ホームネットワーク構築方法

当ブログでは、家庭内のパソコン,プリンター,テレビ,レコーダー,NAS,ネットワークカメラなどをLANで接続してホームネットワーク(家庭内LAN)を構築し、それらを連携させて活用する方法を紹介しています。この記事では「デジタルカメラ」の使用方法や設定方法について詳しく説明いたします。

デジタルカメラ

デジカメで撮った動画のDLNA経由での再生状況

私は今までデジタルカメラCanon IXY 430Fでは、静止画の撮影しか行っていませんでしが、
動画の撮影も可能です。

デジタルカメラ Canon IXY 430F で撮影した動画を各DLNAサーバーに置いた場合に、
各DLNAクライアントで再生できたかどうかのテストを行いましたので、結果を報告します。


1.Canon IXY 430F での動画撮影方法

デジタルカメラCanon IXY 430F に電源を入れて、表示された液晶パネルにおいて、
130701_00.pngボタンを押して撮影(録画)開始、
130701_02.pngボタンを押して撮影(録画)終了するだけのことです。非常に簡単です。

詳細は、動画を撮影する方法(IXY 1/430F/420F)を参照してください。


2.テストに使用した Canon IXY 430F で撮影した動画

以下のような動画です。拡張子はMOVとなっています。

130701_03.png

プロパティを見ると、ファイルの種類は「QuickTime ムービー (.MOV)」と
なっています。

130701_04.png

再生すると以下のような動画になってます。(ここでは静止画でしか見せすること
ができませんが)

130701_05.png


3.Canon IXY 430F で撮影した動画を、
  各DLNAサーバーに置いた場合に、
  各DLNAクライアントで再生できたかどうかのテスト結果


以下の通りでした。

DLNAサーバーDLNAクライアント結果
パソコン(*1)パソコン
東芝レグザ 32J7
Panasonic VIERA X50 19V型
Panasonic DIGA DMR-BWT520
IODATA
LANDISK HDL-A2.0
パソコン
東芝レグザ 32J7×
Panasonic VIERA X50 19V型
Panasonic DIGA DMR-BWT520
バッファロー
LinkStation LS-V2.0TLJ
パソコン
東芝レグザ 32J7×
Panasonic VIERA X50 19V型
Panasonic DIGA DMR-BWT520


(*1)パソコンとは、FUJITSU LIFEBOOK AH77/H のことです。

○:再生可能。
×:DLNAクライアントにファイル名は認識されるが、再生しようとすると
  「このコンテンツは再生できません」というメッセージが出る。


4.所感

私は今まで、WMV(Window Media Video)形式の動画ファイルを
NAS( IODATA LANDISK HDL-A2.0 あるいは  バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ )
上に置いた場合に、DLNAクライアント側で再生できないことを問題視してきました。

しかし、一般には、NAS上に保存する動画は、デジタルカメラやデジタルビデオカメラで
撮影した動画が多のかもしれません。

今回は、デジタルカメラの結果しか試せていませんが、デジタルビデオカメラで撮影した
動画についても、同様の結果になる可能性が高いと思います。

だとすると、それらの動画は、VIERA や DIGA でなら再生可能であるため、
多くの人は、何も不便を感じないことになります。

現在は、WMV(Window Media Video)形式の動画ファイルを NAS上に置いた場合に、
DLNAクライアント側で再生できないのは、大した問題ではないのかもしれないと
感じ始めています。


Amazonでの関連商品の紹介サイト
Canon IXY 430F
IODATA LANDISK HDL-A2.0
バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ
東芝レグザ 32J7
Panasonic VIERA X50 19V型
Panasonic DIGA DMR-BWT520


NASの一般論/製品比較関連の記事一覧
(1) IODATA LANDISK HDL-A2.0 と バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ の性能比較
(2) NASにムーブしたテレビ番組録画を再生することができるDLNAクライアント一覧
(3) デジカメで撮った動画のDLNA経由での再生状況
(4) IODATA LANDISK HDL-A2.0 と バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ の比較
(5) NASをDLNAサーバーとした場合の、各DLNAクライアントでのコンテンツ再生可能状況
(6) インターネットからダウンロードした動画について

(7) DLNAとDTCP-IPの両方をサポートしているNAS
(8) パソコンをDLNAサーバーとした場合の、各DLNAクライアントでのコンテンツ再生可能状況
(9) DLNAとDTCP-IPの両方をサポートしているNAS(2015.2.28)

デジタルカメラの再設定-無線LAN親機変更に伴い-

私の家のホームネットワーク(家庭内LAN)環境において、
無線LAN親機(無線LANアクセスポイント)を、
WZR-HP-AG300H から WZR-600DHP に変更したことに伴い、
無線LAN子機側(パソコン、デジタルカメラ、プリンター、レコーダー、テレビ)
の再設定が必要になりました。


※変更理由については、以下の記事を参考にしてください。
  WZR-600DHPのほうが一方的に良いというわけではなく、各々にメリットがあります。
  ・無線LAN親機を WZR-HP-AG300H から、WZR-600DHP に変更

