ホームネットワーク構築方法

ホームネットワーク(家庭内LAN)を有線LANから無線LANに変更したいが設定方法が分からない、あるいは、パソコン,プリンター,テレビ,レコーダーNAS,ネットワークカメラなど様々な機器をホームネットワークで連携させてもっと便利に使いたい、あるいは、DLNAソフトウェアを活用してホームネットワーク上のコンテンツ(動画/静止画/音楽)を家中どこでも視聴できるようにしたいという方はいらっしゃらないでしょうか? このブログは、私の経験を通して、そういった方々に役立つ情報を提供することを目的としています。

2017年01月

バッファロー LinkStation LS210D0201C DTCP-IP対応DLNAサーバー機能(東芝REGZAから録画番組をムーブ)

NAS製品 バッファロー LinkStation LS210D0201C


において、テレビの録画番組を、録画した機器の側から操作して、
本製品(LS210D0201C)にムーブする方法、および、
ムーブした録画番組を再生する方法について説明します。


この機能に対応している機種については、
LS410D/LS420D/LS210D/LS220Dシリーズ 再生・ムーブ・ダビングの動作確認済み機種一覧(2014/10/24)
の「対応機種で操作し、LS410D/LS420D/LS210D/LS220Dに録画番組をムーブ・ダビングできる機種」の項を参照してください。

この記事では、「録画した機器の側」として、東芝REGZA 32J7 を使用します。

本記事で説明する項目は、以下になります。
 ・東芝REGZAから、録画番組を、本製品(LS210D0201C)にムーブする方法
 ・本製品(LS210D0201C)にムーブされた録画番組を再生する方法
 ・本製品(LS210D0201C)にムーブされた録画番組を削除する方法



1.東芝REGZAから、番組録画を、本製品(LS210D0201C)にムーブする方法


録画番組を にムーブする手順は以下のとおりです。

(1) リモコンの「録画リスト」ボタンを押して、録画リストを表示させる。
  ダビング(ムーブ)する番組としては、「競馬BEAT」を選んだ状態となっています。
  この状態で、リモコンの「黄」ボタンを押す。
IMG_2513

(2) 「1件ダビング」「複数ダビング」のどちらかを選ぶ画面がでる。
  「1件ダビング」を選んで、リモコンの決定ボタンを押す。
IMG_2514

(3) ダビング(ムーブ)先が複数存在する場合は、
  ダビング(ムーブ)先を選択する画面がでるが、
  今回は、本製品(LS210D0201C)しかないので、その画面は出ずに、
  次の(4)の画面が出る。

(4) 「選択した番組をダビングしますか?
   実行後は、コピー可能回数が残りN回となります。」
  というメッセージがでる。


  ※Nは最初は9でした。この写真を撮ったときは、既に何度かやり直しているため、
   6となっています。(地デジの録画のダビングは10回までに制限されています)
  「はい」を選び、リモコンの決定ボタンを押す。
IMG_2515

(5) ダビング(ムーブ)している間は、通常のテレビ放送画面に戻り、
  その画面の右下に、何%までダビング(ムーブ)できたのかが 表示される。

  この表示が消えると、ダビング(ムーブ)完了。

IMG_2517


2.本製品(LS210D0201C)にムーブされた録画番組を再生する方法


本製品(LS210D0201C)にムーブされた録画番組を、東芝REGZAで再生する方法については、
以下の記事を参照してください。
東芝製テレビ REGZA 32J7 録画した地デジ番組をNASにムーブ
「3.レグザクラウドサービスのTimeOnアカウントを取得する」
「4.NASに保存した動画(録画した地デジ番組)を、東芝REGZAで再生する」

以下の画面は再生させたときのものです。

IMG_2518

パソコン上でDTCP対応DLNAクライアントソフトを使用しても再生する方法については、
以下の記事を参照してください。
 ・SoftDMA 2 の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
 ・DiXiM Digital TV plus の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
 ・PowerDVD 15 Ultra の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能


他のDLNAクライアント対応機から再生する場合は、以下の記事を参照してください。
 ・Panasonic VIERA X50 のDLNAクライアント機能
 ・DIGA DMR-BWT520 のDLNAクライアント機能


