ネットワークカメラ PLANEX カメラ一発! FFP-PKW06N (CS-W06Nの簡易パッケージ版)
 
のスナップショット/録画機能について説明します。


1.機能

ネットワークカメラ PLANEX カメラ一発! FFP-PKW06N および CS-W06N において、
スナップショット/録画とは以下のことを意味します。
スナップショットとは、静止画をパソコン保存する機能のことです。
録画とは、動画を保存する機能のことです。


2.オンラインマニュアル

本製品のマニュアル「カメラ一発! CS-W06N Windows接続ガイド」では、
以下の箇所で説明されています。
・「5.1 モニター画面の説明」の「スナップショット・録画ボタン」
・「5.5.1 ディレクトリ設定」


3.環境

ネットワークカメラ              : PLANEX カメラ一発! FFP-PKW06N
無線LAN親機                :バッファロー WZR-600DHP (*1)
パソコン                    :FUJITSU LIFEBOOK AH77/H(OS:Windows 7)

ネットワーク構成図
140323_04

(*1) 私は、バッファロー WZR-600DHP を使用しているのですが、現在はもう新品の販売
   はされておらず、中古品のみの販売となっているようです。
   今買うのなら、後継機種と思われる WZR-600DHP3 がよいと思います。
   価格は2014.9.15現在 5,854円です。



4.手順(スナップショット/録画)

4.1 デフォルトのディレクトリ設定の確認

(1) パソコンで、デスクトップ上の「カメラ一発!」のショートカットをクリックするか、
     140321_32
  [スタート]→[すべてのプログラム]→[カメラ一発!]→[カメラ一発!]をクリック。
     140321_41

(2) 「カメラ一発!」の画面が表示される。
  左下の設定ボタン(下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140328_01

  関連部部分を拡大すると以下のとおり。
140328_02

(3) [フォルダーに録画ファイルを保存]の下に、動画を保存するフォルダーが表示されている。
  下図赤枠で囲った部分。
  下図では完全には読み取れないが、以下のように書かれている。

    C:\Users\koji\AppData\Roaming\カメラ一発!\Recording

  [フォルダーにスナップショットを保存]の下に、静止画を保存するフォルダーが表示されて
  いる。下図オレンジ枠で囲った部分。
  下図では完全には読み取れないが、以下のように書かれている。

    C:\Users\koji\AppData\Roaming\カメラ一発!\Snapshot

  ここでは特に変更はしないので、[キャンセル](下図ピンク枠で囲った部分)をクリック
  してこの画面を閉じる。
140328_03


4.2 静止画と動画をパソコンに保存

(1) スナップショットボタン(下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140328_04

  関連部分を拡大すると以下のとおり。
140328_05

(2) クリックした後、数秒間だけ、以下のように保存した静止画が、ライブ映像の
  左上のほうに表示される。(下図赤枠で囲った部分)
140328_06

(3) 動画ボタン(下図赤枠で囲った部分)をクリック。録画が開始される。
140328_07

  関連部分を拡大すると以下のとおり。
140328_07_1

(4) 録画中は、以下のように録画ボタンが赤くなっている。
140328_08

  関連部分を拡大すると以下のとおり。
140328_08_1

(5) 録画ボタンを再度クリックすると、録画終了となり、録画ボタンは黒に戻る。
  (下図赤枠で囲った部分)
140328_09

  関連部分を拡大すると、以下のとおり。
140328_09_1


4.3 保存した静止画と動画を確認

4.3.1 「カメラ一発!」の[開く]の機能を使用

[静止画]
(1) 4.1の(3)の画面を開いて、[フォルダーにスナップショットを保存]の下の
  [開く](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140328_15

(2) Explorerが起動し、静止画が保存されているフォルダが表示される。
  ※このフォルダの正式なパス名は、4.1(3)に示したもの。
140328_16

