ネットワークカメラ PLANEX スマカメ CS-QR10 の、連続録画機能について説明します。



1.環境


ネットワークカメラ              : PLANEX スマカメ CS-QR10

SDカード                   :Transcend microSDHCカード 32GB Class10
無線LAN親機                :バッファロー WZR-600DHP (*1)
スマートフォン                :iPhone


ネットワーク構成図

141214_01

(*1) 私は、バッファロー WZR-600DHP を使用しているのですが、現在はもう新品の販売
   はされておらず、中古品のみの販売となっているようです。
   今買うのなら、後継機種と思われる WZR-S600DHP がよいと思います。
   価格は2014.12.20現在 6,967円です。



2.機能概要(連続録画機能)


PLANEX スマカメ CS-QR10 の録画機能は、以下の2種類だけです。
 ・ 連続録画
 ・ 動体検知と連動して録画


この記事では連続録画について説明します。
連続録画とは、ネットワークカメラの映像を連続して録画(動画保存)し続ける機能です。
動画の保存先はSDカード(*1)のみです。(スマホやNASに保存する機能は持っていません)


(*1)正確に言うと、microSDカード または microSDHCカードです。
  PLANEX スマカメ CS-QR10 がサポートしているSDカードの種別がそれらなので。



3.手順(連続録画機能)


3.1 microSDHCカードをネットワークカメラに挿入


今回は、Transcend microSDHCカード 32GB Class10 を使用しました。
以下のようなカードです。
IMG_1651

micro SDHCカードは上記のように、micro SDHCカード本体と、(通常サイズのSDHCカードとして
使用するための)変換アダプタがセットになって販売されていることが多いようです。


今回は、micro SDHCカード本体のほうだけを使用します。

micro SDHCカードの選び方に関しては、以下の記事を参考にしてください。
    SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方


microSDHCカードを、ネットワークカメラ PLANEX スマカメ CS-QR10 側面の
microSDカードスロットに以下のように差し込みます。

[ microSDHCカード挿入前 ] SDカードを以下のような向きにして差し込みます
IMG_2381

[ microSDHCカード挿入後 ] SDカードはほぼ完全にSDカードスロットに入りきった状態になります
IMG_2382


3.2 録画開始


(1) ネットワークカメラ PLANEX スマカメ CS-QR10 カメラの映像をスマホで見る
  の「2.3 スマカメ(アプリ)でネットワークカメラの映像を表示」の手順で、
  ネットワークカメラのライブ映像を表示する。
  [メニュー](下図赤枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1308

(2) [カメラ設定](下図赤枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1309

(3) [詳細設定](下図赤枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1310

(4) 詳細設定画面が表示される。下の方の隠れている項目を表示するため、上にドラッグ。
IMG_1312

(5) [録画モード](下図赤枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1313

(6) 録画モード画面が表示される。最初は[録画しない]が有効になっている。
  [上書きして連続録画]をタップ。
IMG_1314

(7) [上書きして連続録画]が有効になる。(下図赤枠で囲った部分)
  [戻る](下図黄色枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1315

(8) 詳細設定画面に戻る。[戻る](下図赤枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1316

(9) 設定画面に戻る。[戻る](下図赤枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1317

(10) ライブ映像画面に戻る。
IMG_1318


3.3 録画終了


(1) 3.2(6)(7)の録画モード画面を表示する。[上書きして連続録画]が有効になっている。
  [録画しない]をタップ。
IMG_1319

(2) [録画しない](下図赤枠で囲った部分)が有効になる。
  [戻る](下図黄色枠で囲った部分)を何度か押して、ライブ映像画面に戻る。
IMG_1320



3.4 録画した動画を表示する


(1) ライブ映像画面を表示する。(表示の仕方は3.1(1)に記載した通り)
  [録画を再生する](下図赤枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1321

(2) 録画ファイル一覧が並んでいる。約4分で1ファイルとなっている。
  見たい録画ファイルをタップする。
  ここでは 13:59に録画開始したファイル(下図赤枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1322

(3) 録画ファイルが再生される。
  再生を一時停止したい場合は、左下の停止ボタン(下図赤枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1324

(4) 一時停止している間は、一時停止ボタンが再開ボタンに変わる(下図赤枠で囲った部分)。
  このボタンを再度タップ。
IMG_1325

(5) 再生が再開される。
  再生を終了させる場合は、左上の[戻る]ボタン(下図赤枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1326

(6) 録画ファイル一覧に戻る。左上の[終了]ボタン(下図赤枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1327

(7) ライブ映像画面に戻る。
IMG_1328


注1.本製品(PLANEX スマカメ CS-QR10)の場合、録画では音声は再生されません。


注2.SDカードの空き容量がなくなった場合、古い録画が削除され、
   新しい録画で上書きされます。


注3.録画ファイルは、SDカードを取り出して、パソコンに挿してみたところ、
   Windows Media Player では再生できませんでしたが、
   PowerDVD 14 Ultraで再生することはできました。


注4.録画に必要な容量は、1ファイルあたりだと4分で7.3MB程度でした。
   1時間録画したところ、110MB程度使用していました。
   このペースだと、32GBのカードの場合(実際に使えるのは30GB)として、
   約272時間、上書きされることなく録画できることになります。


   本製品(PLANEX スマカメ CS-QR10)の仕様では、32GBだと192時間となっているのですが、

   それよりも少し長い時間録画できることになります。
   (被写体によって録画時間は変わるのだろうと思いますが)



関連商品紹介ページ


PLANEX スマカメ CS-QR10 関連記事一覧
(1) ネットワークカメラ PLANEX スマカメ CS-QR10 購入
(2) ネットワークカメラ PLANEX スマカメ CS-QR10 各部の名称と、スタンドの組み立て
(3) ネットワークカメラ PLANEX スマカメ CS-QR10 無線LANでネットワークに接続
(4) ネットワークカメラ PLANEX スマカメ CS-QR10 カメラの映像をスマホで見る
(5) ネットワークカメラ PLANEX スマカメ CS-QR10 音声機能
(6) ネットワークカメラ PLANEX スマカメ CS-QR10 デジタルズーム
(7) ネットワークカメラ PLANEX スマカメ CS-QR10 写真の撮影と保存
(8) ネットワークカメラ PLANEX スマカメ CS-QR10 連続録画機能
(9) ネットワークカメラ PLANEX スマカメ CS-QR10 動体検知と連動して録画
(10) ネットワークカメラ PLANEX スマカメ CS-QR10 解像度
(11) ネットワークカメラ PLANEX スマカメ CS-QR10 まとめ