東芝製テレビ REGZA のうち、NASに直接録画できる機種は?」において、
「ダビングに要する時間は、結構長い」という話をしました。


その時の測定値は、無線LANの環境でですが、8分29秒(680MB)の録画番組を
NAS にムーブするのに 1分50秒かかっていました。
転送速度に換算すると、680MB÷110秒= 6.2MB/s となります。


本日、やはり無線LAN環境でではありますが、もう少し大きい動画で、再度、
東芝 REGZA から NAS にムーブ(ダビング)するのにかかる時間を測定していました。

結果から言えば、無線LANの環境で、22分00秒(2.6GB)の録画番組を、
NAS にムーブするのに 6分50秒かかりました。
転送速度に換算すると、2600MB÷410秒= 6.3MB/s と、前回とほぼ同じ結果となりました。


IODATA LANDISK HDL-A2.0 と バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ の性能比較
 で示した、無線LANでのファイルの転送速度より少し遅いという結果です。
 ファイル転送の結果から推測すると、東芝 REGZA を有線LANで接続すれば、
 転送速度は大きく上がりそうな気がしますが、今回、そこまでは試していません。


今回は、測定環境や手順を、きちんと記録に残しておこうと思います。
以下、測定環境や手順の詳細です。



東芝 REGZA から NAS にムーブ(ダビング)するのにかかる時間
 (無線LAN環境)


1.測定環境


東芝 REGZA の機種              :東芝 REGZA 32J7 (*1)
東芝 REGZA に接続しているハードディスク:IODATA HDCA-UT2.0KC
NAS                          :IODATA LANDISK HDL-A2.0
無線LAN親機                   :バッファロー WZR-600DHP
パソコン                       :FUJITSU LIFEBOOK AH77/H
DTCP-IP DLNAクライアントソフト       :CyberLink SoftDMA 2


(*1) 東芝 REGZA 32J7 は在庫がなくなり販売終了となったようです。
   代行機種については、この記事の最後の[ 東芝 REGZA について ]を参照してください。


ネットワーク構成図

140209_04



2.ムーブ(ダビング)するのにかかる時間の計測手順


(1) 東芝 REGZA のリモコンの[録画リスト]を押す。
  東芝 REGZA に録画した番組の一覧が表示される。
  録画番組(ここでは[ニュース](下図赤枠で囲った部分))を選択して、
  リモコンの決定ボタンを押す。
IMG_1590


  ※上図黄色枠で囲った部分に示されているとおり、この番組は22分間の番組。


(2) 「1件ダビング」「複数ダビング」のどちらかを選ぶようになっている。
  ここでは、「1件ダビング」を選んで、リモコンの決定ボタンを押す。
IMG_1591


(3) ムーブ(ダビング)先を指定する画面となる。
  ここでは、[LANDISK-F24A87]を選んで、リモコンの決定ボタンを押す。
  ※LANDISK-F24A87 は、本環境における、IODATA LANDISK HDL-A2.0 のホスト名。
IMG_1592


(4) 「選択した番組をダビングしますか?」という問い合わせがでる。
  [はい](下図赤枠で囲った部分)を選択して、リモコンの決定ボタンを押す。
  この時点から、ムーブ(ダビング)にかかる時間の計測を開始する。
IMG_1594


(5) ムーブ(ダビング)を行っている間、テレビの画面右下に、
  ムーブ(ダビング)が何%進んだのかが表示される。(下図は8%まで進んだところ)
IMG_1596


(6) 何%進んだのかの表示が100%になった時点で、時間の計測を終了する。
  さらに、数秒後、100%進んだことを示す表示が自動的に消える。

この計測の結果、(4)~(6)までにかかった時間が、6分50秒(410秒)であった。



3.結果の確認


3.1 ムーブ(ダビング)した動画が見れるかどうかの確認


パソコン上から、DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト(今回は SoftDMA 2を使用)で、
NAS(IODATA LANDISK HDL-A2.0)にアクセスして、
ムーブ(ダビング)した動画が見れるかどうかを確認する。


注1. DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト全般については以下の記事を参照してください。
   ・DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト


注2. SoftDMA 2 の使い方については以下の記事を参照してください。
   ・SoftDMA 2 の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-


(1) 「SoftDMA 2 の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-」に記載した手順で、
  SoftDMA 2 を起動し、DLNAサーバーとして NAS(IODATA LANDISK HDL-A2.0)
  (本環境でのホスト名は LANDISK-F24A87)を選び、その配下の動画一覧を表示させる。

  2でムーブ(ダビング)した[ニュース](下図赤枠で囲った部分)が含まれていて、
  録画時間も予定通り 22分00秒であることが確認できる。

  この[ニュース](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140209_01


(2) ニュースが再生される。
IMG_1597

  これでムーブ(ダビング)した動画が問題なく再生できることが確認できた。



3.2 ムーブ(ダビング)した動画の容量の確認


東芝 REGZA 上にある段階では、動画の容量が分からない。
※東芝 REGZA では、動画の容量に関しては、残量が時間で表示されるのみ。
 録画する前後で、残量の差分を取れば、動画の容量を逆算することは可能かもしれないが、
 今回、そこまではやっていない。


