ホームネットワーク構築方法

ホームネットワーク(家庭内LAN)を有線LANから無線LANに変更したいが設定方法が分からない、あるいは、パソコン,プリンター,テレビ,レコーダーNAS,ネットワークカメラなど様々な機器をホームネットワークで連携させてもっと便利に使いたい、あるいは、DLNAソフトウェアを活用してホームネットワーク上のコンテンツ(動画/静止画/音楽)を家中どこでも視聴できるようにしたいという方はいらっしゃらないでしょうか? このブログは、私の経験を通して、そういった方々に役立つ情報を提供することを目的としています。

PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドを利用するための手続き

PowerDVD 15 Ultra  には、サイバーリンククラウド 20GB の1年間無料利用権がついています。

サイバーリンク PowerDVD 16
 
サイバーリンククラウドとは、サイバーリンク社が提供するストレージサービスのことです。
PowerDVD 15 Ultra を購入すれば、サイバーリンク社のストレージ上の 20GB の領域を、
1年間無料で使用することができます。


サイバーリンククラウドで何ができるのかと言うと、以下のことができます。
   ・ クラウドにコンテンツをアップロード
   ・ クラウド上のコンテンツをストリーミング再生
   ・ クラウドからコンテンツをダウンロード
   ・ ローカルPC上のフォルダまたはプレイリストをクラウドに同期させる


メリットとしては以下の点があげられます。
   ・ コンテンツの保存のために自分のハードディスク領域を使う必要がない
   ・ コンテンツを常時参照可能にしておくための電気代が不要
   ・ インターネット上のどこからでもアクセス可能


大まかには、Dropbox や SkyDrive などの既存のオンラインストレージと同等の機能ですが、
PowerDVD 15 Ultra を使用する場合に、便利/簡単に使用できるようになっています。

※Dropbox、SkyDriveについては、以下のカテゴリの記事を参照してください。
     オンラインストレージ


この記事では、サイバーリンククラウドを利用するための手続きについて説明します。
以下の手順でサイバーリンククラウドが利用できるようになります。


(1) PowerDVD 15 Ultra を起動。
  手順は、PowerDVD 15 Ultra の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
  「2.1 PowerDVD 15 Ultraの起動」~「2.2 再生開始」参照。


(2) [サイバーリンククラウド](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
150517_02

(3) 「サイバーリンククラウドサービス」というウィンドウが開く。
  [次へ](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
150517_03

(4) 「画像/動画を自動的にアップロード」というウィンドウが開く。
  [次へ](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
150517_04

(5) 「サイバーリンククラウドにメディアファイルをドラッグ&ドロップしてアップロード」
  というウィンドウが開く。[次へ](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
150517_05

(6) 「メディアを共有」というウィンドウが開く。
  [次へ](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
150517_06

(7) 「サイバーリンククラウドのサブスクリプション(1年間)を使用」というウィンドウが開く。
  [サイバーリンククラウドを使用する](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
  ※この時点では、まだ[次へ]はクリックしないこと。
150517_07

(8) Webブラウザが起動し、「PowerDVD 15 Ultra 専用特典 1年間無料 サイバーリンククラウド
  サービス 20GB 1年間無料利用可能」というウィンドウが表示される。
  サイバーリンクメンバーズ登録(ユーザー登録)した時のメールアドレスとパスワードを入力し
  (下図黄色枠で囲った部分)、送信(下図赤枠で囲った部分)をクリック。
150517_08

  ※サイバーリンクメンバーズ登録(ユーザー登録)は、サイバーリンクのいずれかの製品で
   一度行えばよいです。
   私の場合、PowerDVD 14 Ultraで行いました。
   そのせいか、今回、メールアドレスとパスワードは、手入力したわけではなく、はじめから
   自動的に入力されていました。
   サイバーリンクメンバーズ登録(ユーザー登録)を行う手順については、
   PowerDVD 14 Ultra インストール
   の「2.ユーザー登録」を参照してください。

(9) Webブラウザの画面が、「ステップ2 サイバーリンククラウドの手続きが完了しました」
  に変わる。Webブラウザでの手続きはこれで完了。
150517_09

(10) 「サイバーリンククラウドのサブスクリプション(1年間)を使用」((7)の画面の続き)で、
  [次へ](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
150517_10

(11) 「設定が完了しました!」という画面になる。
  [サインイン](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
150517_11

(12) サインインするウィンドウが表示される。
  メールアドレスとパスワードを入力し(下図赤枠で囲った部分)、
  [サインイン](下図黄色枠で囲った部分)をクリック。
150517_12

