地デジチューナー IODATA テレキング GV-MVP/FZ
 
における、録画番組再生のレジューム機能について説明します。


IODATA テレキング GV-MVP/FZ における、録画番組再生のレジューム機能は、
画面で見るマニュアル for mAgicTV Digital for テレキングから、
[特長]をクリックして出てくるページ、または、
[使ってみよう]→[再生]→[録画した番組を再生する]の順にクリックして出てくるページ
に掲載されています。

実際に私のほうで試してみた結果を報告します。


1.レジューム機能が有効である場合の動作


初期設定では、レジューム機能は有効になっています。
レジューム機能が有効である場合の動作について説明します。

(1) 「mAgicガイド Digital」を起動。
  ※[スタート]→[すべてのプログラム]→[I-O DATA]→[mAgicTVD]→[mAgicガイド Digital]
   の順にクリック。
IMG_0964

(2) 録画一覧がでてくる。再生したい番組をダブルクリックする。
  ここでは「NHKニュース7」をダブルクリックする。
IMG_1083


(3) 録画一覧とは別の画面で、録画番組の再生が始まる。
IMG_1084


(4) ある程度進んだところで、右上の×ボタン(赤枠で囲った部分)をクリックして、
  再生を終了する。
IMG_1085


(5) 録画一覧の画面で、(2)の時と同じ番組を、再度ダブルクリックする。
IMG_1083


(6) (4)で終了したところから、再生が再開される。
IMG_1086



2.レジューム機能が有効である場合に、録画番組の先頭から再生するには


(1) 録画番組が再生されている状態の時に、
  停止ボタン(赤枠で囲った部分)をクリックする。
IMG_1086_1


(2) 録画番組の先頭の部分で停止した状態となる。
IMG_1090

(3) 再生ボタン(赤枠で囲った部分)をクリックすると、先頭から再生が始まる。
IMG_1087



3.レジューム機能を無効にするには


(1) 録画番組を再生している画面において、
  設定ボタン(赤枠で囲った部分)をクリックして、
  出てきた画面で、再生(黄色枠で囲った部分)をクリック。
  ※初期設定値が「前回再生終了の位置(レジューム再生)」になっていることが分かる。
    (緑枠で囲った部分)
IMG_1088_1

(2) [番組の先頭](赤枠で囲った部分)のほうをクリックして有効にして、
  [OK](黄色枠で囲った部分)をクリック。
IMG_1089


→この設定を行うと、以降は、上記1の(4)の方法で再生を終了した後、
 上記1の(5)の方法で再生を再開した場合、
 番組の先頭から再生されるようになる。

 この設定は、上記(1)(2)の設定をした時の番組(上記の例では「NHKニュース7」)
 に対してだけではなく、他の番組を再生/終了/再開する場合にも有効になっている。



Amazonでの関連商品紹介ページ
[IODATA テレキング GV-MVP/FZ]


楽天での関連商品紹介ページ
[IODATA テレキング GV-MVP/FZ]



IODATA テレキング GV-MVP/FZ 関連の記事
(1) IODATA テレキング GV-MVP/FZ:購入目的と外観
(2) IODATA テレキング GV-MVP/FZ:セットアップ
(3) IODATA テレキング GV-MVP/FZ:テレビを見る
(4) IODATA テレキング GV-MVP/FZ:録画予約と録画再生

(5) IODATA テレキング GV-MVP/FZ:iPhoneでテレビを見る
(6) IODATA テレキング GV-MVP/FZ:録画した番組をBD・DVDにダビング(ムーブ)
(7) IODATA テレキング GV-MVP/FZ:見ている番組を録画
(8) IODATA テレキング GV-MVP/FZ:録画モード
(9) IODATA テレキング GV-MVP/FZ:字幕と文字スーパー
(10) IODATA テレキング GV-MVP/FZ:音声切替
(11) IODATA テレキング GV-MVP/FZ:録画番組再生時の各種機能

(12) IODATA テレキング GV-MVP/FZ:録画番組の検索
(13) IODATA テレキング GV-MVP/FZ:レジューム機能
(14) HDL-A2.0にnet.USB機能で地デジチューナーを接続
(15) IODATA テレキング GV-MVP/FZ:良い点/悪い点