3.本製品(LS210D0201C)にムーブされた録画番組を削除する方法


本製品(LS210D0201C)にムーブされた録画番組の削除は、パソコンから行います。
手順は以下のとおりです。


(1) スタート → BUFFALO → BUFFALO NAS Navigator2 → BUFFALO NAS Navigator2
  の順にクリックする。
01

(2) Nas Navigator2 が起動する。本製品(LS210D01D)のアイコンを右クリックし、
  [Web設定を開く]をクリック。
02

(3) DNAサーバーをクリック。
01

(4) ムーブした録画番組一覧が表示される。
02

(5) 削除したい録画番組にチェックを入れ、[番組の削除]をクリック。
03

(6) 削除してよいかどうか再度聞いてくる。[削除]をクリック。
04

(5) 録画番組が削除される。
05


LS210DCシリーズ関連の記事一覧
(1) バッファロー LinkStation LS210D0201C 購入
(2) バッファロー LinkStation LS210D0201C セットアップ
(3) バッファロー LinkStation LS210D0201C スマートフォンからアクセス
(4) バッファロー LinkStation LS210D0201C 共有フォルダを作成
(5) バッファロー LinkStation LS210D0201C ユーザーを作成
(6) バッファロー LinkStation LS210D0201C アクセス制限を設定する
(7) バッファロー LinkStation LS210D0201C Webアクセスを使用する
(8) バッファロー LinkStation LS210D0201C FTPサーバー機能
(9) バッファロー LS210D0201C DLNAサーバー機能(録画番組以外に関して)
(10) バッファロー LS210D0201C DLNAサーバー機能(東芝REGZAから録画番組をムーブ)
(11) バッファロー LS210D0201C DLNAサーバー機能(nasneから録画番組をムーブ)
(12) バッファロー LS210D0201C DLNAサーバー機能(DIGAから録画番組のムーブ)
(13) バッファロー LS210D0201CのDLNAサーバー機能(他の機器への録画番組のムーブ)


バッファロー LinkStation LS210D0201C DLNAサーバー機能(録画番組以外に関して)

NAS製品 バッファロー LinkStation LS210D0201C


でDLNAサーバー機能を使用する方法を説明します。


※本記事では、テレビの録画番組以外の動画を、DLNAを使用して再生する方法を説明します。
 テレビの録画番組の再生については、後日、別記事で説明します。


1.本製品(LS210D0201C)をDLNAサーバーにする


(1) スタート → BUFFALO → BUFFALO NAS Navigator2 → BUFFALO NAS Navigator2
  の順にクリックする。
01

(2) Nas Navigator2 が起動する。本製品(LS210D01D)のアイコンを右クリックし、
  [Web設定を開く]をクリック。
02

(3) DLNAサーバーの設定をオンにする。(デフォルトでオンになっているが、
  なっていなければ、下図矢印の部分をクリックしてオンにする)
01

(4) DLNAサーバーの設定ボタン(下図赤枠で囲った部分)をクリック。
02

(5) ユーザーIDとパスワードの入力画面になる。
  ユーザーIDは adminが指定された状態になっている。
  ここでは、パスワードは初期値passwordのままなので、パスワードとしてpasswordを入力し、
  [OK]をクリック。
04

(6) 動画を置きたい共有フォルダーに「オン」を設定する。
  ここでは、共有フォルダーshareを「オン」にする。(下図では既にオンになって
  いるが、なっていなければ下図矢印で示した部分をクリックしてオンにする)
  さらに、[設定する](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
03


2.DLNAサーバーの設定を行った共有フォルダーに動画を置く


DLNAサーバーの設定を行った共有フォルダーに動画を置く。
ここでは、以下のように、LS210D01D\share配下に、Wildlife.wmvという動画を置いた。
04


3.パソコンから本製品(LS210D0201C)にDLNAでアクセスする


パソコンから本製品(LS210D0201C)にDLNAでアクセスする例を示します。


(1) パソコンで、Windows Media Playerを起動。(パソコン画面下のタスクバーの
  下図赤枠で囲った部分をクリックすると起動する)
05

(2) [LS210D01D[LinkStation Media Server]をクリックし、
  [ビデオ]をダブルクリックする。
06

(3) [すべてのビデオ]をダブルクリックする。
07

(4) [Wildlife in HD]という動画が出てくる。
  「Wildlife in HD」は、2で置いた動画ファイルWildlife.wmvのタイトル。
  これをダブルクリックする。
08