(13) [サイバーリンククラウド]の下に、
  [情報]、[動画]、[画像]、[音楽]という項目が表示され(下図赤枠で囲った部分)、
  サイバーリンククラウドが使用可能となる。
150517_13

(14) 以降は、サイバーリンククラウドにサインインしたままの状態となり、
  PowerDVD 15 Ultraを再起動した時に、再度サインインする必要はない。
  しかし、あえてサインアウトしたい場合は、
  [サイバーリンククラウド]配下の、[情報]にマウスポインタを合わせ、
  [情報]の右に表示された鍵のマーク(下図赤枠で囲った部分)をクリックすると、
  サインアウトすることができる。
150517_14


PowerDVD 15 Ultra関連の記事一覧
(1) PowerDVD 15 Ultra 購入/インストール
(2) PowerDVD 15 Ultra の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
(3) PowerDVD 15 Ultra と nasne の連携(放送中のテレビ番組視聴)
(4) PowerDVD 15 Ultra の使い方-DLNAクライアント機能(テレビ番組以外に対して)-
(5) PowerDVD 15 Ultra の使い方-ローカルPC上のメディア再生機能-
(6) PowerDVD 15 Ultra の使い方-DLNAサーバー機能-
(7) PowerDVD 15 Ultra の使い方-DMR機能-
(8) PowerDVD 15 Ultra の使い方-DMC機能-
(9) PowerDVD 15 Ultra:プレイリスト
(10) PowerDVD 15 Ultra:YouTubeの動画を再生
(11) PowerDVD 15 Ultra の TrueTheater機能
(12) PowerDVD 15 Ultra:CDから音声を取り込む
(13) PowerDVD 15 Ultra でのコンテンツ一覧の表示方法と並び換え
(14) PowerDVD 15 Ultra:ファイル名による検索
(15) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドを利用するための手続き
(16) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドとの連携:アップロードとストリーミング再生
(17) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドにフォルダを同期
(18) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドをWebブラウザから使用
(19) Power Media Player:機能概要
(20) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドからの自動ダウンロード機能
(21) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドからの手動ダウンロード
(22) PowerDVD 15 Ultra と PowerDVD Remote の連携:初期設定
(23) PowerDVD 15 Ultra と PowerDVD Remote の連携:機能概要
(24) PowerDVD 15 Ultra で H.265形式の動画を再生
(25) PowerDVD 15 Ultra の使い方-まとめ-

PowerDVD 15 Ultra:ファイル名による検索

PowerDVD 15 Ultra  のファイル名による検索機能について説明します。

サイバーリンク PowerDVD 16 

PowerDVD 15 Ultra は、それが動作しているPC上に保存されている 動画、静止画、音楽
について、ファイル名(またはタイトル)での検索が可能になっています。


※DLNAで他のホストにアクセスした場合は、検索はできませんでした。


検索の手順を以下に示します。



1.PowerDVD 15 Ultra 起動


PowerDVD 15 Ultra の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
「2.1 PowerDVD 15 Ultraの起動」~「2.2 再生開始」参照。



2.PC上の動画をファイル名で検索


(1) メディアライブラリー配下の[動画](赤枠で囲った部分)をクリック。
  動画が格納されたフォルダの一覧が出てくる。
150516_01


(2) 画面右上の検索ボックス(下図赤枠で囲った部分)をクリックすると、検索ボックスの中で
  カーソルが点滅し、検索ボックスに文字入力が可能となる。
150516_02


(3) この例では、各フォルダに以下のようなファイルが保存されている。
    Sample Videos  … Wildlife.wmv
    test      … MVI_0703.MOV
    video      … MVI_0703.MOV
              Record_xxxx.avi (xxxx部分は日付時刻を表す文字列。
                          このようなファイルが4個ある)
              ジンギスカンmpg.mpg
              ジンギスカンwmv.wmv


  検索文字列として「mvi」と入力すると(下図赤枠で囲った部分)、入力した時点で、
  以下のように、表示されるフォルダが、test  と  video に絞られる。
  (該当する文字列をファイル名に含むファイルを保持しているフォルダに絞られる)

  ここでは「video」のほう(下図黄色枠で囲った部分)をダブルクリックしてみる。
150516_03

(4) ファイル名に「mvi」を含むファイルのみが表示される。
150516_04


(5) 検索ボックスから「mvi」の文字列を削除すると、videoフォルダーに含まれる全ての
  動画が表示される。
150516_05


(6) 検索は全角文字でも可能。検索ボックスに「カン」と入力すると、
  ファイル名に「カン」を含むファイルのみが表示される。
150516_06

※フォルダー一覧に戻るには、戻るボタン(下図黄色枠で囲った部分)をクリックすればよい。
150516_07



2.PC上の静止画をファイル名で検索


(1) メディアライブラリー配下の[画像](赤枠で囲った部分)をクリックすると、
  静止画が格納されたフォルダの一覧が出てくる。
  画面右上の検索ボックス(下図黄色枠で囲った部分)をクリックすると、検索ボックスの中で
  カーソルが点滅し、検索ボックスに文字入力が可能となる。
150516_10

