ソニー nasne(ナスネ) のファイルサーバー機能について説明します。



1.ファイルサーバー機能とは?


nasneについては、今まで以下の機能を紹介してきました。
 (1) テレビ番組の録画
 (2) 録画した番組の配信(DTCP-IP対応DLNAサーバ機能)
 (3) テレビの録画番組以外のコンテンツ(動画/静止画/音楽)を保存
 (4) それらのコンテンツの配信(DLNAサーバー機能)


nasneは、それに加えて、以下の機能も提供しています。
 (5) パソコン上の各種ファイルを保存して、同じネットワーク内で共有


(5)の機能のことを、nasneでは、ファイルサーバー機能と呼んでいます。
(3)の機能において、動画/静止画/音楽などのコンテンツだけでなく、
テキスト/PDF/オフィスドキュメントなどのファイルも保存/共有できるようになっている
と考えればよいです。



2.ネットワーク構成図


今回、私のほうで、nasneのファイルサーバー機能の検証をした時のネットワーク構成図は
以下のとおりです。

140201_15


3.コンテンツを nasne上に保存する方法


Windows パソコン上のファイルを、nasne に転送/保存する方法について説明します。


(1) Windows パソコンと同じホームネットワーク内において、
  「ソニー nasne(ナスネ):接続から起動まで」に記載した設定を行う。
  ※テレビの接続は行わなくてもよいです。


(2) Windows パソコンにおいて Explorer で、
  [ネットワーク]→[NASNE-xxxx]→[share1]の順にクリック。(下図赤枠で囲った部分)
  
  注1. 正確には、[ネットワーク]と[NASNE-xxxxxx]に関してはその左の「>」マークをクリック。
  注2. xxxxは、nasneのMACアドレスの下位3バイトを16進数で表したもの。


  以下のような画面になる。
140201_02

(3) このフォルダにファイルを転送/保存することもできるようですが、
  動画/静止画/音楽が、[VIDEO],[PHOTO],[MUSIC]と別フォルダになっているので、
  [DATA]というフォルダを作成する。
  ※フォルダの作成方法は、Windowsの通常のフォルダの作成方法と同じ。
140202_01

(4) そのフォルダに移動。当然、最初は中身が空の状態。
140202_02

(5) テキストファイル a.txt、PDFファイル b.pdf、Wordファイル c.docx をこのフォルダに
  ドラッグ&ドロップ。以下のように、このフォルダに保存することができる。
140202_03

(6) 当然、ここに置いたファイルをダブルクリックすることで、ファイルを開いて、
  参照/更新を行うことができる。下図は、c.docx を開いたところ。

140202_04


4.ファイルサーバーとしての設定を変更する方法


nasneでは、ファイルサーバーとしての設定を変更しなくても、上記3までの機能を使用する
ことができますが、多少の設定変更を行うこともできます。

ここでは、ファイルサーバー名を変更する方法を紹介します。


(1) 「ソニー nasne(ナスネ):Windowsでの設定画面の出し方」に記載した方法で、
  nasneの設定画面を出す。
  [ファイルサーバー設定](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140202_05

(2) ファイルサーバー設定の画面になる。
  [ファイルサーバー名]の初期値は「nasne-xxxxxx」になっている。(下図赤枠で囲った部分)
  注. xxxxxxは、nasneのMACアドレスの下位3バイトを16進数で表したもの。
140202_06

  見づらいので、関係する部分のみを拡大すると以下のとおり。
140202_07

(3) [ファイルサーバー名]を「nasne」に変えて(下図赤枠で囲った部分)、
  [適用](下図黄色枠で囲った部分)をクリック。
140202_08

(4) 「ファイルサーバー名 適用されました」というメッセージが書かれた、
  小さいウィンドウが表示される。[OK](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140202_09

(5) Windows の Explorer で表示されるサーバー名が、「nasne-xxxxxx」ではなく、
  「nasne」に変更されている。
140202_12