(5) 動画の再生が始まる。
09


4.テレビやレコーダーから本製品(LS210D0201C)にDLNAでアクセスした場合について


私の家には、テレビとしては、東芝REGZA 32 J7、Panasonic VIERA X50、
レコーダーとしては、Panasonic DMR-BWT520がありますが、
そのいずれをDLNAクライアントにした場合も、上記動画を再生することはできませんでした。


これは、IODATA製NAS HDL-A2.0 の時も同じ結果でした。以下の記事を参照してください。
IODATA LANDISK HDL-A2.0-8.DLNAサーバー機能を利用する-


一方、パソコン上に置いた同じ動画は、上記のテレビ/レコーダーで再生できています。


現状、テレビやレコーダーで動画を再生することを前提にするのであれば、
テレビの録画番組以外の動画は、NASではなく、
テレビ/レコーダーに直接接続されたハードディスクか、あるいは、
パソコン上に保存しておくのが無難なようです。

LS210DCシリーズ関連の記事一覧
(1) バッファロー LinkStation LS210D0201C 購入
(2) バッファロー LinkStation LS210D0201C セットアップ
(3) バッファロー LinkStation LS210D0201C スマートフォンからアクセス
(4) バッファロー LinkStation LS210D0201C 共有フォルダを作成
(5) バッファロー LinkStation LS210D0201C ユーザーを作成
(6) バッファロー LinkStation LS210D0201C アクセス制限を設定する
(7) バッファロー LinkStation LS210D0201C Webアクセスを使用する
(8) バッファロー LinkStation LS210D0201C FTPサーバー機能
(9) バッファロー LS210D0201C DLNAサーバー機能(録画番組以外に関して)
(10) バッファロー LS210D0201C DLNAサーバー機能(東芝REGZAから録画番組をムーブ)
(11) バッファロー LS210D0201C DLNAサーバー機能(nasneから録画番組をムーブ)
(12) バッファロー LS210D0201C DLNAサーバー機能(DIGAから録画番組のムーブ)
(13) バッファロー LS210D0201CのDLNAサーバー機能(他の機器への録画番組のムーブ)

バッファロー LinkStation LS210D0201C FTPサーバー機能

NAS製品 バッファロー LinkStation LS210D0201C


でFTPサーバー機能を使用する方法を説明します。


1.本製品をFTPサーバーにする


(1) スタート → BUFFALO → BUFFALO NAS Navigator2 → BUFFALO NAS Navigator2
  の順にクリックする。
01

(2) Nas Navigator2 が起動する。本製品(LS210D01D)のアイコンを右クリックし、
  [Web設定を開く]をクリック。
02

(3) Webブラウザが起動し、以下のような画面が表示される。[詳細設定]をクリック。
03

(4) ユーザーIDとパスワードの入力画面になる。
  ユーザーIDは adminが指定された状態になっている。
  ここでは、パスワードは初期値passwordのままなので、パスワードとしてpasswordを入力し、
  [OK]をクリック。
04

(5) FTPの設定は、デフォルトではオフになっている。
  下図赤矢印で示した部分をクリックする。
05

(6) FTPの設定がオンに変わる。
  共有フォルダ右の1をクリック。
2

(7) FTPサーバーとして公開する共有フォルダ(ここでは"pc")をダブルクリック。
07

(8) [編集]をクリック。
08

(9) [属性]の[書き込み可能]にチェックを入れ、
  [公開プロトコル]の[FTP]にチェックを入れる。
09

(10) 画面を下にスクロールして、
  [アクセス制限設定]の[有効にする]にチェックを入れ、
  公開したいユーザー(ここでは"pcuser")の[W/R]の欄にチェックを入れ、
  [OK]をクリック。
10


2.本製品にFTPでアクセスする


パソコンから本製品(LS210D0201C)にファイルを転送する例を示します。
転送するファイルは以下のファイル(C:\Users\koji\work配下の a1.txt)です。
11