(2) 検索ボックスに「koala」と入力すると(下図赤枠で囲った部分)、
  表示されるフォルダが、Sample Pictures(下図黄色枠で囲った部分) のみとなる。
  (該当する文字列をファイル名に含むファイルを含んだフォルダのみになる)
  フォルダ Sample Pictures(下図黄色枠で囲った部分)をダブルクリック。
150516_11

(3) コアラの写真が出てくる。
150516_12

(4) 上記の状態だと、ファイル名に「koala」が含まれているのかどうかが不明なので、
  表示方法を、リストビューに変更する。
  ※リストビューへの変更方法については、以下の記事参照。
   ・ PowerDVD 15 Ultra でのコンテンツ一覧の表示方法と並び換え
  タイトルに「Koala」が含まれていることが確認できた。
  注.PowerDVD 14 Ultra の[メディアライブラリ]の画像に表示されているタイトルは、
    Windowsのレベルではファイル名。
150516_13

(5) 検索ボックスから「koala」を削除すると、このフォルダに含まれるすべてのファイルが
  表示される。
150516_14

※フォルダー一覧に戻るには、戻るボタン(下図黄色枠で囲った部分)をクリックすればよい。
150516_15


3.PC上の音楽をファイル名で検索


(1) メディアライブラリー配下の[音楽](下図赤枠で囲った部分)をクリックすると、
  音楽の一覧が出てくる。
  音楽の表示方法は、「アーティスト別」「アルバム別」「全ての音楽」の3種類があるが、
  ここでは「アルバム別」の表示にしている。(下図黄色枠で囲った部分をクリックすると、
  アルバム別の表示となる)
  画面右上の検索ボックス(下図緑枠で囲った部分)をクリックすると、検索ボックスの中で
  カーソルが点滅し、検索ボックスに文字入力が可能となる。
150516_20

(2) 検索ボックスに「サンタ」と入力すると(下図赤枠で囲った部分)、
  表示されるアルバムが、「世界のほんの片隅から」のみとなる。
  (該当する曲名を含んだアルバムのみになる)
  アルバム「世界のほんの片隅から」(下図黄色枠で囲った部分)をダブルクリック。
150516_21

(3) 「ぼくらはサンタ」と「ぼくらはサンタ(バックトラッキング)」が表示される。
150516_22

(4) 検索文字列「サンタ」を検索ボックスから削除すると、このアルバムに含まれるすべての
  音楽が表示される。
150516_23

※アルバム一覧に戻るには、戻るボタン(下図黄色枠で囲った部分)をクリックすればよい。
150516_24


PowerDVD 15 Ultra関連の記事一覧
(1) PowerDVD 15 Ultra 購入/インストール
(2) PowerDVD 15 Ultra の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
(3) PowerDVD 15 Ultra と nasne の連携(放送中のテレビ番組視聴)
(4) PowerDVD 15 Ultra の使い方-DLNAクライアント機能(テレビ番組以外に対して)-
(5) PowerDVD 15 Ultra の使い方-ローカルPC上のメディア再生機能-
(6) PowerDVD 15 Ultra の使い方-DLNAサーバー機能-
(7) PowerDVD 15 Ultra の使い方-DMR機能-
(8) PowerDVD 15 Ultra の使い方-DMC機能-
(9) PowerDVD 15 Ultra:プレイリスト
(10) PowerDVD 15 Ultra:YouTubeの動画を再生
(11) PowerDVD 15 Ultra の TrueTheater機能
(12) PowerDVD 15 Ultra:CDから音声を取り込む
(13) PowerDVD 15 Ultra でのコンテンツ一覧の表示方法と並び換え
(14) PowerDVD 15 Ultra:ファイル名による検索
(15) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドを利用するための手続き
(16) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドとの連携:アップロードとストリーミング再生
(17) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドにフォルダを同期
(18) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドをWebブラウザから使用
(19) Power Media Player:機能概要
(20) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドからの自動ダウンロード機能
(21) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドからの手動ダウンロード
(22) PowerDVD 15 Ultra と PowerDVD Remote の連携:初期設定
(23) PowerDVD 15 Ultra と PowerDVD Remote の連携:機能概要
(24) PowerDVD 15 Ultra で H.265形式の動画を再生
(25) PowerDVD 15 Ultra の使い方-まとめ-