転送速度を計算するには、動画の容量を知る必要があるので、
転送先である NAS( IODATA LANDISK HDL-A2.0 )のほうで、容量を確認する。

確認手順は以下のとおり。


(1) パソコン上で、「IODATA LANDISK HDL-A2.0-2.セットアップ-」の、
  ステップ2の(1)~(5)の方法で、IODATA LANDISK の管理画面を表示し、
  詳細設定画面を表示し、[コンテンツ操作](赤枠で囲った部分)をクリック。
140209_02


(2) [dlna](赤枠で囲った部分)をクリックし、
  [recoreded](緑枠で囲った部分)をクリック。
  →このNAS上に保存されている動画(録画された地デジ番組)が表示される。
   [ニュース]が保存されていて、容量は 2.6GB であることが確認できる。
   (下図黄色枠で囲った部分)
140209_03



3.3 転送速度の計算


2において、ムーブ(ダビング)にかかった時間が 6分50秒(410秒)であり、
3.2において、ムーブ(ダビング)した動画の大きさが 2.6GB(2600MB)であったので、
転送速度は、2600MB÷410秒= 6.3MB/s であったことが分かる。



[ 東芝 REGZA について ]
東芝 REGZA 32J7 は、在庫がなくなり販売終了となったようです。
もし東芝 REGZA を購入されるのでしたら、私としては、画面サイズ以外は、
東芝 REGZA 32J7 と全く同機能である東芝 REGZA 40J7 を推奨いたします。



東芝 REGZA 関連の記事一覧
(1) 東芝 REGZA 購入機種の選定
(2) 東芝 REGZA 32J7 ネットワーク設定
(3) 東芝 REGZA 32J7 USBハードディスクを接続
(4) 東芝 REGZA 32J7 録画した地デジ番組をNASにムーブ
(5) 東芝 REGZA 32J7 DLNAサーバー機能
(6) 東芝 REGZA 32J7 DLNAクライアント機能
(7) 東芝 REGZA 32J7 アクトビラの利用方法
(8) 東芝 REGZA 32J7 YouTubeの利用方法
(9) 東芝 REGZA のうち、NASに直接録画できる機種は?
(10) 東芝 REGZA の DMR機能について
(11) RZ見るナビ
(12) 東芝 REGZA 32J7 の字幕表示機能
(13) ソニー nasne(ナスネ):録画した番組を東芝 REGZA 32J7 を使用して再生
(14) 東芝 REGZA から NAS にムーブ(ダビング)するのにかかる時間(無線LAN環境)
(15) 東芝 REGZA から DiXiM BD Burner 2013 でPC上のBDにムーブ(ダビング)するのにかかる時間(無線LAN環境)

IODATA LANDISK HDL-A2.0 関連の記事一覧
(1) IODATA製のNAS(Network Attached Storage) HDL-A2.0 を購入
(2) IODATA LANDISK HDL-A2.0 の今後の動作確認予定
(3) IODATA LANDISK HDL-A2.0-2.セットアップ-
(4) IODATA LANDISK HDL-A2.0-3.番組をムーブする-
(5) IODATA LANDISK HDL-A2.0-4.共有フォルダーを使う-
(6) IODATA LANDISK HDL-A2.0-5.外出先から本製品にアクセスする(Remote Link 2)-
(7) IODATA LANDISK HDL-A2.0-6.1 バックアップに使用するハードディスクの選定-
(8) IODATA LANDISK HDL-A2.0-6.2 ハードディスクを増設する-
(9) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.1 バックアップ-
(10) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.2 ネットワークバックアップ-
(11) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.3 デジカメコピー-
(12) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.4 クイックコピー-
(13) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.5 Sync with-
(14) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.6 EasySaver LE-
(15) IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.7 バックアップ、ネットワークバックアップ、Sync with、EasySaver LEの使い分け-
(16) IODATA LANDISK HDL-A2.0-8.DLNAサーバー機能を利用する-
(17) IODATA LANDISK HDL-A2.0-11.Dropboxと同期する-
(18) IODATA LANDISK HDL-A2.0-12.FTP共有-
(19) IODATA LANDISK HDL-A2.0から、他の機器へ、録画した地デジ番組をムーブ
(20) HDL-A2.0のリモートリンク2の機能(iPhone、各種ファイル形式)
(21) HDL-A2.0にnet.USB機能で地デジチューナーを接続
(22) 東芝 REGZA から NAS にムーブ(ダビング)するのにかかる時間(無線LAN環境)
(23) IODATA LANDISK HDL-A2.0にムーブしたテレビ番組録画をパソコンで視聴