を選択すると、
  BD上にムーブ(ダビング)した動画の一覧が出てくる。
  [ニュース「大雪」関連](下図緑枠で囲った部分。現状これしかないですが)を
  選択して、リモコンの決定ボタンを押す。
IMG_1617


(2) [ニュース「大雪」関連]が再生される。
  ムーブ(ダビング)した動画が見れることが確認できた。
IMG_1618



3.3 転送速度の計算


2において、ムーブ(ダビング)にかかった時間が 5分10秒(310秒)であり、
3.1において、ムーブ(ダビング)した動画の大きさが 2208MBであったので、
転送速度は、2208MB÷310秒= 7.1MB/s であったことが分かる。



関連商品紹介ページ



Panasonic DIGA関連の記事一覧
(1) レコーダーの選定
(2) Panasonic DIGA DMR-BWT520 を無線LANでネットワークに接続
(3) アクトビラ会員登録方法
(4) アクトビラの提供機能/利用方法
(5) Panasonic DIGA DMR-BWT520 でのYouTubeの利用方法
(6) Panasonic DIGA DMR-BWT520 のDLNA機能(概要)
(7) Panasonic DIGA DMR-BWT520 をDLNAのサーバーとして使う場合の初期設定
(8) Panasonic DIGA DMR-BWT520 のDLNAサーバー機能
(9) Panasonic DIGA DMR-BWT520 のDLNAクライアント機能
(10) レコーダーの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(11) Pnasonic DIGA上の録画番組を再生することができるDLNAクライアント一覧
(12) レコーダーのHDDに録画したテレビ番組を、BDあるいはDVDにダビングする方法
(13) BDあるいはDVDにダビングしたテレビの録画を、パソコンで再生するには
(14) Panasonic DIGA DMR-BWT520 の字幕表示機能
(15) ソニー nasne(ナスネ):録画した番組をPanasonic DIGA DMR-BWT520 を使用して再生
(16) Panasonic DIGA 上で BD にムーブ(ダビング)するのにかかる時間

ソニー nasne(ナスネ):録画した番組をPanasonic DIGA DMR-BWT520 を使用して再生

ソニーnasne(ナスネ) に録画した番組を、DLNAの機能を使ってネットワーク経由で転送し、
Panasonic DIGA DMR-BWT520 を使用して再生する方法について説明します。



1.ネットワーク構成図


これを行う場合のネットワーク構成図は以下のようになります。

140125_01


※今回、テレビについては Panasonic VIERA X50 19V型を使いましたが、
 DLNA機能については、あくまで Panasonic DIGA DMR-BWT520 のものを使用しています。
 今回テレビは、映像/音声を出力する機能のみを使用しています。


※Panasonic DIGA DMR-BWT520自体は無線LANの機能を持っていないので、
 Panasonic製の無線LAN子機 DY-WL10経由でネットワークに接続しています。



2.Panasonic DIGA DMR-BWT520 での再生方法


(1) テレビ および Panasonic DIGA DMR-BWT520の電源をオンにし、
  Panasonic DIGA BMR-BWT520を入力側としてテレビを見ている状態にする。


(2) Panasonic DIGA DMR-BWT520のリモコンの[スタート]ボタンを押す。


(3) 以下のようなメニュー画面が表示される。
  [お部屋ジャンプリンク]を選択し(選択中のものには黄色の枠が付く)、
  リモコンの[スタート]ボタンを押す。
IMG_1545


(4) DLNAサーバーの一覧が表示される。
  [nasne]を選択し(選択中のものは背景が黄色になる)、リモコンの[スタート]ボタンを押す。
IMG_1547


(5) [ビデオ]を選択し(選択中のものは背景が黄色になる)、リモコンの[スタート]ボタンを押す。
IMG_1548


(6) [すべて]を選択し(選択中のものは背景が黄色になる)、
  リモコンの[スタート]ボタンを押す。
IMG_1549


(7) nasneに録画した番組の一覧が表示される。
  [おかあさんといっしょ…]を選択し(選択中のものは背景が黄色になる)、
  リモコンの[スタート]ボタンを押す。
IMG_1551


(8) [おかあさんといっしょ…]が再生される。
IMG_1552



関連商品紹介サイト

[nasne 1TBモデル]


[Panasonic DIGA DMR-BWT520(左)、DY-WL10(線LAN子機)(右)]
 