(3) 本日の日付のフォルダが生成されている。(下図赤枠で囲った部分)
  これをクリック。
140328_17

(4) 静止画が保存されている。(下図赤枠で囲った部分)
  これをクリック。
140328_18

(5) 静止画が Windows のフォトビューア―で再生される。
140328_19


[動画]
(1) 4.1の(3)の画面を開いて、[フォルダーに動画ファイルを保存]の下の
  [開く](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140328_10

(2) Explorerが起動し、動画が保存されているフォルダが表示される。
  ※このフォルダの正式なパス名は、4.1(3)に示したもの。

  このフォルダ配下に、サブフォルダが生成されている。
  サブフォルダ(下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140328_11

(3) 本日の日付のフォルダが生成されている。(下図赤枠で囲った部分)
  これをクリック。
140328_12

(4) 動画ファイルが保存されている。
  crfファイル(下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140328_13

(5) 「カメラ一発! Playback」が起動して、動画が再生される。
140328_14


4.3.2 Explorerの機能で「カメラ一発!」で保存した静止画/動画のフォルダに
   アクセスするには

「カメラ一発!」で保存された静止画/動画のフォルダは(というか、AppDataというフォルダは
一般に)、Explorerのデフォルトの設定では、表示されない。

例えば、私の環境では、下図のフォルダの配下に、AppDataというフォルダが、実際にはある
のだが表示されていない。
140328_20

AppDataというフォルダ、および、その配下の「カメラ一発!」の静止画/動画が保存されフォルダ
を表示させるには以下のようにする。

(1) Explorerの画面において[ツール](下図赤枠で囲った部分)、
  [フォルダーオプション](下図オレンジ枠で囲った部分)の順にクリック。
140328_21

(2) [表示](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
  デフォルトでは、[隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示しない]
  が有効になっている。(下図オレンジ枠で囲った部分)
140328_22

(3) [隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する]を有効にし(下図
  オレンジ枠で囲った部分)、[OK](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140328_23

(4) AppDataというフォルダが表示された(下図赤枠で囲った部分)。これをクリック。
140328_24

(5) Romingというフォルダ(下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140328_25

(6) カメラ一発!というフォルダ(下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140328_26

(7) Snapshotというフォルダ(下図赤枠で囲った部分)が、静止画を保存したフォルダ。
  Recordingというフォルダ(下図オレンジ枠で囲った部分)が、動画を保存したフォルダ。
  各々をクリックすると、以降は、4.3.1の手順で、静止画/動画を再生することができる。
140328_27


関連商品紹介ページ
[FFP-PKW06N]    [CS-W06N]
  
(注) FFP-PKW06N は CS-W06N の簡易パッケージ版です。中身は同じでお安くなります。


(10) PLANEX カメラ一発! FFP-PKW06N(CS-W06N) スナップショット/録画
(11) PLANEX カメラ一発! FFP-PKW06N(CS-W06N) Emailアラーム
(12) PLANEX カメラ一発! FFP-PKW06N(CS-W06N) FTPアラーム
(13) PLANEX カメラ一発! FFP-PKW06N(CS-W06N) 音声(パソコンから接続する場合)
(14) PLANEX カメラ一発! FFP-PKW06N(CS-W06N) スピーカーアラーム
(15) PLANEX カメラ一発! FFP-PKW06N (CS-W06N) SDカード関連機能
(16) PLANEX カメラ一発! FFP-PKW06N (CS-W06N) NAS関連機能
(17) PLANEX カメラ一発! CS-W06N 「カメラ一発! Playback」を使った動画/静止画の再生方法
(18) PLANEX カメラ一発! CS-W06N:録画した動画ファイルをAVI形式に変換
(19) PLANEX カメラ一発! CS-W06N:iPhoneに動画/静止画を保存/再生
(20) PLANEX カメラ一発! CS-W06N:iPhoneで動画をAVI形式に変換しダウンロード
(21) PLANEX カメラ一発! CS-W06N:iPhoneでSDカードに動画を保存/再生
(23) PLANEX カメラ一発! CS-W06N:iPhoneでスピーカーアラームを設定