ホームネットワーク構築方法

ホームネットワーク(家庭内LAN)を有線LANから無線LANに変更したいが設定方法が分からない、あるいは、パソコン,プリンター,テレビ,レコーダーNAS,ネットワークカメラなど様々な機器をホームネットワークで連携させてもっと便利に使いたい、あるいは、DLNAソフトウェアを活用してホームネットワーク上のコンテンツ(動画/静止画/音楽)を家中どこでも視聴できるようにしたいという方はいらっしゃらないでしょうか? このブログは、私の経験を通して、そういった方々に役立つ情報を提供することを目的としています。

2014年06月

ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 録画形式

ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 

の録画形式について説明します。



1.IODATA製 Qwatch TS-WLC2 の録画形式


1.1 IODATA社のホームページから


IODATA社の TS-WLC2 の特長を説明したページでは以下のようになっています。

140629_16



1.2 専門用語の補足説明


・H.264 と MJPEG の違い
 以下のページを参考にしました。
 http://www.axis.com/ja/products/video/about_networkvideo/compression_formats.htm


 圧縮方法の違いのようです。
 互換性では MJPEG、圧縮率の高さでは H.264 が有利なようです。


・解像度
 TS-WLC2における HD, VGA, QVGA とは以下のことを指すようです。
 (TS-WLC2の仕様のページから)

 HD = 1280×720 ≒ 100万画素 (*1)
 VGA = 640×480 ≒ 30万画素
 QVGA= 320×240 ≒ 7.7万画素

 (*1)1280×720を計算すると 92万画素くらいですが、IODATA社としては、これを
   切り上げて 100万画素と呼んでいるようなので、本ブログでも100万画素と
   呼ぶことにします。


・フレームレート(fps)とは
 単位時間あたり、いくつのフレーム(映像)が処理できるかを示す。
 fpsは、Frame Per Second の略。



1.3 TS-WLC2 の初期設定(出荷時設定)


 フォーマット :MJPEG
 解像度    :VGA(640×480)≒30万画素
 フレームレート:15fps



1.4 設定の変更方法


(1) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をSDカードに保存
  「4.2 パソコンで本製品(TS-WLC2)のライブ映像を表示する」に記載した手順で、
  本製品(TS-WLC2)のライブ映像を表示。


(2) [設定]→[ビデオ]→[映像設定] の順にクリック。以下のような画面となる。
140629_17

(3) フォーマットや解像度などを選択して(下図ピンク枠で囲った部分)、
  [設定](下図黄色枠で囲った部分)をクリックすると、その設定が有効になる。
140629_18


1.5 TS-WLC2 の制限事項


 フォーマットに H.264 を、解像度に HD(1280×720) を選ぶと、設定画面に
  「H264に対応していないブラウザでは、MJPGで表示されます。
   また、HDの解像度を選択した場合、動体検知が無効になります。」
 というメッセージが出ます。(下図赤枠で囲った部分)

149629_19

 制限事項としては、上記メッセージのとおりです。


 以降は、個人的な感想です。


 H.264に対応していないブラウザがそれを表示できないのは当然なのですが、
 HD を選択すると、動体検知ができなくなるというのは、少し厳しい制限に思えます。


 また、上記の画面には、上記のとおり制限事項が表示されているのですが、
 マニュアルには、この制限事項は記載されていないため、
 動体検知ができなかった場合に、これが原因であるということに気づきにくいです。


 制限にしている理由は、技術的に難しかったから制限にしたのではなくて、
 巨大なファイルを 送信することを避けるためだと予想しますが、
 実際に使ってみなければ、どの程度ファイル転送に時間がかかるのかも分からないので、
 マニュアルに、「HDにした場合には、ネットワークの負荷が大きくなります」などと
 注意書きをした上で、この制限は解除してほしいように思います。


