東芝製テレビ REGZA 32J7 (*1) のDLNAサーバー機能について説明します。

(*1) 東芝製テレビ REGZA 32J7 は在庫がなくなり販売終了となったようです。
   代行機種については、この記事の最後の[ 2014.02.09補足 ]を参照してください。

※「東芝製テレビ REGZA 32J7 USBハードディスクを接続」で説明したとおり、
 東芝製テレビ REGZA 32J7 は、USBハードディスクを接続しないと、録画ができないので、
 USBハードディスクが接続してあることが前提です。


1.東芝製テレビ REGZA 32J7 を DLNAサーバーにするための設定

東芝製テレビ REGZA 32J7 は初期設定では、DLNAサーバーとして動作するようにはなって
いません。

東芝製テレビ REGZA 32J7 を、DLNAサーバーとして動作させるための設定は以下の通りです。
(マニュアルを探しても見つからなかったので、東芝のサポートに電話で聞きました)

(1) リモコンの設定ボタンを押す。以下のような画面が出てくる。
  [接続機器設定]を選んで、リモコンの決定ボタンを押す。

IMG_0670.jpg

(2) [外部連携設定]を選んで、リモコンの決定ボタンを押す。

IMG_0671.jpg

(3) [サーバー機能設定]を選んで、リモコンの決定ボタンを押す。

IMG_0682.jpg

(4) [サーバー機能]が初期値としては、「使用しない」になっている。

IMG_0672.jpg

  決定ボタンを押すと以下のような画面になる。

IMG_0673.jpg

  [使用する(常時)]を選んで、リモコンの決定ボタンを押す。

IMG_0675.jpg

(5) 「サーバー機能の設定を変更しますか?」という問い合わせが出るので、
  [はい]を選んで、リモコンの決定ボタンを押す。

IMG_0677.jpg

(6) [サーバー機能]が、「使用する(常時)」に変わったことが確認できる。

IMG_0680.jpg

(7) リモコンの終了ボタンを押して、表示を消す。

注:この設定を行うと、テレビ(東芝 REGZA 32J7)本体の電源をオフ(電源待機)
  にしても、それに接続したUSBハードディスクの電源はオンのままになります。

  他からのアクセスに備えるのですね。
  他の装置からのアクセスが無い環境であれば、この部分の電気代が無駄になるから、
  初期設定では、DLNAサーバー機能を無効にしているのだと思います。


2.東芝製テレビ REGZA 32J7 に接続したUSBハードディスク上の
  録画番組を、各DLNAクライアントで再生できるかどうかに
  関するテスト結果


東芝製テレビ REGZA 32J7 の仕様としては、1の(6)で「使用する(常時)」を選んだ場合は、
東芝製テレビ REGZA 32J7 本体の電源がオフ(電源待機)であっても、DLNAクライアントから
アクセス可能であるはずなのですが、実際には、その限りではありませんでした。

また、DiXiM Digital TV plus では、東芝 REGZA 32J7 の電源がオンであっても、
再生できませんでした。

まとめると以下のようになります。

東芝製テレビ REGZA 32J7 本体の電源がオンの場合
DLNAクライアント結果
Panasonic VIERA X50 19V型
Panasonic DIGA DMR-BWT520
SoftDMA 2
DiXiM Digital TV Plus×

東芝製テレビ REGZA 32J7 本体の電源がオフ(待機状態)の場合
DLNAクライアント結果
Panasonic VIERA X50 19V型×
Panasonic DIGA DMR-BWT520×
SoftDMA 2
DiXiM Digital TV Plus×

注1:×の場合は全て、個々の番組ではなく、東芝 REGZA 自体が認識できていないです。

注2:東芝のサポートに電話で聞いたところ、以下の回答でした。

   ・東芝のほうでの確認は、東芝製品との整合性のみを確認しているので、
    他のメーカーの機器との間では、相性問題が発生する可能性はある。
   ・相性問題ではなくて、私の購入した機器に何らかの異常があるのかもしれない。
    ご希望があれば、担当者が機器の点検に行く。
    ただし、点検した結果、機器に異常が見つからなければ点検費用を負担して
    いただくことになる。

   →状況から考えると、機器の異常より、相性問題である可能性のほうが高いので、
    私としては、相性問題と考えてあきらめることにしました。

注3: SoftDMA 2 の使い方に関しては以下の記事を参照してください。
    SoftDMA 2 の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-

    DiXiM Digital TV plus の使い方に関しては以下の記事を参照してください。
     DiXiM Digital TV plus の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-


3.東芝製テレビREGZAに接続したUSBハードディスクを、録画番組の
  最終的な保存場所とした場合の運用について


無いものねだりしても仕方がないので、以下のようにするしかないと思います。

・DiXiM Digital TV plus では再生を行わない。

・東芝 REGZA の電源をオフ(電源待機)にした状態で、録画番組の再生を行いたい
 場合は、東芝製品(東芝製パソコンや東芝製テレビ)で再生するか、または、
 パソコンに SoftDMA 2 をインストールして再生する。

・他の機器(東芝製製品、SoftDMA 2 以外の機器)で再生する場合は、
 東芝 REGZA の電源はオンにして再生するようにする。


(参考1)DTCP対応DLNAクライアントソフトの使い方
パソコン上で動作するDTCP対応DLNAクライアントソフトの使い方については、
以下の記事を参照してください。
 ・SoftDMA 2 の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
 ・DiXiM Digital TV plus の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
 ・PowerDVD 13 ultra の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-


(参考2)パソコン以外のDLNAクライアントの使い方
パソコン以外がDLNAクライアントだった場合のDLNAクライアントの使い方については、
以下の記事を参照してください。
 ・Panasonic VIERA X50 のDLNAクライアント機能
 ・DIGA DMR-BWT520 のDLNAクライアント機能


[ 2014.02.09補足 ]
東芝 REGZA 32J7 は、在庫がなくなり販売終了となったようです。
もし東芝 REGZA を購入されるのでしたら、私としては、画面サイズ以外は、
東芝 REGZA 32J7 と全く同機能である東芝 REGZA 40J7 を推奨いたします。



東芝 REGZA 関連の記事一覧
(1) 東芝 REGZA 購入機種の選定
(2) 東芝 REGZA 32J7 ネットワーク設定
(3) 東芝 REGZA 32J7 USBハードディスクを接続
(4) 東芝 REGZA 32J7 録画した地デジ番組をNASにムーブ
(5) 東芝 REGZA 32J7 DLNAサーバー機能
(6) 東芝 REGZA 32J7 DLNAクライアント機能
(7) 東芝 REGZA 32J7 アクトビラの利用方法
(8) 東芝 REGZA 32J7 YouTubeの利用方法
(9) 東芝 REGZA のうち、NASに直接録画できる機種は?
(10) 東芝 REGZA の DMR機能について
(11) RZ見るナビ
(12) 東芝 REGZA 32J7 の字幕表示機能
(13) ソニー nasne(ナスネ):録画した番組を東芝 REGZA 32J7 を使用して再生
(14) 東芝 REGZA から NAS にムーブ(ダビング)するのにかかる時間(無線LAN環境)
(15) 東芝 REGZA から DiXiM BD Burner 2013 でPC上のBDにムーブ(ダビング)するのにかかる時間(無線LAN環境)