ホームネットワーク構築方法

当ブログでは、家庭内のパソコン,プリンター,テレビ,レコーダー,NAS,ネットワークカメラなどをLANで接続してホームネットワーク(家庭内LAN)を構築し、それらを連携させて活用する方法を紹介しています。この記事では「プリンター」の使用方法や設定方法について詳しく説明いたします。

プリンター

プリンターの選び方-まとめ-(2015.4.12)

プリンターの選び方については、2年程前に一度まとめたのですが、各メーカーから出荷
されている機種が大きく変わっているため、ここでまとめ直しておこうと思います。


家庭で使用する場合と、オフィスで使用する場合では選び方が異なると思いますが、
ここでは、家庭で使用することを前提に考えます。



1.インクジェットプリンターのメリットとデメリット

現在、ビジネス向けではページプリンター(レーザープリンター、LEDプリンター)
が主流ですが、家庭向けではインクジェットプリンターが主流です。


インクジェットプリンターは、ページプリンターに比べて、
以下のデメリット/メリットがあります。


デメリット
 (1) 小さい文字が不鮮明(インクがにじむため)
 (2) 印刷スピードが遅い
 (3) 印刷コストが大きい(インク代が高い)


メリット
 (4) プリンターの価格が安い
 (5) プリンターのサイズが小さい


私も、家庭では、インクジェットプリンターである EPSON カラリオ EP-805A を使用していますが、
(1)(2)(3)は、実用上困るレベルではありません。


一方、もし、プリンターのサイズが、今使用しているものより大きくなると、
置き場所に困る/移動が大変など、不便を感じることが増えると思います。


そのため、私からは、家庭で使用する場合、上記(1)(2)(3)に特別なこだわりが
ないのであれば、インクジェットプリンターを購入することをおすすめします。



2.プリンターの選び方

どの機種を購入すべきかについては、人によって要件が異なると思いますが、
私の場合は以下の通りです。


●必須条件
 ・A4、カラー、両面印刷がサポートされている。
 ・無線LANで接続可能。
 ・コピー、スキャンもできる。(高度な機能は必要ない)


●必須ではないが、あったほうがよい条件
 ・有線LANでも接続可能。(*1)
 ・印刷速度は速いほうがよい。(価格とのバランスで検討)


(*1)無線LAN親機との相性問題などで無線LANがつながらなかった場合の対処のため、
  有線LANもできればサポートされていたほうがよいと考えています。


これらを満たすプリンターのうち、各メーカーの代表的な機種は以下のとおりです。


機種名無線
LAN
有線
LAN
両面 印刷コピ
スキ ャンFAX印刷
スピード
顔料サイズ価格
EPSON カラリオ EP-807A×14秒
不使用390×341×141 mm16,326円
Canon PIXUS MG7530×18秒
10ipm
使用435×370×148 mm14,655円
Canon PIXUS MG5630××37秒
8.7ipm
使用455×369×148 mm 8,370円
Canon PIXUS MG3530××37秒
5.7ipm
使用449×304×152 mm 5,616円
ブラザー PRIVIO DCP-J957N-ECO×
10ipm
使用410×374×180 mm 9,980円
ブラザー PRIVIO DCP-J557N-ECO××- 
10ipm
使用410×374×180 mm 6,980円

(注1) 印刷スピードの値の意味は以下のとおり。
    上段:L判1枚の用紙が印刷されるのにかかる時間
       "-"は値が公開されていなかったことを意味する。
    下段:A4紙が1秒間に何枚カラー印刷できるか。10枚なら 10ipm。
       "-"は値が公開されていなかったことを意味する。
(注2) 顔料ブラックインクを使用すると、黒インクのにじみが発生しずらく
   なるため、使用しない場合と比べ、文字が鮮明に印刷される。
   EPSON Colorio は顔料を使用していいため、文字の鮮明さでは他の機種に
   劣ると思われるが、その分、写真印刷の美しさには定評がある。
(注3) サイズは、プリンタ本体の、幅 x 奥行 x 高さ。
(注4) 価格は2015.4.12時点の Amazonでの価格。


要件が、私と同じであれば、上記のうちいずれかを選ぶとよいと思います。
上記のうちどれを選ぶべきかについては、以下の選択基準(例)を参考にしてください。


選択基準(例)


・印刷スピードが(インクジェットにしては)速く、かつ、
 写真をきれいに印刷したい → EPSON カラリオ EP-807A


・印刷スピードが(インクジェットにしては)速く、かつ、
 文字をきれいに印刷したい → Canon PIXUS MG7530         または
                      ブラザー PRIVIO DCP-J957N-ECO または
                      ブラザー PRIVIO DCP-J557N-ECO