 制限にするのなら、せめてマニュアルの目立つところに、
 制限事項を明記してほしいです。



1.6 画素数による画像の違い -実験結果-


 MJPEG,VGA(640×480) と H.264,HD(1280×720) でどのくらい画像の鮮明さに差が
 でるのかを試してみました。


 被写体としては、TS-WLC2のパッケージの箱を使いました。

 MJPEG,VGA(640×480) だと全体は以下のとおり。
140629_20

 上図赤枠で囲った部分を拡大すると以下のとおり。
140629_21

 HD(1280×720) だと全体は以下のとおり。
140629_22

 上図赤枠で囲った部分(*1)を拡大すると以下のとおり。
140629_23

 HDのほうが明らかに鮮明な画像となっています。
 目的にもよりますが、小さい字まで読めるレベルが必要などの要件があるのなら、
 高い解像度を使用したほうがよさそうです。



2.他のネットワークカメラとの比較


 最大画素数(最大の解像度)で比較してみます。 以下のとおりです。

製品名最大画素数
IODATA製 Qwatch TS-WPTCAM100万画素
IODATA製 Qwatch TS-WLC2100万画素
IODATA製 Qwatch TS-WLCAM130万画素
PLANEX製 カメラ一発! CS-W06N30万画素
PLANEX製 CS-WMV04N2315万画素
PLANEX製 CS-WMV04N3G-NV130万画素

 IODATA製 Qwatch TS-WLC2 は、最大画素数に関しては、特に良くもないですが
 普通のレベルと言えるのではないかと思います。



(4) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 パスワード変更方法

(5) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 外出先のパソコンからアクセス
(6) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 パソコンに映像を保存する
(7) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をIODATA製のNASに保存
(8) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をバッファロー製のNASに保存
(9) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をSDカードに保存
(10) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 暗視機能
(11) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 音声(パソコンとの間で)
(12) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しSDカードに保存
(13) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しNASに保存
(14) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しメール送信
(15) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しFTP送信
(16) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知の範囲と感度の調整
(17) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知する時間帯をスケジュール
(18) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 録画する時間帯をスケジュール
(19) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 録画形式
(20) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 デジタルズーム
(21) ネットワークカメラ IODATA製 Qwatch TS-WLC2 スマホからQwatchViewでアクセス
(22) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 静止画をスマホに保存
(23) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 管理者権限
(24) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 映像をNASに保存
(25) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView NASに保存した映像をスマホで見る方法
(26) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView SDカード関連機能
(27) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 暗視機能
(28) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 音声(スマートフォンとの間で)
(29) ネットワークカメラ IODATA Qwatch 複数台表示(TS-WLC2を追加)
(30) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 まとめ

Windows 7 でのファイルとアプリケーションの関連付け

Windows 7 では、ファイルをクリック(またはダブルクリック)した時に、
そのファイルに関連付けたアプリケーションが起動し、
そのファイルを読み込んで、実行(表示や再生など)を行うようになっています。


そして、新規のアプリケーションをインストールすると、
ファイルに関連付けられているアプリケーションが、
従来関連付けられていたものから、新規のアプリケーションに変更される場合があります。


しかし、それは望ましくない結果である場合もあります。


私の場合、PowerDVD 14 Ultra 新機能:H.265形式の動画を再生 の時に、
動画ファイルを、H.265形式に変換するために、DivX 10 というアプリケーションを
インストールしたのですが、
その際、拡張子aviのファイル(主にネットワークカメラで撮影して保存した動画ファイル)
に関連付けられているアプリケーションが、Windows Media Player から、DivX Player に
変わってしまいました。


しかし、私としては、ネットワークカメラで録画(撮影して保存した)動画ファイルは、
まずは、Windows Media Player で確認したいと考えていました。
理由は、ネットワークカメラを評価する際に、ネットワークカメラで録画した動画が
再生可能かどうかの判定は、元々 Windows 7 に含まれている Windows Media Player を
ベースに行うべきだと考えていたからです。


そのため、私のほうでうは、DivX 10 インストール後、
拡張子aviのファイルに関しては、関連付けられているアプリケーションを、
DivX Player から、Windows Media Player に変更しました。(というか元に戻しました)