ソニー nasne(ナスネ)関連の記事一覧
(1) ソニー nasne(ナスネ):購入
(2) ソニー nasne(ナスネ):接続から起動まで
(3) ソニー nasne(ナスネ):Windowsでの設定画面の出し方
(4) ソニー nasne(ナスネ):システムソフトウェアのアップデート
(5) ソニー nasne(ナスネ):レコーダー設定
(6) ソニー nasne(ナスネ):ネットワーク構成図
(7) ソニー nasne(ナスネ):番組表から録画予約
(8) ソニー nasne(ナスネ):番組検索から録画予約
(9) ソニー nasne(ナスネ):放送中の番組を録画する方法と、録画を番組の途中で打ち切る方法
(10) ソニー nasne(ナスネ):録画した番組を削除する方法
(11) ソニー nasne(ナスネ):テレビに接続する必要はあるのか?
(12) ソニー nasne(ナスネ):録画した番組をパソコン上でSoftDMA 2 を使用して再生
(13) ソニー nasne(ナスネ):録画した番組をパソコン上でPowerDVD 13 Ultra を使用して再生
(14) ソニー nasne(ナスネ):録画した番組をパソコン上でDiXiM Digital TV Plus を使用して再生
(15) DiXiM BD Burner 2013 ダウンロード型ムーブ(nasneから)
(16) ソニー nasne(ナスネ):録画した番組を東芝 REGZA 32J7 を使用して再生
(17) ソニー nasne(ナスネ):録画した番組をPanasonic VIERA X50 を使用して再生
(18) ソニー nasne(ナスネ):録画した番組をPanasonic DIGA DMR-BWT520 を使用して再生
(19) nasneのライブチューナ機能:放送中の番組をパソコン上でSoftDMA 2 を使用して見る
(20) nasneのライブチューナ機能:放送中の番組をパソコン上でPowerDVD 13 Ultra を使用して見る
(21) nasneのライブチューナ機能:放送中の番組をパソコン上でDiXiM Digital TV Plus を使用して見る
(22) ソニー nasne(ナスネ):メディアストレージ機能
(23) ソニー nasne(ナスネ):メディアストレージ機能で再生可能なデータ形式
(24) ソニー nasne(ナスネ):ファイルサーバー機能
(25) 録画モードと、録画に必要なHDD容量
(26) nasne から DiXiM BD Burner 2013 でPC上のBDにムーブ(ダビング)するのにかかる時間(無線LAN環境)
(27) ソニー nasne(ナスネ):ファイル転送速度(ファイル転送性能)
(28) ソニー nasne(ナスネ):まとめ
(29) nasneに録画したテレビ番組をパソコン上でPowerDVD 14 Ultra を使用して再生
(30) nasneが受信した放送中のテレビ番組をパソコン上でPowerDVD 14 Ultraを使用して視聴
(31) DiXiM BD Burner 2013 ダウンロード型ムーブ(追加でムーブ/まとめてムーブ)
(32) PowerDVD 15 Ultra と nasne の連携(放送中のテレビ番組視聴)

Panasonic DIGA関連の記事一覧
(1) レコーダーの選定
(2) Panasonic DIGA DMR-BWT520 を無線LANでネットワークに接続
(3) アクトビラ会員登録方法
(4) アクトビラの提供機能/利用方法
(5) Panasonic DIGA DMR-BWT520 でのYouTubeの利用方法
(6) Panasonic DIGA DMR-BWT520 のDLNA機能(概要)
(7) Panasonic DIGA DMR-BWT520 をDLNAのサーバーとして使う場合の初期設定
(8) Panasonic DIGA DMR-BWT520 のDLNAサーバー機能
(9) Panasonic DIGA DMR-BWT520 のDLNAクライアント機能
(10) レコーダーの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(11) Pnasonic DIGA上の録画番組を再生することができるDLNAクライアント一覧
(12) レコーダーのHDDに録画したテレビ番組を、BDあるいはDVDにダビングする方法
(13) BDあるいはDVDにダビングしたテレビの録画を、パソコンで再生するには
(14) Panasonic DIGA DMR-BWT520 の字幕表示機能
(15) ソニー nasne(ナスネ):録画した番組をPanasonic DIGA DMR-BWT520 を使用して再生
(16) Panasonic DIGA 上で BD にムーブ(ダビング)するのにかかる時間