・印刷スピードが多少遅くても安いほうがよい → Canon PIXUS MG3530


・本体のサイズが小さめがよい → EPSON カラリオ EP-807A


・人気のあるメーカーのものがよい → Canon製のもの


関連商品紹介ページ
EPSON カラリオ EP-807A
Canon PIXUS MG7530
Canon PIXUS MG5630
Canon PIXUS MG3530
ブラザー PRIVIO DCP-J957N-ECO
ブラザー PRIVIO DCP-J557N-ECO



プリンター関連の記事一覧
(1) プリンターを無線LANでネットワークに接続
(2) プリンターの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(3) プリンターの選び方-EPSON(エプソン)製-
(4) EPSON カラリオ EP-805A の両面印刷機能と割り付け印刷機能
(5) EPSON カラリオ EP-805A のコピー機能
(6) EPSON カラリオ EP-805A のスキャン(スキャナー)機能
(7) プリンターの選び方-Canon(キャノン)製-
(8) プリンターの印刷スピードについて補足/訂正
(9) プリンターの選び方-ブラザー製-
(10) プリンターの選び方-NEC製-
(11) EPSON カラリオ EP-805A の画質-実例-
(12) プリンターの画質に関して補足
(13) プリンターの選び方-HP製-
(14) プリンターの選び方-まとめ-
(15) EPSON カラリオ EP-805A 用のインクについて(純正インクと互換インク)
(16) EPSON カラリオ EP-805A:きれいにカラー印刷されない現象への対応-ヘッドクリーニング-
(17) プリンターの選び方-EPSON製-(2015.3.29)
(18) プリンターの選び方-Canon(キャノン)製-(2015.4.5)
(19) プリンターの選び方-ブラザー製-(2015.4.11)
(20) プリンターの選び方-まとめ-(2015.4.12)

プリンターの選び方-ブラザー製-(2015.4.11)

ブラザー製のプリンターについても再度調査しまとめ直しました。


同等機能の製品がCanon製やEPSON製より低価格となっています。


印刷品質は、Cannon製やEPSON製と差がないとされています。
 出典:エプソン EP-806A、キャノン MG7130、ブラザー DCP-J952N を比較


印刷の特徴としては、インクに顔料が含まれたものが使用されているため、
Canon製に近い(文字の印刷がきれい)と思われます。



1.ブラザー製プリンター全機種


ブラザー製プリンター全機種のページにおいて、
家庭向けで、かつ、A4の印刷に使えそうなものは以下の3つです。
 ・パーソナル向けインクジェットプリンター・複合機
 ・レーザープリンター
 ・レーザー複合機


今回は、主に、コピー機能や、スキャン(スキャナー)機能も持っているものを
探しているので、それらを持っていないと思われる「レーザープリンター」は対象外にしました。


レーザー複合機のページを見てみると、
カラーモデルで最安値と思われるものは、MFC-9340CDWです。
Amazonでこれの価格を調べてみると、46,400円です。
買えない金額ではないですが、少し高いです。

また、レーザー複合機は全体に体積が大きい(インクジェットプリンターに
比べて高さが大きい)ため、家庭に導入するには苦しい気がします。

そのため、レーザー複合機も対象外にしました。


残るは、パーソナル向けインクジェットプリンター・複合機です。



2.パーソナル向けインクジェットプリンター・複合機 について


パーソナル向けインクジェットプリンター・複合機のページを見て検討しました。


上記のページには出ていないのに、Amazonのプリンターの売上ランキングでは
上位に入っているものがあります。
DCP-J557N-ECO と DCP-J957N-ECO です。
※末尾に「-ECO」の付いたものが上記のページには含まれていないです。


DCP-J557N-ECOは、プリンタ本体は DCP-J557N と同じものですが、
以下の付属品が含まれないようです。(その分安くなる)
 ・USBケーブル(1.8m)
 ・デコレーションシート(3種)
 ・A4普通紙&写真光沢紙L判、
 ・取扱説明書(ここからダウンロード可能)

 ※DCP-J557N のスペック詳細 と DCP-J557N-ECO のスペック詳細を比較。

DCP-J957N と DCP-J957N-ECO の違いも、各々のスペック詳細を比較してみると、
DCP-J557N の場合と同様でした。


各機能のサポート状況、および、価格を一覧表にすると以下のとおりです。
※今回は、電話、FAX、A3印刷をサポートしているものは対象外にしました。
  これらの機能が必要な人もいると思うのですが、ブラザー製は機種が多いので、
  需要の大きい機能のみをサポートしている機種に絞らせていただくことにしました。