※私の環境では、実際には、サーバー名はすぐには変わらず、上記(5)までやっても、
 「nasne-xxxxxx」のままでした。


 パソコンを再起動すると、「nasne」というサーバー名に変わりました。
 フォルダやファイルもその配下にあることを確認しました。
 しかし、nasne-xxxxxx」というサーバー名もダミーの状態(アクセスするとエラーになる状態)
 で残っていました。


 nasneのほうも電源オフ/オンして、パソコンももう一度再起動すると、
 「nasne-xxxxxx」というサーバー名は消えて、上記の状態になりました。


 多分、nasneの仕様としては、サーバー名はすぐ変わるはずで、
 私の環境でサーバー名がすぐ変わらなかったのは、一時的に何らかのネットワークトラブル
 が発生しただけだと思うのですが、はっきりしたことは分かりません。

 とにかく上記の方法で、サーバー名を変更することはできます。



関連商品紹介サイト
[nasne 1TBモデル CECH-ZNR2J01]


[nasne 500GBモデル CECH-ZNR1J]



ソニー nasne(ナスネ)関連の記事一覧
(1) ソニー nasne(ナスネ):購入
(2) ソニー nasne(ナスネ):接続から起動まで
(3) ソニー nasne(ナスネ):Windowsでの設定画面の出し方
(4) ソニー nasne(ナスネ):システムソフトウェアのアップデート
(5) ソニー nasne(ナスネ):レコーダー設定
(6) ソニー nasne(ナスネ):ネットワーク構成図
(7) ソニー nasne(ナスネ):番組表から録画予約
(8) ソニー nasne(ナスネ):番組検索から録画予約
(9) ソニー nasne(ナスネ):放送中の番組を録画する方法と、録画を番組の途中で打ち切る方法
(10) ソニー nasne(ナスネ):録画した番組を削除する方法
(11) ソニー nasne(ナスネ):テレビに接続する必要はあるのか?
(12) ソニー nasne(ナスネ):録画した番組をパソコン上でSoftDMA 2 を使用して再生
(13) ソニー nasne(ナスネ):録画した番組をパソコン上でPowerDVD 13 Ultra を使用して再生
(14) ソニー nasne(ナスネ):録画した番組をパソコン上でDiXiM Digital TV Plus を使用して再生
(15) DiXiM BD Burner 2013 ダウンロード型ムーブ(nasneから)
(16) ソニー nasne(ナスネ):録画した番組を東芝 REGZA 32J7 を使用して再生
(17) ソニー nasne(ナスネ):録画した番組をPanasonic VIERA X50 を使用して再生
(18) ソニー nasne(ナスネ):録画した番組をPanasonic DIGA DMR-BWT520 を使用して再生
(19) nasneのライブチューナ機能:放送中の番組をパソコン上でSoftDMA 2 を使用して見る
(20) nasneのライブチューナ機能:放送中の番組をパソコン上でPowerDVD 13 Ultra を使用して見る
(21) nasneのライブチューナ機能:放送中の番組をパソコン上でDiXiM Digital TV Plus を使用して見る
(22) ソニー nasne(ナスネ):メディアストレージ機能
(23) ソニー nasne(ナスネ):メディアストレージ機能で再生可能なデータ形式
(24) ソニー nasne(ナスネ):ファイルサーバー機能
(25) 録画モードと、録画に必要なHDD容量
(26) nasne から DiXiM BD Burner 2013 でPC上のBDにムーブ(ダビング)するのにかかる時間(無線LAN環境)
(27) ソニー nasne(ナスネ):ファイル転送速度(ファイル転送性能)
(28) ソニー nasne(ナスネ):まとめ
(29) nasneに録画したテレビ番組をパソコン上でPowerDVD 14 Ultra を使用して再生
(30) nasneが受信した放送中のテレビ番組をパソコン上でPowerDVD 14 Ultraを使用して視聴
(31) DiXiM BD Burner 2013 ダウンロード型ムーブ(追加でムーブ/まとめてムーブ)
(32) PowerDVD 15 Ultra と nasne の連携(放送中のテレビ番組視聴)