ホームネットワーク構築方法

ホームネットワーク(家庭内LAN)を有線LANから無線LANに変更したいが設定方法が分からない、あるいは、パソコン,プリンター,テレビ,レコーダーNAS,ネットワークカメラなど様々な機器をホームネットワークで連携させてもっと便利に使いたい、あるいは、DLNAソフトウェアを活用してホームネットワーク上のコンテンツ(動画/静止画/音楽)を家中どこでも視聴できるようにしたいという方はいらっしゃらないでしょうか? このブログは、私の経験を通して、そういった方々に役立つ情報を提供することを目的としています。

プリンターの再設定-無線LAN親機変更に伴い-

私の家のホームネットワーク(家庭内LAN)環境において、
無線LAN親機(無線LANアクセスポイント)を、
WZR-HP-AG300H から WZR-600DHP に変更したことに伴い、
無線LAN子機側(パソコン、デジタルカメラ、プリンター、レコーダー、テレビ)
の再設定が必要になりました。


(2015.1.31 追記)
WZR-HP-AG300Hも、WZR-600DHPもすっかり古い機種となってしまいました。
これから無線LAN親機の購入を検討される方は以下を参考にしてください。
おすすめ無線LAN親機(バッファロー製)(2014.12.29)
Amazon 無線LAN親機のベストセラー


この記事では、プリンターの再設定について説明します。


私が使用しているプリンターの機種は、EPSON カラリオ EP-805A です。


プリンターを無線LANでネットワークに接続」(以降、前回記事と呼ぶ)
の「接続手順」を再度行えばよいわけです。

理屈で考えると、前回記事の時点でインストール済みのソフトウェアは再インストール
する必要はなく、無線LANの設定部分のみをやり直せばいいのですが、
ソフトウェアの再インストールを省略して、無線LANの設定部分からスタートする
方法が分からなかったので、ソフトウェアの再インストールからやりました。


つまり、前回記事でやったことを、丸ごともう一度やり直しました。


※ソフトウェアの再インストールが10分くらい。
  無線LANの設定が30分くらいかかりました。


※結果的に、印刷を行う時、プリンター名として以下の2つが出てくる
  ようになりました。
   EP-805A Series(ネットワーク) ............. (a)
   EP-805A Series(ネットワーク)(コピー1) ...... (b)


  (a)が古いもので、(b)が今回できた新しいものです。
  現在、(b)が既定(印刷時に最初に選択される)のプリンターとなっています。

  古いのが残っているのが気になる人は、(a)は削除して、
  (b)の名前を「EP-805A Series(ネットワーク)」にすればいいのではないか
  と思います。


  私は特に気にならないので、このまま使い続けることにしました。



Amazonでの関連商品紹介ページ
[ EPSON Colorio EP-805A ]



無線LAN親機関連の記事一覧
(1) 無線LAN親機、カードタイプと、外付けタイプではどちらがよいか?
(2) パソコンを無線LANでネットワークに接続
(3) プリンターを無線LANでネットワークに接続
(4) デジタルカメラを無線LANでネットワークに接続
(5) Panasonic DIGA DMR-BWT520 を無線LANでネットワークに接続
(6) テレビを無線LANでネットワークに接続
(7) 無線LAN親機を WZR-HP-AG300H から、WZR-600DHP に変更
(8) パソコンの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(9) デジタルカメラの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(10) プリンターの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(11) レコーダーの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(12) テレビの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(13) バッファロー製無線LAN親機最新機種のラインナップ
(14) バッファロー製無線LAN親機のラインナップ(2014.8.15)
(15) おすすめ無線LAN親機(バッファロー製)(2014.12.29)

デジタルカメラの再設定-無線LAN親機変更に伴い-

私の家のホームネットワーク(家庭内LAN)環境において、
無線LAN親機(無線LANアクセスポイント)を、
WZR-HP-AG300H から WZR-600DHP に変更したことに伴い、
無線LAN子機側(パソコン、デジタルカメラ、プリンター、レコーダー、テレビ)
の再設定が必要になりました。


※変更理由については、以下の記事を参考にしてください。
  WZR-600DHPのほうが一方的に良いというわけではなく、各々にメリットがあります。
  ・無線LAN親機を WZR-HP-AG300H から、WZR-600DHP に変更