この記事では、デジタルカメラの再設定内容について記載します。


私が使用しているデジタルカメラの機種は Canon IXY 430F です。


デジタルカメラを無線LANでネットワークに接続」(以降、前回記事と呼ぶ) の
「接続手順」を再度行えばよいわけですが、全てをやり直す必要はありませんでした。

初回の設定手順
 前回記事の「初回の設定手順」の(5)以降を再度行えばOKです。
 ※長い手順のように見えますが、SSIDなどは、手順(10)で、無線LAN親機側の
  AOSSボタンを押すことにより認識されるため、入力する必要はなく、
  以前やった「初回の設定手順」の(5)以降を、そのままもう一度やるだけで
  よかったので、簡単でした。


2回目以降の設定手順
 「設定手順」と言うより、
 「撮った写真をデジタルカメラからパソコンに転送する方法」と言ったほうが
 いいかもしれません。


 当然かもしれませんが、上記「初回の設定手順」をやれば、
 以前と全く同じ方法で転送できるようになりました。


Amazonでの関連商品紹介ページ
[ バッファロー WZR-600DHP ]


[ バッファロー WZR-HP-AG300H ]


[ Canon IXY 430F ]



無線LAN親機関連の記事一覧
(1) 無線LAN親機、カードタイプと、外付けタイプではどちらがよいか?
(2) パソコンを無線LANでネットワークに接続
(3) プリンターを無線LANでネットワークに接続
(4) デジタルカメラを無線LANでネットワークに接続
(5) Panasonic DIGA DMR-BWT520 を無線LANでネットワークに接続
(6) テレビを無線LANでネットワークに接続
(7) 無線LAN親機を WZR-HP-AG300H から、WZR-600DHP に変更
(8) パソコンの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(9) デジタルカメラの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(10) プリンターの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(11) レコーダーの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(12) テレビの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(13) バッファロー製無線LAN親機最新機種のラインナップ
(14) バッファロー製無線LAN親機のラインナップ(2014.8.15)
(15) おすすめ無線LAN親機(バッファロー製)(2014.12.29)

デジタルカメラを無線LANでネットワークに接続

私の家のホームネットワーク(家庭内LAN)環境において、
無線LAN親機(無線LANアクセスポイント)経由で、パソコン(無線LAN子機内蔵)
とデジタルカメラ(無線LAN機能付き)の接続に成功しました。

無線LAN親機は、バッファロー WZR-HP-AG300H
デジタルカメラは、Canon IXY 430Fです。

我が家のネットワーク構成図は、現状以下のようになりました。

121219_1

接続手順
 「Canon IXY 430F カメラユーザーズガイド」に記載されています。


 無線LANの接続手順に関係した部分は以下のとおりです。
 ・「基本編」の「ソフトウェアと電子マニュアルを使う」の
  「インストールする」の部分(30ページ)
 ・「無線LAN編」の「カメラにニックネームを登録する」(44ページ)および
  「パソコンと接続する」(55ページ)


 要約すると以下のようになります。(要約しても長いです)


 ・初回の設定手順
  (1) カメラに同梱されていたCDからソフトウェアをインストール。
  (2) カメラに任意のニックネームを登録する。
    (パソコンなし、カメラのみでできます)
  (3) パソコンにおいて、メディアストリーミングと、ネットワーク探索を
    有効にする。(難しそうですが、ユーザーズガイドに書かれた手順通り
    にやれば問題なく設定できます)
  (4) パソコンにおいて、ICMP設定のエコー要求の受信とUPnPのサービスを
    有効にする。(難しそうですが、ユーザーズガイドに書かれた手順通り
    にやれば問題なく設定できます)
  (5) カメラ側で、液晶画面の無線LANのマーク(以下の図の赤枠で囲った部分)
    にタッチする。
a1


  (6) カメラ側で、液晶画面のパソコンのマーク(以下の図の赤枠で囲った部分)
    にタッチする。
a2

  (7) カメラ側で、液晶画面の[接続先の機器の登録]にタッチする。
a3

  (8) ここから先は、WPS(Wi-Fi Protected Setup)(簡単に言うと自動設定
    のことです)を使う方法と、使わない方法があります。
    ここでは、WPS(自動設定)を使う方法で行います。 
    カメラ側で、液晶画面の[簡単設定(WPS接続)]にタッチする。
a4

  (9) カメラ側で、液晶画面の[プッシュボタン方式]にタッチする。
a5

  (10) 無線LAN親機の、AOSSボタンを押す。
  (11) カメラ側で、パソコンが検出され、液晶画面にパソコン名が表示される。
    このパソコン名にタッチする。(以下の例ではパソコン名は"ID_1")
a6

       ↓
    カメラ側はこれで待ち状態になります。(液晶画面は以下のようになる)
a7

  (12) パソコン側でドライバーをインストールする。(詳細な手順は、
    ユーザーズガイドを参照してください)
      ↓
    パソコン側でドライバーのインストールが終わると、
    カメラ側の液晶画面が真っ暗になります。