以下に、その時の手順を紹介しておきます。


1.DivX 10 をインストールした後の状況


(1) 以下の aviファイル(下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140629_14

(2) aviファイルが、DivX Player で再生される。
140629_15



2.拡張子aviに関連付けられているアプリケーションを、
  DivX Player から Windows Media Player に変更


(1)[スタート]→[既定のプログラム]の順にクリック。
140629_01

(2) [ファイルの種類またはプロトコルのプログラムの関連付け](下図赤枠で囲った部分)
  をクリック。
140629_02

(3) 「ファイルの種類またはプロトコルのプログラムの関連付けます」と冒頭で説明されている
  ウィンドウが開く。
140629_03

(4) 目的の拡張子(ここでは avi。下図赤枠で囲った部分)を選択し、
  [プログラムの変更](下図オレンジ枠で囲った部分)をクリック。
140629_04

  ※上図で示されている通り、DivX 10 をインストールした後、
   aviに関連付けられているアプリケーションは、DivX Player となっていました。

(5) 「ファイルを開くプログラムの選択」というウィンドウが表示される。
  その拡張子(ここでは avi)で使いたいプログラム、
  ここでは [Windows Media Player](下図赤枠で囲った部分)を選択(クリック)し、
  [OK](下図オレンジ枠で囲った部分)をクリック。
140629_10

(6) aviに関連付けられているアプリケーションが、Windows Media Player に変わった。
140629_11


3.拡張子aviに関連付けられているアプリケーションを、
  DivX Player から Windows Media Player に変更した後の状況


(1) 以下の aviファイル(下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140629_12


(2) aviファイルが、Windows Media Player で再生される。
140629_13


Windows 7 関連の記事一覧
(1) Windows 7 のファイル共有機能-目次-
(2) Windows 7 のファイル共有機能-ネットワークの場所の設定-
(3) Windows 7 のファイル共有機能-ホームグループウィンドウの表示方法と表示結果-
(4) Windows 7 のファイル共有機能-ホームグループウィンドウでの設定項目-
(5) Windows 7 のファイル共有機能-パブリックフォルダーによるファイル共有-
(6) Windows 7 のファイル共有機能-共有フォルダーによるファイル共有-
(7) Windows 7 のファイル共有機能-ホームグループによるファイル共有-
(8) Windows 7 でのファイルとアプリケーションの関連付け

ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 録画する時間帯をスケジュール

ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 

で、録画する時間帯をスケジュールする機能について説明します。
動作検知などとは無関係に、指定した時間帯、録画(動画を保存)し続ける機能となります。
動画の保存先は、SDカード、または、NAS となります。



1.オンラインマニュアル


インターネット上では、以下の場所に、手順が記載されています。
TS-WLC2 画面で見るマニュアル
 P88「スケジュール機能設定」


※マニュアルの説明だけでは、どんな機能であるのか分かりづらいと思いますので、
 本記事の内容を参照していただきたく思います。



2.環境


ネットワークカメラ              :IODATA Qwatch TS-WLC2
micro SDHCカード            :Transcend microSDHCカード 32GB Class10 (*1)
NAS                      :IODATA LANDISK HDL-A2.0 
無線LAN親機                :バッファロー WZR-600DHP
パソコン                    :FUJITSU LIFEBOOK AH77/H
                          OS:Windows 7
                          アプリケーション:Magical Finder

ネットワーク構成図
140628_35

(*1) SDカードの選び方については以下の記事を参照してください。
  ・ ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をSDカードに保存
    「1.本製品(TS-WLC2)で使用するSDカードについて」
  ・ SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方



3.手順(録画する時間帯をスケジュール)


3.1 指定した時間帯に録画して、SDカードに保存


(1) SDカードに保存するための設定を行う。
  手順については、ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をSDカードに保存 の
  「4.1 SDカードを本製品(TS-WLC2)に挿入」~「4.3 SDカードに映像を保存するための設定」
  を参照されたい。