※Exploreで表示すると以下のようなファイルです。
20


(1) "ftp [本製品のIPアドレス]"(ここでは "ftp 192.168.0.9")と入力しエンタキーを押す。
12

(3) ユーザー名(ここでは"pcuser")とパスワードを入力する。
13

(4) dirコマンドを打ってみる。disk1というフォルダがあるのが分かる。
14

(5) "cd disk1"と打って、disk1配下に移動し、再度dirコマンドを打つ。
  pcフォルダがあることが分かる。
15

(6) "cd pc"と打って、pc配下に移動し、再度dirコマンドを打つ。
  p1.txtというファイルと、もう1個文字化けして名前の分からないファイルがある。
  (これは実際には、「ジンギスカンwmv.wmv」というファイル)
  ここが、本製品の共有フォルダーpc である。
16

(7) "put a1.txt"と打って、a1.txt を転送し、dirコマンドで結果を確認。
  a1.txt が転送できていることが確認できる。
17

(8) "quit"で ftpモードを抜ける。
18

(9) Explorerでも、a1.txtが転送できていることが確認できる。
19


LS210DCシリーズ関連の記事一覧
(1) バッファロー LinkStation LS210D0201C 購入
(2) バッファロー LinkStation LS210D0201C セットアップ
(3) バッファロー LinkStation LS210D0201C スマートフォンからアクセス
(4) バッファロー LinkStation LS210D0201C 共有フォルダを作成
(5) バッファロー LinkStation LS210D0201C ユーザーを作成
(6) バッファロー LinkStation LS210D0201C アクセス制限を設定する
(7) バッファロー LinkStation LS210D0201C Webアクセスを使用する
(8) バッファロー LinkStation LS210D0201C FTPサーバー機能
(9) バッファロー LS210D0201C DLNAサーバー機能(録画番組以外に関して)
(10) バッファロー LS210D0201C DLNAサーバー機能(東芝REGZAから録画番組をムーブ)
(11) バッファロー LS210D0201C DLNAサーバー機能(nasneから録画番組をムーブ)
(12) バッファロー LS210D0201C DLNAサーバー機能(DIGAから録画番組のムーブ)
(13) バッファロー LS210D0201CのDLNAサーバー機能(他の機器への録画番組のムーブ)

バッファロー LinkStation LS210D0201C Webアクセスを使用する

NAS製品 バッファロー LinkStation LS210D0201C


でWebアクセスを使用する方法を説明します。


Webアクセスとは、外出先から自宅に設置した本製品へアクセスする機能です。
外出先から、本製品に、ファイルの参照/追加/編集をしたり、
音楽や動画などの再生を行ったりすることができます。

Webアクセスの設定は、スマートフォンからでも、パソコンからでも行うことができます。
ここでは、パソコンからの設定手順を示します。


1.外出先からのアクセスを可能にする


(1) スタート → BUFFALO → BUFFALO NAS Navigator2 → BUFFALO NAS Navigator2
  の順にクリックする。
01

(2) Nas Navigator2 が起動する。本製品(LS210D01D)のアイコンを右クリックし、
  [Web設定を開く]をクリック。
02

(3) Webアクセスの設定状態を確認。
  バッファロー LinkStation LS210D0201C スマートフォンからアクセス
  に示した手順を実行していた場合、既に以下のようにオンになっています。
01

  実行していなければ以下のようにオフの状態なので、下図赤矢印で示した部分を
  クリックして、Webアクセスをオンにします。
02


2.各共有フォルダーのアクセス権限の設定


1の手順で設定が完了したわけではありません。
Webアクセスした時の、各共有フォルダーへのアクセス権限は、
デフォルト設定のままとなっています。
具体的には、以下のようになっています。


デフォルトで作成された共有フォルダー
・share .... 公開しない
・admin .... 共有フォルダーのアクセス制限と連動
       ※adminフォルダの共有フォルダーアクセス設定は、
        デフォルトでは、adminユーザーのみが読み書き可能となっています。
        そのため、デフォルトの設定のままの場合、外出先からアクセスした場合、
       adminユーザーのみ読み書き可能という動作となります。
・webaxs ... 登録ユーザーのみ読み取り/書き込み可能
       ※本製品に登録したグループ/ユーザーがアクセスできるようにします。
        本製品に登録されている全ユーザーは、共有フォルダーに設定されている
        ユーザー/グループのアクセス制限とは無関係に、
        Webアクセス上でファイル/フォルダーの読み取り/書き込みが可能です。