この記事では、デジタルカメラの再設定内容について記載します。


私が使用しているデジタルカメラの機種は Canon IXY 430F です。


デジタルカメラを無線LANでネットワークに接続」(以降、前回記事と呼ぶ) の
「接続手順」を再度行えばよいわけですが、全てをやり直す必要はありませんでした。

初回の設定手順
 前回記事の「初回の設定手順」の(5)以降を再度行えばOKです。
 ※長い手順のように見えますが、SSIDなどは、手順(10)で、無線LAN親機側の
  AOSSボタンを押すことにより認識されるため、入力する必要はなく、
  以前やった「初回の設定手順」の(5)以降を、そのままもう一度やるだけで
  よかったので、簡単でした。


2回目以降の設定手順
 「設定手順」と言うより、
 「撮った写真をデジタルカメラからパソコンに転送する方法」と言ったほうが
 いいかもしれません。


 当然かもしれませんが、上記「初回の設定手順」をやれば、
 以前と全く同じ方法で転送できるようになりました。


Amazonでの関連商品紹介ページ
[ バッファロー WZR-600DHP ]


[ バッファロー WZR-HP-AG300H ]


[ Canon IXY 430F ]



無線LAN親機関連の記事一覧
(1) 無線LAN親機、カードタイプと、外付けタイプではどちらがよいか?
(2) パソコンを無線LANでネットワークに接続
(3) プリンターを無線LANでネットワークに接続
(4) デジタルカメラを無線LANでネットワークに接続
(5) Panasonic DIGA DMR-BWT520 を無線LANでネットワークに接続
(6) テレビを無線LANでネットワークに接続
(7) 無線LAN親機を WZR-HP-AG300H から、WZR-600DHP に変更
(8) パソコンの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(9) デジタルカメラの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(10) プリンターの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(11) レコーダーの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(12) テレビの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(13) バッファロー製無線LAN親機最新機種のラインナップ
(14) バッファロー製無線LAN親機のラインナップ(2014.8.15)
(15) おすすめ無線LAN親機(バッファロー製)(2014.12.29)

パソコンの再設定-無線LAN親機変更に伴い-

私の家のホームネットワーク(家庭内LAN)環境において、
無線LAN親機(無線LANアクセスポイント)を、
WZR-HP-AG300H から WZR-600DHP に変更したことに伴い、
無線LAN子機側(パソコン、デジタルカメラ、プリンター、レコーダー、テレビ)
の再設定が必要になりました。


(2015.1.31 追記)
WZR-HP-AG300H も WZR-600DHPも、すっかり古い機種となってしまいました。
これから無線LAN親機の購入を検討される方は以下を参考にしてください。
おすすめ無線LAN親機(バッファロー製)(2014.12.29)
Amazon 無線LAN親機のベストセラー


この記事では、パソコンの再設定内容について記載します。


設置手順


 無線LAN親機 WZR-600DHP に同梱されていた
 「WZR-600DHPシリーズマニュアルらくらく!セットアップシート 設置・配線編
 に従って行いました。


 ※電源ケーブル、および、ホームゲートウェイと無線LAN親機をつなぐLANケーブル
  は以前のものをそのまま使ったので、 以前からの変更内容は、
  無線LAN親機本体を WZR-HP-AG300H から WZR-600DHPに置き換えただけです。


 ※ホームゲートウェイ(上記マニュアルの用語では「回線業者の機械」)の電源
  を30分程度オフにしておくとか、パソコンの電源も一旦オフにするとかの
  「待ち」については、上記マニュアルに素直に従いました。


設定手順
 
 無線LAN親機 WZR-600DHP に同梱されていた
 「WZR-600DHPシリーズマニュアルらくらく!セットアップシート Windows/Mac編
 に従って行いました。


 WZR-HP-AG300H が AOSS(付属のCDからソフトウェアのインストールが必要)
 だったのに対し、WZR-600DHP は AOSS2(ソフトウェアのインストール不要)
 で設定を行うようになっています。(設定が少し楽になっています)

 詳細は、上記マニュアルを見ていただくことにして、要点と補足の説明を
 しておきます。


 手順は以下のとおりです。

 (1) 無線LAN親機 WZR-600DHP の AOSSボタン(下図赤枠で囲った部分)を、
   緑のランプ(下図緑枠で囲った部分)が点滅を開始するまで長押しする
   (2-3秒押し続ける)。

IMG_0023_1

 (2) パソコン側で、ワイヤレスアイコン130305_3をクリックする。


 (3) 「AirStationセットアップカード」(無線親機に同梱されている)に
   記載されている 
    !AOSS-XXXXXX_A または
    !AOSS-XXXXXX_G
   を選択し、接続ボタンをクリック。


