ホームネットワーク構築方法

当ブログでは、家庭内のパソコン,プリンター,テレビ,レコーダー,NAS,ネットワークカメラなどをLANで接続してホームネットワーク(家庭内LAN)を構築し、それらを連携させて活用する方法を紹介しています。この記事では「通信規格」の使用方法や設定方法について詳しく説明いたします。

通信規格

DTCP+ と DLPAリモートアクセスについて

DTCP+ と DLPAリモートアクセスについて説明します。


1.DTCP+


DTCP+ とは、DTCP-IP の新バージョン「DTCP-IP 1.4」の通称です。


DTCP-IP(Digital Transmission Content Protection over Internet Protocol)は、
コンテンツを暗号化することで、コンテンツの不正コピーを防止する機能ですが、
送信側で暗号化し、受信側で復号化する際の鍵の交換などの手順が、
ローカルネットワーク内でしか規定されていませんでした。


DTCP-IPによる暗号化/復号化を、インターネット経由でもできるようにしたものが
DTCP+ です。


現在、日本のデジタル放送番組は、機器から機器に伝送する場合、
ローカルネットワーク内では、(従来からの)DTCP-IPの手順に従って暗号化/復号化を行い、
インターネット経由で送受信する場合は、DTCP+の手順に従って暗号化/復号化を行うよう
になっています。


そのため、テレビの録画番組を機器から機器へ伝送する場合、
ローカルネットワーク内では、送信側/受信側の双方が(従来からの)DTCP-IPに、
インターネット経由では、送信側/受信側の双方がDTCP+に対応している必要があります。


2.DLPAリモートアクセス


暗号化/復号化の方式だけを規定しても、機器間の接続手順全体を規定しなければ、
接続手順がメーカー独自のものとなり、異なるメーカーの機器と接続できなくなります。


ローカルネットワーク内であれば、DLNAと呼ばれる接続手順が規定されており、
デジタル放送番組を含む動画/音楽/写真などのコンテンツを送受信する場合、
ほとんどのメーカー/機器がそれに従っているため、
送信側と受信側の機器でメーカーが異なっても、接続が可能になっています。


インターネット経由での、デジタル放送の番組および録画番組に関して、
機器間の接続手順を規定したものがDLPAリモートアクセスと呼ばれるものです。


DLPAリモートアクセスに準拠していれば、送信側と受信側の機器でメーカーが異なって
いても、デジタル放送の番組および録画番組の再生が可能となります。


※現状は、DTCP+が録画番組にしか対応していないため、実際にインターネット経由で
 接続して再生できるのは、録画番組に限定されます。


※「DLPA」という名前がついていても、「DLPA NAS level.3」は、「DLPAリモートアクセス」
 とは別プロトコルなので、ご注意ください。



通信規格関連の記事一覧
(1) Wi-Fi Directについて
(2) 無線LANの自動設定機能(AOSS、WPSなど)について

(3) DLNA と DTCP-IP について

(4) DTCP+ と DLPAリモートアクセスについて

DLNA と DTCP-IP について

DLNA と DTCP-IP について説明します。


1.DLNA


DLNA(Digital Living Network Alliance)とは、家庭内で電子装置間のネットワーク
を可能にする規格、または、その規格を作成している団体を意味します。


現在、パソコン/テレビ/レコーダー/NASなどの、ホームネットワーク経由での
動画/音楽/写真の配信および再生は、ほとんどの場合、DLNA に従って行われています。


DLNAでは、
 ・コンテンツを保持している側(コンテンツを配信する側)を、
  「DLNAサーバー」または「デジタルメディアサーバー(DMS)」と呼び、
 ・コンテンツを再生する側(コンテンツを受信する側)を、
  「DLNAクライアント」または「デジタルメディアプレーヤー(DMP)」
と呼びます。