PowerDVD 15 Ultra でのコンテンツ一覧の表示方法と並び換え

PowerDVD 15 Ultra でのコンテンツ一覧の表示方法と並び換えについて説明します。

サイバーリンク PowerDVD 16 

1.表示方法


1.1 フォルダービュー


初期設定ではフォルダービューとなっています。
下図は、Panasonic DIGA DMR-BWT520上の録画番組をフォルダービューで表示したところです。
150510_01

※この画面を出す手順については、以下の記事を参照してください。
 PowerDVD 15 Ultra の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
 「2.1 PowerDVD 15 Ultraの起動」~「2.2 再生開始」


フォルダーの大きさは以下のようにすると変更可能です。
・ コントロールキーを押した状態で、マウスのホイールを上方向に回すと拡大
・ コントロールキーを押した状態で、マウスのホイールを下方向に回すと縮小


最も拡大させた時の表示は以下のようになります。
150510_02

最も縮小させた時の表示は以下のようになります。
150510_03



1.2 リストビュー


リストビューへの変更が可能です。


1.2.1 リストビューへの変更手順
(1) 画面右上の150510_04ボタン(下図赤枠で囲った部分)をクリック。
150510_05

(2) 出てきたメニューの中から[リストビュー]をクリック。
150510_06

(3) リストビューで表示される。
150510_07


1.2.2 フォルダービューとリストビューの使い分けについて


フォルダービューでは下記2に示す並び換えが使えないので、並び換えの機能を使いたい場合は、
リストビューを使うとよいと思います。


テレビの録画番組以外の動画や、静止画の場合、フォルダービューだと、一覧画面にイメージが
表示されるため、内容が直観的に分かりやすいと思います。
これらの場合は、フォルダービューを使ったほうがよいかもしれません。



2.並び換え


リストビューの場合、タイトル、再生時間、ジャンルで並び換えが可能です。
音楽をリストビュー表示した場合は、アルバム名、アーティスト名でも並び換えが可能です。


初期状態では、タイトルの昇順になっています。
150510_08



2.1 タイトルによる並び換え


(1) [タイトル](下図赤枠で囲った部分)の部分をクリックすると、タイトルの降順に変わります。
  ※下図は、タイトルの降順に変わった後の状態です。
150510_09

(2) [タイトル]を再度クリックすると初期状態(タイトルの昇順)に戻ります。



2.2 再生時間による並び換え


(1) [時間](下図赤枠で囲った部分)の部分をクリックすると、再生時間の昇順に変わります。
  ※下図は、再生時間の昇順に変わった後の状態です。
150510_10

(2) [時間](下図赤枠で囲った部分)の部分を再度クリックすると、再生時間の降順に変わります。
  ※下図は、再生時間の降順に変わった後の状態です。
150510_11

(3) [タイトル]をクリックすると初期状態(タイトルの昇順)に戻ります。



2.3 ジャンルによる並び換え


(1) [ジャンル](下図赤枠で囲った部分)の部分をクリックすると、ジャンルの昇順に変わります。
  ※下図は、ジャンルの昇順に変わった後の状態です。
150510_12

(2) [ジャンル](下図赤枠で囲った部分)の部分を再度クリックするとジャンルの降順に変わります。
  ※下図は、ジャンルの降順に変わった後の状態です。
150510_13

(3) [タイトル]をクリックすると初期状態(タイトルの昇順)に戻ります。



2.4 アルバム名による並び換え(音楽の場合のみ)


(1) [アルバム](下図赤枠で囲った部分)の部分をクリックすると、アルバムの昇順に変わります。
  ※下図は、ジャンルの昇順に変わった後の状態です。
150510_14

(2) [アルバム](下図赤枠で囲った部分)の部分を再度クリックするとアルバムの降順に変わります。
  ※下図は、アルバムの降順に変わった後の状態です。
150510_15

(3) [タイトル](下図赤枠で囲った部分)をクリックすると初期状態(タイトルの昇順)に戻ります。
  ※下図は、タイトルの昇順に変わった後の状態です。
150510_16



2.5 アーティスト名による並び換え(音楽の場合のみ)


(1) [アーティスト](下図赤枠で囲った部分)の部分をクリックすると、アーティスト名の昇順に
  変わります。※下図は、ジャンルの昇順に変わった後の状態です。
150510_17

(2) [アーティスト](下図赤枠で囲った部分)の部分を再度クリックすると、アーティストの降順に
  変わります。※下図は、アルバムの降順に変わった後の状態です。
150510_18

