PowerDVD 15 Ultra が 2015年4月14日から発売されています。
サイバーリンク PowerDVD 16 


PowerDVD とは、大まかに言うと、以下のような機能を持ったソフトウェアです。


(1) テレビ/レコーダー/NASなど、パソコン以外の機器に保存された、
  テレビ番組の録画、その他の動画/音楽/写真(静止画)を、
  ホームネットワーク経由でストリーミング配信して、パソコン上で再生する機能。

  ※DLNAの仕組みを使用しています。DTCP-IPにも対応しています。
   DLNA、DTCP-IPの意味については以下の記事を参照してください。
    ・ DLNA と DTCP-IP について

  ※テレビ番組の録画、あるいは放送中のテレビ番組を、パソコン上で再生する場合は、
   DTCP-IP対応DLNAクライアントとして動作します。
   DTCP-IP対応DLNAクライアントソフトの全般的な話については以下の記事を参照してください。
    ・ DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト


(2) ブルーレイ/DVD/CDに収められた動画/音楽/写真(静止画)を再生する。


(3) パソコンのハードディスク上の動画/音楽/写真(静止画)を再生する。
  ※スマホ/デジタルビデオカメラ/デジタルカメラなどで撮影した動画/写真、
   インターネットからダウンロードした動画/音楽/写真(静止画)が対象。


PowerDVD 15 Ultra は、PowerDVD の最新の製品群のうち、フル機能を持った製品です。
※PowerDVD 15 Pro、PowerDVD 15 Standard、PowerDVD 15 Live といった製品もあります
 が、それらは、いずれも PowerDVD 15 Ultra から少しずつ機能を落として、
 その分、価格を安くした製品です。


私は、既に PowerDVD 14 Ultra を持っているので、アップデート版を購入することもできたの
ですが、インストールから再度やってみたいと思ったので、
PowerDVD 14 Ultra をアンインストールし、
PowerDVD 15 Ultra を購入/インストールしました。

この記事では、PowerDVD 15 Ultraの購入/インストール手順を示します。



1.購入とダウンロード


(1) CyberLink社のPowerDVD 15 Ultra のページ を開き、
  [カートに加える](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
150425_01

(2) この時点では、価格が、12,499円になっている。(下図緑枠で囲った部分)
  [拡張ダウンロードサービス]の右のゴミ箱マーク(下図赤枠で囲った部分)をクリック。
  ※拡張ダウンロードサービスとは、ソフトウェアのご購入日から1年の期間、最大40回まで
   ソフトウェアを再ダウンロードすることを可能にするサービスです。
   このサービス、699円かかります。
   ダウンロードしたものを確実に保存しておくのであれば必要ないので、
   通常はここでゴミ箱をクリックして外しておくとよいと思います。
150425_02

(3) 価格が、11,800円となった。(下図緑枠で囲った部分)
150425_03

(4) [クーポンコード](下図緑枠で囲った部分)に「GW5」と入力し、
  その右の[利用する]をクリック。
150425_03_1

(5) クーポンコード(-590円)が適用されて、11,210円となった。(下図緑枠で囲った部分)
  [レジへ進む](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
150425_04


(6) 購入フォームの入力画面となる。
  氏名、メールアドレス、クレジットカード情報などを入力する。
150425_05

(7) 入力し終わったら、画面したの[次へ](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
150425_06

(8) ご注文内容の確認画面となる。
  問題なければ、右下の[お支払い](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
150425_08

(9) 注文完了画面となる。
  [ダウンロード](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
150425_09

(10) 各ソフトウェアのダウンロード画面となる。
  PowerDVD 15 Ultra のダウンロードボタン(下図赤枠で囲った部分)をクリック。
150425_10

(11) [保存](下図赤枠で囲った部分)をクリック。→ダウンロードが実行される。
150425_11

(12) [フォルダーを開く](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
150425_12

(13) Explorerが自動で開き、ダウンロード先のフォルダの内容が表示され、
  ダウンロードできたことが確認できる。(下図赤枠で囲った部分がダウンロードしたファイル)
150425_13

(14) Power2Go 10 Deluxe の2つのファイル(下図緑枠で囲った部分)についても、
  (10)~(13)と同様の手順でダウンロードしておく。
150425_14



2.インストール


(1) ダウンロードした PowerDVD 15 Ultra のファイル(下図赤枠で囲った部分)をダブルクリック。
150425_21

(2) 「このファイルを実行しますか?」という問い合わせが出る。
  [実行](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
150425_22

(3) 言語と場所を設定する画面となる。
  変更しないのであれば、このまま[次へ](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
150425_23

(4) 再生するメディアを選択する画面となる。
  初期値は、動画、画像、音楽すべてを再生できるようになっている。
  変更する必要はないので、このまま[次へ](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
150425_24

(5) ライセンス契約の画面となる。
  一読して、[同意する](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
150425_25

(6) インストールが実行される。
150425_26

(7) 「インストールが完了しました」という画面となる。
  [PowerDVDの起動](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
150425_27

(8) アクティブ化の画面となる。
  プロダクトキー(下図緑枠で囲った部分)を入力し、
  [アクティブ化](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
  ※プロダクトキーは、1(10)の画面に表示されていたものを入力します。
   1(10)の時点でメモできていなくても、電子メールでも通知されているので、
   その値を入力すればよいです。
150425_28