どのコンテンツを再生するかは、
利用者が、「DLNAクライアント」に指定し、
「DLNAクライアント」が、「DLNAサーバー」を検索しに行きます。


備考.クライアント/サーバー以外のDLNAのモデルについて


 DLNAでは、上記で説明したクライアント/サーバーモデル
 つまり、以下の2つの要素で構成されるモデル(2 Box Pull)
  「デジタルメディアサーバー(DMS)」
  「デジタルメディアプレーヤー(DMP)」


 の他に、以下の3つの要素で構成されるモデル(3 Box)
  「デジタルメディアサーバー(DMS)」
  「デジタルメディアレンダラ―(DMR)」
  「デジタルメディアコントローラー(DMC)」
 も規定しています。


 2 Box Pull のイメージ
 150221_10

 3 Box のイメージ

 150221_11

 3 Box の場合、どのコンテンツを再生するかは、利用者がDMCに指定し、
 DMRは、DMCからの指示に従って、再生のみを行うような仕様となっています。


 単に「DLNAをサポートしている」と言った場合、
 2 Box Pull モデルの、DMS および DMP の機能をサポートしていることを
 意味する場合が多いようです。


 本ブログでも、特に断らない限り、2 Box Pull モデルを前提とします。


2.DTCP-IP


DTCP-IP(Digital Transmission Content Protection over Internet Protocol)は、
コンテンツを暗号化することで、コンテンツの不正コピーを防止する機能です。


現在、日本のデジタル放送番組は、機器から機器に伝送する場合、
DTCP-IPの手順に従って、送信側で暗号化し、受信側で復号化するようになっています。

そのため、テレビ番組録画については、
DLNAサーバーとDLNAクライアントの双方が、DTCP-IPに対応していなければ、
DLNAの機能で再生することはできません。


テレビ/レコーダーの会社は、DTCP-IP対応のDLNA機能を、独自の名前で呼んでいる
場合があります。
例.
 Panasonic … お部屋ジャンプリンク
 東芝 … レグザリンク・シェア
 Sony … ソニールームリンク



通信規格関連の記事一覧
(1) Wi-Fi Directについて
(2) 無線LANの自動設定機能(AOSS、WPSなど)について

(3) DLNA と DTCP-IP について

(4) DTCP+ と DLPAリモートアクセスについて

無線LANの自動設定機能(AOSS、WPSなど)について

無線LANの自動設定機能(AOSS、WPSなど)について説明します。


1.無線LANの設定項目


パソコン、プリンタ、デジタルカメラなどを無線LAN環境に接続するには、
それらの機器に、無線LAN親機の以下の情報を登録する必要があります。


(1) SSID(ネットワーク名とも呼ばれる)
 無線LAN親機(無線LANアクセスポイントとも呼ばれる)の識別子のことです。
 無線LAN親機の側面などに記載されていることが多いです。
 例えば、我が家の無線LAN親機(機種はバッファロー製 WZR-600DHP)の
 SSIDは、5.0GHz用が「106F3FE63236_A」、2.4GHz用が「106F3FE63236_G」です。


(2) セキュリティの種類
 「セキュリティ」という呼び方の他に、「認証方式」とか「暗号化方式」といった呼び方を
 される場合があります。

 「WPA-パーソナル」(WPA-PSKと記載される場合あり)、
 「WPA2-パーソナル」(WPA2-PSKと記載される場合あり)、
 「WEP」などがあります。

(3) 暗号化の種類
 「暗号化」という呼び方の他に、「暗号化プロトコル」とか「暗号化方式」といった呼び方を
 される場合があります。(特に「暗号化方式」という言葉は(2)を表す場合と、(3)を表す場合
 のどちらもあるので、混乱しやすいです)

 暗号アルゴリズム(例. AES, RC4)、または、
 暗号アルゴリズムを使用した無線LAN固有の暗号化(例. TKIP)のことです。


(4) ネットワークセキュリティキー
 (3)の暗号化で使用されるキーのことです。
 無線LAN親機の側面などに記載されていることが多いです。


注1:上記表題の用語の使い方は、原則 Windows 7 での用語の使い方に従って
   います。残念ながら、メーカー/団体/人によって、用語の使い方がまちまちで、
   統一されていません。

