ネットワークメディアプレーヤー バッファロー LinkTheater LT-V200

の、DLNAサーバー上のコンテンツを再生する機能、つまり、
DLNAクライアント機能について説明します。

ここでは、NAS製品 IODATA LANDISK HDL-A2.0上のコンテンツを再生する方法、
つまり、NAS製品 IODATA LANDISK HDL-A2.0を DLNAサーバーとして、
バッファロー LinkTheater LT-V200 をDLNAクライアントとして使用する方法
を例として示します。

(1) ネットワークメディアプレーヤー バッファロー LinkTheater LT-V200
  の初期設定が終わった段階で、あるいは、一旦電源を切って再度電源を入れた時、
  画面は以下のように「ストレージの再生をする」の画面になっている。

IMG_0708.jpg

  ※もしこうなっていなければ、リモコンの[ホーム]ボタンを押せば、
   この画面になる。

(2) リモコンの「>(右移動)」ボタンを何度か押して、「ネットワークの再生をする」
  の画面を表示。

  [DLNAサーバー]が選択されている(背景が黄色になっている)ことを確認して、
  リモコンの[OK]ボタンを押す。

IMG_0709.jpg

(3) DLNAサーバーが検出され、表示される。
  ここでは、IODATA LANDISK HDL-A2.0 を選択する。
  具体的には、黄色の枠を LANDISK-F24A87( IODATA LANDISK HDL-A2.0 のホスト名 )
  に移動させる。(下の写真はそのように移動させた状態を示しています。黄色の枠
  が白く写ってしまっていますが。。)

IMG_0711.jpg

(4) 見たい動画の種別を選択する。ここでは[VIDEO]を選択。

IMG_0712.jpg

(5) [All Video]を選択。

IMG_0713.jpg

(6) コンテンツを選択。ここでは [MOVI_0703]を選択。
  これは、デジカメで撮影した動画で、mov形式のファイル。

IMG_0714.jpg

(7) [OK]ボタンを押すと再生がスタートする。

IMG_0715.jpg

※再生を途中で止めたいときは、■(停止)ボタンを押せばよい。


Amazonでの LT-V200 の紹介サイト


楽天での LT-V200 の紹介サイト


LT-V200関連の記事一覧
(1) バッファロー LinkTheater LT-V200 購入
(2) バッファロー LinkTheater LT-V200 DLNAクライアント機能
(3) バッファロー LinkTheater LT-V200で再生できたコンテンツ-NAS,PC上-
(4) バッファロー LinkTheater LT-V200で再生できたコンテンツ-テレビ/レコーダー上-
(5) DMRを LT-V200 で実現
(6) PowerDVD Mobile:iPhone上のコンテンツをLT-V200で再生
(7) PowerDVD Mobile:iPhone上のコンテンツをLT-V200上でプッシュ再生させる

(8) LT-V200:SDカード上の写真/動画を再生
(9) LT-V200:インターネットブラウザとして使用
(10) LT-V200:WebAccessサーバー機能:設定
(11) LT-V200:WebAccessサーバー機能:外出先のパソコンからアクセス
(12) LT-V200:WebAccessサーバー機能:外出先のiPhoneからアクセス
(13) LT-V200:パソコンからデータを読み書きする(NAS機能)
(14) Power Media Player:iPhone上のコンテンツをバッファロー LT-V200で再生
(15) Power Media Player:iPhoneをDMCかつDMS、バッファロー LT-V200 をDMRとして使用