※DiXiM BD Burner 2013 は、2014年12月31日をもって販売終了となりました。
  購入済みの製品についても、利用期限が2017年12月末となっています。
  詳細は、
DiXiM BD Burner 2013 販売終了のお知らせを参照してください。


DiXiM BD Burner 2013 を使用して、nasne から、ダウンロード型ムーブを行う手順について
説明します。 

DiXiM BD Burner 2013は、DTCP-IPに対応したDLNAのプロトコルを使用して、
DLNAサーバー上に保存した、テレビの録画番組を、ネットワーク経由で、
パソコン上のBDまたはDVDディスクにムーブ(ダビング)するソフトウェアです。


ダビング方法としては、アップロード型ムーブと、ダウンロード型ムーブの
2種類の方法をサポートしています。


アップロード型ムーブは、テレビの録画番組を保持している機器の側から、
パソコン(DiXiM BD Burner 2013)の側に、ムーブ(ダビングする)指示を出す方法です。


ダウンロード型ムーブは、パソコン(DiXiM BD Burner 2013)の側から、
テレビの録画番組を保持している機器の側に、ムーブ(ダビング)の指示を出す方法です。

ダウンロード型ムーブは、以下の記事で一度紹介しました。
  ・DiXiM BD Burner 2013 ダウンロード型ムーブ(バッファロー LinkStation V2.0TLJから)  


その時は、ソニー nasne (ナスネ) を持っていなかったので、とりあえず私が持っている機器
の中で唯一ダウンロード型ムーブができた、バッファロー製のNAS(具体的には、
バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ)で試して紹介させていただいたわけですが、
本来、DiXiM BD Burner 2013 のダウンロード型ムーブの存在価値は、
nasneからのダウンロー型ムーブにあると思われます。理由は以下のとおりです。


  ・開発元であるDigion社の DiXiM BD Burner 2013 のページ では、 
   「ダウンロード型ムーブ」により、nasneへの対応が可能になったことを強調してある。


  ・Amazonでのレビューでも、DiXiM BD Burner 2013 は、nasneに対して有効であるという
   意見が何件か出ている。

  ・私自身が使った感想としても、nasne は、パソコンをよく使う人にとっては、
   とても便利なレコーダーであるように思えている。
   そのため、nasne 上の録画番組を BD/DVD上にムーブできる唯一のツールである
   DiXiM BD Burner 2013 は、nasne によって商品価値が高まっていると言ってもいいように
   思えている。


本記事では、DiXiM BD Burner 2013 の最重要機能であると思われる、
nasne からのダウンロード型ムーブを検証した結果について報告します。

nasneからのダウンロード型ムーブのイメージ

結論から言うと、私の場合買った時の状態(バージョン1.0.9.0)では、
nasneからのダウンロード型ムーブは失敗しました。


しかし、アップデータを適用してバージョン1.0.17.0にすると、
nasneからのダウンロード型ムーブが成功しました。


※その代り、アップデータ適用後は、Buffalo LinkStation からのダウンロード型ムーブが
 できなくなりました。サポートを担当している、アスクユーザーサポートの話では、
 Buffalo LinkStation からのダウンロード型ムーブができるのは 1.0.10.0 までなので、
 Buffalo LinkStation からはアップロード型ムーブで操作するようにしてください、
 とのことでした。


※Buffalo LinkStation からのアップロード型ムーブの手順については、
 以下の記事を参照してください。
 ・DiXiM BD Burner 2013 アップロード型ムーブ(バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ から)


1.DiXiM BD Burner 2013 の起動


(1) [スタート]→[すべてのプログラム]→[DiXiM BD Burner 2013]→
  [DiXiM BD Burner 2013]の順にクリック。

140116_01

(2) DiXiM BD Burner 2013 が起動する。
140116_02


2.DiXiM BD Burner 2013 のバージョン確認


(1) 左上のロゴ(下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140116_03


(2) 表示されたメニューの中から、[バージョン情報](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140116_04


(3) 小さいウィンドウが表示され、その中にバージョンが表示される。
  以下の図ではバージョン1.0.9.0。(下図赤枠で囲った部分)
140116_05


  [OK](上図黄色枠で囲った部分)をクリックしてこのウィンドウを消す。



3.DiXiM BD Burner 2013 バージョン1.0.9.0 で、
  nasne から、パソコン上のBDへの、録画番組のムーブ(ダビング)
  →失敗