(2) 本製品(TS-WLC2)のライブ映像を表示する。
  ※手順については、以下を参照してください。
   ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をSDカードに保存
   「4.2 パソコンで本製品(TS-WLC2)のライブ映像を表示する」
  そして、[設定](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140628_17

(3) [保存設定](下図赤枠で囲った部分)、
  [スケジュール機能設定](下図オレンジ枠で囲った部分)をクリック。
140628_18

(4) [スケジュール機能]を「有効」にして、
  [録画時間設定]で、開始時刻と終了時刻を指定。
  ここでは、19:15~19:18を指定。(以上、下図赤枠で囲った部分)
  [設定]ボタンをクリック。(下図オレンジ枠で囲った部分)
140628_19

(5) 19:15~19:18の間だけ、SDカード上に動画が保存される。


(6) 保存された動画を確認するには、
   [保存設定](下図オレンジ枠で囲った部分)、
   [SDカードファイル管理](下図黄色枠で囲った部分)、
   [Schedule](下図白枠で囲った部分)
  の順にクリックする。
  ファイル名(と言うよりフォルダ名)として、本日の日付(2014-06-28)が表示される。
  (下図ピンク枠で囲った部分) これをクリック。
140628_20

(7) record-001 というフォルダ(下図赤枠で囲った部分)が表示される。
  これをクリック。
140628_21

(8) 録画して保存された動画ファイルが表示される。これをクリック。
140628_22

(9) [ファイルを開く](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140628_23

(10)ダウンロードが開始される。
  ダウンロードにあとどのくらいの時間がかかるのかが表示される。(下図赤枠で囲った部分)
  ※ダウンロードと言っても、ファイルに保存されるわけではなく、
   メモリ上へのダウンロード。ダウンロードに1分くらいかかった。
140628_24

(11)ダウンロードが終わると、動画の再生が始まる。
140628_25

  ※私は、aviファイルに関連付けるアプリケーションを Windows Media Playerと
   しているので、Windows Media Player で再生されましたが、環境によっては
   別のアプリケーションで再生されるかもしれません。

   ファイルとアプリケーションの関連付けを変更したい場合は、
   以下の記事を参照してください。
   ・ Windows 7 でのファイルとアプリケーションの関連付け


3.2 指定した時間帯に録画して、NASに保存


(1) NASに保存するための設定を行う。
  手順については、
  ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をIODATA製のNASに保存
  の「3.1 NASのIPアドレスを調べる」~「3.4 NASに映像を保存するための設定」
  を参照されたい。


(2) 本製品(TS-WLC2)のライブ映像を表示する。
  ※手順については、以下を参照してください。
   ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をIODATA製のNASに保存 の
   「3.3 パソコンで本製品(TS-WLC2)のライブ映像を表示する」
  そして、[設定](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140628_26

(3) [保存設定](下図赤枠で囲った部分)、
  [スケジュール機能設定](下図オレンジ枠で囲った部分)をクリック。
140628_27

(4) [スケジュール機能]を「有効」にして、
  [録画時間設定]で、開始時刻と終了時刻を指定。
  ここでは、19:53~19:56を指定。(以上、下図赤枠で囲った部分)
  [設定]ボタンをクリック。(下図オレンジ枠で囲った部分)
140628_28

(5) 19:53~19:56の間だけ、NAS上に動画が保存される。


(6) NASに保存された動画を確認するには、(1)で指定したフォルダ、ここでは、
  IODATA製のNASの共有フォルダ contents配下にある、wlc2 というフォルダ
  に Explorer でアクセスする。
  IPCamera_Schedule というフォルダが生成されているので、それをクリック。
140628_29

(7) このネットワークカメラのカメラ名(製品に同梱されている「かんたん接続シートに記載
  されている。私の場合 CAM-3F71)のフォルダが作成されているので、それをクリック。
140628_30