バッファロー LinkStation LS210D0201C 共有フォルダを作成で作成した共有フォルダー
・i .... 公開しない
・pc ... 公開しない


以下に、共有フォルダーpcに「共有フォルダーのアクセス制限と連動」の
アクセス権限を設定する方法を示します。


(1) スタート → BUFFALO → BUFFALO NAS Navigator2 → BUFFALO NAS Navigator2
  の順にクリックする。
01

(2) Nas Navigator2 が起動する。本製品(LS210D01D)のアイコンを右クリックし、
  [Web設定を開く]をクリック。
02

(3) Webブラウザが起動し、以下のような画面が表示される。[詳細設定]をクリック。
03

(4) ユーザーIDとパスワードの入力画面になる。
  ユーザーIDは adminが指定された状態になっている。
  ここでは、パスワードは初期値passwordのままなので、パスワードとしてpasswordを入力し、
  [OK]をクリック。
04

(5) [共有フォルダー]の横にある05をクリック。
06


(6) [pc]をクリック。
03

(7) [編集]をクリック。
04

(8) [Webアクセス]にチェックを入れる。
05

(9) 下図赤矢印で示した部分をクリックして、[Webアクセス公開モード]の選択リストを表示し、
  [共有フォルダー設定と同期]を選択する。
06

(9) [OK]をクリック。
07


3.外出先からパソコンでアクセス


(1) Webブラウザで、http://buffalonas.com/ を開き、
  baffalonas.comネーム(バッファロー LinkStation LS210D0201C スマートフォンからアクセス
  で設定したもの。ここでは"maenads")を入力し、[接続]をクリック。
10

(2) 画面右上のほうにある[ログイン]をクリック。
11

(3) ユーザー名とパスワードを聞かれる。
  ここでは、ユーザー名に pcuser、パスワードにpcuserのパスワードを入力し、
  ログインをクリック。
12

(13) pcユーザーでWebアクセス可能なフォルダが表示される。
  ここでは、フォルダpcの内容を見てみたいので、フォルダpcをダブルクリック。
13

(14) p1.txtの中身を見てみたいので、p1.txtを打プルクリック。
14

(15) p1.txtの中身が表示される。(中に"123"という文字列のみを書き込んでいた
  ファイルなので、これで正常に表示されている)
  右上の×ボタンをクリックして、この画面を閉じる。
15

(16) ジンギスカンwmv.wmvを再生したいので、ジンギスカンwmv.wmvをダブルクリック。
16

(17) Windows Media Playerが起動し、ジンギスカンwmv.wmvが再生される。
17

(18) このフォルダーにファイルを追加(アップロード)したい場合は、
  [ファイル]>[アップロード]の順にクリック。
18

(19) アップロードしたファイル名を指定し、[アップロード]をクリック。
19

(20) 指定したファイル(ここではa.txt)がアップロードされた。
  「アップロードが完了しました」というメッセージがでるので、[OK]をクリック。
20

(21) このフォルダーからファイルをダウンロードしたい場合は、
  ダウンロードしたファイル(ここではp1.txt)を右クリックして、
  [ダウンロード]をクリック。
21

(22) [保存]をクリック。→ファイルがダウンロードされる。
22


4.外出先からスマートフォンでアクセス

(1) [WebAccess i]をタップ。
09c3af13

(2) [LinkStation/TeraStation]をタップ。
IMG_1565

(3) 本製品(ここではLS210D01D)をタップ。
IMG_1566

(4) すでに admin でログインした状態になっている。
  今回は pcuser でログインしたいので、
  一旦設定ボタン(下図赤枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1567

