NAS製品 IODATA LANDISK HDL-A2.0 の「11 Dropboxと同期する」の記事を書く
前に、一旦 NAS を忘れて、Dropbox の動作確認を行いたいと思います。

オンラインストレージとしては、既に以下の3つの記事で、
SkyDrive(スカイドライブ)について取り上げました。

  Microsoft社のオンラインストレージ SkyDrive(スカイドライブ)-目次-
  Microsoft社のオンラインストレージ SkyDrive(スカイドライブ)-登録-

  Microsoft社のオンラインストレージ SkyDrive(スカイドライブ)-使い方-


また、「Kingsoft KDrive はアンインストールしました」で紹介した(というか、私は導入

を断念した)KDriveも、オンラインストレージです。

私が理解した範囲で、Dropbox、SkyDrive、KDriveの特徴を比較すると、
以下のようになります。

Dropbox ....Dropbox社が提供。
      最大2GBまで無料。専用のソフトウェアが必要。
      ネットワーク上のストレージへの/からの、アップロード/ダウンロード
      が可能、また、
      ネットワーク上のストレージ上のフォルダーと、自分のPC上のフォルダー
      を同期させることが可能。

SkyDrive ...Microsoft社が提供。
      最大7GBまで無料。専用のソフトウェアは不要(Webベース)。
      ネットワーク上のストレージへの/からの、アップロード/ダウンロード
      が可能。

KDrive .....Kingsoft社が提供。
      最大50GBまで無料。専用のソフトウェアが必要。
      また、登録時、メールクライアントソフトが必要。
      ネットワーク上のストレージへの/からの、アップロード/ダウンロード
      が可能、また、
      ネットワーク上のストレージ上のフォルダーと、自分のPC上のフォルダー
      を同期させることが可能。
      ※KDriveに関しては、私のほうでは実際には試してなくて、ネット上で
       検索して調べた結果では、こうだということです。

Dropboxは「同期」させることができるのが売りのようです。

KDriveも「同期」の機能は持っているようですが、現在は Dropbox のほうがメジャーな
ようです。そのため、NAS製品を販売する他メーカーもまずは Dropbox に対応すること
になるのだと思います。

私のほうでも、NAS製品 IODATA LANDISK HDL-A2.0 との整合を検証したいので、
KDriveは当面は使わず、Dropbox のほうを使うことにしようと思っています。

以下の順に検証(動作確認)して、当ブログで紹介したいと考えています。

目次
 1.インストールとアカウント取得
 2.PC上のフォルダーとDropboxとの同期の確認
 3.2台目のPCで1台目と同じフォルダに同期する


オンラインストレージ関連の記事一覧
(1) Microsoft社のオンラインストレージ SkyDrive(スカイドライブ)-目次-
(2) Microsoft社のオンラインストレージ SkyDrive(スカイドライブ)-登録-
(3) Microsoft社のオンラインストレージ SkyDrive(スカイドライブ)-使い方-
(4) Dropbox社のオンラインストレージ Dropbox(ドロップボックス)-目次-
(5) Dropbox社のオンラインストレージ Dropbox(ドロップボックス)-1.インストールとアカウント取得-
(6) Dropbox社のオンラインストレージ Dropbox(ドロップボックス)-2.PC上のフォルダーとDropboxとの同期の確認-
(7) Dropbox社のオンラインストレージ Dropbox(ドロップボックス)-3.2台目のPCで1台目と同じフォルダに同期する-