Panasonic DIGA DMR-BWT520 の字幕表示機能

Panasonic製レコーダー DIGA DMR-BWT520 の字幕表示機能について説明します。
 
※ここで説明する「字幕」とは、字幕放送の字幕です。
 字幕放送とは、新聞や雑誌のテレビ欄で[字]という印の付いた番組のことです。
 主に、耳が不自由な人のために、音声の概要を、文字で表示することができる
 ようにしてあります。


Panasonic DIGA DMR-BWT520 での字幕表示の方法は、
リアルタイムにテレビを視聴する時と、
自装置上の録画番組を視聴する時と、
DLNAで他の装置上の録画番組を視聴する時で、異なっています。


各ケースについて、字幕を表示する方法を説明します。


1.リアルタイムにテレビを視聴する場合


(1) 字幕放送(新聞や雑誌のテレビ欄で[字]という印の付いた番組)の視聴を開始する。

  ここでは「地球ドラマチック」を視聴する場合を例に説明する。
  インターネット上の番組表(http://tv.so-net.ne.jp/)だと以下(下図赤枠で囲った部分)
  のように[字]の印がついている。
131109_01


  番組の視聴を開始する。
IMG_1247


(2) リモコンの[サブメニュー]ボタンを押すと、以下のようなメニューが表示される。
  [デジタル放送メニュー]を選択し、リモコンの[決定]ボタンを押す。
IMG_1249


(3) [信号切換]を選択し、リモコンの[決定]ボタンを押す。
IMG_1251


(4) [字幕]の項目において[入]を選択し、リモコンの[戻る]ボタンを押す。
  ※[戻る]ボタンを押すと、メニューの表示は消える。
IMG_1252


(5) 字幕の表示が出るようになる。(下図赤枠で囲った部分が字幕)
IMG_1256


(6) 字幕の表示が出ないようにする(元の状態に戻す)場合は、
  (2)(3)(4)の操作で再度メニューを表示し、
  [字幕]の項目において[切]を選択し、リモコンの[戻る]ボタンを押せばよい。(図は省略)



2.自装置上の録画番組を視聴する場合


(1) 字幕放送(新聞や雑誌のテレビ欄で[字]という印の付いた番組)の録画の視聴を開始する。

  ここでは、自装置(Panasonic DIGA DMR-BWT520)上に録画した番組「NHKニュース7」
  を視聴する場合を例に説明する。
  録画番組一覧を表示すると、以下のように、「NHKニュース7」には[字]の印がついている。
  (下図赤枠で囲った部分)
IMG_1260


  「NHKニュース7」を選択して、リモコンの[決定]ボタンを押すと、番組の再生が始まります。
IMG_1263


(2) リモコンの[再生設定]ボタンを押すと、以下のようなメニューが表示される。
  [信号切換]を選択し、リモコンの[決定]ボタンを押す。
IMG_1264


(3) [字幕]の項目において[入]を選択し、リモコンの[戻る]ボタンを2回押す。
  ※[戻る]ボタンを2回押すと、メニューの表示は消える。
IMG_1266


(4) 字幕の表示が出るようになる。(下図赤枠で囲った部分が字幕)
  ※正確には、(3)で[入]にした直後から字幕の表示が出るようになる。
   (3)の図において「それに自衛隊」と出ている部分も字幕である。
IMG_1267


(5) 字幕の表示が出ないようにする(元の状態に戻す)場合は、
  (2)(3)の操作で再度メニューを表示し、
  [字幕]の項目において[切]を選択し、リモコンの[戻る]ボタンを押せばよい。(図は省略)



3.DLNAで他の装置上の録画番組を視聴する場合


(1) 字幕放送(新聞や雑誌のテレビ欄で[字]という印の付いた番組)の録画の視聴を開始する。

  ここでは、DLNAで、上に録画した番組「行列のできる法律相談所」
  を視聴する場合を例に説明します。


  ※Panasonic DIGA DMR-BWT520 において、DLNAで他の装置上の録画番組を視聴する
   手順については以下の記事を参照してください。
   「Panasonic DIGA DMR-BWT520 のDLNAクライアント機能


  Panasonic DIGA DMR-BWT520 において、DLNAで、東芝 REGZA 32J7 上に録画した番組一覧
  を表示すると以下のようになります。
  ※「行列のできる法律相談所」は、新聞や雑誌のテレビ欄でも[字]の印が付いていますが、
   以下のように録画番組一覧でも[字]のマークが付いています。(下図赤枠で囲った部分)
IMG_1268


