プリンターは、USBケーブルで直接パソコンに接続することもできますが、
無線LAN あるいは 有線LAN をサポートしている機種については、
ホームネットワーク経由で接続することもできます。



1.プリンターをホームネットワークに接続した場合のメリット


プリンターは大抵の場合、大きくて重いものです。
直接パソコンに接続すると、パソコンもプリンターも自由に移動させることが難しくなります。


150412_01
プリンターもパソコンも、ホームネットワークに接続すると、
置き場所が自由に選べるようになります。(特に無線LANを使用した場合)

150412_02


2.プリンターをホームネットワーク経由で使用するには


2.1 パソコンをホームネットワークに接続


プリンターをホームネットワークに接続する前に、パソコンをホームネットワークに
接続しておく必要があります。
手順については、以下の記事を参照してください。
パソコンを有線LANでホームネットワークに接続
パソコンを無線LANでホームネットワークに接続



2.2 プリンターをホームネットワークに接続


プリンターをホームネットワークに接続する手順は、プリンターの取扱説明書の手順に従う
ことになります。
私は、現在、EPSON カラリオ EP-805Aを使用してますが、これをホームネットワークに接続
した時は、以下のような手順でした。


(1) 同梱されていたCDをパソコンにセットすると、パソコンに「自動再生」画面が
  表示されるので、その中に書かれた[InstallNavie.exeの実行]をクリック。
(2) パソコンの画面が変わって、インストールメニュー画面が出てくる。
  ここで「必須ソフトウェアのインストールと接続設定」をクリック。
(3) パソコンの画面が変わって、接続先選択画面が出てきて、
   [A]無線LAN接続、[B]有線LAN接続、[C]USB接続 
  のいずれかを選択するようになっている。
  私は無線LANを使用したので、[A]無線LAN接続を選択(クリック)。
(4) 「カンタン自動設定」または「プッシュボタン自動設定」のどちらかを選択する
  ようになっている。「カンタン自動設定」が推奨となっているので、
  そちらを選択(クリック)。
(5) これ以降は、パソコン画面の指示に従って操作する。


※(5)においては、プリンター側でも一部操作が必要でした。
 具体的には、ある時点で、パソコンの画面に、プリンター側の液晶パネル上の
 「無線LAN設定」ボタンを押すように指示がでたので、そのようにしました。


※液晶パネルは、プリンターの前面にあります。下図の赤枠で囲った部分です。
800075e6


※「無線LAN設定」ボタンは、液晶パネルの中にある、下図の赤枠で囲った部分です。
20aa4f39

※EPSON カラリオ EP-805A自体は、古い機種となってしまい、もうほとんど販売されていません。
 今からプリンターの購入を検討されている方は、下の「3.家庭向けプリンターの選び方」を
 参考にしてください。



3.家庭向けプリンターの選び方


現在、ビジネス向けではページプリンター(レーザープリンター、LEDプリンター)
が主流ですが、家庭向けではインクジェットプリンターが主流です。


インクジェットプリンターは、ページプリンターに比べて、
以下のデメリット/メリットがあります。


デメリット
 (1) 小さい文字が不鮮明(インクがにじむため)
 (2) 印刷スピードが遅い
 (3) 印刷コストが大きい(インク代が高い)


メリット
 (4) プリンターの価格が安い
 (5) プリンターのサイズが小さい


私も、家庭では、インクジェットプリンターである EPSON カラリオ EP-805A を使用していますが、
(1)(2)(3)は、実用上困るレベルではありません。


一方、もし、プリンターのサイズが、今使用しているものより大きくなると、
置き場所に困る/移動が大変など、不便を感じることが増えると思います。


そのため、私からは、家庭で使用する場合、上記(1)(2)(3)に特別なこだわりが
ないのであれば、インクジェットプリンターを購入することをおすすめします。


各メーカーの代表的な機種は以下の通りです。


機種名無線
LAN
有線
LAN
両面 印刷コピ
スキ ャンFAX印刷
スピード
顔料サイズ価格
EPSON カラリオ EP-807A×14秒
不使用390×341×141 mm16,326円
Canon PIXUS MG7530×18秒
10ipm
使用435×370×148 mm14,655円
Canon PIXUS MG5630××37秒
8.7ipm
使用455×369×148 mm 8,370円
Canon PIXUS MG3530××37秒
5.7ipm
使用449×304×152 mm 5,616円
ブラザー PRIVIO DCP-J957N-ECO×
10ipm
使用410×374×180 mm 9,980円
ブラザー PRIVIO DCP-J557N-ECO××- 
10ipm
使用410×374×180 mm 6,980円

(注1) 印刷スピードの値の意味は以下のとおり。
    上段:L判1枚の用紙が印刷されるのにかかる時間
       "-"は値が公開されていなかったことを意味する。
    下段:A4紙が1秒間に何枚カラー印刷できるか。10枚なら 10ipm。
       "-"は値が公開されていなかったことを意味する。
(注2) 顔料ブラックインクを使用すると、黒インクのにじみが発生しずらく
   なるため、使用しない場合と比べ、文字が鮮明に印刷される。
   EPSON Colorio は顔料を使用していいため、文字の鮮明さでは他の機種に
   劣ると思われるが、その分、写真印刷の美しさには定評がある。
(注3) サイズは、プリンタ本体の、幅 x 奥行 x 高さ。
(注4) 価格は2015.4.12時点の Amazonでの価格。

どのプリンターがよいのかは、各位の都合に依存すると思いますが、
以下の選択基準(例)を参考にしていただければと思います。

選択基準(例)


・印刷スピードが(インクジェットにしては)速く、かつ、
 写真をきれいに印刷したい → EPSON カラリオ EP-807A


・印刷スピードが(インクジェットにしては)速く、かつ、
 文字をきれいに印刷したい → Canon PIXUS MG7530         または
                      ブラザー PRIVIO DCP-J957N-ECO または
                      ブラザー PRIVIO DCP-J557N-ECO


・印刷スピードが多少遅くても安いほうがよい → Canon PIXUS MG3530


・本体のサイズが小さめがよい → EPSON カラリオ EP-807A


・人気のあるメーカーのものがよい → Canon製のもの


ホームネットワーク構築関連の記事一覧
(1) ホームネットワーク構築/活用方法
(2) パソコンを有線LANでホームネットワークに接続
(3) 無線LAN親機の選定
(4) パソコンを無線LANでホームネットワークに接続
(5) 複数のパソコンをホームネットワークに接続しファイル共有
(6) テレビをホームネットワークに接続
(7) レコーダーをホームネットワークに接続
(8) パソコン上のコンテンツをテレビ/レコーダーで視聴するには
(9) テレビ/レコーダー上の録画番組をパソコンで視聴するには
(10) テレビ/レコーダー上の録画番組を、別のテレビで視聴するには
(11) NASをホームネットワークに接続するには
(12) NASをDLNAサーバーとして使用するには
(13) nasneをホームネットワークに接続
(14) nasneにテレビ番組を録画するには
(15) nasneに録画したテレビ番組をパソコンなどで視聴するには
(16) nasneを使用して放送中のテレビ番組をパソコンで視聴するには
(17) 地デジチューナーを使ってパソコンでテレビ番組を視聴/録画
(18) プリンターをホームネットワークに接続
(19) スマートフォンをホームネットワークに接続
(20) iPhoneのテザリングの機能でパソコンをインターネットに接続
(21) ネットワークカメラをネットワークに接続
(22) スマートフォンと連携可能な機器およびソフトウェア
(23) パソコンでSkypeを使用するには
(24) スマートフォンでSkypeを使用するには
(25) テレビでSkypeを使用するには