家庭内のテレビ/レコーダー/NASなどに保存されている動画/静止画/音楽を、
パソコン/テレビなどでストリーミング再生する場合、
DLNA(Digital Living Network Alliance)という規格に従ってデータの送受信が行われています。


動画/静止画/音楽などのコンテンツを、保存/配信する側の機器を DLNAサーバーと呼び、
受信/再生する側の機器を DLNAクライアントと呼びます。


さらに、テレビ番組については、DTCP-IP(Digital Transmission Content Protect over
Internet Protocol)という規格に従って、暗号化されています。


Windows は、DLNAはサポートしているのですが、DTCP-IPはサポートしていません。
そのため、Windowsパソコンを DLNAクライアントとして、
 ・ DLNAサーバー上のテレビの録画番組を再生、または、
 ・ DLNAサーバー経由で受信した放送中のテレビ番組を視聴
する場合は、別途、DTCP-IP対応DLNAクライアントソフトをインストールする必要があります。


※DLNA と DTCP-IP の詳細については、以下の記事を参照してください。
   DLNA と DTCP-IP について

※DTCP-IP対応DLNAクライアントソフトでどのようなことができるのかについては、
 以下の記事を参照してください。
   DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト

この記事では、これから DTCP-IP対応DLNAクライアントソフトを導入しようと考えている人の
参考になるように、
 ・ DTCP-IP対応DLNAサーバー/DLNAクライアントとして使用可能な機器
 ・ DTCP-IP対応DLNAクライアントソフトはどのようなネットワーク構成で利用可能なのか
 ・ どのようなネットワーク構成がおすすめなのか
について、私の知識の範囲で、説明しておきたいと思います。



1.DTCP-IP対応DLNAサーバー/クライアントとして使用可能な機器


1.1 DTCP-IP対応DLNAサーバーとして使用可能な機器


テレビ、レコーダー、ネットワークレコーダー(nasne)、NAS が、
DTCP-IP対応DLNAサーバーとなることができます。


テレビ/レコーダーの場合に注意すべきこと
 ・ DTCP-IPについては明言してなくても当然サポートされている。
 ・ DLNAの機能については、DLNAクライアントの機能だけという場合のあるので、
   DLNAサーバーの機能をサポートしたものであることを明言したものである必要がある。
 ・ テレビは、内蔵ディスクを持った機種は少ないので、DLNAサーバーとして使用するなら、
   大抵は、外付けディスクを買い足す必要がある。


NASの場合に注意すべきこと
 ・ DLNA と DTCP-IP の両方をサポートしていることを明言した機種である必要があります。


詳細は以下の記事を参照してください。
 ・ DTCP-IP対応DLNAサーバーになれる機器



1.2 DTCP-IP対応DLNAクライアントとして使用可能な機器/ソフトウェア


DTCP-IP対応DLNAクライアントになれる機器は、テレビ/レコーダー/パソコンです。


冒頭にも書きましたが、Windows は、DLNAはサポートしているのですが、DTCP-IPはサポートして
いないため、Windowsパソコンを DTCP-IP対応DLNAクライアントとして使用するには、
別途、DTCP-IP対応DLNAクライアントソフトをインストールする必要があります。


DTCP-IP対応DLNAクライアントソフトとしては、以下3つの製品があります。
 ・ DiXiM Digital TV plus
 ・ SoftDMA 2
 ・ PowerDVD 14 Ultra


DTCP-IP対応DLNAクライアントになれる機器/ソフトウェアの詳細は以下の記事を参照してください。
 ・ DTCP-IP対応DLNAクライアントになれる機器/ソフトウェア

DTCP-IP対応DLNAクライアントソフトで何ができるのかについては以下の記事を参照してください。
 ・ DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト


2.DTCP-IP対応DLNAクライアントソフトはどのようなネットワーク構成で
  利用可能なのか


2.1 一番簡単な構成


一番簡単な構成は、ホームゲートウェイに、DLNAサーバー/DLNAクライアントとも、
有線で接続する方法です。

140811_01


※ホームゲートウェイとは、回線業者とインターネット接続の契約をした時に、
 回線業者から提供される、公衆回線網と家庭内ネットワークの橋渡しを行なうネットワーク機器
 のことを意味しています。
  ・ auひかりでは「ホームゲートウェイ」と呼ばれています。
  ・ NTTフレッツ光では「ひかり電話ルータ」と呼ばれています。
  ・ バッファロー社の製品のマニュアルでは「回線業者(NTT/JCOMなど)の機械」
    と呼ばれています。
  ・ 「モデム」と呼ばれることもあると思います。


この接続方法、確かに簡単ではありますが、ホームゲートウェイに接続できるLANのポート数は、
5個程度だと思われるので、これでは、今後ネットワークに接続できる機器の数が数個程度に
限定されてしまいます。



2.2 有線のハブ/スイッチを導入した例


有線のハブ(またはスイッチ)を導入した場合、ネットワークに接続できる機器の数は大幅に
増えます。24ポートのハブを導入した場合、1つのポートはホームゲートウェイとの接続に
使用するとして、23ポートが増設されることになります。

140811_02


家庭で使用する場合、20ポート以上あれば、ポート数としては十分であるように思えますが、
LANケーブルで接続された機器は、移動が自由には行えないですし、
大量のLANケーブルが接続されていると、そこに埃がたまって掃除が大変になったりします。

また、ハブ自体も、ポート数が多いものになると、筐体が大きくなり、置き場所に困る場合
があります。



2.3 無線LAN親機を導入した例


無線LANで接続可能な部分は、無線LANで接続すれば、機器移動の自由度が大きくなりますし、
掃除の時にLANケーブルに悩まされることも少なくなります。


[パソコンのみを無線LANにした例]

DLNAサーバーの中には、無線LANをサポートしていないものがあります。
NAS、nasne がこれに該当します。
それらを DLNAサーバーにする場合は、パソコンのみを無線LANで使用することになります。
※無線LAN親機には、大抵の場合、有線LANのポートも何ポートかは持っています。

140811_03


[パソコンと DLNAサーバーの両方を無線LANにした例]

無線LANをサポートしているDLNAサーバーを使用すれば、
パソコンと DLNAサーバーの両方を無線LANで接続することができます。

140811_04


[DLNAサーバーが複数台ある場合の例]

DLNAサーバーを複数台持っている場合、無線LANで接続できないものは有線LANで接続し、
無線LANで接続できるものは無線LANで接続するのがよいと思います。私はそうしています。

140811_05



3.どのようなネットワーク構成がおすすめなのか


用途を、DTCP-IP対応DLNAクライアントソフトに限定するのであれば、
つまり、家庭内において、パソコンで、テレビ番組の録画、または、放送中のテレビ番組を
視聴することに用途を限定するのであれば、私の第一推奨は、以下のものとなります。

DTCP-IP対応DLNAサーバー:nasne
DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト:DiXiM Digital TV plus
ネットワーク種別:パソコンは無線LANで接続、nasneは有線LANで接続

140811_06


推奨の理由
・DTCP-IP対応DLNAサーバーとして、nasneを推奨する理由


  - 録画番組だけでなく、放送中の番組まで、DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト
   で視聴するのであれば、nasneしか選択肢がない。
  - 操作が全てパソコンからできるので、パソコンに慣れた人には便利。


  ※ただし、nasneだと、nasne自体に接続したテレビで録画を再生することができません。
   nasne が万能であるわけではないのです。
   録画/再生がパソコンなしでもできたほうがよいという場合は、
   テレビ+ハードディスク、あるいは、レコーダーを選択することになると思います。


・DTCP-IP対応クライアントソフトとして、DiXiM Digital TV plus を推奨する理由


  - 音声付スロー再生/スピード再生がサポートされているのは、このソフトだけ。
  - 音声切替(主音声/副音声対応、二か国語放送対応)がサポートされているのは、
   このソフトだけ。


