テレビ/レコーダー上の録画番組を、別のテレビで視聴する方法について説明します。


注1.本記事では、パソコンのOSは、Windows 7 を前提にしています。


注2.ホームネットワークとインターネットの関係
  通常、ホームネットワークはインターネットにつなげて使用します。当ブログでもそうします。
  そのため、当ブログでは、ホームネットワークに接続すれば、暗黙に、インターネットにも
  接続すると考えてください。


[ネットワーク構成例]
150207_04


1.録画番組を保存している側のテレビ/レコーダーの設定


録画番組を保存している側のテレビ/レコーダーについては、DLNAサーバー機能(*1)を有効にする
必要があります。


(*1) DLNAサーバーの意味については、以下の記事を参照してください。
   DLNA と DTCP-IP について

手順としては、以下の記事に記載したものと同じになります。
テレビ/レコーダー上の録画番組をパソコンで視聴するには
   1.テレビ/レコーダー側の設定



2.視聴する側のテレビの設定


視聴する側のテレビでは、DLNAクライアント機能(*1)を使用します。


(*1) DLNAクライアントの意味については、以下の記事を参照してください。
   DLNA と DTCP-IP について

私が持っているテレビ/レコーダーでは、購入した時点で、
DLNAクラアント機能が有効になっていて、事前の設定は不要でした。

しかし、テレビ/レコーダーによっては、事前の設定が必要になるかもしれないので、
各テレビ/レコーダーの取扱説明書を参照していただきたく思います。



3.テレビ/レコーダー上の録画番組を、別のテレビで視聴する


テレビ/レコーダー上の録画番組を、別のテレビで視聴する手順は、
視聴する側のテレビの取扱説明書に従うことになります。


手順的には、パソコン上のコンテンツを、テレビで視聴する場合とほぼ同じです。

* 視聴する側のテレビで、DLNAクライアント機能を使用すると、
 ホームネットワーク内のDLNAサーバー一覧を表示することができます。
 その DLNAサーバーの中から、パソコンを選択するのか、テレビ/レコーダーを選択するのか
 の違いだけになります。


私が実際に、自分が持っているテレビ/レコーダーで、
レコーダー上のコンテンツを、ホームネットワーク経由で配信して、
(レコーダーに接続しているのとは別の)テレビで視聴した時の手順を
以下の記事にまとめておりますので、参照してください。


Panasonic製テレビ VIERA X50 のDLNAクライアント機能
   2.1 レコーダーに録画した番組を、ネットワーク経由で、
       テレビ(Panasonic VIERA X50 19V型)に転送して再生



ホームネットワーク構築関連の記事一覧
(1) ホームネットワーク構築/活用方法
(2) パソコンを有線LANでホームネットワークに接続
(3) 無線LAN親機の選定
(4) パソコンを無線LANでホームネットワークに接続
(5) 複数のパソコンをホームネットワークに接続しファイル共有
(6) テレビをホームネットワークに接続
(7) レコーダーをホームネットワークに接続
(8) パソコン上のコンテンツをテレビ/レコーダーで視聴するには
(9) テレビ/レコーダー上の録画番組をパソコンで視聴するには
(10) テレビ/レコーダー上の録画番組を、別のテレビで視聴するには
(11) NASをホームネットワークに接続するには
(12) NASをDLNAサーバーとして使用するには
(13) nasneをホームネットワークに接続
(14) nasneにテレビ番組を録画するには
(15) nasneに録画したテレビ番組をパソコンなどで視聴するには
(16) nasneを使用して放送中のテレビ番組をパソコンで視聴するには
(17) 地デジチューナーを使ってパソコンでテレビ番組を視聴/録画
(18) プリンターをホームネットワークに接続
(19) スマートフォンをホームネットワークに接続
(20) iPhoneのテザリングの機能でパソコンをインターネットに接続
(21) ネットワークカメラをネットワークに接続
(22) スマートフォンと連携可能な機器およびソフトウェア
(23) パソコンでSkypeを使用するには
(24) スマートフォンでSkypeを使用するには
(25) テレビでSkypeを使用するには