(3) [タイトル]をクリックすると初期状態(タイトルの昇順)に戻ります。



3.音楽のコンテンツ一覧の表示方法について


音楽に関しては、コンテンツ一覧の表示方法が、
DLNAの場合(ネットワーク経由でアクセスする場合)と、
メディアライブラリー(パソコンのハードウェアに直接アクセスする場合)とで、
異なっています。



3.1 DLNAの場合


以下は、DLNA経由で、パソコン上の音楽を表示させた場合の画面です。
150510_19

分類方法として、以下のものが用意されています。
 - 音楽の再生リスト
 - 評価
 - 参加アーティスト
 - 作曲者
 - フォルダー
 - ジャンル
 - アルバムのアーティスト
 - アルバム
 - すべての音楽
 - すべてのアーティスト

例1.フォルダー
 上図の中で、フォルダーをダブルクリックすると、フォルダー一覧が表示されます。
 各フォルダーをダブルクリックすると、そのフォルダー配下の音楽が表示されます。
150510_20


例2.ジャンル

 上図の中で、ジャンルをダブルクリックすると、ジャンル一覧が表示されます。
 各ジャンルをダブルクリックすると、そのジャンルに含まれる音楽一覧が表示されます。
150510_21


例3.すべての音楽

 上図の中ですべての音楽をダブルクリックすると、
 すべての音楽のタイトル一覧が表示されます。
150510_22



3.2 メディアライブラリーの場合


以下は、メディアライブラリーで、パソコン上の音楽を表示させた場合の画面です。
上部に分類が示されています。(下図黄色枠で囲った部分)
下図は「アーティスト」による分類が有効になっています。
150510_23

拡大すると以下のとおり。
左から「アーティスト」「アルバム」「すべての曲」「オーディオCD」となっています。
150510_24

※オーディオCDは、現在CDドライブに挿入しているオーディオCD上の音楽、
 それ以外のものは、パソコンのハードディスク上の音楽を分類したものとなっています。


「アルバム」ボタン(下図赤枠で囲った部分)をクリックすると、
「アルバム」による分類が表示される。
150510_25

「すべての曲」ボタン(下図赤枠で囲った部分)をクリックすると、すべての曲が表示される。
150510_26

「オーディオCD」ボタン(下図赤枠で囲った部分)をクリックすると、
オーディオCD上の曲が表示される。
150510_27



PowerDVD 15 Ultra関連の記事一覧
(1) PowerDVD 15 Ultra 購入/インストール
(2) PowerDVD 15 Ultra の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
(3) PowerDVD 15 Ultra と nasne の連携(放送中のテレビ番組視聴)
(4) PowerDVD 15 Ultra の使い方-DLNAクライアント機能(テレビ番組以外に対して)-
(5) PowerDVD 15 Ultra の使い方-ローカルPC上のメディア再生機能-
(6) PowerDVD 15 Ultra の使い方-DLNAサーバー機能-
(7) PowerDVD 15 Ultra の使い方-DMR機能-
(8) PowerDVD 15 Ultra の使い方-DMC機能-
(9) PowerDVD 15 Ultra:プレイリスト
(10) PowerDVD 15 Ultra:YouTubeの動画を再生
(11) PowerDVD 15 Ultra の TrueTheater機能
(12) PowerDVD 15 Ultra:CDから音声を取り込む
(13) PowerDVD 15 Ultra でのコンテンツ一覧の表示方法と並び換え
(14) PowerDVD 15 Ultra:ファイル名による検索
(15) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドを利用するための手続き
(16) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドとの連携:アップロードとストリーミング再生
(17) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドにフォルダを同期
(18) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドをWebブラウザから使用
(19) Power Media Player:機能概要
(20) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドからの自動ダウンロード機能
(21) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドからの手動ダウンロード
(22) PowerDVD 15 Ultra と PowerDVD Remote の連携:初期設定
(23) PowerDVD 15 Ultra と PowerDVD Remote の連携:機能概要
(24) PowerDVD 15 Ultra で H.265形式の動画を再生
(25) PowerDVD 15 Ultra の使い方-まとめ-

PowerDVD 15 Ultra:CDから音声を取り込む

PowerDVD 15 Ultra を使用して、CDから音声を取り込む機能について説明します。

サイバーリンク PowerDVD 16 

以下の手順で使用できます。


(1) CD/DVD/BDドライブにオーディオ CD を入れる。
  ※今回は「世界のほんの片隅から」のCDを使用。

(2) 画面に挿入したCDのタイトルが表示される。(ここでは「世界のほんの片隅」から)
  音楽の再生が始まる。
  ※画面に挿入したCDのタイトルが表示されない場合は、
   [音楽](下図黄色枠で囲った部分)をクリックし、
   [オーディオCD]ボタン(下図ピンク枠で囲った部分)をクリックする。
  ※取り込みを静かな状態で行いたい場合は、一時停止ボタン(下図赤枠で囲った部分)を
   クリックして音楽を停止させる。ここでは停止させずに取り込みを開始した。
150509_01