(8) 本日の日付を名前としたフォルダが生成されているので、それをクリック。
140628_31

(9) record-001 というフォルダ(下図赤枠で囲った部分)が表示される。
  これをクリック。
140628_32

(10) 録画して保存された動画ファイルが表示される。これをクリック。
140628_33

(11) 10秒くらい待った後、動画の再生が開始された。
140628_34

  ※私は、aviファイルに関連付けるアプリケーションを Windows Media Playerと
   しているので、Windows Media Player で再生されましたが、環境によっては
   別のアプリケーションで再生されるかもしれません。

   ファイルとアプリケーションの関連付けを変更したい場合は、
   以下の記事を参照してください。
   ・ Windows 7 でのファイルとアプリケーションの関連付け


(4) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 パスワード変更方法

(5) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 外出先のパソコンからアクセス
(6) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 パソコンに映像を保存する
(7) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をIODATA製のNASに保存
(8) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をバッファロー製のNASに保存
(9) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をSDカードに保存
(10) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 暗視機能
(11) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 音声(パソコンとの間で)
(12) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しSDカードに保存
(13) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しNASに保存
(14) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しメール送信
(15) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しFTP送信
(16) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知の範囲と感度の調整
(17) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知する時間帯をスケジュール
(18) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 録画する時間帯をスケジュール
(19) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 録画形式
(20) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 デジタルズーム
(21) ネットワークカメラ IODATA製 Qwatch TS-WLC2 スマホからQwatchViewでアクセス
(22) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 静止画をスマホに保存
(23) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 管理者権限
(24) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 映像をNASに保存
(25) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView NASに保存した映像をスマホで見る方法
(26) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView SDカード関連機能
(27) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 暗視機能
(28) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 音声(スマートフォンとの間で)
(29) ネットワークカメラ IODATA Qwatch 複数台表示(TS-WLC2を追加)
(30) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 まとめ

ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知する時間帯をスケジュール

ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 

で、動作検知する時間帯をスケジュールする、つまり、
指定した時間帯のみ、動作検知を行うようにする機能について説明します。



1.オンラインマニュアル


インターネット上では、以下の場所に、手順が記載されています。
TS-WLC2 画面で見るマニュアル
 P49「動作検知の設定をする」
 P52「スケジュール設定する」


2.環境


ネットワークカメラ              :IODATA Qwatch TS-WLC2
micro SDHCカード            :Transcend microSDHCカード 32GB Class10 (*1)
無線LAN親機                :バッファロー WZR-600DHP
パソコン                    :FUJITSU LIFEBOOK AH77/H
                          OS:Windows 7
                          アプリケーション:Magical Finder
ネットワーク構成図
140616_01

(*1) 今回、静止画/動画の保存先は、SDカードにしました。
   SDカードの選び方については以下の記事を参照してください。
  ・ ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をSDカードに保存
    「1.本製品(TS-WLC2)で使用するSDカードについて」
  ・ SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方


3.手順(動作検知する時間帯をスケジュールする)


3.1 静止画/動画の保存先を設定する


今回、静止画/動画の保存先は、SDカードにしました。
SDカードに保存するための設定については、
ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をSDカードに保存 の
「4.1 SDカードを本製品(TS-WLC2)に挿入」~「4.3 SDカードに映像を保存するための設定」
を参照してください。



3.2 動作検知する時間帯をスケジュールし、静止画を SDカードに保存


(1) 本製品(TS-WLC2)のライブ映像を表示する。
  ※手順については、以下を参照してください。
   ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をSDカードに保存 の
   「4.2 パソコンで本製品(TS-WLC2)のライブ映像を表示する」


(2) [設定](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140628_01


(3) [動作検知](下図赤枠で囲った部分)、
  [スケジュール設定](下図オレンジ枠で囲った部分)をクリック。
140628_02

(4) [スケジュール機能]を「有効」にして、
  [時間設定]で、開始時刻と終了時刻を指定。
  ここでは、14:15~14:20を指定。(以上、下図赤枠で囲った部分)
  [設定]ボタンをクリック。(下図オレンジ枠で囲った部分)
140628_03

