SDXCカードの標準のファイルシステムは exFATであり、
SDXCカードは購入時点では exFAT でフォーマットしてあります。


しかし、前回記事SDXCカードをIODATA製ネットワークカメラ上で使用に記載した通り、
私は、SDXCカードを、IODATA製ネットワークカメラのフォーマット機能で、
FAT32 でフォーマットし直しました。


今回は、そのSDXCカードを、SDアソシエーションからダウンロードした
SDフォーマッターで、exFAT に再度フォーマットし直せるかどうかを試しました。


結論から言えば、exFAT への再フォーマットは無事成功しました。


詳細は以下の通りです。



1.SDフォーマッターのダウンロードとインストール


SDHCカードのフォーマット方法
「2.1 SDフォーマッターのダウンロードとインストール」参照。



2.SDフォーマッターで SDXCカードをフォーマット


(1) SDXCカードをパソコンのSDカードスロットに挿入。


(2) [スタート]→[すべてのプログラム]→[SDFormatter]→[SDFormatter]の順にクリック
141019_26

  あるいは、インストール時に作成されたショートカットをクリック。
141019_25

(3) SDフォーマッターが起動する。
  ドライブが、SDHCカードが割り当てられているドライブ(ここでは F:)に
  なっていることを確認して、[フォーマット] をクリック。
141026_01


(4) 「クイックフォーマットはデータが復元される可能性があります」という警告が表示される。
  (意味がよく分からない。フォーマットするとデータが消去されると言うのならわかるが。。
   まあ、本当にフォーマットしていいですか?という確認には違いないと思う。)
  [OK]をクリック。
141026_02


(5) 再度警告が表示される。[OK]をクリック。
141026_03


(6) 「メディアのフォーマットが完了しました」というメッセージが表示される。
  同時に、ファイルシステムを exFAT でフォーマットしたことと、
  使用可能になった容量(59.0GB)が表示される。
  [OK]をクリック。
141026_04


(7) SDフォーマッターのウィンドウにおいて、[終了]をクリック。
141026_05


(8) Explorerで、SDHCカードのドライブをクリックすると、
  フォーマットされて、空フォルダーになっていることが確認できる。
141026_06


(9) Explorerで、SDHCカードのドライブを右クリックし(下図赤枠で囲った部分)、
  出てきたメニューで[プロパティ]をクリック(下図オレンジ枠で囲った部分)。
141026_07


(10) FAT32 でフォーマットされ、59.0GBが使用可能になっていることが確認できる。
141026_08



関連商品紹介ページ
[SDXC 64GB Class10]
UHS-I非対応       UHS-I対応         UHS-I対応
                最大転送速度45MB/s  最大転送速度90MB/s
   

[microSDXCカード 64GB Class 10 UHS-I対応]



SDカード関連の記事一覧
(1) SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方
(2) SDカードのWindows7パソコン上での使用方法
(3) SDHCカードのフォーマット方法
(4) SDXCカードをIODATA製ネットワークカメラ上で使用
(5) SDXCカードをexFATでフォーマット
(6) UHS-I対応のSDカードの用途について
(7) デジタルカメラで使用されるSDカード
(8) デジタルカメラ用SDカードの容量の選び方
(9) ネットワークカメラ用のSDカードの選び方
(10) ネットワークカメラ:SDカードへの録画可能時間