以下のDTCP-IP対応DLNAクライアントソフト(録画したテレビ番組、あるいは、放送中の
テレビ番組をテレビやレコーダー側からストリーミング配信して、パソコン上で再生する
ソフトウェア)の差分をまとめました。
 ・ SoftDMA 2
 ・ DiXiM Digital TV Plus (在庫切れの場合は Vector からの購入をご検討ください)
 ・ PowerDVD 15 Ultra     (DTCP-IP対応DLNAクライアント機能に関しては、
                  PowerDVD 13 Ultra以降変わっていません)

1.比較表

差分のある項目は赤太字にしました。また、それらの項目に関して、
優位性のある値を赤太字にしました。

項目SoftDMA 2DiXiM Digital
TV plus
PowerDVD
15 Ultra
(1) 価格4,980円5,659円11,800円
(2) 起動時間安定して
速い
少し遅い安定して
速い
(3) 停止/再開〇(サポート)〇(サポート)〇(サポート)
(4) レジューム機能×(非サポート)〇(サポート)×(非サポート)
(5) 一時停止/再開〇(サポート)〇(サポート)〇(サポート)
(6) 早送り/巻き戻し(音声なし)〇(サポート)〇(サポート)×(非サポート)
(7) スライドバー
  (任意の時点からの再生)
〇(サポート)〇(サポート)〇(サポート)
(8) スピード再生/スロー再生
  (音声付)
×(非サポート)〇(サポート)×(非サポート)
(9) 音量調整〇(サポート)〇(サポート)〇(サポート)
(10)音声切替×(非サポート)〇(サポート)×(非サポート)
(11)待機電源状態の東芝 REGZA 
  へのアクセス
〇(サポート)〇(サポート)〇(サポート)
(12) 放送中のテレビ番組視聴
   (nasneと連携して)
〇(サポート)〇(サポート)〇(サポート)
BD/DVD再生機能×(非サポート)×(非サポート)〇(サポート)


2.差分の詳細

(1) 価格

  SoftDMA 2、PowerDVD 15 Ultra については、2015.5.2時点のCyberLink社での
  販売価格。
  DiXiM Digital TV plus については、2015.5.2時点のAmazonでの販売価格。

(2) 起動時間

測定方法
  ソフトの起動 ~  DLNAサーバー一覧を表示するまでにかかる時間を測定。

  SoftDMA 2  は、初期設定で、最初に開く画面は、DLNAサーバー一覧となっているので、
  ソフト起動 ~ 最初の画面が開き終わるまでの時間を測定。
 
  DiXiM Digital TV plus は、初期設定では、最初に開く画面は、DLNAサーバー一覧には
  なっていないが、設定を変更して、そうなるようにしておいて、
  ソフト起動 ~ 最初の画面が開き終わるまでの時間を測定。

  PowerDVD 15 Ultra については、最初の画面が開いた後、手動でDLNAサーバー一覧
  画面を開いて、ソフト起動 ~ 最初の画面が開き終わるまでの時間を測定。
  (つまり、この場合だけ、わずかではあるが、手動の操作に要する時間が含まれる)

測定結果
ソフトウェア結果
SoftDMA 27秒
DiXiM Digital TV Plus18秒
PowerDVD 15 Ultra7秒


  [2014.5.28 追記] 
  PowerDVD 14 Ultra では、東芝 REGZAの認識のみ、ときどき数十秒かかってしまうこと
  があります。他のDLNAサーバー(Panasonic DIGA、Panasonic VIERA、ソニー nasne、
  IODATA製NAS、バッファロー製NAS)に関しては、すぐ(数秒で)認識されます。なぜか
  東芝 REGZAに限って遅れることがあります。
  SoftDMA 2では、東芝 REGZA も含めて、私が持っているすべてのDLNAサーバーがすぐに
  (数秒で)認識されます。
  測定値として提示するなら、上記の表のとおり、SoftDMA 2 と PowerDVD 14 Ultraでは差が
  つかないのですが、東芝REGZAの件まで含めて考えると、私の現在の個人的な感覚では、
  起動速度では、SoftDMA 2 が No.1 です。

  [2015.5.2 追記] 
  PowerDVD 15 Ultra については、現状、安定して起動が速いです。


(4) レジューム機能

  DiXiM Digital TV Plus の場合、停止ボタンをクリックすると、その後の動作と
  して、「最初から再生する」、「前回の続きから再生する」、「番組一覧に戻る」
  の3種類の中から、どれかを選べるようになっている。

  詳細は「DiXiM Digital TV plus の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
  の「5.停止/再開/レジューム機能」参照。

  SoftDMA 2、PowerDVD 15 Ultra の場合は、停止ボタンをクリックすると、
  番組一覧に戻り、番組一覧から再開すると、番組は最初から再生される。


(8) スピード再生/スロー再生(音声付)

  DiXiM Digital TV Plus の場合、1.2倍および1.5倍のスピード再生、
  0.8倍および0.5倍のスロー再生(いずれも音声付)をサポートしている。