   ※私のパソコン(FUJITSU LIFEBOOK AH77/H)は、IEEE802.11aは
    サポートされていないため、!AOSS-XXXXXX_G のほうだけが出て、
    これを選択しました。


 (4) Webブラウザー(Internet Explorer)を開く。


   ※私の場合、Internet Explorerの HOME は Googleのホームページに
    なっているのですが、最初は以下の画面が出てしまいました。
    (接続不可と言われてしまった)

130305_2

   ※予定としては、どのURLにアクセスしても、以下のような画面が出るはず。

130305_1

    Internet Explorerで別のURLを表示させようとしたところ、予定通り
    の画面となりました。


 (5) あとは、上記マニュアルの記載内容に従って、情報入力すれば、
   無線LAN接続が可能になります。(Webや電子メールが従来通り使える
   ようになります)


   ※情報入力というと、一般には大量の入力事項が存在することがあるの
    ですが、今回の手順では、3ケタの数字入力と、3回のクリックのみ
    で完了しました。(簡単でした)



無線LAN親機関連の記事一覧
(1) 無線LAN親機、カードタイプと、外付けタイプではどちらがよいか?
(2) パソコンを無線LANでネットワークに接続
(3) プリンターを無線LANでネットワークに接続
(4) デジタルカメラを無線LANでネットワークに接続
(5) Panasonic DIGA DMR-BWT520 を無線LANでネットワークに接続
(6) テレビを無線LANでネットワークに接続
(7) 無線LAN親機を WZR-HP-AG300H から、WZR-600DHP に変更
(8) パソコンの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(9) デジタルカメラの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(10) プリンターの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(11) レコーダーの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(12) テレビの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(13) バッファロー製無線LAN親機最新機種のラインナップ
(14) バッファロー製無線LAN親機のラインナップ(2014.8.15)

無線LAN親機を WZR-HP-AG300H から、WZR-600DHP に変更

2014.12.29 注意
私は、今でも、WZR-600DHP を使用しています。
私が買ったころ、6,000円台で、現在も、機能や性能に不満はないのですが、
2014.9.15現在、新品はもう販売されておらず、中古品のみの販売となっています。
今買うのなら、性能/機能が同等以上で、価格も7,000円以下に押さえられている
WZR-S600DHP または WSR-1166DHP を買うべきだがよいと思います。

詳細は以下の記事を参照してください。
おすすめ無線LAN親機(バッファロー製)(2014.12.29)


私の家のホームネットワーク(家庭内LAN)環境において、
無線LAN親機(無線LANアクセスポイント)を
WZR-HP-AG300H から、WZR-600DHP に変更しました。


※見た目がどのように変わるのかを示すために、WZR-HP-AG300H と WZR-600DHP
 を並べて写真に撮りました。見た目、ほとんど変わらないです。
 実物をじっくり見てみても本体の側面に印刷された「WZR-HP-AG300H」
 「WZR-600DHP」といった文字列を確認しないと区別がつかないです。
IMG_0198


1.変更理由


変更理由は以下のとおりです。


・バッファローダイレクトのサイトにおいて、WZR-HP-AG300Hは、
 プレミアムアウトレット(旧品処分)の扱いで売られている。
 ※だから悪いとは言い切れないが、古い製品であることは確か。
  古い製品だと、メーカーのサポートが必要になった場合に不安。


・通信速度の実測値(バッファロー社の公表値)が、WZR-600DHP のほうが少し良い。
 例.
  バッファロー社の WZR-600DHPの紹介ページの「3階建て住宅での実環境測定結果」
  での最大の実測値は、184Mbps。

  バッファロー社の WZR-HP-AG300Hの紹介ページの「大型2世帯住宅例」
  での最大実測値は、151Mbps。


 (注)製品名からは、WZR-600DHPが600Mbpsで、WZR-HP-AG300Hが300Mbpsみたいな
   印象を受けてしまいますが、それに関しては、規格上の最大速度はともに 300Mbps
   で差はないようです。
   送信も受信も2本同時にできるという点でも、両者に差はなさそうです。
   製品名の、「600」と「300」の違いは、ネーミングの違いだけのようです。