(3) [CD の取り込み]ボタン(下図赤枠で囲った部分)をクリック。
150509_01_1

(4) [CD の取り込み]ウィンドウが表示される。
  ・アーティストやアルバム情報を確認し、必要があれば、
   [アーティスト] [アルバム] [ジャンル] の内容を変更する。
  ・トラック名横のチェック ボックスを選択して、オーディオ CD から取り込むトラックを
   選択する。(最初は全て選択された状態になっているので、必要があればチェックを外す)
150509_02

(5) [その他設定](下図赤枠で囲った部分)をクリック。
150509_02_1

(6) [その他設定]ウィンドウが表示される。
  ・出力先ディレクトリー:取り込む音声の保存先フォルダーを設定する。
   初期値は「マイミュージック」になっている。
   必要があれば、右の[変更]ボタンをクリックして、新しいフォルダーを選択する。
   ここではそのままにする。
  ・形式:取り込む音声の音声形式を選択する。
   初期値は「AAC」となっている。他に「MP3」「FLAC」が選択可能。
   ここではそのまま「AAC」にする。
  ・ビットレート: 取り込む音声の音質を設定する。
   初期値は「256kbps」となっている。他に「192kbps」「128kbps」が選択可能。
   ここではそのまま「256kbps」にする。
  ・[OK] をクリックして、[ その他設定] のダイアログを閉じる。
150509_03

(7) [CDの取り込み]ウィンドウにおいて、[取り込み]ボタン(下図赤枠で囲った部分)をクリック。
150509_04

(8) 音楽が演奏中であった場合は、音楽が停止する。
  トラックの右横に、取り込みが何%進んだのかが表示される。(下図赤枠で囲った部分)
150509_05

(9) 取り込みが終わったトラックは「ライブラリに取り込み」(下図黄色枠で囲った部分)と
  表示される。
150509_06

(10)取り込みが全て完了すると、一瞬、「取り込み完了」というメッセージが出た後、
  元の画面に戻る。(下図は元の画面に戻った後の画面。音楽は停止したまま)
150509_07

(11)取り込み先のフォルダを見てみると、CDのタイトル名のフォルダが生成されている。
  (ここでは「世界のほんの片隅から」)
150509_08

(12)生成されたフォルダの中身を見てみると、CDに収められていたトラックが全て
  取り込まれていることが分かる。
  ここでは、形式として「AAC」を選択したので、拡張子はm4aになっている。
150509_09_1


  ファイル名部分を拡大すると以下のとおり。
150509_09

(13)CD/DVD/BDドライブからオーディオ CD を取り外し、
  取り込んだ音楽が認識されているかどうかを確認する。
  [音楽](下図赤枠で囲った部分)をクリックし、
  [アルバム]ボタン(下図黄色枠で囲った部分)をクリックすると、
  取り込んだCDのタイトル(ここでは「世界のほんの片隅から」。下図ピンク枠で囲った部分)
  が表示される。これをダブルクリックする。
150509_10

(14)取り込んだトラックが全て表示されている。
  ここでは、最初のトラック「世界のほんの片隅から」(下図赤枠で囲った部分)をクリックし、
  再生ボタン(下図黄色枠で囲った部分)をクリック。
150509_11

(15)「世界のほんの片隅から」の再生が始まる。
150509_13


PowerDVD 15 Ultra関連の記事一覧
(1) PowerDVD 15 Ultra 購入/インストール
(2) PowerDVD 15 Ultra の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
(3) PowerDVD 15 Ultra と nasne の連携(放送中のテレビ番組視聴)
(4) PowerDVD 15 Ultra の使い方-DLNAクライアント機能(テレビ番組以外に対して)-
(5) PowerDVD 15 Ultra の使い方-ローカルPC上のメディア再生機能-
(6) PowerDVD 15 Ultra の使い方-DLNAサーバー機能-
(7) PowerDVD 15 Ultra の使い方-DMR機能-
(8) PowerDVD 15 Ultra の使い方-DMC機能-
(9) PowerDVD 15 Ultra:プレイリスト
(10) PowerDVD 15 Ultra:YouTubeの動画を再生
(11) PowerDVD 15 Ultra の TrueTheater機能
(12) PowerDVD 15 Ultra:CDから音声を取り込む
(13) PowerDVD 15 Ultra でのコンテンツ一覧の表示方法と並び換え
(14) PowerDVD 15 Ultra:ファイル名による検索
(15) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドを利用するための手続き
(16) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドとの連携:アップロードとストリーミング再生
(17) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドにフォルダを同期
(18) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドをWebブラウザから使用
(19) Power Media Player:機能概要
(20) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドからの自動ダウンロード機能
(21) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドからの手動ダウンロード
(22) PowerDVD 15 Ultra と PowerDVD Remote の連携:初期設定
(23) PowerDVD 15 Ultra と PowerDVD Remote の連携:機能概要
(24) PowerDVD 15 Ultra で H.265形式の動画を再生
(25) PowerDVD 15 Ultra の使い方-まとめ-