  詳細は「DiXiM Digital TV plus の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
  「11.(音声付)スピード再生/スロー再生」参照。 

  SoftDMA 2、PowerDVD 15 Ultra には同等の機能はない。

  ※PowerDVD 15 Ultraに関しては、DVDに録画したテレビ番組については、 
    スピード再生/スロー再生(ともに音声なし)が可能。


(10)音声切替

  DiXiM Digital TV Plus は、「主音声+副音声」という形式の音声切替にも、
  「音声1/音声2」という形式の音声切替にも対応している。

  詳細は「DiXiM Digital TV plus の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
  「13.音声切替」参照。 

  SoftDMA 2、PowerDVD 15 Ultra の場合は、ともに、以下のような動作となる。
   ・「主音声+副音声」という形式のコンテンツに対しては、
    主音声と副音声が同時に聞こえてしまう。(この場合、聞き取りづらい)

   ・「音声1/音声2」という形式のコンテンツに対しては、
    音声1のみが聞こえる。(私が試したケースでは、二か国語放送で、
    音声1が日本語、音声2が英語であった。日本語で聞きたい場合は、
    問題なしの状態だった)


(11)待機電源状態の東芝 REGZAへのアクセス

 [  DiXiM Digital TV Plus の場合 ] 
 東芝 REGZA 32J7 が待機電源状態の時、 DiXiM Digital TV Plus で DLNAサーバー一覧
 を表示すると以下のようになる。
130718_01.png 
 ⇒東芝 REGZA 32J7  は表示されていない。
 ⇒2014.7.26 待機電源状態の東芝 REGZA 32J7も表示されるようになっていました。
   DiXiM Digital TV plus のほうはパッチ適用などは行っていないので、
   東芝 REGZA 32J7のソフトウェアのアップデート(時々自動で行われる)で修正された
   のではないかと思います。 
   DiXiM Digital TV plus 側で何もしていないにしても、これで、東芝 REGZA の利用者が
   DiXiM Digital TV plus を避ける理由はなくなりました。

 [ SoftDMA 2 の場合 ]
 東芝 REGZA 32J7  が待機電源状態の時、 SoftDMA 2 で DLNAサーバー一覧を表示すると
 以下のようになる。
130718_02.png 
 ⇒ 東芝 REGZA 32J7 が表示されている。(赤枠で囲った部分)
   これをクリックすると、以降、通常の操作で、東芝 REGZA 32J7 に接続されたハードディスク
   に保存されたテレビ番組録画を再生することができる。

 [ PowerDVD 15 Ultra の場合 ]
 SoftDMA 2 の場合と同様に、東芝 REGZA 32J7 が表示され、テレビ番組録画の再生が可能。


(12) 放送中のテレビ番組の視聴

いずれのソフトウェアも、nasneと連携させることにより、放送中のテレビ番組をパソコン上で視聴
することが可能です。使用方法については以下の記事を参照してください。
nasneのライブチューナ機能:放送中の番組をパソコン上でSoftDMA 2 を使用して見る
nasneのライブチューナ機能:放送中の番組をパソコン上でDiXiM Digital TV Plus を使用して見る
nasneのライブチューナ機能:放送中の番組をパソコン上でPowerDVD 13 Ultra を使用して見る
nasneが受信した放送中のテレビ番組をパソコン上でPowerDVD 14 Ultraを使用して視聴
PowerDVD 15 Ultra と nasne の連携(放送中のテレビ番組視聴)

(13) 操作性


 操作性については、普遍的な尺度はなくて、個人の好みに依存すると思います。
 私は個人的には、操作性については、PowerDVD 15 Ultraがよいと感じています。
 ソフトウェアによって以下の違いがあります。(これについては「本質的な違いではない」
 と言う人もいると思いますが。。。)


 [SoftDMA 2]

 DLNAサーバー一覧を表示した時には、当然全てのDLNAサーバーが表示される。
 (DLNAサーバーが多いと複数ページにわたりますが)
140528_01


 特定のDLNAサーバーを選んで、コンテンツ一覧を表示した時には、
 DLNAサーバー一覧は表示されない。(今選んでいるDLNAサーバーが何なのかは表示
 されている(下図、赤枠で囲った部分))
140528_02


 コンテンツ再生中、画面の中でマウスをクリックしない限り、再生/停止/一時停止など
 のボタンは表示されない。
IMG_1913


 コンテンツ再生中、画面の中でマウスをクリックすれば、再生/停止/一時停止など
 のボタンが表示される。(下図赤枠で囲った部分)
IMG_1908


 [DiXiM Digital TV plus]

 DLNAサーバー一覧を表示した時には、当然全てのDLNAサーバーが表示される。
 (DLNAサーバーが多いと複数ページにわたりますが)
140528_03


 特定のDLNAサーバーを選んで、コンテンツ一覧を表示した時には、
 DLNAサーバー一覧は表示されない。(今選んでいるDLNAサーバーが何なのかは表示
 されている(下図、赤枠で囲った部分))
140526_04