(5) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しSDカードに保存 の
  「3.2 動作検知した時の静止画をSDカードに保存」の手順で、
  静止画を SDカードに保存。

(6) 14:15~14:20の間だけ、時計の秒針の動作が動作検知されて、SDカード上に静止画が
  保存される。


(7) 保存された静止画を確認するには、
   [保存設定](下図オレンジ枠で囲った部分)、
   [SDカードファイル管理](下図黄色枠で囲った部分)、
   [Event](下図白枠で囲った部分)
  の順にクリックする。
  ファイル名(と言うよりフォルダ名)として、本日の日付(2014-06-28)が表示される。
  (下図ピンク枠で囲った部分) これをクリック。
140628_04

(8) snapshot-001 というフォルダ(下図赤枠で囲った部分)が表示される。
  これをクリック。
140628_05

(9) 動作検知されて、SDカード上に保存された静止画の一覧が表示される。
  最初の静止画の時間が、14:15:13 (下図オレンジ枠で囲った部分)になっていることから、
  (6)で指定した、14:15以降の静止画が保存されていることが分かる。
  [最後のページ](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140628_06

(10)最後に保存された静止画の時間が、14:19:50(下図オレンジ枠で囲った部分)になって
  いることから、(6)で指定した 14:20以降は、静止画が保存されていないことが分かる。
  最後に保存された静止画(下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140628_07

(11) 最後に保存された静止画が表示される。
140628_08



3.3 動作検知する時間帯をスケジュールし、動画を SDカードに保存

(1) 本製品(TS-WLC2)のライブ映像を表示する。
  ※手順については、以下を参照してください。
   ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をSDカードに保存
   「4.2 パソコンで本製品(TS-WLC2)のライブ映像を表示する」


(2) [設定](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140628_09


(3) [動作検知](下図赤枠で囲った部分)、
  [スケジュール設定](下図オレンジ枠で囲った部分)をクリック。
140628_10

(4) [スケジュール機能]を「有効」にして、
  [時間設定]で、開始時刻と終了時刻を指定。
  ここでは、15:25~15:30を指定。(以上、下図赤枠で囲った部分)
  [設定]ボタンをクリック。(下図オレンジ枠で囲った部分)
140628_11

(5) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しSDカードに保存 の
  「3.3 動作検知した時の動画をSDカードに保存」の手順で、
  動画を SDカードに保存。


(6) 15:25~15:30の間だけ、時計の秒針の動作が動作検知されて、SDカード上に動画が
  保存される。


(7) 保存された動画を確認するには、
   [保存設定](下図オレンジ枠で囲った部分)、
   [SDカードファイル管理](下図黄色枠で囲った部分)、
   [Event](下図白枠で囲った部分)
  の順にクリックする。
  ファイル名(と言うよりフォルダ名)として、本日の日付(2014-06-28)が表示される。
  (下図ピンク枠で囲った部分) これをクリック。
140628_04

(8) record-001 というフォルダ(下図赤枠で囲った部分)が表示される。
  これをクリック。
140628_12

(9) 動作検知されて、SDカード上に保存された動画の一覧が表示される。
  最初の動画の時間が、15:25:14 (下図オレンジ枠で囲った部分)になっていることから、
  (6)で指定した、15:25以降の動画が保存されていることが分かる。
  [最後のページ](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140628_13

(10)最後に保存された動画の時間が、14:19:50(下図オレンジ枠で囲った部分)になって
  いることから、(6)で指定した 15:30以降は、動画が保存されていないことが分かる。
  最後に保存された動画(下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140628_14

(11)[ファイルを開く]をクリック。
140628_15

(12)Windows Media Player で、一番最後に保存された動画が再生される。
140628_16

  ※私は、aviファイルに関連付けるアプリケーションを Windows Media Playerと
   しているので、Windows Media Player で再生されましたが、環境によっては
   別のアプリケーションで再生されるかもしれません。