2.その他の違い


変更理由に記載した以外に、WZR-600DHPは、WZR-HP-AG300Hに比べて以下のメリットを
持っています。


・WZR-600DHPは、初期設定を AOSS2(パソコンにソフトウェアのインストールが不要)
 で行うようになっている。

 WZR-HP-AG300Hは、初期設定を AOSS(付属のCDから、パソコンにソフトウェアの
 インストールが必要)で行うようになっている。

 →WZR-600DHPのほうが、初期設定が簡単化されている。


では、WZR-HP-AG300Hのほうが、一方的に WZR-600DHP より劣っているのかというと、
そうでもなさそうです。


・テレビのメーカーによる無線LAN親機との接続実績は、WZR-HP-AG300Hで行われている
 場合が多く、WZR-HP-AG300H が推奨機種になっている場合が多い。

 例
  - SONY
   ソニールームリンクの推奨ルーターのページで、
   WZR-HP-AG300H/Vを推奨機種としている。

  - SHARP
   接続・確認情報のサイトで、「無線LANアダプター」をクリックすると、
   WZR-HP-AG300H/Vを動作確認済機器としてある。


  (注)いずれも、WZR-HP-AG300H ではなく WZR-HP-AG300H/V と後ろに "/V" が余分に
    ついていたものが推奨されていますが、WZR-HP-AG300H と WZR-HP-AG300H/V の
    違いは付属するケーブルの本数のみのようです。以下のURLを参考にしてください。 
    http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000122839/SortID=12217371/



3.どちらの機種を選ぶべきか?


・初期設定が少しでも簡単であったほうがよいとか、
 通信速度が少しでも速いほうがよいとか考える人は、
 WZR-600DHPを買うとよいと思います。

・テレビのメーカーによる、テレビとの接続実績を重視する人は、
 WZR-HP-AG300H を買うとよいと思います。

Amazonでの紹介ページ
[ バッファロー WZR-600DHP ]


[ バッファロー WZR-HP-AG300H ]



楽天での紹介ページ
上がWZR-600DHP、 下がWZR-HP-AG300H。

 
【送料無料】WZR-HP-AG300H/N 無線L...

【送料無料】WZR-HP-AG300H/N 無線L...
価格:6,254円(税込、送料込)


無線LAN親機関連の記事一覧
(1) 無線LAN親機、カードタイプと、外付けタイプではどちらがよいか?
(2) パソコンを無線LANでネットワークに接続
(3) プリンターを無線LANでネットワークに接続
(4) デジタルカメラを無線LANでネットワークに接続
(5) Panasonic DIGA DMR-BWT520 を無線LANでネットワークに接続
(6) テレビを無線LANでネットワークに接続
(7) 無線LAN親機を WZR-HP-AG300H から、WZR-600DHP に変更
(8) パソコンの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(9) デジタルカメラの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(10) プリンターの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(11) レコーダーの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(12) テレビの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(13) バッファロー製無線LAN親機最新機種のラインナップ
(14) バッファロー製無線LAN親機のラインナップ(2014.8.15)
(15) おすすめ無線LAN親機(バッファロー製)(2014.12.29)

Panasonic製テレビ VIERA X50 のDLNAクライアント機能

Panasonic製テレビ VIERA X50 19V型(品番:TH-L19X50)
131117_01
のDLNAクライアント機能について説明します。


1.基本ガイドに記載されているDLNA機能

このテレビは、基本ガイドによると、以下の3つのDLNA機能をサポートしています。


(1) 基本ガイド60ページ「ディーガなどのコンテンツを再生する(DMP機能)」
(2) 基本ガイド61ページ「本機で録画した内容を別のテレビなどで見る
   (お部屋ジャンプリンクサーバー機能)」(DMS機能)
(3) 基本ガイド62ページ「パソコンなどの操作で再生する(DMR機能)」


DMP,DMS,DMRは、DLNAで決められた機能です。意味は以下のとおりです。


  DMP(デジタルメディアプレイヤー)(DLNAクライアントと呼ばれる場合もある)
    DMS機能を持つ機器に保存されているコンテンツを検索し再生する。


  DMS(デジタルメディアサーバー)(DLNAサーバーと呼ばれる場合もある)
    保存しているコンテンツを、DMRやDMPに配信する。


  DMR(デジタルメディアレンダラ―)
    DMCからの操作で、DMSから配信されたコンテンツを再生する。


  DMC(デジタルメディアコントローラー)
    DMSに保存されているコンテンツを検索し、DMRへ配信させる。


  なお、以下の記事に、DMS,DMP,DMR,DMCの関係を図で示しておりますので、
  そちらも参考にしてください。
  →DLNA と DTCP-IP について