機種名無線
LAN
有線
LAN
両面
印刷
コピースキャン用紙サイズ印刷
スピード
価格
DCP-J957NL判~A410ipm10,380円
DCP-J957N-ECOL判~A410ipm 9,980円
DCP-J757N×L判~A410ipm12,562円
DCP-J557N×L判~A410ipm 8,200円
DCP-J557N-ECO×L判~A410ipm 6,980円
DCP-J137N××L判~A46ipm 5,223円

(注1) 用紙サイズにおいて、L判とは、標準的な写真プリントのサイズ。127×89mm。
(注2) ADFとはオート・ドキュメント・フィーダの略で、原稿自動送り装置を意味する。
   コピーやスキャンをする時、通常は原稿を1枚ずつセットするが、
   ADFを使用すれば複数枚(上記プリンターではいづれも20枚まで)まとめてセットして、
   自動的に読み取らせることができる。
(注3) 印刷スピードは、A4紙が1秒間に何枚カラー印刷できるかで表す。10枚なら 10ipm。
(注4) 価格は、2015.4.11時点の、Amazonでの価格。



3.ブラザー製プリンターの中ではどれを選択すべきか?


人それぞれの都合によって異なると思います。


私の場合、必須条件は以下のとおりです。
 ・A4、カラー、両面印刷がサポートされている。
 ・無線LANで接続可能。
 ・コピー、スキャンもできる。(高度な機能は必要ない)


必須ではないが、あったほうがよい条件は以下のとおりです。
 ・有線LANでも接続可能。(*1)
 ・印刷速度は速いほうがよい。(価格とのバランスで検討)


(*1)無線LAN親機との相性問題などで無線LANがつながらなかった場合の対処のため、
  有線LANもできればサポートされていたほうがよいと考えています。


結論としては、私なら、DCP-J957N-ECO を選びます。
※家庭内で無線LANがつながらなかった経験がなく、かつ、ADFも不要であるという人は、
 価格の安い DCP-J557N-ECO にしてもよいかもしれません。



4.EPSON製、Canon製、ブラザー製の中ではどれがよいか?


私の要望でもあり、おそらくは多くの人の要望でもある、
A4印刷、カラー、両面印刷、無線LAN、有線LAN、コピー、スキャンを備え、
A3印刷、FAXは無しでその分安い機種ということなら、以下のようになります。


メーカーブランド名機種名価格
EPSONColorioEP-807A16,326円
CanonPIXUSMG753014,655円
ブラザーPRIVIODCP-J957N-ECO 9,980円

(注)価格は 2013.4.11時点の Amazonでの価格。


インクに顔料が含まれたものを使用している点では、Canonとブラザーが一致しています。
そのため、Canon製とブラザー製は、文字がきれいに印刷されることが期待できると思います。
一方EPSON製は、写真がきれいに印刷されることに定評があります。


価格が安いものがよいのであれば、ブラザー製がよいことになりますが、
Canon製やEPSON製のほうがよく売れているため、何か困ったことが発生した時に、
情報を得やすいというメリットがあるかもしれません。



関連商品紹介ページ
[ブラザー PRIVIO DCP-J957N-ECO]


[ブラザー PRIVIO DCP-J557N-ECO]



プリンター関連の記事一覧
(1) プリンターを無線LANでネットワークに接続
(2) プリンターの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(3) プリンターの選び方-EPSON(エプソン)製-
(4) EPSON カラリオ EP-805A の両面印刷機能と割り付け印刷機能
(5) EPSON カラリオ EP-805A のコピー機能
(6) EPSON カラリオ EP-805A のスキャン(スキャナー)機能
(7) プリンターの選び方-Canon(キャノン)製-
(8) プリンターの印刷スピードについて補足/訂正
(9) プリンターの選び方-ブラザー製-
(10) プリンターの選び方-NEC製-
(11) EPSON カラリオ EP-805A の画質-実例-
(12) プリンターの画質に関して補足
(13) プリンターの選び方-HP製-
(14) プリンターの選び方-まとめ-
(15) EPSON カラリオ EP-805A 用のインクについて(純正インクと互換インク)
(16) EPSON カラリオ EP-805A:きれいにカラー印刷されない現象への対応-ヘッドクリーニング-
(17) プリンターの選び方-EPSON製-(2015.3.29)
(18) プリンターの選び方-Canon(キャノン)製-(2015.4.5)
(19) プリンターの選び方-ブラザー製-(2015.4.11)
(20) プリンターの選び方-まとめ-(2015.4.12)