  ※ただし、DiXiM Digital TV plus が万能であるわけではなく、
   起動が速いものよいのであれば、SoftDMA 2、
   BD/DVD再生機能もサポートしてあるものがよいのであれば、PowerDVD 14 Ultra
   を選択するのがよいと思われます。詳細は以下の記事を参照してください。
   DTCP-IP対応DLNAクライアントソフトの比較


・ネットワーク種別として、パソコンは無線LANで接続、nasneは有線LANで接続することを
 推奨する理由

 nasneは無線LANの機能を持っていないので、nasneは有線LANで接続するしかないです。

 パソコンは、無線LANでも有線LANでも、ホームネットワークに接続することが可能ですが、
 無線LANには以下のメリットがあります。
  - パソコンの場所の移動が容易。(有線LANで接続していると、移動が大変)
  - 有線LANだとハブに接続する機器の数が制限されるが、
   無線LANだと無線LAN親機に接続する機器の数に制限はない。


 一方、無線LANの弱点は、通信速度が遅いことですが、私の環境(無線LAN親機としては、
 最大速度300Mbpsの機種を使用)(*1)では、
 テレビの録画番組、および、放送中のテレビ番組に関しては、無線LANを使用した場合でも、
 映像が乱れたり、ぎくしゃくしたことはないです。


 ※YouTubeからダウンロードした動画については、無線LAN経由でストリーミング再生すると、
  映像がぎくしゃくする場合がありますが、テレビ番組については無線LAN経由でも、
  問題が発生したことがありません。少なくとも、私の経験では。
  私は、内部の仕組みまでは分かっていないのですが。。。


 そのため、私は、DTCP-IP対応DLNAクライアントソフトを使って、テレビの録画番組や、
 放送中のテレビ番組を見るという用途に関しては、パソコンは無線LAN接続で使用する
 のがよいのではないかと思っています。


 (*1)私は、バッファロー WZR-600DHP を使用しているのですが、旧機種となったせいか、
   価格が非常に高騰しています。
   私が買ったころは6,000円台だったのに、今は1,5000円台になっています。。。


   今買うのなら、後継機種と思われるWZR-600DHP2 あたりがよいと思います。
   これも既に生産は終了し、旧機種の扱いになっているようですが、
   価格は2014.8.12現在 6,000円台で、特に高騰はしてないです。


関連商品紹介ページ
[nasne 500GBモデル]  [nasne 1TBモデル]
   

[ DiXiM Digital TV plus ]
(Amazonから購入)             (Vectorから購入)
ダウンロード版     パッケージ版   ダウンロード版
   
※Amazonのほうが安価ですが、在庫切れになっていることが多いです。
  Amazonが在庫切れの場合は Vectorからの購入をご検討ください。


[ SoftDMA 2 ]
サイバーリンク公式オンラインストア

[ PowerDVD 14 Ultra ]
サイバーリンク


DLNAソフトウェア一般論/製品比較の記事一覧
(1) DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト
(2) 音声切替
(3) DTCP-IP対応DLNAクライアントソフトの比較
(4) 動画再生ソフトの比較
(5) 各DLNAクライアントソフトで再生できたコンテンツ/再生できなかったコンテンツ
(6) DTCP-IP対応DLNAクライアントソフトウェアの字幕表示機能
(7) IODATA LANDISK HDL-A2.0にムーブしたテレビ番組録画をパソコンで視聴
(8) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJにムーブしたテレビ番組録画をパソコンで視聴
(9) DTCP-IP対応DLNAサーバーになれる機器
(10) DTCP-IP対応DLNAクライアントになれる機器/ソフトウェア
(11) DLNAサーバーになれる機器(テレビ番組以外のコンテンツについて)
(12) DLNAクライアントになれる機器/ソフトウェア(テレビ番組以外のコンテンツについて)
(13) DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト導入時のネットワーク構成