  「行列のできる法律相談所」を選択して、リモコンの決定ボタンをクリックすると、
  番組の再生が始まります。
IMG_1270


(2) リモコンの[再生設定]ボタンを押すと、以下のようなメニューが表示される。
  [字幕切換]を選択し、リモコンの[決定]ボタンを押す。
IMG_1272


(3) [字幕切換]の画面で[入]を選択し(上下ボタンで[入]と[切]を切り替えることができる)、
  リモコンの[戻る]ボタンを押す。
  ※[戻る]ボタンを押すと、[字幕切換]の画面は消える。
IMG_1273


(4) 字幕の表示が出るようになる。(下図赤枠で囲った部分が字幕)
  ※正確には、(3)で[入]にした直後から字幕の表示が出るようになる。
   (3)の図において「親方には…」と出ている部分も字幕である。
IMG_1276


(5) 字幕の表示が出ないようにする(元の状態に戻す)場合は、
  (2)の操作で再度[字幕切換]の画面を表示し、
  [字幕切換]の画面において[切]を選択し、リモコンの[戻る]ボタンを押せばよい。(図は省略)



Amazonでの関連商品紹介ページ
Panasonic DIGA DMR-BWT520



楽天での関連商品紹介ページ
Panasonic DIGA DMR-BWT520



Panasonic DIGA関連の記事一覧
(1) レコーダーの選定
(2) Panasonic DIGA DMR-BWT520 を無線LANでネットワークに接続
(3) アクトビラ会員登録方法
(4) アクトビラの提供機能/利用方法
(5) Panasonic DIGA DMR-BWT520 でのYouTubeの利用方法
(6) Panasonic DIGA DMR-BWT520 のDLNA機能(概要)
(7) Panasonic DIGA DMR-BWT520 をDLNAのサーバーとして使う場合の初期設定
(8) Panasonic DIGA DMR-BWT520 のDLNAサーバー機能
(9) Panasonic DIGA DMR-BWT520 のDLNAクライアント機能
(10) レコーダーの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(11) Pnasonic DIGA上の録画番組を再生することができるDLNAクライアント一覧
(12) レコーダーのHDDに録画したテレビ番組を、BDあるいはDVDにダビングする方法
(13) BDあるいはDVDにダビングしたテレビの録画を、パソコンで再生するには
(14) Panasonic DIGA DMR-BWT520 の字幕表示機能
(15) ソニー nasne(ナスネ):録画した番組をPanasonic DIGA DMR-BWT520 を使用して再生
(16) Panasonic DIGA 上で BD にムーブ(ダビング)するのにかかる時間

字幕関連の記事一覧
(1) IODATA テレキング GV-MVP/FZ:字幕と文字スーパー
(2) 字幕のサポート状況
(3) Panasonic VIERA X50 19V型の字幕表示機能
(4) 東芝 REGZA 32J7 の字幕表示機能
(5) Panasonic DIGA DMR-BWT520 の字幕表示機能
(6) DTCP-IP対応DLNAクライアントソフトウェアの字幕表示機能

BDあるいはDVDにダビングしたテレビの録画を、パソコンで再生するには

1つ前の記事「レコーダーのHDDに録画したテレビ番組を、BDあるいはDVDにダビングする方法
で、Panasonic DIGA DMR-BWT520によって、テレビの録画をダビングしたBDを、
パソコンに挿入して、再生させることができるかどうかを試してみました。

結論から言うと、再生させることはできたのですが、メニュー画面が出せないため、
使い勝手があまりよくないです


[2014.5.5 訂正]
「ちょっと疑問」様からのご指摘により、番組一覧を表示させることができることが分かりました。
具体的な方法は下記(6-1)~(6-3)に示しましたので、参照してください。


手順

(1) テレビの録画をダビングしたBDをパソコンに挿入。
  以下のように、自動的にCorel WinDVD(*1)(*2)が起動し、
  テレビの録画の再生が始まる。