(5) [ログアウト]をタップ。
IMG_1568

(7) 「ログアウトしました」というメッセージが表示される。[OK]をタップ。
IMG_1569

(8) [キャンセル]をタップ。
IMG_1570

(9) 設定ボタン(下図赤枠で囲った部分)をタップ。
IMG_1571

(10) [ログイン]をタップ。
IMG_1572

(11) ログイン画面が表示される。adminでログインする設定になっている。
IMG_1573

(12) ユーザーに「pcuser」、パスワードにpcuserのパスワードを入力し、
  [ログイン]をタップ。
IMG_1574

(13) pcユーザーでWebアクセス可能なフォルダが表示される。
  ここでは、フォルダpcの内容を見てみたいので、フォルダpcをタップ。
IMG_1576

(14) フォルダpcの内容が表示される。
  ファイルp1.txtの中身を見てみたいので、p1.txtをタップ。
5

(15) p1.txt の中身が表示される。(中に"123"という文字列のみを書き込んでいた
  ファイルなので、これで正常に表示されている)
IMG_1577

(16) 動画ジンギスカンwmv.wmvを再生したいので、
  動画ジンギスカンwmv.wmvをタップ。
IMG_1578

(17) この動画は容量の制限で再生できなかった。
IMG_1579


LS210DCシリーズ関連の記事一覧
(1) バッファロー LinkStation LS210D0201C 購入
(2) バッファロー LinkStation LS210D0201C セットアップ
(3) バッファロー LinkStation LS210D0201C スマートフォンからアクセス
(4) バッファロー LinkStation LS210D0201C 共有フォルダを作成
(5) バッファロー LinkStation LS210D0201C ユーザーを作成
(6) バッファロー LinkStation LS210D0201C アクセス制限を設定する
(7) バッファロー LinkStation LS210D0201C Webアクセスを使用する
(8) バッファロー LinkStation LS210D0201C FTPサーバー機能
(9) バッファロー LS210D0201C DLNAサーバー機能(録画番組以外に関して)
(10) バッファロー LS210D0201C DLNAサーバー機能(東芝REGZAから録画番組をムーブ)
(11) バッファロー LS210D0201C DLNAサーバー機能(nasneから録画番組をムーブ)
(12) バッファロー LS210D0201C DLNAサーバー機能(DIGAから録画番組のムーブ)
(13) バッファロー LS210D0201CのDLNAサーバー機能(他の機器への録画番組のムーブ)

バッファロー LinkStation LS210D0201C アクセス制限を設定する

NAS製品 バッファロー LinkStation LS210D0201C


にアクセス制限を設定する手順を説明します。


1.デフォルト設定の確認


デフォルトでは、アクセス制限はかかっていません。

例.
 バッファロー LinkStation LS210D0201C 共有フォルダを作成
 で作成した共有フォルダ "i" に、パソコンから以下のようにアクセスできる。
10


 さらに、その配下に、以下のように新規のファイル(i1.txt)を作成することもできる。

11


2.スマートフォンでの手順


(1) [SP Navigator]のアイコンをタップ。
01

(2) [Web設定画面を開く]をタップ。
02

(3) [共有フォルダー設定]をタップ。
03

(4) 管理者のユーザー名とパスワードを入力し、[ログイン]をタップ。
04

(5) 共有フォルダー設定画面となる。
  アクセス制限を設定した共有フォルダー(ここでは"i")をタップ。

IMG_1547

(6) アクセス制限をオフからオンに変更(下図赤矢印で示した部分をタップ)。
IMG_1548

(7) アクセス制限がオフからオンに変わる(下図赤矢印で示した部分)。
  画面を下にスクロールする。
IMG_1549

(8) この時点では、全てのユーザーが、「アクセス不可」になっている。
  アクセスを許可したいユーザー(ここでは"iuser")の[アクセス不可]と
  なっている部分をタップ。
IMG_1551

(9) 許可したい権限(ここでは[読み込み、書き込み可能])をタップ。
IMG_1552

(10) タップした部分(ここでは[読み込み、書き込み可能])が選択された状態となる。
  [完了]をタップ。
IMG_1553

(11) (5)で指定したユーザーの、アクセス権限の表示が、
  (10)で設定したものとなる(ここでは、[読み込み、書き込み可能]となる)
  [設定]をタップ。
IMG_1554

(12) 何秒か時間を置いて、「確認 完了しました。共有フォルダーの編集」
  というメッセージが表示される。[OK]をタップ。
IMG_1555

(13) パソコンでアクセス制限が変わっていることを確認する。
  Explorerで、本製品の共有フォルダー一覧を表示し、
  アクセス制限をつけたフォルダ(ここでは"i")をクリック。
05

(14) ユーザーIDとパスワードを問い合わせる画面が表示される。
06

(15) (8)で選択したユーザーのIDとパスワードを入力するし、[OK]をクリック。
  (ここでは、ユーザーID:iuser、パスワード:password)
07

(16) 選択した共有フォルダー(ここでは"i")にアクセスできた。
08

(17) さらに、ここでは読み書き可能としたため、以下のようにファイルを追加することもできる。
09


3.パソコンでの手順


(1) スタート → BUFFALO → BUFFALO NAS Navigator2 → BUFFALO NAS Navigator2
  の順にクリックする。
01