プリンターの選び方-Canon(キャノン)製-(2015.4.5)

現在、Amazonのプリンターの売上ランキングでは、Canon製が圧倒的に強いです。
2015.4.5現在、1位~4位と7~8位がCanon製になっています。


Canon製のプリンターについて調査しました。


1.Canon(キャノン)製プリンター全機種


まずはCanon製プリンター全機種を見てみました。 以下のシリーズがあるようです。
 ・PIXUS インクジェットプリンター
 ・MAXIFY ビジネスインクジェットプリンター
 ・Satera レーザービームプリンター
 ・ImagePROGRAF 大判プリンター
 ・SELPHY コンパクトフォトプリンター
 ・カラーカードプリンター
 ・カラーラベルプリンター
 ・ケーブルIDプリンター
 ・プレート&シートプリンター
 ・3Dプリンター
 ・IDカードプリンター


家庭向けで、かつ、A4判の印刷に使えそうなのは、「PIXUS インクジェットプリンター」、
「Stera レーザープリンター」です。



2.Satera レーザービームプリンター について


Satera レーザービームプリンターの製品比較表を見てみました。

条件として、カラー、両面標準、ネットワーク標準対応で機種を絞り、その中で、
一番機能が低い(よって低価格である)と予想されるものは、LBP7200CNとなります。


しかし、LBP7200CNの価格を、Amazonで調べてみると、55,480円もします。


また大きさや重さも、家庭に置くにしては厳しいものとなっています。
※LBP7200CNは、大きさ(幅×奥行×高さ):409x331x490 mm、重さ:22kg。
 私が現在使用しているインクジェットプリンター EPSON EP-805Aは、
 大きさ(幅×奥行×高さ):390×341×141 mm、重さ:7.3kg です。


一般に、印刷物(特に文字)の印刷品質は一般にインクジェットプリンターより、
レーザプリンターのほうが良です。
しかし、価格、大きさ、重さの面から、
このシリーズのプリンターは、家庭向きではないように思えるため、
当ブログでは、このシリーズのプリンターは対象外にさせていただきます。



3.PIXUS(ピクサス) インクジェットプリンター について


ここまでの調査から、家庭でA4印刷用に使用すべき Canon製プリンターは、
PIXUS(ピクサス)ということになります。


PIXUS 商品一覧のページを見ると、PIXUSの中に5シリーズ16機種あります。

各機能のサポート状況/価格を一覧表にすると以下の通りです。


機種名無線
LAN
有線
LAN
両面
印刷
コピースキ
ャン
FAX用紙サイズL版印刷
スピード
A4版印刷
スピード
価格
MG7530×L判~A418秒10.0ipm15,066円
MG7530F×L判~A418秒10.0ipm18,500円
MG6730××L判~A418秒10.0ipm12,258円
MG5630××L判~A437秒8.7ipm 7,090円
MG3530××L判~A437秒5.7ipm 5,427円
MX923L判~A418秒10.0ipm22,042円
iP7230××××L判~A418秒10.0ipm12,549円
iP2700××(*1)×××L判~A446秒4.8ipm 2,727円
iP110×(*1)×××L判~A444秒5.8ipm20,893円
iP8730×(*1)×××L判~A3ノビ30秒10.4ipm21,794円
iX6830(*1)×××L判~A3ノビ30秒10.4ipm20,095円
PRO-1×(*1)×××L判~A3ノビ80秒78,335円
PRO-10S(*1)×××L判~A3ノビ65秒59,294円
PRO-100S(*1)×××L判~A3ノビ28秒61,439円
PRO-10(*1)×××L判~A3ノビ59,798円
PRO-100(*1)×××L判~A3ノビ48,800円

(*1)手動の両面印刷は可能。自動両面印刷は不可。


(注1) 用紙サイズにおいて、L判とは、標準的な写真プリントのサイズ。127×89mm。
(注2) 用紙サイズにおいて、A3ノビとは、A3フルサイズに余白(印刷マージン)を
   加えたサイズのこと。
(注3) L判印刷スピードは、L判1枚の用紙が印刷されるのにかかる時間。
(注4) A4印刷スピードの単位ipmは、1分間あたりの入出力面数。
(注5) 価格は、2015.4.5時点の、Amazonでの価格。


MG7530 と MG7530F の違い
 一覧表では、MG7530 と MG7530F の機能差が無いように見えています。
 MG7530F は、MG7530 に、プリンターを使ったオリジナル雑貨作りに活用可能な
 専用アプリケーションを付加したもののようです。
 詳細はこちらのページを参照してください。



4.Canon製プリンターの中ではどれを選択すべきか?