注2:WEPとAESを同レベルのものとして説明してある文書が存在しますが、
   WEPは上記(2)のレベルのもの、AESは上記(3)のレベルのものであり、
   本来は同じレベルのものではありません。
   WEPとAESを同じレベルのものとして説明してある文書では、
   WEP(暗号アルゴリズムはRC4を使用)と、
   暗号アルゴリズムとしてAESを使用した認証方式を比較しているのだ
   と思います。
   
注3:略語の説明
   SSID... フルスペル:Service Set Identifier、読み:エスエスアイディー。
   WPA ... フルスペル:Wi-Fi Protected Access、読み:ダブリューピーエー。
   WEP ... フルスペル:Wired Equivalent Privacy、読み:ウェップ。
   AES ... フルスペル:Advanced Encryption Standard、読み:エーイーエス。
   RC4 ... フルスペル:Rivest’s Cipher 4、読み:アールシーフォー。
   TKIP .. フルスペル:Temporal Key Integrity Protocol、読み:ティーキップ。



2.無線LANの自動設定機能


しかし、(1)~(4)を手入力で登録するのは以下の点で大変です。

・(1)のSSIDと、(4)のネットワークセキュリティキーは、どちらもかなり長い
 文字列である。

・(2)のセキュリティの種類と、(3)の暗号化の種類は、何を選ぶのが適切なのか
 について、専門的な知識が必要。また、注1に示したとおり、用語も統一されて
 いないため、さらに分かりにくくなっている。


そこで登場するのが、これらの入力の自動化です。
ここでは、この機能を「無線LANの自動設定機能」と呼ぶことにします。


注1.文字列を入力する必要はないものの、何もしなくてよいわけではなくボタンを
  押す必要はあるという意味で、「自動設定」ではなく、「簡易設定」と呼ばれ
  る場合もあるようですが。


注2.「無線LANの自動設定機能」を使用せず、手動で設定を行う場合、
  無線LAN子機側では、(1)(4)のみを設定し、(2)(3)は設定しないようになっている場合
  があります。その場合は、多分、(2)(3)は無線LAN親機が使用しているものが自動的
  に判定/設定されているのではないかと思います。
  例.
    ・Windows7パソコンでは、
      手動で設定する場合、(1)(2)(3)(4)全てを設定するようになっている。
    ・私が持っているスマホ(iPhone)、テレビ(Panasonic VIERA X50)では、
     手動で設定する場合、(1)(4)のみを設定するようになっている。

無線LANの自動設定機能は、おおまかに、以下の3種類のものがあります。
(a) バッファロー社が開発した「AOSS」。
  フルスペル:AirStation One-Touch Secure System、読み:エーオーエスエス。
  * 現在は、「AOSS」をさらに進歩(簡素化)させた「AOSS2」が中心になっています。
(b) NECが開発した「らくらく無線スタート」。
(c) Wi-Fi Alianceが策定した「WPS」。
  フルスペル:Wi-Fi Protected Setup、読み:ダブリューピーエス。。


いずれも、各装置(パソコン、プリンター、デジタルカメラなど)と、
無線LAN親機の接続設定をする時、
元々は各装置に上記(1)(2)(3)(4)を手入力で設定していたのを、
無線LAN親機側のあるボタン(バッファロー製の無線LAN親機だと「AOSSボタン」)
を押すだけで、各装置に上記(1)(2)(3)(4)の情報が設定されるというものです。


無線LAN親機と、各装置が、原則同じ種類の自動設定機能をサポートしている必要が
あります。


例えば、我が家の無線LAN親機 WZR-600DHPは、AOSS2,AOSS, WPSをサポートして
いるので、各装置側は AOSS2, AOSS, WPS のどれかをサポートしていれば、
自動設定機能を使用可能です。


私自身、我が家の無線LAN環境設定では、パソコン、プリンタ、デジタルカメラ、
ネットワークカメラについては、自動設定機能を利用しました。


※プリンタ(EPSON製 EP-805A)に関してはAOSSとWPSの両方に対応、
 デジタルカメラ(Canon製 IXY 430F)に関してはWPSに対応していると、
 マニュアルに記載がありました。