PowerDVD 15 Ultra の TrueTheater機能

PowerDVD 15 Ultra の TrueTheater機能について説明します。

サイバーリンク PowerDVD 16 

TrueTheater とは、PowerDVD の映像/音声の補正技術です。


映像については、より鮮明に再生することができるようになります。
音声については、低音と会話の音量を拡大できます。


TrueTheater は、デフォルトで適用されていますが、
画面を分割して、元の映像と比較して見る機能や、
適用レベルを調節する機能も提供されています。



1.元の映像と比較


(1) 動画の再生を開始する。

(2) 150508_01ボタン(下図赤枠で囲った部分)をクリック。
150508_02

(3) TrueTheaterウィンドウが開く。
150508_03

  TrueTheaterウィンドウのみを拡大すると以下のとおり。
150508_04

(5) ディスプレイモードの150508_05をクリックし(下図赤枠で囲った部分)、
  右上の×ボタン(下図黄色枠で囲った部分)または閉じるボタン(下図ピンク枠で囲った部分)
  をクリックしてTrueThreaterウィンドウを閉じる。
150508_06

(6) 左半分が元の映像、右半分がTrueTheaterで補正した映像となる。
150508_07

(7) 再度TrueThreaterウィンドウを開き、150508_08をクリックし(下図赤枠で囲った部分)
  右上の×ボタン(下図黄色枠で囲った部分)または閉じるボタン(下図ピンク枠で囲った部分)
  をクリックしてTrueThreaterウィンドウを閉じる。
150508_09

(8) 左半分と右半分の両方に同じ映像(全体の映像の中央あたりを切り取った映像)が表示される。
  左半分が元の映像、右半分がTrueTheaterで補正した映像となる。
150508_10

(9) 元の映像に戻すには、
  再度TrueThreaterウィンドウを開き、150508_11をクリックし(下図赤枠で囲った部分)
  右上の×ボタン(下図黄色枠で囲った部分)または閉じるボタン(下図ピンク枠で囲った部分)
  をクリックしてTrueThreaterウィンドウを閉じる。
150508_12

(10)元の映像に戻る。
150508_13



2.適用レベルを調節


適用レベルの調節方法としては、以下の2つの方法が用意されています。
 ・ エンハンスメント(スマート)
 ・ エンハンスメント(詳細設定)


TrueTheaterウィンドウを開いた時点では、エンハンスメント(スマート)の画面に
なっています。
150508_14

エンハンスメント(詳細設定)のタブ(下図赤枠で囲った部分)をクリックすると、
エンハンスメント(詳細設定)の画面になります。
150508_15

エンハンスメント(スマート)のスライダーの意味は以下のとおりです。
※PowerDVD 15 Ultraのユーザーズガイドからの引用になります。
・動画:動画の明るさ、コントラスト、色彩が補正され、より鮮明に表示されます。
    また、動画がさらにシャープに表示されます (解像度が 720p 未満の場合)。
・音声:低音と会話の音量が拡大。


エンハンスメント(詳細設定)のスライダーの意味は以下のとおりです。
※PowerDVD 15 Ultraのユーザーズガイドからの引用になります。
・TrueTheater HD
   元の動画をより高い解像度 (よりシャープ、ノイズなし)にアップスケールします。
・TrueTheater Lighting
   映像技術で、動画コンテンツの明るさ、コントラストを調整します。
・TrueTheater Color
   動画の彩度を調整します。
・TrueTheater Motion
   フレーム レートを 24 fps から 60 fps にアップサンプリング。
・TrueTheater Noise Reduction
   ホーム ビデオ ファイルのビデオ ノイズ(High-ISO やテレビ信号のノイズを含む) を低減。
・TrueTheater Stabilizer
   手ぶれのあるホーム ビデオ ファイルに動き補償(モーション コンペンセーション) を適用。
・音声:低音と会話の音量が拡大。