人それぞれの都合によって異なると思います。

 ・FAXが必須であれば、MX923
 ・A3印刷機能が必須であれば、iP8730、iX6830、PRO-1、PRO-10S、PRO-100S、
  PRO-10、PRO-100 のいずれか


私の場合、必須条件は以下のとおりです。
 ・A4、カラー、両面印刷がサポートされている。
 ・無線LANで接続可能。
 ・コピー、スキャンもできる。(高度な機能は必要ない)


必須ではないが、あったほうがよい条件は以下のとおりです。
 ・有線LANでも接続可能。(*1)
 ・印刷速度は速いほうがよい。(価格とのバランスで検討)


(*1)無線LAN親機との相性問題などで無線LANがつながらなかった場合の対処のため、
  有線LANもできればサポートされていたほうがよいと考えています。


私の場合は、必須条件、および、あったほうがよい条件を全て満たすものは、
MG7530、MG7530F、MX923となります。
その中で価格が安いものがよいので、私にとって最適なのは、MG7530となります。


必須条件が私と同じで、かつ、以下のように考えている人は、
MG6730MG5630MG3530のうちのどれかを選択するとよいと思います。
・無線LANでの接続はまず失敗しないと予想される。
 (家庭内で既に様々な機器を無線LANで接続しており、失敗事例がない)
・印刷スピードは多少遅くても構わない。
・価格が安いことを優先したい。


Amazonのプリンターの売上ランキングでは2015.4.5現在 iP2700 が1位です。
1位である理由は価格が飛びぬけて安いからだと思います。
ただし、この機種は、有線LAN/無線LANともサポートされていないため、
パソコンにUSB接続して使うしかありません。
コピー/スキャナもサポートされておらず、印刷速度も遅いです。
この機種については、コピー/スキャナの機能が不要で、かつ、印刷もたまにしか
行わない人が購入すればよいのではないかと思います。



5.EPSON製とCanon製ではどちらがよいか?


5.1 機能


代表例として、EPSON製EP-807AとCanon製MG7530を比較すると、
主要な機能に違いはないです。
※EPSON製EP-807Aは、プリンターの選び方-EPSON製-(2015.3.29)参照。
 Canon製MG7530は、上記3の一覧表を参照。


5.2 画質


大まかに以下の特徴があるようです。

EPSON製:写真(特に人の肌)がきれいに印刷される
Canon製:文字がきれいに印刷される(顔料を使っているため)
※参考資料
 ・元家電販売員が教えるプリンタの選び方 - NAVER まとめ
 ・キヤノン MG6330とエプソン EP-805Aの比較 - the比較


5.3 インク代


私は現在、EPSON製EP-805Aを使用していますが、純正インクを使用すると、
インク代(印刷代)がバカ高くなるという印象です。
※プリンタを2万円で買ったとしても、6色セットの純正インクが5,000円弱なので、
 インクを4回買うと、プリンタ1台分になってしまいます。


私はCanon製は実際には使ったことがないのですが、5.1に示した参考資料によれば、
Canon製のほうが安くなるようです。


なお、故障した時の修理を受けられなくなるというリスクを冒してもいいのなら、
純正インクではなくて、互換インクを使って、インク代を1/7くらいにできます。
これなら、インク代はあまり気になりません。
私自身は、主に互換インクを使用しています。故障したら修理でなく買い換えにする予定です。
EPSON カラリオ EP-805A 用のインクについて(純正インクと互換インク)参照。
 


5.4 印刷速度


比較可能な公表値としては、EPSON製EP-807A:14秒、Canon製MG7530:18秒ですが、
これは写真印刷の速度であって、A4印刷ではCanon製のほうが速いようです。
※出典は、キヤノン MG6330とエプソン EP-805Aの比較 - the比較です。
 少し古い機種での比較になっているので、現行機種では必ずしもそこに記載された通りでは
 ないかもしれませんが。



5.5 まとめると


写真(主に人の写真)を印刷するのが目的であれば EPSON製、
文字を印刷するのが主目的であれば Canon製を購入するのが良さそうです。


※私自身は、EPSON製EP-805Aを使っていて、かつ、文字をバンバン印刷しています。
 現状、特に不満があるわけではないのですが、どのくらい文字が鮮明にでるのか見てみたい気が
 するので、次に購入するなら、Canon製MG7530が有力候補です。



