レコーダーをホームネットワークに接続する方法とメリットについて説明します。


注1.本記事では、パソコンのOSは、Windows 7 を前提にしています。


注2.ホームネットワークとインターネットの関係
  通常、ホームネットワークはインターネットにつなげて使用します。当ブログでもそうします。
  そのため、当ブログでは、ホームネットワークに接続すれば、暗黙に、インターネットにも
  接続すると考えてください。


注3.レコーダーにはテレビを接続して使用します。
  本記事では、テレビは映像を映すだけの機能しか使用しないことを前提にします。



1.レコーダーをホームネットワークに接続した場合のメリット


レコーダーををホームネットワークに接続した場合のネットワーク構成の例を示します。
[有線LANで接続した場合]

150131_03

[無線LANで接続した場合]

150131_04

レコーダーをホームネットワークに接続した場合のメリットは以下の通りです。
1つ前の記事で説明したテレビの場合と同様です。

(1) インターネットに接続して、アクトビラ、YouTube などが配信するコンテンツを視聴する
  ことができる。
(2) Skype でテレビ電話を行うことができる。
(3) レコーダーに録画した番組を、ホームネットワーク経由で配信して、
  パソコンで視聴することができる。
  また、逆に、パソコン上のコンテンツを、レコーダーで視聴することもできる。


注1. 詳細は以下の記事にまとめておりますので、そちらも参照してください。
 テレビやレコーダーをLANに接続すると、どんなメリットがあるか?

注2. 上記(1)(2)(3)のいずれの機能も全てのレコーダーで利用できるわけではありません。

 (1)に関しては、アクトビラ、YouTube各々、明にそれらをサポートしていると明言して
 いるレコーダーを購入する必要があります。
 使用例については以下の記事を参照してください。

  ・アクトビラ会員登録方法
  ・アクトビラの提供機能/利用方法
  ・Panasonic DIGA DMR-BWT520 でのYouTubeの利用方法


 (2)に関しても、Skypeをサポートしていることを明言しているレコーダーを購入する必要が
 あります。また、そのレコーダーに接続可能なWebカメラを購入する必要もあります。
 すみませんが、私自身はSkypeに対応したレコーダーを持っていないので、具体的な使用例を
 提示することはできません。
 Skypeをサポートしているレコーダーについては、以下のサイトを参照してください。
  ブルーレイ/DVDレコーダー(DIGA) 共通機能 リンクインターネット
  


 (3)に関して
 ・パソコン上の動画などのコンテンツを、ホームネットワーク経由で配信して、
  レコーダーで視聴するのであれば、レコーダーがDLNAクライアント機能をサポートしている
  必要があります。
  パソコン側ではWindows 7 が DLNAサーバー機能をサポートしているので、追加で必要に
  なるものはありません。
  設定方法については、後日、別の記事で示します。

 ・レコーダー側で録画した番組を、ホームネットワーク経由で配信して、パソコンで視聴する場合、
  テレビがDLNAサーバー機能をサポートしていることに加えて、
  DTCP-IP対応DLNAクライアントソフトを購入してパソコンにインストールする必要があります。
  設定方法については、後日、別の記事で示します。


 なお、日本の家電メーカーは、DLNA機能のことを素直に「DLNA機能」とは呼ばずに、
 各社固有の名称で呼んでいる場合が多いです。
 例.Panasonicでは、DLNA機能のことを、「お部屋ジャンプリンク」と呼んでいる。
   東芝では、DLNA機能のことを、「レグザリンクシェア」と呼んでいる。
   ソニーでは、DLNA機能のことを、「ソニールームリンク」と呼んでいる。
 詳細は以下の記事を参照してください。

  テレビ/レコーダー各メーカーのDLNA機能への対応



2.レコーダーをホームネットワークに接続する方法


アクトビラ、YouTube、Skype、DLNAサーバー、DLNAクライアントのどの機能を使うに
しても、まずはレコーダーをホームネットワークに接続しなければなりません。


レコーダーをホームネットワークに接続する方法は、各レコーダーの取扱説明書に従って
行うことになります。


無線LANで接続する場合に、以下の記事で説明した、無線LANの自動設定機能(AOSSやWPSなど)
が使用できるかどうかは、テレビがそれをサポートしているかどうかで決まります。
無線LANの自動設定機能(AOSS、WPSなど)について

私が実際にホームネットワークに接続したレコーダーは以下の1機種です。
 ・Panasonic DIGA DMR-BWT520


この機種は、無線LAN子機を内蔵していなかったので、無線LANで接続する場合は、
無線LAN子機を別途購入する必要がありました。(どの無線LAN子機でもよいという
のではなくて、レコーダーの取扱説明書で指定してある無線LAN子機を購入する必要
がありました。無線LAN子機にしては価格が高く、9,000円以上しました。無線LANで
接続したいと考えている人は、はじめから無線LAN子機を内蔵したレコーダーを購入
したほうがよいと思います)


接続方法については、AOSSがサポートされていたので、SSIDやセキュリティキーなど
を入力することなく、接続設定をすることができました。

詳細な手順は以下の記事を参照してください。
Panasonic DIGA DMR-BWT520 を無線LANでネットワークに接続



ホームネットワーク構築関連の記事一覧
(1) ホームネットワーク構築/活用方法
(2) パソコンを有線LANでホームネットワークに接続
(3) 無線LAN親機の選定
(4) パソコンを無線LANでホームネットワークに接続
(5) 複数のパソコンをホームネットワークに接続しファイル共有
(6) テレビをホームネットワークに接続
(7) レコーダーをホームネットワークに接続
(8) パソコン上のコンテンツをテレビ/レコーダーで視聴するには
(9) テレビ/レコーダー上の録画番組をパソコンで視聴するには
(10) テレビ/レコーダー上の録画番組を、別のテレビで視聴するには
(11) NASをホームネットワークに接続するには
(12) NASをDLNAサーバーとして使用するには
(13) nasneをホームネットワークに接続
(14) nasneにテレビ番組を録画するには
(15) nasneに録画したテレビ番組をパソコンなどで視聴するには
(16) nasneを使用して放送中のテレビ番組をパソコンで視聴するには
(17) 地デジチューナーを使ってパソコンでテレビ番組を視聴/録画
(18) プリンターをホームネットワークに接続
(19) スマートフォンをホームネットワークに接続
(20) iPhoneのテザリングの機能でパソコンをインターネットに接続
(21) ネットワークカメラをネットワークに接続
(22) スマートフォンと連携可能な機器およびソフトウェア
(23) パソコンでSkypeを使用するには
(24) スマートフォンでSkypeを使用するには
(25) テレビでSkypeを使用するには