PowerDVD 13 ultraの連載をはじめたところではありますが、一旦、DMC/DMRの話に戻り、
DMC/DMSが同一パソコンである場合の、使い方と検証結果を報告させていただきます。

理由
 これまでのDMC/DMRの、説明/報告では、DMSは NAS に固定していた。
 しかし、NASは皆が持っているものではないため、実際には、
 このパターンで使用されるほうが、多いかもしれないので。

備考
 DMCとは、デジタルメディアコントローラーのことです。
 DMRとは、デジタルメディアレンダラ―のことです。
 DMSとは、デジタルメディアサーバーのことです。
 
 DMC,DMR,DMS の関係については、以下の記事を参照してください。
 →DMC,DMRについて

以降、私の家のネットワーク環境(ホームネットワーク)で、実際に、
DMC/DMSを同一パソコンとし、DMC を Windows Media Player で実現し、
DMRを、
 (a) 他のパソコン上の Windows Media Player
 (b) Panasonic VIERA X50 19V型
とした場合の例を示します。


1.ハードウェアとソフトウェアの構成

(a) DMRを、他のパソコン上の Windows Media Player とした場合

  DMC/DMS:
    FUJITSU LIFEBOOK AH77/H(以降、パソコン2と呼ぶ)。OS:Windows 7。
    DMCは、Windows Media Player で実現。

  DMR:NEC VersaPro PC-VY22M/F(以降、パソコン1と呼ぶ)。OS:Windows 7。
    DMRは、Windows Media Player で実現。

  130726_01.jpg


(b) DMRを、Panasonic VIERA X50 19V型 とした場合

  DMC/DMS:
    FUJITSU LIFEBOOK AH77/H(以降、パソコン2と呼ぶ)。OS:Windows 7。
    DMCは、Windows Media Player で実現。

  DMR:Panasonic VIERA X50 19V型

  130726_02.jpg


2.手順

2.1 DMR側での設定

(a) DMRを、他のパソコン上の Windows Media Player とした場合

  「DMC,DMRをWindows Media Player で実現」の「2.1」と同じ。

(b) DMRを、Panasonic VIERA X50 19V型 とした場合

  「DMRを Panasonic VIERA X50 19V型 で実現」の「2.1」と同じ。
  

2.2 DMC側での操作

(1) DMRが、他のパソコン上の Windows Media Playerであっても、
  Panasonic VIERA X50 19V型 であっても、コンテンツは、
  そのパソコン上(下図の赤枠で囲った範囲)のものから選択する。

130726_03.png

(2) コンテンツ(ここでは「MVI_0703」)を右クリックして、
  出てきたメニューから[リモート再生](赤枠で囲った部分)をクリックし、
  出てきたメニューの中から、
  (a) DMRが、他のパソコン上の Windows Media Playerの場合
    "Windows Media Player" という文字列を含むホスト名(緑枠で囲った部分)
  (b) DMRを、Panasonic VIERA X50 19V型 とした場合
    [ビエラ TH-L19X50](黄色枠で囲った部分)
    をクリックする。

130726_04.png

(3) 各DMRにて、コンテンツの再生がスタートする。


3.再生できたコンテンツ、再生できなかったコンテンツ

コンテンツの種別コンテンツ結果(a)結果(b)
動画win7_scenic-demoshort_raw.wtv(*1)×(*4)×(*4)
Wildlife.wmv(*2)
デジカメで撮影した動画
ネットワークカメラで撮影した動画
(ファイル形式:avi、圧縮形式:MJPEG)
×
ネットワークカメラで撮影した動画
(ファイル形式:avi、圧縮形式:H264)
×
YouTubeからダウンロードした動画(WMV形式)
YouTubeからダウンロードした動画(MPG形式)
テレビ番組の録画-(*5)-(*5)
音楽Kalimba.mp3(*3)
静止画(写真)デジカメで撮った写真

結果(a):DMRが、他のパソコン上の Windows Media Playerの場合の結果。
結果(b):DMRが、Panasonic VIERA X50 19V型 の場合の結果。

(*1) Windows 7 のサンプル動画。 以下のファイルのコピー。
   C:¥Users¥Public¥Recorded TV¥Sample Media¥win7_scenic-demoshort_raw.wtv

   Explorerの表示だと以下の名前になっている場合がある。
   C:ユーザー > パブリック > パブリックの録画一覧 >
          サンプルメディア > 風景.wtv

(*2) Windows 7 のサンプル動画。以下のファイルのコピー。
   C:¥Users¥Public¥Videos¥Sample Videos¥Wildlife.wmv