関連商品紹介ページ
[Canon PIXUS MG7530]


[Canon PIXUS MG5630]


[Canon PIXUS MG3530]



プリンター関連の記事一覧
(1) プリンターを無線LANでネットワークに接続
(2) プリンターの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(3) プリンターの選び方-EPSON(エプソン)製-
(4) EPSON カラリオ EP-805A の両面印刷機能と割り付け印刷機能
(5) EPSON カラリオ EP-805A のコピー機能
(6) EPSON カラリオ EP-805A のスキャン(スキャナー)機能
(7) プリンターの選び方-Canon(キャノン)製-
(8) プリンターの印刷スピードについて補足/訂正
(9) プリンターの選び方-ブラザー製-
(10) プリンターの選び方-NEC製-
(11) EPSON カラリオ EP-805A の画質-実例-
(12) プリンターの画質に関して補足
(13) プリンターの選び方-HP製-
(14) プリンターの選び方-まとめ-
(15) EPSON カラリオ EP-805A 用のインクについて(純正インクと互換インク)
(16) EPSON カラリオ EP-805A:きれいにカラー印刷されない現象への対応-ヘッドクリーニング-
(17) プリンターの選び方-EPSON製-(2015.3.29)
(18) プリンターの選び方-Canon(キャノン)製-(2015.4.5)
(19) プリンターの選び方-ブラザー製-(2015.4.11)
(20) プリンターの選び方-まとめ-(2015.4.12)

プリンターの選び方-EPSON製-(2015.3.29)

私は、現在、プリンターとしては、EPSON カラリオ EP-805A を使用しています。
以下のようなプリンターです。(お茶のペットボトルは大きさの比較のために
置いています)

1


パソコンから印刷を指示すると、自動的に全面パネルが開いて、

2


印刷された用紙が排出されます。

3


この機種は、有線LAN/無線LANのどちらでも接続でき、
両面印刷が可能で、コピーとスキャナの機能も持っています。

今この機種に不満があるわけではないのですが、以前に書いたEPSON製プリンターの
紹介記事がすっかり古くなり、当時紹介した機種が現在はもう販売されていなくなっていたり
するので、現在販売されているEPSON製プリンターについて、再度調査してみました。


まず、EPSONの製品情報ページを見てみました。
名前から判断して、家庭向けプリンターの可能性のあるものは以下の3つだと思います。
・カラリオプリンター
・プロセレクション
・インパクトプリンター

「カラリオプリンター」はテレビCMでも宣伝されている通り、家庭向けプリンターです。
「プロセレクション」の内容を見てみると、写真愛好家向けのようでした。
「インパクトプリンター」はフロント業務向けのようでした。


結局、カラリオプリンターに絞って調査することにしました。

以下のモデルが並んでいました。
・多機能モデル(6色)
・多機能モデル(4色)
・単機能モデル
・スモールファンプリンター
・年賀状プリンター
・高品位モデル
・ビジネスプリンター


私としては、プリンターを買うのなら、以下のものがよいと考えてます。
・サイズがコンパクト(ビジネス向けはサイズが大きくなりやすく、家庭では扱いにくい)
・コピーやスキャナーの機能も持ったもの(実際に使う機会も多いので)
・色は6色(特別に高品質でなくてもよいが、Webで見たままの色を再現できるもの)


上記の中では、「多機能モデル(6色)」「高品位モデル」ですが、
「高品位モデル」は「プロセレクション」と同一で、写真愛好家用に特に色がきれいに出るように
設計されたもので、その分価格も10万円以上と高額になっています。


そのため、「多機能モデル(6色)」に絞って調査することにしました。


多機能モデル(6色)のサポート状況


製品名印刷両面
印刷
コピースキャンFAX無線
LAN
有線
LAN
用紙サイズ印刷スピード価格
EP-977A3 ×L判~A313秒25,560円
EP-907F L判~A414秒40,790円
EP-807A ×L判~A414秒15,980円
EP-777A ××L判~A417秒14,000円
EP-707A ×××L判~A419秒9,370円

(注1) 用紙サイズにおいて、L判とは、標準的な写真プリントのサイズ。127×89mm。
(注2) 印刷スピードは、L判1枚の用紙が印刷されるのにかかる時間。
(注3) 価格は、2015.3.29時点の、Amazonでの価格。



どのプリンターを選択すべきか


人それぞれ都合があると思います。
例えば、A3の印刷機能が必須であれば、EP-977A3 しか選択肢がありませんし、
FAX機能が必須であれば、EP-907F しか選択肢がありません。