(1)のDMP機能(DLNAクライアント機能)に関しては、詳細には、以下の3つのこと
が可能です。


  ・ レコーダーに録画した番組を、ネットワーク経由で、
    テレビ(Panasonic VIERA X50 19V型)に転送して再生
    →詳細は下記2.1で説明します

  ・ レコーダーで受信したテレビ番組を、ネットワーク経由で、
    リアルタイムに(正確には数秒遅れ)、
    テレビ(Panasonic VIERA X50 19V型)に転送して再生
    →詳細は下記2.2で説明します

  ・ パソコン上のコンテンツを、ネットワーク経由で、
    テレビ(Panasonic VIERA X50 19V型)に転送して再生

    →詳細は下記2.3で説明します

(2)の録画機能、および、DMS機能(DLNAサーバー機能)については、
それらの機能を使うには、別売りのUSBハードディスクが必要なようです。
対応しているUSBハードディスクは、http://panasonic.jp/support/tv/ から、
「動作確認情報」→「VIERA「液晶テレビ」」→「TH-L19X50」を選択すれは、
出てきますが、最低でも1万円以上するようです。
そのため、2の機能に関しては、私は利用しないことにしました。


(3)のDMRの機能に関しては、少し発展的な使い方となるので、後日、別の記事で
改めて説明させていただく予定です。

以降では、(1)のDLNAクライアント機能の詳細について説明します。


2.Panasonic製テレビ VIERA X50 のDLNAクライアント機能

[ ネットワーク構成図 ]

 イメージしやすいように、これらの機能に関係する部分のネットワーク構成図を
 示しておきます。

 130811_01


2.1 レコーダーに録画した番組を、ネットワーク経由で、
    テレビ(Panasonic VIERA X50 19V型)に転送して再生


(1) レコーダー(Panasonic DIGA DMR-BWT520)と
  テレビ(Panasonic VIERA X50 19V型)の電源がともにオンの状態で、
  テレビのリモコンの「らくらくアイコン」ボタンを押す。
  以下のように、テレビ画面の下のほうに、メニューが示される。
  (黄色の枠で囲った部分)
IMG_0179


(2) 「ビエラリンク」を選び(メニューの一番右、(1)で既に選択されている)、
  テレビのリモコンの「決定」ボタンを押す。
  以下のように、テレビ画面の左のほうに、メニューが表示される。
IMG_0180


(3) 「お部屋ジャンプリンク」を選び、テレビのリモコンの「決定」ボタンを押す。
  以下のように、「お部屋ジャンプリンク」(DLNA)でアクセス可能な機器
  一覧が表示される。
IMG_0183


(4) 「DMR-BWT520」を選び((3)で既に選択されている)、
  テレビのリモコンの「決定」ボタンを押す。
  以下のようなメニューが表示される。
IMG_0184


(5) 「ビデオを見る」を選び((4)で既に選択されている)、
  テレビのリモコンの「決定」ボタンを押す。
  以下のように、録画した番組一覧が表示される。
IMG_0185


(6) 「大相撲初場所」を選び、テレビのリモコンの「決定」ボタンを押すと、
  以下のように、「大相撲初場所」の映像が再生できる。 
IMG_0187
 


2.2 レコーダーで受信したテレビ番組を、ネットワーク経由で、
    リアルタイムに(正確には数秒遅れ)、
    テレビ(Panasonic VIERA X50 19V型)に転送して再生


(7) (4)の画面において「放送を見る」を選び、
  テレビのリモコンの「決定」ボタンを押す。
  以下のように、放送の種類の一覧が表示される。
IMG_0188


(8)「地上デジタル」を選び、テレビのリモコンの「決定」ボタンを押す。
  以下のように、放送局一覧が表示される。
IMG_0189


(9) 「011 NHK総合・東京」を選ぶと、NHKで今やっている放送を見ることができる。
IMG_0190


2.3 パソコン上のコンテンツを、ネットワーク経由で、
    テレビ(Panasonic VIERA X50 19V型)に転送して再生


(10)(3)の画面において「KOJI-PC:koji」を選び(私のパソコンの名前です)、
  テレビのリモコンの「決定」ボタンを押す。
  以下のように、視聴するコンテンツの種別メニューが表示される。 
IMG_0196