   ファイルとアプリケーションの関連付けを変更したい場合は、
   以下の記事を参照してください。
   ・ Windows 7 でのファイルとアプリケーションの関連付け


(4) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 パスワード変更方法

(5) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 外出先のパソコンからアクセス
(6) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 パソコンに映像を保存する
(7) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をIODATA製のNASに保存
(8) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をバッファロー製のNASに保存
(9) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をSDカードに保存
(10) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 暗視機能
(11) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 音声(パソコンとの間で)
(12) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しSDカードに保存
(13) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しNASに保存
(14) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しメール送信
(15) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しFTP送信
(16) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知の範囲と感度の調整
(17) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知する時間帯をスケジュール
(18) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 録画する時間帯をスケジュール
(19) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 録画形式
(20) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 デジタルズーム
(21) ネットワークカメラ IODATA製 Qwatch TS-WLC2 スマホからQwatchViewでアクセス
(22) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 静止画をスマホに保存
(23) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 管理者権限
(24) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 映像をNASに保存
(25) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView NASに保存した映像をスマホで見る方法
(26) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView SDカード関連機能
(27) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 暗視機能
(28) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 音声(スマートフォンとの間で)
(29) ネットワークカメラ IODATA Qwatch 複数台表示(TS-WLC2を追加)
(30) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 まとめ

ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知の範囲と感度の調整

ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 

で、動作検知の範囲と感度を調整する方法について説明します。



1.オンラインマニュアル


インターネット上では、以下の場所に、手順が記載されています。
TS-WLC2 画面で見るマニュアル
 P49「動作検知の設定をする」
 P50-51「範囲設定する」


2.環境

ネットワークカメラ              :IODATA Qwatch TS-WLC2
micro SDHCカード            :Transcend microSDHCカード 32GB Class10 
無線LAN親機                :バッファロー WZR-600DHP
パソコン                    :FUJITSU LIFEBOOK AH77/H
                          OS:Windows 7
                          アプリケーション:Magical Finder
ネットワーク構成図
140616_01


3.手順(動作検知の範囲と感度の調整)


3.1 動作検知の設定


動作検知の設定は以下のいずれの方法でも構いません。
・ ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しSDカードに保存
・ ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しNASに保存
・ ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しメール送信
・ ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しFTP送信

ここでは、
  ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しSDカードに保存
  「3.2 動作検知した時の静止画をSDカードに保存」
の設定を行った場合について(それを行っていることを前提に)、手順を説明いたします。



3.2 動作検知の範囲の設定


(1) 本製品(TS-WLC2)のライブ映像を表示する。
  ※手順については、以下を参照してください。
   ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をSDカードに保存 の
   「4.2 パソコンで本製品(TS-WLC2)のライブ映像を表示する」


(2) [設定](下図赤枠で囲った部分)をクリックし、
  [動作検知](下図オレンジ枠で囲った部分)をクリックし、
  [範囲設定](下図黄色枠で囲った部分)をクリックする。
  →下図のような状態となる。
140622_18

(3) 範囲の設定ができるように、画面をしたにスクロールする。
  初期状態では、範囲1(下図赤枠で囲った部分)のみにチェック入っている。
  ここにチェックが入っているために、ライブ映像にオレンジ枠が表示されている。
140622_19

(4) ライブ映像に表示されている枠はドラッグして位置や大きさを変更できるように
  なっている。
  まず、ライブ映像に表示されているオレンジ枠をドラッグして、時計の0~15秒の部分のみ、
  動作検知するようにする。
  次に、範囲2にチェックを入れる。ライブ映像に緑枠が表示される。緑枠をドラッグして、
  時計の30~45秒部分のみ、動作検知するようにする。
  最後に、右下の確認ボタン(下図赤枠で囲った部分)をクリック。
140622_20