私の場合、必須条件は以下のとおりです。
・A4、カラー、両面印刷がサポートされている。
・無線LANで接続可能。
・コピー、スキャンもできる。(高度な機能は必要ない)


必須ではないが、あったほうがよい条件は以下のとおりです。
・有線LANでも接続可能。(*1)
・印刷速度は速いほうがよい。(価格とのバランスで検討)


(*1)無線LAN親機との相性問題などで無線LANがつながらなかった場合の対処のため、
  有線LANもできればサポートされていたほうがよいと考えています。


上記の条件を満たすもので、コストパフォーマンス的に一番良い機種は、EP-807Aとなります。
EPSON製のプリンターを購入するのであれば EP-807A が良いと思います。


関連商品紹介ページ
[EPSON カラリオ EP-807A]



プリンター関連の記事一覧
(1) プリンターを無線LANでネットワークに接続
(2) プリンターの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(3) プリンターの選び方-EPSON(エプソン)製-
(4) EPSON カラリオ EP-805A の両面印刷機能と割り付け印刷機能
(5) EPSON カラリオ EP-805A のコピー機能
(6) EPSON カラリオ EP-805A のスキャン(スキャナー)機能
(7) プリンターの選び方-Canon(キャノン)製-
(8) プリンターの印刷スピードについて補足/訂正
(9) プリンターの選び方-ブラザー製-
(10) プリンターの選び方-NEC製-
(11) EPSON カラリオ EP-805A の画質-実例-
(12) プリンターの画質に関して補足
(13) プリンターの選び方-HP製-
(14) プリンターの選び方-まとめ-
(15) EPSON カラリオ EP-805A 用のインクについて(純正インクと互換インク)
(16) EPSON カラリオ EP-805A:きれいにカラー印刷されない現象への対応-ヘッドクリーニング-
(17) プリンターの選び方-EPSON製-(2015.3.29)
(18) プリンターの選び方-Canon(キャノン)製-(2015.4.5)
(19) プリンターの選び方-ブラザー製-(2015.4.11)
(20) プリンターの選び方-まとめ-(2015.4.12)

EPSON カラリオ EP-805A:きれいにカラー印刷されない現象への対応-ヘッドクリーニング-

私が家で使用しているプリンタは、EPSON Colorio(カラリオ) EP-805A  です。


最近、カラー印刷がきれいに出ないという現象が出ていました。
具体的には、赤い色がきれいに出ないことがありました。


例えば、本ブログの前回の記事を印刷すると以下のような状態でした。
下図赤枠で囲った部分が現象が顕著に発生している箇所です。
IMG_1873

現象が顕著に発生している箇所を拡大すると以下のとおりです。
本来赤い色であるところが、黄色く印刷されています。
IMG_1873_1

私は最近、純正インクではなく、互換インクを使用しているので(*1)、
もしかしてそのせいかとも思ったのですが、
ひとまず、製品に同梱されてた操作ガイド(*2)を見てみました。


(*1)互換インクについては以下の記事も参照してみてください。
  ・ EPSON カラリオ EP-805A 用のインクについて(純正インクと互換インク)


(*2)「操作ガイド」は、EP-805A/AW/ARのマニュアルダウンロードページ
  「EP-805A/EP-805AW/EP-805AR 操作ガイド」からダウンロードできます。


すると、「メンテナンス」の章の、「ノズルチェックとヘッドクリーニング」の部分に、

  プリントヘッドのノズルが目詰まりすると、印刷がかすれたり、スジが入ったりします。
  印刷に問題があるときは、ノズルチェック(目詰まり確認)をしてください。


と記載されていたので、実際に試してみました。
以降、その手順と結果に関して、報告いたします。


(1) プリンタの液晶パネルで、「>」ボタン(下図赤枠で囲った部分)を押す。
IMG_1878

(2) [セットアップ](下図赤枠で囲った部分)を押す。
IMG_1879

(3) [プリンターのお手入れ](下図赤枠で囲った部分)を押す。
IMG_1880

(4) [プリントヘッドのノズルのチェック](下図赤枠で囲った部分)を押す。
IMG_1881

(5) 「ノズルチェックパターン印刷用に、A4サイズの普通紙を下トレイにセットし、
   ◇を押してください。」というメッセージが出る。
  ◇のボタン(下図赤枠で囲った部分)を押す。
IMG_1883