 コンテンツ再生中、画面の中でマウスをクリックしない限り、再生/停止/一時停止など
 のボタンは表示されない。
IMG_1915


 コンテンツ再生中、画面の中でマウスをクリックすれば、再生/停止/一時停止など
 のボタンが表示される。
IMG_1916

 [PowerDVD 15 Ultra]

 特定のDLNAサーバーを選んで、コンテンツ一覧を表示した時でも、、
 DLNAサーバー一覧は表示されている。(下図赤枠で囲った部分)
 当然、今どのDLNAサーバーを選択しているのかもわかる。(青地に白抜き文字のもの)
 ※私はこのインタフェースが気に入っています。
  家全体のサーバーの中の、どのサーバーの、どのコンテンツであるのかが一目で分かるので。
140526_05

 コンテンツ再生中、常に、再生/停止/一時停止などのボタンは常に表示されている。
 ※私はこのインタフェースが気に入っています。
   私は、どんな操作ができるのかが、常に見えていたほうがうれしいので。
 ※フルスクリーンモードにした場合は、PowerDVDも、再生/停止/一時停止などのボタンは
   マウスをクリックしてから数秒の間だけ表示されるようになります。
IMG_1917



3.どのDTCP-IP対応DLNAクライアントソフトを購入すべきか?

SoftDMA 2、DiXiM Digital TV plus、PowerDVD 15 Ultra それぞれに良い点/悪い点が
あるので、 1に記載した比較表を見て、各位の要件に合うものを購入すると良いと思います。

しかし、あえて、私個人の価値観でアドバイスするなら以下のとおりです。

 ・ DiXiM Digital TV plus が第一推奨。
   理由
    - スロー再生は、大きい付加価値。
       特に、スポーツ番組の録画を見る場合、この機能は、あったほうがいいはず。
    - 音声切替は、大きい付加価値。
       特に、主音声と副音声が同時に聞こえるようなケースを避けるという意味で。
    - 起動の遅さは、気にはなるが(改善してほしいが)、我慢できるレベル。

 ・ とにかく、起動時間が速いものがよいという場合は、SoftDMA 2。

 ・ ソフトの購入目的が、DTCP-IP対応クライアント機能だけでなく、
   BD/DVD再生機能も含んでいる場合、あるいは、
   PowerDVD 15 Ultra の操作性が気に入った場合は、PowerDVD 14 Ultra。
   理由
    - PowerDVD 15 Ultra は、DTCP-IP対応DLNAクライアント機能に関しては、
       SoftDMA 2 とほぼ同じ特徴を持つため、特に優位性はない。

       そのため、ソフトの購入目的が、DTCP-IP対応DLNAクライアント機能のみ
       である場合は、価格の高い PowerDVD 15 Ultraを購入する必然性はない。

       しかし、ソフトの購入目的が、
       DTCP-IP対応DLNAクライアント機能だけではなく、市販あるいはレンタルの
       BD/DVDを、きれい/便利に再生する機能も含んでいる場合は、
       PowerDVD 15 Ultra だと両方実現できるので、購入する価値がある。

       あるいは、上記2(11)に示した PowerDVD 15 Ultraの操作性が気に入った
       という人は、PowerDVD 15 Ultraを購入してもよいかもしれない。


関連商品の紹介ページ

[ SoftDMA 2 ]
サイバーリンク公式オンラインストア

[ DiXiM Digital TV plus ]
(Amazonから購入)             (Vectorから購入)
ダウンロード版     パッケージ版   ダウンロード版
   
※Amazonのほうが安価ですが、在庫切れになっていることが多いです。
  Amazonが在庫切れの場合は Vectorからの購入をご検討ください。

[ PowerDVD 15 Ultra ]
サイバーリンク PowerDVD 16 

各ソフトウェアの使用方法
 ・SoftDMA 2 の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
 ・DiXiM Digital TV plus の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
 ・PowerDVD 13 Ultra の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
 ・PowerDVD 14 Ultra の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-


DLNAソフトウェア一般論/製品比較の記事一覧
(1) DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト
(2) 音声切替
(3) DTCP-IP対応DLNAクライアントソフトの比較
(4) 動画再生ソフトの比較
(5) 各DLNAクライアントソフトで再生できたコンテンツ/再生できなかったコンテンツ
(6) DTCP-IP対応DLNAクライアントソフトウェアの字幕表示機能
(7) IODATA LANDISK HDL-A2.0にムーブしたテレビ番組録画をパソコンで視聴
(8) バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJにムーブしたテレビ番組録画をパソコンで視聴
(9) DTCP-IP対応DLNAサーバーになれる機器
(10) DTCP-IP対応DLNAクライアントになれる機器/ソフトウェア
(11) DLNAサーバーになれる機器(テレビ番組以外のコンテンツについて)
(12) DLNAクライアントになれる機器/ソフトウェア(テレビ番組以外のコンテンツについて)
(13) DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト導入時のネットワーク構成