  (*1)Corel WinDVDは、私のパソコン(FUJITSU LIFEBOOK AH77/H, OS:Windows7)
    には、プレインストールされていました。
  (*2)Corel WinDVD がパソコンにプレインストールされていない場合もあると思います。
    何か月か前までは、Windows 7用のCorel WinDVD が販売されていましたが、
    私が調べた範囲、現在、Corel WinDVDは、Windows 8用のものしか販売されていません。
    Corel WinDVD がパソコンにプレインストールされていない場合は、
    最後の[補足]で説明する PowerDVD 14 Ultra を購入されることをおすすめします。

  詳細には、最初の数秒間以下のような画面がでる。(私がデジカメで撮影している
  様子が反射して写ってしまっていますが、その部分は無視していください)
IMG_0740.jpg

  その後、テレビの録画の再生が始まる。
IMG_0739.jpg

(1') BDをパソコンに挿入しても Corel WinDVD が起動しない場合は、
  [コンピュータ]をクリックし、
  [BD-REドライブ(E:)]を右クリックし、
  [Corel WinDVD で再生する](赤枠で囲った部分)をクリックする。

130711_01.png

(2) [次のチャプター]ボタン(赤枠で囲った部分)をクリックすると、
  数分先まで進んだ箇所(チャプター2)までジャンプする。

IMG_0742.jpg

(3) もう一度[次のチャプター]ボタン(赤枠で囲った部分)をクリックすると、
  さらに数分先まで進んだ箇所(チャプター3)までジャンプする。

IMG_0743.jpg

  ※2つ目にダビングした「ニュース」の最初のシーンのように見えますが、
   これは「気象情報」の一番最後の部分として記録されているもののようです。

(4) もう一度[次のチャプター]ボタン(赤枠で囲った部分)をクリックすると、
  2つ目にダビングした「ニュース」の先頭、つまり、
  「ニュース」のチャプター1の先頭にジャンプする。

IMG_0745.jpg

(5) さらに[次のチャプター]ボタン(赤枠で囲った部分)をクリックしていくと、
  「ニュース」はチャプター6まであることが分かる。

IMG_0750.jpg

(6) さらに[次のチャプター]ボタン(赤枠で囲った部分)をクリックすると、
  「気象情報」の先頭(チャプター1)に戻る。

IMG_0751.jpg


以上のように、テレビの録画をダビングしたBDは、パソコン上でも再生することはできた
のですが、レコーダー上で表示される、以下のような、番組一覧のメニュー画面

IMG_0733.jpg 

については表示させる方法が分かりませんでした。(パソコン上では表示させる方法が
ないのかもしれません)
そのため、現状では、ちょっと不便な状態です。
もし、番組一覧のメニュー画面を表示させる方法が分かりましたら、再度報告いたします。

[2014.5.5 訂正]
「ちょっと疑問」様からのご指摘により、番組一覧を表示させることができることが分かりました。
具体的な方法は以下のとおりです。

(6-1) 動画を再生している画面で右クリック。
  出てきたメニューの中の[タイトル](下図赤枠で囲った部分)にマウスポインタを合わせると、
  番組一覧が表示される(下図黄色枠で囲った部分)。
  ※このBDに録画してある番組は、上記の本文とは異なり、「みんなの体操」「気象情報」
    「MLB・アメリカ大リーグ…」となっています。
IMG_1806


(6-2) 番組一覧の番組名をクリックすると、その番組の先頭に移動することができる。
  ここでは、「MLB・アメリカ大リーグ…」(下図赤枠で囲った部分)をクリック。
IMG_1807

(6-3) 「MLB・アメリカ大リーグ…」の先頭に移動する。
IMG_1808


[ 補足 ]

  この記事を最初に書いた時点では、私のパソコンには、まだ、PowerDVD 13 Ultra も
  PowerDVD 14 Ultra もインストールしていませんでした。
  PowerDVD 13 Ultra または PowerDVD 14 Ultra をインストール後は、
  BDをパソコンに挿入すると、
  PowerDVD 13 Ultra をインストールしていれば PowerDVD 13 Ultraが、
  PowerDVD 14 Ultra をインストールしていれば PowerDVD 14 Ultraが起動し、
  テレビの録画番組を再生するようになっています。

  もちろん、今でも、Corel WinDVD を起動してから BD を読み込めば、
  Corel WinDVDで再生することはできます。

  PowerDVD 13 Ultra および PowerDVD 14 Ultraでの BD の再生方法については、
  以下の記事を参照してください。
    ・PowerDVD 13 Ultra の使い方-ローカルPC上のメディア再生機能-
    ・PowerDVD 14 Ultra の使い方-ローカルPC上のメディア再生機能-

