ネットワークカメラ   PLANEX スマカメ CS-QR10 について、
価格の近いIODATA Qwatch TS-WLC2 、IODATA Qwatch TS-WLCAM との比較を
中心にまとめます。


※IODATA Qwatch TS-WLC2、IODATA Qwatch TS-WLCAMについては、
  以下の記事を参照してください。
  ・ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 まとめ
  ・ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLCAM まとめ


1.機能一覧による比較
 

機能PLANEX
スマカメ
CS-QR10
IODATA
Qwatch
TS-WLC2
IODATA
Qwatch
TS-WLCAM
価格(*1)7,182円8,646円6,400円
スマホ連携  〇  〇  〇
パソコン連携  ×  〇  〇
無線LAN  〇  〇  〇
接続設定簡単化  〇  〇  〇
最大画素素数100万画素100万画素130万画素
パン・チルト  ×  ×  ×
暗視機能  ×  〇  〇
SDカードへの保存  〇  〇  ×
NASへの保存  ×  〇  〇
動体検知  〇  〇  〇
音声入力  〇  〇  ×
音声出力  ×  〇  ×
音声を録画に残す  ×  〇  ×

(*1) 2014.12.23時点、Amazonでの価格。

〇:正式サポート  ×:非サポート(ベータ版レベルのサポートの場合、非サポートとする)



2.どのカメラを選ぶべきか?


PLANEX スマカメ CS-QR10 は、パソコン連携(パソコンにライブ映像を映し出したり、
パソコンに静止画や動画を保存する機能)は正式サポートされていないので、
パソコンと連携させて使いたい人は、この製品は対象外です。


スマートフォンだけで使うという前提で考えた時、どのカメラがよいのか?


一概にどのカメラが良いとは言えず、各位の要件に依存するように思えます。
主要な観点で以下にまとめてみました。



2.1 接続設定の簡単さの観点で


接続設定については、以下の通りです。
 ・ カメラと無線LAN親機を接続する設定についてはいずれもWPSボタンによる設定
 ・ スマートフォン側の設定は、QRコードを読み込むだけ


PLANEX スマカメ CS-QR10 が良く売れている最大の要因は、
スマートフォンとの接続設定の簡単さによるものだと思うのですが、
私としては、この機能単独では、IODATA製のカメラと差はないように思えています。


IODATA製のカメラでも、スマートフォンとの接続設定は、
パソコンとの接続設定とは別になっているので、
パソコンの知識が必要になる(その分設定が難しくなる)ということはありません。


ただし、スマートフォンだけで使いたい人にとっては、
パソコンのことまで書かれたマニュアルが存在することが、
混乱や間違いの元になる可能性もあるという意味では、
PLANEX スマカメ CS-QR10 のほうが簡単という考え方もできるかもしれません。



2.2 録画保存先の観点で


ライブ映像を見るだけではなく、録画もしたいという人で、
自宅にNASがないため、SDカードに録画するしかないという人は、
SDカードがサポートされていない IODATA Qwatch TS-WLCAM の選択はなくなります。


逆にNASに録画をしたい人は、
NASへの録画をサポートしていない PLANEX スマカメ CS-QR10 の選択はなくなります。


SDカード/NASのどちらにでも録画できるカメラということになると、
IODATA Qwatch TS-WLC2 となります。
その意味では、IODATA Qwatch TS-WLC2 が最も良いということになるのですが、
初心者の人にとっては、SDカードのみに録画が可能な PLANEX スマカメ CS-QR10 が
分かりやすいという考え方もできるかもしれません。



2.3 録画の詳細機能の観点で


録画の詳細機能については、以下のとおり、IODATA製のほうが詳細な設定ができるように
なっています。
 ・ IODATA製は、1ファイルの最大サイズや、空き容量がなくなった場合の動作(*1)を
   使う人が選択することができる。
   (*1)録画をやめるのか、古い録画ファイルを削除した上で録画を継続するのかを
     選択することが可能となっている。


 ・ PLANEX製は、1ファイルの最大サイズや、空き容量がなくなった場合の動作(*2)は
   使う人が選択できず、固定になっている。
   (*2)古い録画ファイルを削除した上で録画を継続するようになっている。


IODATA製のほうが機能豊富な分、上回っていると見ることもできるのですが、
初心者の人にとっては、いろいろ選択が可能であることは混乱の元になる可能性もあるので、
簡単さという観点なら、PLANEX スマカメ CS-QR10 が上回っていると見ることもできると
思います。



2.4 録画に音声が残るかどうかの観点で


PLANEX スマカメ CS-QR10 は、ライブ映像については音声入力をサポートしているのですが、
録画にはなぜか音声が残らないようになっています。


IODATA Qwatch TS-WLC2 は、ライブ映像でも、録画でも音声入力をサポートしています。


IODATA Qwatch TS-WLCAM は、音声機能自体を全くサポートしていません。


この部分に関しては、素直に、IODATA Qwatch TS-WLC2 が一番良いと思います。



2.5 まとめると


PLANEX スマカメ CS-QR10 は、スマートフォン専用であり、かつ、
スマートフォンとの連携機能限定で考えた場合でも、他のカメラと比較して、
機能は限定的になります。


しかし、機能が限定されている分、初心者に人には分かりやすいと言えるかもしれません。



関連商品紹介ページ


PLANEX スマカメ CS-QR10 関連記事一覧
(1) ネットワークカメラ PLANEX スマカメ CS-QR10 購入
(2) ネットワークカメラ PLANEX スマカメ CS-QR10 各部の名称と、スタンドの組み立て
(3) ネットワークカメラ PLANEX スマカメ CS-QR10 無線LANでネットワークに接続
(4) ネットワークカメラ PLANEX スマカメ CS-QR10 カメラの映像をスマホで見る
(5) ネットワークカメラ PLANEX スマカメ CS-QR10 音声機能
(6) ネットワークカメラ PLANEX スマカメ CS-QR10 デジタルズーム
(7) ネットワークカメラ PLANEX スマカメ CS-QR10 写真の撮影と保存
(8) ネットワークカメラ PLANEX スマカメ CS-QR10 連続録画機能
(9) ネットワークカメラ PLANEX スマカメ CS-QR10 動体検知と連動して録画
(10) ネットワークカメラ PLANEX スマカメ CS-QR10 解像度
(11) ネットワークカメラ PLANEX スマカメ CS-QR10 まとめ