※無線LAN子機側がパソコンの場合は少し特殊で、
 パソコンが無線LANの自動設定機能をサポートしている必要はなく、
 無線LAN親機のメーカーから提供されたプログラムをブラウザ経由で使用して、
 「AOSS2」を使用するようになっていました。


無線LANの自動設定機能が利用可能であれば、原則、利用するのがよいと思います。


※ただし、常に「無線LANの自動設定機能」を使ったほうが簡単かと言うとそうでもありません。
 自動設定機能自体が簡単であっても、それを利用するためのプログラムのインストールが
 面倒であったり、自動設定機能を使用するための画面を表示するまでの手順が面倒である
 場合もありました。
 その一方で、自動設定機能を使用しない場合でも、
   ・「SSID」は、手入力するのではなく、表示されたものの中から選ぶだけ
   ・「セキュリティキー」は手入力する
   ・「認証方式」「暗号化プロトコル」は何もしなくても自動的に設定される
 と、かなり簡素化されている場合もありました。


 原則は、自動設定を使用する方向で検討してみて、そちらがかえって面倒そうなら、
 手動で設定してもよいと思います。



通信規格関連の記事一覧
(1) Wi-Fi Directについて
(2) 無線LANの自動設定機能(AOSS、WPSなど)について

(3) DLNA と DTCP-IP について

(4) DTCP+ と DLPAリモートアクセスについて

Wi-Fi Directについて

私が購入したEPSON製プリンター EP-805A は、Wi-Fi Directをサポートしています。
※プリンター以外でも、Wi-Fi Directをサポートした機器はあるようです。


Wi-Fi Directとは、無線LAN親機なしで、プリンターと、スマホやパソコンを
接続する機能です。以下のURLを参照してください。
http://www.epson.jp/products/colorio/printer/smart/wifi/
注:このURLでは「無線LAN親機」のことを「無線LANルーター」と呼んでいます。


しかし、上記URLに、以下のような(注)が記載されています。
(注) Wi-Fi DirectモードでWi-Fi Directを開始すると、つながっていた有線LAN,
  無線LANは切断されます。


私の家のネットワーク(ホームネットワーク)には、無線LAN親機は存在していますし、
Wi-Fi Directによって他の通信が切断されるのは嫌なので、今のところ、Wi-Fi Direct
は使用しない予定です。


通信規格関連の記事一覧

(1) Wi-Fi Directについて
(2) 無線LANの自動設定機能(AOSS、WPSなど)について

(3) DLNA と DTCP-IP について

(4) DTCP+ と DLPAリモートアクセスについて

カテゴリー
ブログ内検索
DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト
ソニー nasne
nasne 1TBモデル


NAS
バッファロー LinkStation LS410D0201C

転送速度:100MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇

バッファロー Link Station LS210D0201C
転送速度
 リード:58MB/s
 ライト:63MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇

ネットワークカメラ
IODATA製 Qwatch TS-WPTCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:〇
暗視:〇
高機能にして割安。

IODATA製 Qwatch TS-WLC2

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇
マイク・スピーカー内蔵。

IODATA製 Qwatch TS-WLCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
安価で簡単。はじめての人におすすめ。

PLANEX製 カメラ一発! CS-W60HD

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX製 カメラ一発! CS-W06N

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX スマカメ CS-QR10

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
スマホ専用のカメラです。

Tenvis製 JPT3815W


無線LAN:〇
接続設定簡単化:×
パン・チルト:〇
暗視:〇
外国製。マニュアルは英文(一部和訳あり)、かつ、あまり詳しいことは書かれていない。サポートは英文メールのみ。その分価格が安い。
SDカード
SDカードは、デジカメ、ネットワークカメラ、パソコンなどで利用できる場合があります。SDカードの選び方に関しては、以下の記事を参照してください。
SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方
  • ライブドアブログ