(9) 「アクティブ化」という小さい画面がでる。[OK]をクリック。
150425_29

(10) 「PowerDVD 15」と表示された画面が出る。[次へ](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
150425_30

(11) 「メディア ライブラリを設定」という画面が出る。
  ここで設定することも可能だが、後回しにして、[次へ](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
150425_31

(12) 「サイバーリンク クラウドのサービスを使用する」という画面が出る。
  [次へ](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
150425_32

(13) 「CyberLink 製品向上プログラム」という画面が出る。
  CyberLink社がログなどのデータを収集して良いのであれば、[参加する](下図緑枠で囲った
  部分)を選択して、[確認](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
  ここは[いいえ]を選択したほうがよさそうです。理由:PowerDVDでDTCP-IP対応DLNA機能
  を使うと時々インターネットアクセスが不能になってしまうことがありますが、ここで[いいえ]を
  選択しておくと、その現象が発生する確率が下がるように思えるので。
5c2132a7

(14) PowerDVD 15 Ultra の起動画面となる。
150425_34

※これでひとまずインストールは完了です。



3.PowerDVD 15 Ultra 起動方法


インストール後、最初に起動した画面(2(14)の画面)を一旦閉じた後、
PowerDVD 15 Ultra を起動する方法は以下の3種類があります。


方法1.インストール時にデスクトップに生成された、
    ショートカットアイコン(下図のようなアイコン)をダブルクリック
150425_35


方法2.Windowsの[スタート]ボタン(下図黄色枠で囲った部分)をクリックすると、
    [CyberLink PowerDVD 15](下図赤枠で囲った部分)が表示されるので、
    これをクリック。
150425_36


方法3.Windowsの[スタート]ボタン→[すべてのプログラム]→[CyberLink PowerDVD 15]
    →[CyberLink PowerDVD 15]の順にクリック。
150425_37



4.ユーザー登録について


3のいずれかの手順で、はじめてPowerDVD 15 Ultra を起動すると
ユーザー登録の画面が出てきます。
150425_38


※もし上記の画面が出てこなかった場合は、左上の[PowerDVD](下図赤枠で囲った部分)
 をクリックし、
150425_38_1


 [登録](下図赤枠で囲った部分)をクリックすると、ユーザー登録画面が出てきます。
150425_38_2


私は、PowerDVD 14 Ultraの時に既にユーザー登録してあるので、今回はもうやりません
でしたが、まだCyberLink社に対してユーザー登録していない人は、ここでユーザー登録
するとよいと思います。


詳細な手順については、PowerDVD 14 Ultraの時にユーザー登録した手順を、
PowerDVD 14 Ultra インストール の「2.ユーザー登録」に記録しておりますので、
参照してください。


4.ファイルの拡張子に関連付けられたアプリケーションについて


PowerDVD 15 Ultraをインストールすると、PowerDVD 15 Ultraで表示できるファイルの拡張子
に関連付けられるアプリケーションが自動的に、PowerDVD 15 Ultra に変わってしまいます。

例.png という拡張子の付いた静止画ファイルに関連付けられたアプリケーションが、
  PowerDVD 15 Ultra になる。
  150425_40 → 150425_39


問題ない人はこれでよいのですが、ファイルをダブルクリックして内容を確認する時は、、
PowerDVDではなく、従来から使用していたアプリケーションで起動してくれたほうよいと
考える人も多いと思います。


その場合は、ファイルの拡張子に関連付けられたアプリケーションを元に戻しておくとよい
と思います。手順については以下の記事を参照してください。
Windows 7 でのファイルとアプリケーションの関連付け



PowerDVD 15 Ultra関連の記事一覧
(1) PowerDVD 15 Ultra 購入/インストール
(2) PowerDVD 15 Ultra の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
(3) PowerDVD 15 Ultra と nasne の連携(放送中のテレビ番組視聴)
(4) PowerDVD 15 Ultra の使い方-DLNAクライアント機能(テレビ番組以外に対して)-
(5) PowerDVD 15 Ultra の使い方-ローカルPC上のメディア再生機能-
(6) PowerDVD 15 Ultra の使い方-DLNAサーバー機能-
(7) PowerDVD 15 Ultra の使い方-DMR機能-
(8) PowerDVD 15 Ultra の使い方-DMC機能-
(9) PowerDVD 15 Ultra:プレイリスト
(10) PowerDVD 15 Ultra:YouTubeの動画を再生
(11) PowerDVD 15 Ultra の TrueTheater機能
(12) PowerDVD 15 Ultra:CDから音声を取り込む
(13) PowerDVD 15 Ultra でのコンテンツ一覧の表示方法と並び換え
(14) PowerDVD 15 Ultra:ファイル名による検索
(15) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドを利用するための手続き
(16) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドとの連携:アップロードとストリーミング再生
(17) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドにフォルダを同期
(18) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドをWebブラウザから使用
(19) Power Media Player:機能概要
(20) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドからの自動ダウンロード機能
(21) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドからの手動ダウンロード
(22) PowerDVD 15 Ultra と PowerDVD Remote の連携:初期設定
(23) PowerDVD 15 Ultra と PowerDVD Remote の連携:機能概要
(24) PowerDVD 15 Ultra で H.265形式の動画を再生
(25) PowerDVD 15 Ultra の使い方-まとめ-