(1) BDディスクをパソコンの BD/DVDディスクに挿入する。
  (注1) 今回使用した BDディスクは、TDK製の 25GB の BD-RE です。
     他のBDディスクでもよいと思いますが、参考までに。
  (注2) 今回、実は、上記1および2の作業も、BDディスクをパソコンに挿入した
     状態でやりました。しかし、上記1,2については必ずしも、BDディスク
     をパソコンに挿入した状態で行わなくてもよいです。


(2) 必要に応じて、BDディスクをフォーマットする。
  フォーマットの手順は、以下の記事を参考にしてください。
  ・DiXiM BD Burner 2013 アップロード型ムーブ(東芝REGZA 32J7から)   
   の「1.BDのフォーマット」


  ※既にフォーマット済みのBDをご使用の場合は、再度フォーマットする必要はりません。
   特に、既にいくつかの録画番組をムーブ済みのBDをご使用の場合、フォーマットすると
   それらの録画番組は消えてしまいますので、注意してください。


(3) ダウンロード(下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140116_07


(4) フォルダの中に nasneが表示される。(下図オレンジ枠で囲った部分)
  因みに、Buffalo LinkStation V2.0TLJ も表示されている。(下図黄色枠で囲った部分)

  nasne配下の[ビデオ](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140116_08


  見づらいと思うので、該当箇所を拡大すると、以下のとおり。
140116_09


(5) nasne上のデータをどのようなカテゴリ(分類)で表示するのかを選択するようになって
  いる。ジャンル/日付/すべて/フォルダー/ライブチューナのいずれかを選ぶ。
  ここでは、[すべて](下図赤枠で囲った部分、あるいは、オレンジ枠で囲った部分)を
  クリック。
140116_10


(6) nasne上に保存した動画すべてが表示される。
  [おかあさんといっしょ…]のチェックボックス(下図赤枠で囲った部分)をクリックして
  チェックマークをつけ、[ダウンロード](下図緑枠で囲った部分)をクリック。
140116_11


(7) 転送確認の小さいウィンドウが表示される。
  [転送開始](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140116_12


(8) しばらくの間(30秒~1分くらい)、「書き込み中」(下図赤枠で囲った部分)という
  表示の出た画面となる。
140116_13


(9) 書き込み結果が示される。(下図赤枠で囲った部分)
  しかし、「書き込みは失敗しました」となっている。
  エラー番号は、0xF0080001 となっている。
140116_14


  見づらいと思うので、該当箇所を拡大すると以下のとおりです。

140116_15


  何度やってもこのエラーになりました。
  この場合、DiXiM BD Burner 2013 を終了して、PowerDVD 13 Ultra でこのBDを見てみて
  も何も録画されていませんでした。
  このBDを、Panasonic DIGA DMR-BWT520 に挿してみても、やはり何も録画されていません
  でした。



4.DiXiM BD Burner 2013 を バージョン1.0.9.0 から、
  バージョン1.0.17.0 にアップデート


(1) Webブラウザで http://www.ask-support.com/askware/?p=743 を開く。
140116_16


(2) 画面を下にスクロールすると、
   DiXiM BD Burner 2013 Ver.1.0.17.0 アップデータダウンロード…
  というのが出てくるのでこれをクリック。(下図赤枠で囲った部分)
140116_17


(3) ファイルを開くか保存するかの問い合わせがでる。
  ここでは、[ファイルを開く](下図赤枠で囲った部分)をクリックした。
140116_18


(4) dixim_bd_burner_2013_updater-1.0.17.0-ask というフォルダーがデスクトップに生成され、
  そのフォルダが Explorer で自動的に開かれた状態になる。
  setup.exe(下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140116_19


(5) DiXiM BD Burner 2013 Ver.1.0.17.0 アップデータのインストールが始まる。
  インストール中は何個かの画面が出ては消える。下図はそのうちの1つ。
140116_20


(6) インストールが完了すると、「Install Wizardの完了」という画面が出る。
  [完了](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140116_21


(7) パソコンが再起動する。


(8) 1に記載した方法で DiXiM BD Burner 2013 を起動し、
  2に記載した方法で バージョンを確認すると、以下のように 1.0.17.0 になっている
  ことが確認できる。
140116_22