  (13) パソコン側で、CameraWindowを起動する。
    (CameraWindowは、手順(1)でインストールされたソフトウェア)
      ↓
    カメラ内の画像(カメラで撮った写真)の一覧が表示されます。
    全ての画像、あるいは、選択した画像を、パソコン側に転送する
    ことができます。


 ・2回目以降の設定手順
  (1) カメラ側で、液晶画面の無線LANのマークにタッチする。
    (図に関しては、初回の設定手順(5)の図と同じ)
  (2) カメラ側で、液晶画面のパソコンのマークにタッチする。
    (図に関しては、初回の設定手順(5)の図と同じ)
  (3) カメラ側で、パソコンが検出され、液晶画面にパソコン名が表示される。
    このパソコン名にタッチする。
      ↓
    しばらくすると、カメラ側の液晶画面が真っ暗になります。


  (4) パソコン側で、CameraWindowを起動し(CameraWindowは、手順(1)で
    インストールされたソフトウェア)、[カメラ内の稼働の取り込み]を
    クリックする。
      ↓
    カメラ内の画像(カメラで撮った写真)の一覧が表示されます。
    全ての画像、あるいは、選択した画像を、パソコン側に転送する
    ことができます。


 注:デジタルカメラの液晶画面の写真はCanon様のホームページにあったものを
   使用させていただきました。



デジタルカメラは、無線LANで接続する必要があるのか?


 デジタルカメラで、無線LANを使用する場面は、デジタルカメラ内のデータ
 (デジタルカメラで撮った写真)をパソコンに転送する場面です。
 この場面では、どのみち(無線LANを使う場合であっても)、デジタルカメラは、
 パソコンのそばに持っていくことになります。
 転送は、無線LANを使わなくても、USBケーブル1本を、デジタルカメラとパソコン
 の間につなげば、できてしまいます。

 つまり、デジタルカメラにおいて、無線LANを使用するメリットは、
 データ転送時に、 パソコンとデジタルカメラをUSBケーブルで接続する手間を、
 デジタルカメラの液晶パネル上での何個かの操作に置き換えられるだけのことです。


 そのため、デジタルカメラにおいては、パソコンやプリンターほど、無線LANの
 必要性は大きくないです。


 私は個人的には、データ転送のたびに、USBケーブルを接続するより、
 液晶パネルの操作で済んだほうが良いので、無線LAN機能を使いますが、
 USBケーブルを接続するのが大した手間でないと感じる人は、必ずしも、
 デジタルカメラに対して、無線LAN機能を使う必要はないと思います。


関連商品紹介ページ
[ バッファロー WZR-HP-AG300H ]


[ Canon IXY 430F ]



無線LAN親機関連の記事一覧
(1) 無線LAN親機、カードタイプと、外付けタイプではどちらがよいか?
(2) パソコンを無線LANでネットワークに接続
(3) プリンターを無線LANでネットワークに接続
(4) デジタルカメラを無線LANでネットワークに接続
(5) Panasonic DIGA DMR-BWT520 を無線LANでネットワークに接続
(6) テレビを無線LANでネットワークに接続
(7) 無線LAN親機を WZR-HP-AG300H から、WZR-600DHP に変更
(8) パソコンの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(9) デジタルカメラの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(10) プリンターの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(11) レコーダーの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(12) テレビの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(13) バッファロー製無線LAN親機最新機種のラインナップ
(14) バッファロー製無線LAN親機のラインナップ(2014.8.15)
(15) おすすめ無線LAN親機(バッファロー製)(2014.12.29)

カテゴリー
ブログ内検索
DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト
ソニー nasne
nasne 1TBモデル


nasne 500GBモデル


2015.3.20現在、500GBモデルより1TBモデルのほうが安くなっています。この状況であれば1TBモデルを買ったほうが良いです。
NAS
バッファロー LinkStation LS410D0201C

転送速度:100MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇


転送速度
 リード:58MB/s
 ライト:63MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇

ネットワークカメラ
IODATA製 Qwatch TS-WPTCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:〇
暗視:〇
高機能にして割安。

IODATA製 Qwatch TS-WLC2

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇
マイク・スピーカー内蔵。

IODATA製 Qwatch TS-WLCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
安価で簡単。はじめての人におすすめ。

PLANEX製 カメラ一発! CS-W60HD

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX製 カメラ一発! CS-W06N

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX スマカメ CS-QR10

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
スマホ専用のカメラです。

Tenvis製 JPT3815W


無線LAN:〇
接続設定簡単化:×
パン・チルト:〇
暗視:〇
外国製。マニュアルは英文(一部和訳あり)、かつ、あまり詳しいことは書かれていない。サポートは英文メールのみ。その分価格が安い。
SDカード
SDカードは、デジカメ、ネットワークカメラ、パソコンなどで利用できる場合があります。SDカードの選び方に関しては、以下の記事を参照してください。
SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方
  • ライブドアブログ