私が実際に試してみた感じでは、映像に関しては、適用レベルを上げたほうが、
動画の明るさ、コントラスト、色彩はより鮮明になりました。


音声に関しては、適用レベルを上げると、ステレオで聞いているような感じの音になりました。


オリジナルの映像や音声のほうが良いという人もいるかもしれないので、
実際に試してみて、好みに合うように調節すればよいと思います。



3.TrueTheaterが利用できる環境/できない環境


私が実際に試したところでは以下のとおりです。
 ・ DLNA環境では利用できなかった。
 ・ ローカルPCのハードディスク上の動画に対しては利用できた。
 ・ テレビの録画番組を保存したBDに対しては利用できた。
 ・ 市販にBD/DVDに関しては以下のとおりだった。
     ひぐらしのなく頃に → 利用できた
     アナと雪の女王   → 利用できた
     貞子3D      → 利用できなかった


PowerDVD 15 Ultra のユーザーズガイドによると以下の通りです。

・ブルーレイ 3D ディスクでは、TrueTheater ビデオ エンハンスメントは利用できません。
・解像度が 1080p を超える場合、TrueTheater ビデオ エンハンスメントは
 利用できません。
・DLNA ネットワーク (DTCP-IP) の動画では、TrueTheater ビデオ エンハンスメントは
 利用できません。
・HDMI 音声出力モードが [ その他音声設定] で "デコードされていない"
 パススルーが外部デバイス オプションのいずれかに設定されている場合、
 TrueTheater オーディオ エンハンスメントは利用できません。



PowerDVD 15 Ultra関連の記事一覧
(1) PowerDVD 15 Ultra 購入/インストール
(2) PowerDVD 15 Ultra の使い方-DTCP-IP対応DLNAクライアント機能-
(3) PowerDVD 15 Ultra と nasne の連携(放送中のテレビ番組視聴)
(4) PowerDVD 15 Ultra の使い方-DLNAクライアント機能(テレビ番組以外に対して)-
(5) PowerDVD 15 Ultra の使い方-ローカルPC上のメディア再生機能-
(6) PowerDVD 15 Ultra の使い方-DLNAサーバー機能-
(7) PowerDVD 15 Ultra の使い方-DMR機能-
(8) PowerDVD 15 Ultra の使い方-DMC機能-
(9) PowerDVD 15 Ultra:プレイリスト
(10) PowerDVD 15 Ultra:YouTubeの動画を再生
(11) PowerDVD 15 Ultra の TrueTheater機能
(12) PowerDVD 15 Ultra:CDから音声を取り込む
(13) PowerDVD 15 Ultra でのコンテンツ一覧の表示方法と並び換え
(14) PowerDVD 15 Ultra:ファイル名による検索
(15) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドを利用するための手続き
(16) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドとの連携:アップロードとストリーミング再生
(17) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドにフォルダを同期
(18) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドをWebブラウザから使用
(19) Power Media Player:機能概要
(20) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドからの自動ダウンロード機能
(21) PowerDVD 15 Ultra:サイバーリンククラウドからの手動ダウンロード
(22) PowerDVD 15 Ultra と PowerDVD Remote の連携:初期設定
(23) PowerDVD 15 Ultra と PowerDVD Remote の連携:機能概要
(24) PowerDVD 15 Ultra で H.265形式の動画を再生
(25) PowerDVD 15 Ultra の使い方-まとめ-
カテゴリー
ブログ内検索
DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト
ソニー nasne
nasne 1TBモデル


nasne 500GBモデル


2015.3.20現在、500GBモデルより1TBモデルのほうが安くなっています。この状況であれば1TBモデルを買ったほうが良いです。
NAS
バッファロー LinkStation LS410D0201C

転送速度:100MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇


転送速度
 リード:58MB/s
 ライト:63MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇

ネットワークカメラ
IODATA製 Qwatch TS-WPTCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:〇
暗視:〇
高機能にして割安。

IODATA製 Qwatch TS-WLC2

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇
マイク・スピーカー内蔵。

IODATA製 Qwatch TS-WLCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
安価で簡単。はじめての人におすすめ。

PLANEX製 カメラ一発! CS-W60HD

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX製 カメラ一発! CS-W06N

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX スマカメ CS-QR10

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
スマホ専用のカメラです。

Tenvis製 JPT3815W


無線LAN:〇
接続設定簡単化:×
パン・チルト:〇
暗視:〇
外国製。マニュアルは英文(一部和訳あり)、かつ、あまり詳しいことは書かれていない。サポートは英文メールのみ。その分価格が安い。
SDカード
SDカードは、デジカメ、ネットワークカメラ、パソコンなどで利用できる場合があります。SDカードの選び方に関しては、以下の記事を参照してください。
SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方
  • ライブドアブログ