  PowerDVD 13 Ultra および PowerDVD 14 Ultra は、価格は少し高いですが、
  BDの再生のほかに、DTCP-IP対応DLNAクライアントソフトの機能も持っています。

  DTCP-IPクライアントソフトについては以下の記事を参照してください。
    ・DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト
    ・DTCP-IP対応DLNAクライアントソフトの比較
    ・PowerDVD 13 Ultra の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
    ・PowerDVD 14 Ultra の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
    ・SoftDMA 2 の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
    ・DiXiM Digital TV plus の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-

  SoftDMA 2、DiXiM Digital TV Plus については、BD/DVDを再生する機能は持って
  いません。まとめると以下のようになります。


製品名BD/DVD再生DTCP-IP対応
DLNAクライアントソフト
Corel Win DVD  〇   ×
PowerDVD 13 Ultra  〇  〇
SoftDMA 2  ×  〇
DiXiM Digital TV Plus  ×  〇

  なお、Corel WinDVD については、以前は、
  Windows 7用のものが単品で販売されていて、かつ、PowerDVD より価格が安かったので、
  Windows 7パソコンを使っていて、Corel WinDVDがプレインストールされていない人に
  とっては、それを別途購入するのも1つの手だったのですが、
  私が調べた範囲、現在(2014.6.9)は、Windows 8用のものしか販売されていません。
  そのため、別途購入するのであれば、私からは、PowerDVDの最新版である 
  PowerDVD 14 Ultra を購入することをおすすめしておきます。


Panasonic DIGA関連の記事一覧
(1) レコーダーの選定
(2) Panasonic DIGA DMR-BWT520 を無線LANでネットワークに接続
(3) アクトビラ会員登録方法
(4) アクトビラの提供機能/利用方法
(5) Panasonic DIGA DMR-BWT520 でのYouTubeの利用方法
(6) Panasonic DIGA DMR-BWT520 のDLNA機能(概要)
(7) Panasonic DIGA DMR-BWT520 をDLNAのサーバーとして使う場合の初期設定
(8) Panasonic DIGA DMR-BWT520 のDLNAサーバー機能
(9) Panasonic DIGA DMR-BWT520 のDLNAクライアント機能
(10) レコーダーの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(11) Pnasonic DIGA上の録画番組を再生することができるDLNAクライアント一覧
(12) レコーダーのHDDに録画したテレビ番組を、BDあるいはDVDにダビングする方法
(13) BDあるいはDVDにダビングしたテレビの録画を、パソコンで再生するには
(14) Panasonic DIGA DMR-BWT520 の字幕表示機能
(15) ソニー nasne(ナスネ):録画した番組をPanasonic DIGA DMR-BWT520 を使用して再生
(16) Panasonic DIGA 上で BD にムーブ(ダビング)するのにかかる時間

レコーダーのHDDに録画したテレビ番組を、BDあるいはDVDにダビングする方法

レコーダー(Panasonic DIGA DMR-BWT520)において、
HDD に録画した番組を、BDあるいはDVDにダビングする方法、および、
BDあるいはDVDにダビングした番組を視聴する方法をご紹介します。