→これでDiXiM BD Burner 2013のバージョン1.0.17.0 へのアップデートは完了です。



5.DiXiM BD Burner 2013 バージョン1.0.17.0 で、
  nasne から、パソコン上のBDへの、録画番組のムーブ(ダビング)
  →成功


(1) BDディスクをパソコンの BD/DVDディスクに挿入する。
  (注1) 今回使用した BDディスクは、TDK製の 25GB の BD-RE です。
     他のBDディスクでもよいと思いますが、参考までに。
  (注2) 今回、実は、上記1および2の作業も、BDディスクをパソコンに挿入した
     状態でやりました。しかし、上記1,2については必ずしも、BDディスク
     をパソコンに挿入した状態で行わなくてもよいです。


(2) 必要に応じて、BDディスクをフォーマットする。
  フォーマットの手順は、以下の記事を参考にしてください。
  ・DiXiM BD Burner 2013 アップロード型ムーブ(東芝REGZA 32J7から)
   の「1.BDのフォーマット」


  ※既にフォーマット済みのBDをご使用の場合は、再度フォーマットする必要はりません。
   特に、既にいくつかの録画番組をムーブ済みのBDをご使用の場合、フォーマットすると
   それらの録画番組は消えてしまいますので、注意してください。


(3) ダウンロード(下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140116_23


(4) フォルダの中に nasneが表示される。(下図オレンジ枠で囲った部分)
  因みに、Buffalo LinkStation V2.0TLJ も表示されている。(下図黄色枠で囲った部分)

  nasne配下の[ビデオ](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140116_24


  見づらいと思うので、該当箇所を拡大すると、以下のとおり。
140116_25


(5) nasne上のデータをどのようなカテゴリ(分類)で表示するのかを選択するようになって
  いる。ジャンル/日付/すべて/フォルダー/ライブチューナのいずれかを選ぶ。
  ここでは、[すべて](下図赤枠で囲った部分、あるいは、オレンジ枠で囲った部分)を
  クリック。
140116_26


(6) nasne上に保存した動画すべてが表示される。
  [おかあさんといっしょ…]のチェックボックス(下図赤枠で囲った部分)をクリックして
  チェックマークをつけ、[ダウンロード](下図緑枠で囲った部分)をクリック。
140116_27


(7) 転送確認の小さいウィンドウが表示される。
  [転送開始](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140116_28


(8) 転送が開始される。
  転送中は、「書き込み中」(下図赤枠で囲った部分)という表示がでて、かつ、
  転送が何%進んだのかが表示される(下図黄色枠で囲った部分)。
140116_29


(9) 書き込み結果が示される。(下図赤枠で囲った部分)
  今回は、「ディスクへの書き込みが完了しました。」
140116_30



6.ダビングしたBDを再生してみる


6.1 パソコンで再生


今回は、PowerDVD 13 ultra の使い方-ローカルPC上のメディア再生機能-の手順で、
試してみました。以下のように問題なく再生されました。
IMG_1499



6.2 レコーダーで再生


このBDを、パソコンから取り出し、レコーダー(Panasonic DIGA DMR-BWT520)の挿入し、
レコーダーのりもこんの[録画一覧]ボタンを押し、出てきた画面で[ディスク]を選択すると、
以下のように、録画した番組の一覧(今回は「おかあさんといっしょ…」のみ)が
表示される。
IMG_1501


番組を選択して(と言っても今回は1個だけですが)、リモコンの決定ボタンを押すと、
以下のように問題なく再生された。
IMG_1506



7.DiXiM BD Burner 2013 バージョン1.0.17.0 で、
  バッファロー LinkStation V2.0TLJ から、パソコン上のBDへの、
  録画番組のムーブ(ダビング)
  →失敗


冒頭にも書きましたとおり、DiXiM BD Burner 2013 をバージョン 1.0.17.0 にすると、
バッファロー LinkStation からのダウンロード型ムーブはできなくなります。


実際試してみたのですが、その時に行ったダウンロード型ムーブの手順については、
nasneを選んでいたところを バッファロー LinkStation に変更する以外は、
5と同じなので、省略します。


結果としては、以下のように、0xF0850A06 のエラーとなりました。
140116_32


見づらいので、該当箇所を拡大すると以下のとおりです。
140116_33


DiXiM Digital BD Burner 2013 のサポートを担当しているアスクユーザの話では、
「Buffalo LinkStation からはアップロード型ムーブで操作するようにしてください」
とのことでした。