(6) 10~20秒間「ノズルチェックパターンを印刷中です。」というメッセージが出て、
  パターンの印刷された紙が出てくる。
IMG_1885

(7) 印刷が終わると、「パターンに印刷されないラインがあるときはヘッドクリーニングを
  行ってください。」というメッセージが出る。
IMG_1886

(8) 出てきた紙を見ると以下のとおりだった。
  赤色において、印刷されないラインが見られた。(下図赤枠で囲った部分)
IMG_1875

  上記赤枠で囲った部分を拡大すると以下のとおり。
IMG_1875_1

(9) プリンタの液晶パネルの[ヘッドクリーニング](下図赤枠で囲った部分)を押す。
IMG_1886_1

(10)ヘッドクリーニングが実行される。ちょっと長いです。数分間くらい。
  ※すみませんが、ヘッドクリーニング実行中の液晶パネルの表示については、
   写真に撮るのを忘れてしまいました。


(11)ヘッドクリーニングが終わったら、再度[プリントヘッドのノズルチェック]を押す。
  ※すみませんが、こここも液晶パネルの写真を撮るのを忘れました。


(12)出てきた紙を見ると以下のとおりだった。
  赤色の部分も、きれいに印刷されるようになった(下図赤枠で囲った部分)
IMG_1887

  上図赤枠で囲った部分を拡大すると以下のとおり。
IMG_1887_1

(13)本ブログの前回の記事も、きれいに印刷されるようになった。
IMG_1877

現象が顕著に発生していた箇所を拡大すると以下のとおり。
本来赤い色がちゃんと出ている。
IMG_1877_1

本件に、純正でないインクを使っていたことが関係していたか(純正でないとノズルの
目詰まりが発生しやすくなるのか)どうかは分かりません。
しかし、とりあえず、今回の件はヘッドクリーニングで解決したので、
私としては、純正でないインクでも、問題なしと判断しています。



関連商品紹介ページ
[ EPSON Colorio EP-805A ]


[EPSON カラリオ EP-805A用純正インク 6色セット IC6CL70L]

 

[EPSON カラリオ EP-805A用互換インク6色セット]
 


プリンター関連の記事一覧
(1) プリンターを無線LANでネットワークに接続
(2) プリンターの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(3) プリンターの選び方-EPSON(エプソン)製-
(4) EPSON カラリオ EP-805A の両面印刷機能と割り付け印刷機能
(5) EPSON カラリオ EP-805A のコピー機能
(6) EPSON カラリオ EP-805A のスキャン(スキャナー)機能
(7) プリンターの選び方-Canon(キャノン)製-
(8) プリンターの印刷スピードについて補足/訂正
(9) プリンターの選び方-ブラザー製-
(10) プリンターの選び方-NEC製-
(11) EPSON カラリオ EP-805A の画質-実例-
(12) プリンターの画質に関して補足
(13) プリンターの選び方-HP製-
(14) プリンターの選び方-まとめ-
(15) EPSON カラリオ EP-805A 用のインクについて(純正インクと互換インク)
(16) EPSON カラリオ EP-805A:きれいにカラー印刷されない現象への対応-ヘッドクリーニング-
(17) プリンターの選び方-EPSON製-(2015.3.29)
(18) プリンターの選び方-Canon(キャノン)製-(2015.4.5)
(19) プリンターの選び方-ブラザー製-(2015.4.11)
(20) プリンターの選び方-まとめ-(2015.4.12)
カテゴリー
ブログ内検索
DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト
ソニー nasne
nasne 1TBモデル


NAS
バッファロー LinkStation LS410D0201C

転送速度:100MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇


転送速度
 リード:58MB/s
 ライト:63MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇

ネットワークカメラ
IODATA製 Qwatch TS-WPTCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:〇
暗視:〇
高機能にして割安。

IODATA製 Qwatch TS-WLC2

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇
マイク・スピーカー内蔵。

IODATA製 Qwatch TS-WLCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
安価で簡単。はじめての人におすすめ。

PLANEX製 カメラ一発! CS-W60HD

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX製 カメラ一発! CS-W06N

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX スマカメ CS-QR10

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
スマホ専用のカメラです。

Tenvis製 JPT3815W


無線LAN:〇
接続設定簡単化:×
パン・チルト:〇
暗視:〇
外国製。マニュアルは英文(一部和訳あり)、かつ、あまり詳しいことは書かれていない。サポートは英文メールのみ。その分価格が安い。
SDカード
SDカードは、デジカメ、ネットワークカメラ、パソコンなどで利用できる場合があります。SDカードの選び方に関しては、以下の記事を参照してください。
SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方
  • ライブドアブログ