   Explorerの表示だと以下の名前になっている場合がある。
   C:ユーザー > パブリック > パブリックのビデオ >
         サンプルビデオ > 野生動物.wmv
   または、
    ライブラリ > ビデオ > サンプルビデオ > 野生生物.wmv

(*3) Windows 7 のサンプル音楽。以下のファイルのコピー。
   C:¥Users¥Public¥Music¥Sample Music¥Kalimba.mp3

  Explorerの表示だと以下の名前になっている場合がある。
    C:ユーザー > パブリック > パブリックのミュージック >
          サンプルミュージック > Kalimba.mp3
  または、
    ライブラリ > ミュージック > サンプルミュージック > Kalimba.mp3

(*4) WTVファイルは、元々、Windows Media Center で再生するファイルであるので、
   Windows Media Player では再生できない。
   DMC側には、コンテンツのタイトルの表示もされなかった。

(*5) テレビ番組の録画については、現状、パソコン上に置くことができないので、
   評価の対象外とする。


4.所感

個人的には、特に、パソコン上のコンテンツを、パソコン上の操作で、テレビで再生
させるパターン(上記(b)のパターン)は、使い道があるのではないかと思っています。

例えば、パソコンの所有者が、自分のパソコン上のコンテンツを複数の人に見せるよう
な場合。


注意
この記事で検証に使用したテレビ( Panasonic VIERA X50 19V型(型番:TH-L19X50) )は
生産終息となり、現在は、販売もほとんどされていません。

このテレビの持つ全機能を持った後継機種は高額(9万円以上)なものばかりです。

このテレビのもつ機能を、全機能でなくても、よく使いそうな機能をカバーしていて、
価格が比較的低く押さえられている機種としては、以下のものがあり、私としては、
Panasonic製のテレビ(VIERA) を買うなら、この辺りの機種がおすすめの機種となります。

以下に機能の比較表を掲載しておきます。

機能TH-L19X50TH-L19C50TH-L24X6TH-L42E60
有線LAN
無線LAN×
DLNAクライアント(*1)
DLNAサーバー(*2)××
DMR××
VIERA Remote××
SDカード××
字幕
アクトビラ×
YouTube××
TSUTAYA TV×
Skype××
価格(*3)27,700円34,728円74,800円
(*1) Panasonicでは「お部屋ジャンプリンク」と呼んでいます。
(*2) Panasonicでは「お部屋ジャンプリンクサーバー機能」と呼んでいます。
(*3) 2013.11.17時点のAmazonでの価格。


DMC,DMR 関連の記事一覧
(1) DMC,DMRについて
(2) DMC,DMRをWindows Media Player で実現
(3) DMRを SoftDMA 2 で実現
(4) DMR を DiXiM Digital TV Plus で実現
(5) DMRを Panasonic VIERA X50 19V型 で実現
(6) DMCを DiXiM Digital TV Plus で実現
(7) DMRを LT-V200 で実現
(8) 東芝レグザの DMR機能について
(9) DMC/DMSが同一パソコンである場合
(10) DMRを PowerDVD 13 ultra で実現
(11) DMCを PowerDVD 13 ultra で実現
(12) VIERA remote
(13) RZ見るナビ
(14) PowerDVD 14 Ultra の使い方-DMR機能-
(15) PowerDVD 14 Ultra の使い方-DMC機能-

Panasonic VIERA 関連の記事一覧
(1) テレビの選定
(2) テレビを無線LANでネットワークに接続
(3) テレビのほうでもアクトビラ会員登録しました
(4) Panasonic VIERA X50 でのアクトビラの利用方法
(5) Panasonic VIERA X50 でのYouTubeの利用方法
(6) Panasonic VIERA X50 のDLNAクライアント機能
(7) テレビの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(8) DMRを Panasonic VIERA X50 19V型 で実現
(9) DMC/DMSが同一パソコンである場合
(10) VIERA remote
(11) テレビでSkype:ビエラコミュニケーションカメラの設置
(12) テレビでSkype:起動/サインイン/プロフィール参照更新/サインアウト
(13) テレビでSkype:テスト通話/通話
(14) VIERAのSDメモリカード関連の機能
(15) Panasonic VIERA X50 19V型の字幕表示機能
(16) PowerDVD Mobile:iPhone上のコンテンツをPanasonic VIERA上でプッシュ再生させる
(17) ソニー nasne(ナスネ):録画した番組をPanasonic VIERA X50 を使用して再生
(18) Power Media Player:iPhone上のコンテンツを Panasonic製テレビ VIERA X50で再生
(19) Power Media Player:iPhoneをDMCかつDMS、Panasonic製テレビ VIERA をDMRとして使用