1.HDD に録画した番組を、BDあるいはDVDにダビングする方法

(1) レコーダー経由でテレビ番組を見ている状態で、
  BDあるいはDVDをレコーダー(Panasonic DIGA DMR-BWT520)に挿入する。

(2) 以下のような表示がテレビ画面に出た場合は、
  [かんたんダビング]を選択して、リモコンの決定ボタンを押す。

IMG_0717.jpg

(2') (2)のような画面が出なかった場合は、リモコンの[録画一覧]ボタンを押す。
  以下のような画面となる。

IMG_0718.jpg

  ここで、リモコンの[赤]ボタンを押す。
  以下のような問い合わせが出る。

IMG_0719.jpg

  [かんたんダビングへ]を選択して、リモコン決定ボタンを押す。


(3) (2)の手順でも、(2')の手順でも、以下のように、「かんたんダビング」の
  画面となる。

IMG_0722.jpg

(4) ダビングする番組を選択する。
  ここでは、「気象情報」を選択し、リモコンの決定ボタンを押す。

IMG_0723.jpg

(5) [番組選択完了]を選択し、リモコンの決定ボタンを押す。

IMG_0724.jpg

(6) [ダビング開始]を選択し、リモコンの決定ボタンを押す。

IMG_0725.jpg

(7) [はい]を選択し、リモコンの決定ボタンを押す。

IMG_0726.jpg

(8) ダビングが実行されている間は以下のような画面になる。

IMG_0727.jpg

(9) ダビングが完了すると以下のような画面となる。

IMG_0728.jpg

  ここでリモコンの決定ボタンを押すと、元のテレビ画面に戻る。

(10) もう1番組ダビングする場合は、(2')(3)を再度行う。

(11) ダビングする番組を選択する。
  ここでは、「ニュース」を選択し、リモコンの決定ボタンを押す。

IMG_0730.jpg

(12) (5)~(9)を再度行う。これで「ニュース」もダビング完了。


2.BDあるいはDVDにダビングした番組を視聴する方法

(1) レコーダー経由でテレビ番組を見ている状態で、
  リモコンの[録画一覧]ボタンを押す。以下のような画面となる。

IMG_0735.jpg

  「すべて」(赤枠で囲った部分)が選択された状態となっている。
  「HDD」(緑枠で囲った部分)という表示にある通り、ここに表示されている
  番組は、HDDに録画されたものである。

(2) 左移動ボタンを押して、「ディスク」を選択。
  先ほどダビングした、「気象情報」と「ニュース」が出てくる。

IMG_0733.jpg

(3) 見たい番組を選択して、決定ボタンを押すと、番組の再生が始まる。
  例えば、「気象情報」を選択して決定ボタンを押すと、以下のように、
  「気象情報」の再生が始まる。

IMG_0734.jpg 


Amazonでの関連商品紹介ページ
Panasonic DIGA DMR-BWT520



楽天での関連商品紹介ページ
Panasonic DIGA DMR-BWT520



Panasonic DIGA関連の記事一覧
(1) レコーダーの選定
(2) Panasonic DIGA DMR-BWT520 を無線LANでネットワークに接続
(3) アクトビラ会員登録方法
(4) アクトビラの提供機能/利用方法
(5) Panasonic DIGA DMR-BWT520 でのYouTubeの利用方法
(6) Panasonic DIGA DMR-BWT520 のDLNA機能(概要)
(7) Panasonic DIGA DMR-BWT520 をDLNAのサーバーとして使う場合の初期設定
(8) Panasonic DIGA DMR-BWT520 のDLNAサーバー機能
(9) Panasonic DIGA DMR-BWT520 のDLNAクライアント機能
(10) レコーダーの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(11) Pnasonic DIGA上の録画番組を再生することができるDLNAクライアント一覧
(12) レコーダーのHDDに録画したテレビ番組を、BDあるいはDVDにダビングする方法
(13) BDあるいはDVDにダビングしたテレビの録画を、パソコンで再生するには
(14) Panasonic DIGA DMR-BWT520 の字幕表示機能
(15) ソニー nasne(ナスネ):録画した番組をPanasonic DIGA DMR-BWT520 を使用して再生
(16) Panasonic DIGA 上で BD にムーブ(ダビング)するのにかかる時間
カテゴリー
ブログ内検索
DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト
ソニー nasne
nasne 1TBモデル


NAS
バッファロー LinkStation LS410D0201C

転送速度:100MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇


転送速度
 リード:58MB/s
 ライト:63MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇

ネットワークカメラ
IODATA製 Qwatch TS-WPTCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:〇
暗視:〇
高機能にして割安。

IODATA製 Qwatch TS-WLC2

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇
マイク・スピーカー内蔵。

IODATA製 Qwatch TS-WLCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
安価で簡単。はじめての人におすすめ。

PLANEX製 カメラ一発! CS-W60HD

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX製 カメラ一発! CS-W06N

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX スマカメ CS-QR10

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
スマホ専用のカメラです。

Tenvis製 JPT3815W


無線LAN:〇
接続設定簡単化:×
パン・チルト:〇
暗視:〇
外国製。マニュアルは英文(一部和訳あり)、かつ、あまり詳しいことは書かれていない。サポートは英文メールのみ。その分価格が安い。
SDカード
SDカードは、デジカメ、ネットワークカメラ、パソコンなどで利用できる場合があります。SDカードの選び方に関しては、以下の記事を参照してください。
SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方
  • ライブドアブログ