(2) Nas Navigator2 が起動する。本製品(LS210D01D)のアイコンを右クリックし、
  [Web設定を開く]をクリック。
02

(3) Webブラウザが起動し、以下のような画面が表示される。[詳細設定]をクリック。
03

(4) ユーザーIDとパスワードの入力画面になる。
  ユーザーIDは adminが指定された状態になっている。
  ここでは、パスワードは初期値passwordのままなので、パスワードとしてpasswordを入力し、
  [OK]をクリック。
04

(5) [共有フォルダー]の横にある05をクリック。
06

(6) 共有フォルダー一覧が表示される。
  アクセス制限を変更したいフォルダー(ここでは"pc")をクリック。
30

(7) [編集]をクリック。
31

(8) [書き込み可能]と、アクセス制御設定の[有効にする]にチェックを入れる。
33

(9) 画面を下にスクロールし、アクセス権限を設定する。
  (ここでは、pcuserに、W/R(読み書き可能)を設定する)
  [OK]にクリックする。
34

(10) 共有フォルダー一覧画面に戻る。
35

(12) アクセス制限が変わっていることを確認する。
  Explorerで、本製品の共有フォルダー一覧を表示し、
  アクセス制限をつけたフォルダ(ここでは"pc")をクリック。
36

(13) ユーザーIDとパスワードを問い合わせる画面が表示される。
37

(14) (8)で選択したユーザーのIDとパスワードを入力するし、[OK]をクリック。
  (ここでは、ユーザーID:pcuser、パスワード:password)
38

(15) 選択した共有フォルダー(ここでは"pc")にアクセスできた。
39

(16) さらに、ここでは読み書き可能としたため、以下のようにファイルを追加することもできる。
40


LS210DCシリーズ関連の記事一覧
(1) バッファロー LinkStation LS210D0201C 購入
(2) バッファロー LinkStation LS210D0201C セットアップ
(3) バッファロー LinkStation LS210D0201C スマートフォンからアクセス
(4) バッファロー LinkStation LS210D0201C 共有フォルダを作成
(5) バッファロー LinkStation LS210D0201C ユーザーを作成
(6) バッファロー LinkStation LS210D0201C アクセス制限を設定する
(7) バッファロー LinkStation LS210D0201C Webアクセスを使用する
(8) バッファロー LinkStation LS210D0201C FTPサーバー機能
(9) バッファロー LS210D0201C DLNAサーバー機能(録画番組以外に関して)
(10) バッファロー LS210D0201C DLNAサーバー機能(東芝REGZAから録画番組をムーブ)
(11) バッファロー LS210D0201C DLNAサーバー機能(nasneから録画番組をムーブ)
(12) バッファロー LS210D0201C DLNAサーバー機能(DIGAから録画番組のムーブ)
(13) バッファロー LS210D0201CのDLNAサーバー機能(他の機器への録画番組のムーブ)

カテゴリー
ブログ内検索
DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト
ソニー nasne
nasne 1TBモデル


NAS
バッファロー LinkStation LS410D0201C

転送速度:100MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇

バッファロー Link Station LS210D0201C
転送速度
 リード:58MB/s
 ライト:63MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇

ネットワークカメラ
IODATA製 Qwatch TS-WPTCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:〇
暗視:〇
高機能にして割安。

IODATA製 Qwatch TS-WLC2

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇
マイク・スピーカー内蔵。

IODATA製 Qwatch TS-WLCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
安価で簡単。はじめての人におすすめ。

PLANEX製 カメラ一発! CS-W60HD

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX製 カメラ一発! CS-W06N

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX スマカメ CS-QR10

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
スマホ専用のカメラです。

Tenvis製 JPT3815W


無線LAN:〇
接続設定簡単化:×
パン・チルト:〇
暗視:〇
外国製。マニュアルは英文(一部和訳あり)、かつ、あまり詳しいことは書かれていない。サポートは英文メールのみ。その分価格が安い。
SDカード
SDカードは、デジカメ、ネットワークカメラ、パソコンなどで利用できる場合があります。SDカードの選び方に関しては、以下の記事を参照してください。
SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方
  • ライブドアブログ