(5) この設定で動作検知を行うと、秒針が 0~15秒、または、30~45秒である場合のみ、
  動作検知された場合の静止画が保存される。
140622_21

140622_22

  ※ここでは、静止画の保存を指定しているので、静止画が保存されている。
   動画を指定した場合は、当然動画が保存される。


  ※SDカードに保存された静止画を見る方法については、以下の記事を参照されたい。
   ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をSDカードに保存
   「3.2 動作検知した時の静止画をSDカードに保存」
   手順(6)~(9)



3.2 動作検知の感度としきい値について


1に示したマニュアルにおいて、感度、しきい値は以下のように説明されています。
 感度   … 感度を上げると検知しやすくなります。
          検知しすぎる場合は、感度をさげます。
 しきい値 … 値を小さくすると、より小さな変化でも検知することができます。


1の(3)の画面を再び表示します。(動作検知の範囲は元の状態に戻しました)
この画面で、動作検知の範囲の他に、感度としきい値も指定できるようになっています。
140622_23

まず、感度ですが、デフォルトでは90になっています。
どれだけ下げたら、時計の秒針を検知しなくなるのかを調べました。
結果、80以下に下げると、検知しなくなりました。
90でぎりぎり検知されているようです。


次に、しきい値ですが、デフォルトでは 3 になっています。
どれだけ上げたら、時計の秒針を検知しなくなるのかを調べました。
結果、10では検知されましたが、20まで上げると検知しなくなりました。


各々、実際に使う場合は、実際に発生しそうな変化を少し余裕をもって検知し、
かつ、余分な変化まで検知しないように調整して使えばよいと思います。



(4) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 パスワード変更方法

(5) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 外出先のパソコンからアクセス
(6) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 パソコンに映像を保存する
(7) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をIODATA製のNASに保存
(8) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をバッファロー製のNASに保存
(9) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 映像をSDカードに保存
(10) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 暗視機能
(11) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 音声(パソコンとの間で)
(12) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しSDカードに保存
(13) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しNASに保存
(14) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しメール送信
(15) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知しFTP送信
(16) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知の範囲と感度の調整
(17) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 動作検知する時間帯をスケジュール
(18) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 録画する時間帯をスケジュール
(19) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 録画形式
(20) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 デジタルズーム
(21) ネットワークカメラ IODATA製 Qwatch TS-WLC2 スマホからQwatchViewでアクセス
(22) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 静止画をスマホに保存
(23) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 管理者権限
(24) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 映像をNASに保存
(25) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView NASに保存した映像をスマホで見る方法
(26) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView SDカード関連機能
(27) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 QwatchView 暗視機能
(28) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 音声(スマートフォンとの間で)
(29) ネットワークカメラ IODATA Qwatch 複数台表示(TS-WLC2を追加)
(30) ネットワークカメラ IODATA Qwatch TS-WLC2 まとめ
カテゴリー
ブログ内検索
DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト
ソニー nasne
nasne 1TBモデル


NAS
バッファロー LinkStation LS410D0201C

転送速度:100MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇

バッファロー Link Station LS210D0201C
転送速度
 リード:58MB/s
 ライト:63MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇

ネットワークカメラ
IODATA製 Qwatch TS-WPTCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:〇
暗視:〇
高機能にして割安。

IODATA製 Qwatch TS-WLC2

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇
マイク・スピーカー内蔵。

IODATA製 Qwatch TS-WLCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
安価で簡単。はじめての人におすすめ。

PLANEX製 カメラ一発! CS-W60HD

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX製 カメラ一発! CS-W06N

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX スマカメ CS-QR10

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
スマホ専用のカメラです。

Tenvis製 JPT3815W


無線LAN:〇
接続設定簡単化:×
パン・チルト:〇
暗視:〇
外国製。マニュアルは英文(一部和訳あり)、かつ、あまり詳しいことは書かれていない。サポートは英文メールのみ。その分価格が安い。
SDカード
SDカードは、デジカメ、ネットワークカメラ、パソコンなどで利用できる場合があります。SDカードの選び方に関しては、以下の記事を参照してください。
SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方
  • ライブドアブログ