(11)ここでは「ビデオ」を選択して、テレビのリモコンの「決定」ボタンを押す。
  以下のような画面となる。
IMG_0191


(12)「すべてのビデオ」を選択し、テレビのリモコンの「決定」ボタンを押す。
  以下のように、パソコン上の動画一覧が表示される。
IMG_0192


(13)「ジンギスカン」を選択し、テレビのリモコンの「決定」ボタンを押すと、
  「ジンギスカン」の動画が再生できる。
IMG_0193

注:「ジンギスカン」は私がパソコン上でYouTubeからダウンロードし保存している動画です。



注意
この記事で検証に使用したテレビ( Panasonic VIERA X50 19V型(型番:TH-L19X50) )は
生産終息となり、現在は、販売もほとんどされていません。

このテレビの持つ全機能を持った後継機種は高額(9万円以上)なものばかりです。

このテレビのもつ機能を、全機能でなくても、よく使いそうな機能をカバーしていて、
価格が比較的低く押さえられている機種としては、以下のものがあり、私としては、
Panasonic製のテレビ(VIERA) を買うなら、この辺りの機種がおすすめの機種となります。

以下に機能の比較表を掲載しておきます。

機能TH-L19X50TH-L19C50TH-L24X6TH-L42E60
有線LAN
無線LAN×
DLNAクライアント(*1)
DLNAサーバー(*2)××
DMR××
VIERA Remote××
SDカード××
字幕
アクトビラ×
YouTube××
TSUTAYA TV×
Skype××
価格(*3)27,700円34,728円74,800円
(*1) Panasonicでは「お部屋ジャンプリンク」と呼んでいます。
(*2) Panasonicでは「お部屋ジャンプリンクサーバー機能」と呼んでいます。
(*3) 2013.11.17時点のAmazonでの価格。


Panasonic VIERA 関連の記事一覧
(1) テレビの選定
(2) テレビを無線LANでネットワークに接続
(3) テレビのほうでもアクトビラ会員登録しました
(4) Panasonic VIERA X50 でのアクトビラの利用方法
(5) Panasonic VIERA X50 でのYouTubeの利用方法
(6) Panasonic VIERA X50 のDLNAクライアント機能
(7) テレビの再設定-無線LAN親機変更に伴い-
(8) DMRを Panasonic VIERA X50 19V型 で実現
(9) DMC/DMSが同一パソコンである場合
(10) VIERA remote
(11) テレビでSkype:ビエラコミュニケーションカメラの設置
(12) テレビでSkype:起動/サインイン/プロフィール参照更新/サインアウト
(13) テレビでSkype:テスト通話/通話
(14) VIERAのSDメモリカード関連の機能
(15) Panasonic VIERA X50 19V型の字幕表示機能
(16) PowerDVD Mobile:iPhone上のコンテンツをPanasonic VIERA上でプッシュ再生させる
(17) ソニー nasne(ナスネ):録画した番組をPanasonic VIERA X50 を使用して再生
(18) Power Media Player:iPhone上のコンテンツを Panasonic製テレビ VIERA X50で再生
(19) Power Media Player:iPhoneをDMCかつDMS、Panasonic製テレビ VIERA をDMRとして使用
カテゴリー
ブログ内検索
DTCP-IP対応DLNAクライアントソフト
ソニー nasne
nasne 1TBモデル


NAS
バッファロー LinkStation LS410D0201C

転送速度:100MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇

バッファロー Link Station LS210D0201C
転送速度
 リード:58MB/s
 ライト:63MB/s
容量:2TB
DLNAサーバー:〇
DTCP-IPサーバー:〇

ネットワークカメラ
IODATA製 Qwatch TS-WPTCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:〇
暗視:〇
高機能にして割安。

IODATA製 Qwatch TS-WLC2

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇
マイク・スピーカー内蔵。

IODATA製 Qwatch TS-WLCAM

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
安価で簡単。はじめての人におすすめ。

PLANEX製 カメラ一発! CS-W60HD

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX製 カメラ一発! CS-W06N

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:〇

PLANEX スマカメ CS-QR10

無線LAN:〇
接続設定簡単化:〇
パン・チルト:×
暗視:×
スマホ専用のカメラです。

Tenvis製 JPT3815W


無線LAN:〇
接続設定簡単化:×
パン・チルト:〇
暗視:〇
外国製。マニュアルは英文(一部和訳あり)、かつ、あまり詳しいことは書かれていない。サポートは英文メールのみ。その分価格が安い。
SDカード
SDカードは、デジカメ、ネットワークカメラ、パソコンなどで利用できる場合があります。SDカードの選び方に関しては、以下の記事を参照してください。
SDカード、SDHCカード、SDXCカードの選び方
  • ライブドアブログ