※Buffalo LinkStation からのアップロード型ムーブの手順については、
 以下の記事を参照してください。
 ・DiXiM BD Burner 2013 アップロード型ムーブ(バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ から)


Amazonでの関連商品紹介ページ
[nasne 1TBモデル]


DiXiM BD Burner関連の記事一覧
(1) DiXiM BD Burner 2013 購入/インストール
(2) DiXiM BD Burner 2013 アップロード型ムーブ(東芝REGZA 32J7から)
(3) DiXiM BD Burner 2013 ダウンロード型ムーブ(バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJから)
(4) DiXiM BD Burner 2013 まとめ
(5) DiXiM BD Burner 2013 アップロード型ムーブ(IODATA LANDISK HDL-A2.0から)
(6) DiXiM BD Burner 2013 アップロード型ムーブ(バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ から)
(7) DiXiM BD Burner 2013 ダウンロード型ムーブ(nasneから)
(8) 東芝 REGZA から DiXiM BD Burner 2013 でムーブするのにかかる時間(無線LAN環境)
(9) nasne から DiXiM BD Burner 2013 でムーブするのにかかる時間(無線LAN環境)
(10) DiXiM BD Burner 2013 アップロード型ムーブ(追加でムーブ/まとめてムーブ)
(11) DiXiM BD Burner 2013 ダウンロード型ムーブ(追加でムーブ/まとめてムーブ)

ソニー nasne(ナスネ)関連の記事一覧
(1) ソニー nasne(ナスネ):購入
(2) ソニー nasne(ナスネ):接続から起動まで
(3) ソニー nasne(ナスネ):Windowsでの設定画面の出し方
(4) ソニー nasne(ナスネ):システムソフトウェアのアップデート
(5) ソニー nasne(ナスネ):レコーダー設定
(6) ソニー nasne(ナスネ):ネットワーク構成図
(7) ソニー nasne(ナスネ):番組表から録画予約
(8) ソニー nasne(ナスネ):番組検索から録画予約
(9) ソニー nasne(ナスネ):放送中の番組を録画する方法と、録画を番組の途中で打ち切る方法
(10) ソニー nasne(ナスネ):録画した番組を削除する方法
(11) ソニー nasne(ナスネ):テレビに接続する必要はあるのか?
(12) ソニー nasne(ナスネ):録画した番組をパソコン上でSoftDMA 2 を使用して再生
(13) ソニー nasne(ナスネ):録画した番組をパソコン上でPowerDVD 13 Ultra を使用して再生
(14) ソニー nasne(ナスネ):録画した番組をパソコン上でDiXiM Digital TV Plus を使用して再生
(15) DiXiM BD Burner 2013 ダウンロード型ムーブ(nasneから)
(16) ソニー nasne(ナスネ):録画した番組を東芝 REGZA 32J7 を使用して再生
(17) ソニー nasne(ナスネ):録画した番組をPanasonic VIERA X50 を使用して再生
(18) ソニー nasne(ナスネ):録画した番組をPanasonic DIGA DMR-BWT520 を使用して再生
(19) nasneのライブチューナ機能:放送中の番組をパソコン上でSoftDMA 2 を使用して見る
(20) nasneのライブチューナ機能:放送中の番組をパソコン上でPowerDVD 13 Ultra を使用して見る
(21) nasneのライブチューナ機能:放送中の番組をパソコン上でDiXiM Digital TV Plus を使用して見る
(22) ソニー nasne(ナスネ):メディアストレージ機能
(23) ソニー nasne(ナスネ):メディアストレージ機能で再生可能なデータ形式
(24) ソニー nasne(ナスネ):ファイルサーバー機能
(25) 録画モードと、録画に必要なHDD容量
(26) nasne から DiXiM BD Burner 2013 でPC上のBDにムーブ(ダビング)するのにかかる時間(無線LAN環境)
(27) ソニー nasne(ナスネ):ファイル転送速度(ファイル転送性能)
(28) ソニー nasne(ナスネ):まとめ
(29) nasneに録画したテレビ番組をパソコン上でPowerDVD 14 Ultra を使用して再生
(30) nasneが受信した放送中のテレビ番組をパソコン上でPowerDVD 14 Ultraを使用して視聴
(31) DiXiM BD Burner 2013 ダウンロード型ムーブ(追加でムーブ/まとめてムーブ)
(32) PowerDVD 15 Ultra と nasne の連携(放送中のテレビ番組視聴)