NAS製品 バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ および LS-V1.0TLJ 
 
の「ダイレクトコピー機能」について説明します。

※下記の説明は直接には LS-V2.0TLJのものですが、LS-V1.0TLJでも同様です。


ダイレクトコピー機能とは、LS-V2.0TLJにUSB機器を接続して、パソコンを使わず、
直接LS-V2.0TLJに動画・音楽・画像データをコピーする機能のことです。


※NAS製品 IODATA LANDISK HDL-A2.0 にも同等の機能があります。
 以下の記事を参照してください。
  ・IODATA LANDISK HDL-A2.0-7.4 クイックコピー-


1.再度この内容の記事を書く理由について


ダイレクトコピーについては、以下の記事にも少し書きました。
 ・バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ バックアップ機能
  


しかし、LS-VLシリーズの特長を説明したページにも記載があるので(そのため、
バッファロー社としては、LS-VLシリーズの重要機能の1つと考えていると思えたので)
少し詳しく説明しておくことにしました。



2.バッファロー社による説明ページ


ダイレクトコピー機能の概要は、以下のURLに記載されています。
 http://buffalo.jp/product/hdd/network/ls-vl/#feature
 ※このページが、LS-VLシリーズの特長を説明したページです。
  このページの、
    デジカメなどからワンプッシュで転送「ダイレクトコピー機能」
  の部分が本機能に該当します。


ダイレクトコピー機能の少し詳細な説明、および、設定手順は、
LS-VLシリーズのマニュアルのページから、
http://buffalo.jp/download/manual/l/lsvl.html
→LinkStation設定ガイド
→データをバックアップしたい
→ダイレクトコピー機能を使いたい
の順にクリックして出てくるページに記載されています。



3.私のほうでの検証結果


私のほうで実際に、ダイレクトコピー機能を検証してみました。
結論から言えば、期待通り、正常に動作しました。



3.1 ダイレクトコピーでの転送手順


(1) 通常、LS-V2.0TLJのファンクションスイッチ(下図赤枠で囲った部分。ボタン式のスイッチ、
  かつ、ランプになっている)は消灯した状態になっている。
  ※下図は、LS-V2.0TLJを前面から見た写真です。
   LS-V2.0TLJのファンクションスイッチは、LS-V2.0TLJの前面にあります。
IMG0929

(2) LS-V2.0TLJに、デジタルカメラ Canon IXY 430F  を USBケーブルで接続し、
  電源をオンにする。
  ※下図は、LS-V2.0TLJを背面から見た写真です。
   LS-V2.0TLJのファンクションスイッチは、LS-V2.0TLJの背面にあります。
IMG0933


(3) LS-V2.0TLJのファンクションスイッチ(下図赤枠で囲った部分)が青色に点灯する。
IMG0931


  ※電源をオンにしていないデジタルカメラをUSBケーブルで接続した場合、
   接続した時点では、LS-V2.0TLJのファンクションスイッチは点灯しません。
   デジタルカメラの電源をオンにすると、点灯します。


  ※LS-V2.0TLJのファンクションスイッチは、何もしないと、約60秒後に消灯します。
   この60秒の間に、次の(4)の操作を行います。


(4) LS-V2.0TLJのファンクションスイッチが青色に点灯している間(約60秒間)に、
  そのスイッチを押す。


(5) LS-V2.0TLJのファンクションスイッチが青色の点滅を始める。
  ※この点滅の期間中に、デジタルカメラに保存されている、写真/動画が、
   LS-V2.0TLJに転送される。


(6) 転送が完了すると、LS-V2.0TLJのファンクションスイッチは、消灯する。


(7) デジタルカメラの電源をオフにして、デジタルカメラ、および、USBケーブルを
  LS-V2.0TLJから外す。



3.2 転送できたかどうかの確認


LS-V2.0TLJの初期設定では、共有フォルダ share配下に picuture というフォルダ(下図赤枠で
囲った部分)が生成され、
131227_01


その配下に転送を行った日付のフォルダが生成され、
131227_02


その配下にデジタルカメラに保存されている写真および動画が全て転送される。
131227_03


※今回、デジタルカメラには812個の写真を保存していましたが、812個すべて転送されました。
 上図赤枠で囲った部分がそれを示しています。


試しに一番最初の写真(IMG_0005.JPG)をダブルクリックすると、問題なく表示されました。
131227_04



Amazonでの関連商品紹介ページ

[バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ]


[バッファロー LinkStation LS-V1.0TLJ]
LS-V2.0TLJとの違いは容量のみ。1TBで十分な方はこちらをどうぞ。


楽天での関連商品紹介ページ
[バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ]


LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ 関連の記事一覧
(1) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ 購入
(2) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ セットアップ
(3) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ Webアクセス機能
(4) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ 共有フォルダーの作成方法
(5) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ テレビ番組録画のムーブ
(6) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ DLNAサーバー機能
(7) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ FTPサーバー機能
(8) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ バックアップ機能
(9) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ から、他の機器へ、録画した地デジ番組をムーブ
(10) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ のWebアクセス機能(各種ファイル形式)
(11) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:iPhoneからファイル参照(Web Access i 使用)
(12) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ からiPhoneにファイルをダウンロード(WebAccess i 使用)
(13) iPhone上の写真/動画をLS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJに自動アップロード(WebAccess i 使用)
(14) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ上のファイルをiPhoneから操作(WebAccess i 使用)
(15) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:iTunesサーバー機能
(16) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:PC連動電源機能

(17) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:タイマーON/OFF機能
(18) LS-V2.0TLJ、LS-V1.0TLJ:ダイレクトコピー機能
(19) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJにムーブしたテレビ番組録画をパソコンで視聴